フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2017年10月 | トップページ

2017年11月

2017年11月30日 (木)

10月に読んだ本です(2017)

アニメから読んだ漫画が殆どな月でした(;A´▽`A
「メイドインアビス」「クジラの子らは砂上に歌う」は両方とも、とても良い作品だと思います♪

10月の読書メーター
読んだ本の数:23
読んだページ数:3241
ナイス数:75

ダンナさまは幽霊 (コミックエッセイの森)ダンナさまは幽霊 (コミックエッセイの森)感想
亡くなってから、バンド組んだり出来るんだ! うちのニャンコさんは人並みに言葉を理解出来てる子もいるので、来世は人になるかもなぁ。そう思うと死後の世界も悪くない。
読了日:10月31日 著者:流光七奈
腐女子になると、人生こうなる!~底~ (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)腐女子になると、人生こうなる!~底~ (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
Amazonプライムにて。漫画家になれて良かったですね。ここまで徹底していると脱帽。
読了日:10月31日 著者:御手洗直子
クジラの子らは砂上に歌う(10)(ボニータ・コミックス)クジラの子らは砂上に歌う(10)(ボニータ・コミックス)感想
虫籠対に対してリョダリが発する言葉は憤りを感じていると思えるのだけれども、彼の本心は複雑過ぎてどうとって良いのか悩む。オルカの何を考えているのか判らないし。ただ、今の世界を滅したいのだけは何となく判るけど。

読了日:10月31日 著者:梅田 阿比
クジラの子らは砂上に歌う(9)(ボニータ・コミックス)クジラの子らは砂上に歌う(9)(ボニータ・コミックス)感想
月白の衣装を着たスオウさん。ビジュアルがイエスのようだと思いました。いや、恐らくはモデルにしているんでしょうが。マソオさんの英雄談義。なかなかの物でした(* ̄∇ ̄*)
読了日:10月31日 著者:梅田 阿比
クジラの子らは砂上に歌う 8 (ボニータコミックス)クジラの子らは砂上に歌う 8 (ボニータコミックス)感想
ロウがクール。そんな彼が好きですが。ミゼンとオウニは同じ者? オルカが変わったのには理由が? 話数が進めばそれぞれの解が描かれていくのかな。この巻はマソオさんのシーンに全部持って行かれた。ああいうシーンには弱い(T_T)
読了日:10月31日 著者:梅田阿比
クジラの子らは砂上に歌う 7 (ボニータコミックス)クジラの子らは砂上に歌う 7 (ボニータコミックス)感想
初代の長老の話がメインの巻。巻末の短編もよい話でした。どっちも泣けるますね。
読了日:10月31日 著者:梅田阿比
クジラの子らは砂上に歌う 6 (ボニータコミックス)クジラの子らは砂上に歌う 6 (ボニータコミックス)感想
無印達の印達への誓い。守るべき秘密に彼らとの行く末を負う義務。スオウが担うのは、かなりな責務だと思う。でも、彼は変わらずにやり遂げるための歩みを止めたりはしないんだろうな。スオウはたおやかであり強い人だと思う。
読了日:10月31日 著者:梅田阿比
クジラの子らは砂上に歌う 5 (ボニータコミックス)クジラの子らは砂上に歌う 5 (ボニータコミックス)感想
裸族(* ̄∇ ̄*) 勘違いに笑った。仕方がないだろう、あれは間違えるってば。泥クジラの秘密は重い。薄々感じていた呪いに直結する内容。これによって話の展開が決まってくるんだろうな。
読了日:10月31日 著者:梅田阿比
クジラの子らは砂上に歌う(4)(ボニータ・コミックス)クジラの子らは砂上に歌う(4)(ボニータ・コミックス)感想
ニビはたぶんそうなるだろうと思っていたけれども、実際にそうなると悲しい。もっとオウニと一緒に旅を続けてもらいたかった。そして、そんなオウニを見ていると「No.6」のネズミと被ってしまう。ビジュアル(アニメ)もそうだけど、根本的な部分がとっても似ている。
読了日:10月31日 著者:梅田阿比
クジラの子らは砂上に歌う 3 (ボニータコミックス)クジラの子らは砂上に歌う 3 (ボニータコミックス)感想
ハクジ様や印達の最期が切ない。ただ平和に暮らして行きたいだけなのに、それがどれだけ難しいのか。現実にも繋がる逸話。
読了日:10月31日 著者:梅田 阿比
裸足で、空を掴むように 梅田阿比短編集 (ボニータ・コミックス)裸足で、空を掴むように 梅田阿比短編集 (ボニータ・コミックス)感想
やっぱり好きだなぁ、この人の世界観。童話のような神話のような、何処となく懐かしく残酷。初期の作品は高橋洋介さんの絵柄や作風を真似てるなぁと思ったら、あとがきにそうだとありました(^_^;)
ある意味、多くの作家さんに影響を与えている高橋洋介さんをスゴいと感じちゃいました。
読了日:10月31日 著者:梅田 阿比
日に流れて橋に行く 1 (愛蔵版コミックス)日に流れて橋に行く 1 (愛蔵版コミックス)感想
お兄様、好みでございまするぅ~。あの折れたダメダメ感が何とも言えませんね! 現実で身近にいたら、絶対にお近づきにはなりたくないですが(^_^;) まだまだ序盤なのでどういった形に持っていくのかは不明ですが「憂鬱な朝」の内容を知っている限り、面白い展開になりそうなのでワクワクしています。時子さんは格好いいモデルさんになりそうなのも楽しみ♪
読了日:10月31日 著者:日高 ショーコ
KATANA 18 傾城虎徹 (あすかコミックスDX)KATANA 18 傾城虎徹 (あすかコミックスDX)感想
虎徹の話が好き。運命的な感じで素敵な内容でした。
読了日:10月31日 著者:かまた きみこ
この音とまれ! 15 (ジャンプコミックス)この音とまれ! 15 (ジャンプコミックス)感想
ヒロ先輩、か、かわいい! 早いところ両想いが実ってしまえばいいのにぃ! 二人を見てるとニヘニヘしてしまう自分がいます(^_^;)
読了日:10月31日 著者:アミュー
メイドインアビス 6 (バンブーコミックス)メイドインアビス 6 (バンブーコミックス)感想
ラストダイブへ。何も無いかと思いきや、かなりの賑やかさ。価値の見方が面白かった。彼らの存在や白笛たちが同じ地にいることに何か意味があるのかな。この作者なら意味着けしてそうなので、楽しみに続きを待ってます。
読了日:10月31日 著者:つくしあきひと
メイドインアビス 5 (バンブーコミックス)メイドインアビス 5 (バンブーコミックス)感想
ちょっと待て! プルシュカは仲間になるとは思っていたけれども、そういった形で仲間になるなんて思ってもみなかったです。いや、考えてみれば、笛のくだりが伏線だったんだよね。心に痛い展開で辛い(T_T)
読了日:10月31日 著者:つくしあきひと
メイドインアビス 4 (バンブーコミックス)メイドインアビス 4 (バンブーコミックス)感想
アニメ一気見したら続きが気になって、気になって購入! 買って正解でした。にしても、カワイイ絵柄でこの内容。そしてまさかの下ネタに笑う。これから先もかなりの展開なんだろうと予想出来る内容でした。
読了日:10月31日 著者:つくし あきひと
失った子供たち (花とゆめCOMICS)失った子供たち (花とゆめCOMICS)感想
設定が気になって購入。思ったよりも設定は良かったけれど、物語が追い付いていない感じ。消化不良な気分でした。
読了日:10月31日 著者:堤翔
きみを死なせないための物語(2)(ボニータ・コミックス)きみを死なせないための物語(2)(ボニータ・コミックス)感想
この巻のダフネー症の描写を見て、新井素子の「グリーン・レクイエム」が浮かんだ。何を基準に人の生き死にを決めるんだろうか。世界の成り立ちが歪な感じでモヤモヤする。
読了日:10月17日 著者:吟 鳥子,中澤 泉汰
クジラの子らは砂上に歌う 2 (ボニータコミックス)クジラの子らは砂上に歌う 2 (ボニータコミックス)感想
自決を指示する長老会。生きることを望み若者たち。再び攻めて来るであろう帝国… 泥クジラの人々は最終的には生き残るのだろうか、そこまでの過程は苛酷な状態なんだろうな。
読了日:10月17日 著者:梅田 阿比
クジラの子らは砂上に歌う 1 (ボニータコミックス)クジラの子らは砂上に歌う 1 (ボニータコミックス)感想
アニメから。Kindleの無料版を読んだら、好みの作風だったので紙媒体にて購入。彼らの行く末が心配なので、どんどん話を追っていきます‼
読了日:10月17日 著者:梅田 阿比
BARBARITIES  II (ビーボーイコミックスデラックス)BARBARITIES II (ビーボーイコミックスデラックス)感想
陰謀が渦巻いてますね。個人的には美味しく頂ける展開です(*≧∀≦*)
読了日:10月11日 著者:鈴木 ツタ
バーソロミュー―大いなる叡智が語る愛と覚醒のメッセージ (覚醒ブックス)バーソロミュー―大いなる叡智が語る愛と覚醒のメッセージ (覚醒ブックス)感想
対キリスト教圏での内容なので、個人的には違和感があり、納得いかない部分もあり。
読了日:10月08日 著者:バーソロミュー

読書メーター

« 2017年10月 | トップページ