フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2017年3月 | トップページ

2017年5月

2017年5月31日 (水)

4月に読んだ本です(2017)

3月、記録残し忘れましただ(^o^;)

4月はあまり印象に残った本はなかったなぁ。

4月の読書メーター
読んだ本の数:27
読んだページ数:5522
ナイス数:108

ディザインズ(2) (アフタヌーンKC)ディザインズ(2) (アフタヌーンKC)感想
なんとも感想が書き辛い。人間よりも、HAの感覚の方が伝わる造りに思える。
読了日:04月30日 著者:五十嵐 大介
ヴィンランド・サガ(19) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(19) (アフタヌーンKC)感想
旅の仲間がラストに登場かと思ったら、あんな展開に! カルリママの短編が結構重いけど面白いです。
読了日:04月30日 著者:幸村 誠
重版出来! 9 (ビッグコミックス)重版出来! 9 (ビッグコミックス)感想
泣いてる!! これが一番衝撃を受けた場面の感想です。
読了日:04月30日 著者:松田 奈緒子
乱読のセレンディピティ (扶桑社文庫)乱読のセレンディピティ (扶桑社文庫)感想
割りと普通にやってることだった(;A´▽`A 乱読してることが、やや自慢気に見えるところが嫌かな。
読了日:04月30日 著者:外山 滋比古
辺境の老騎士 バルド・ローエン(1) (ヤンマガKCスペシャル)辺境の老騎士 バルド・ローエン(1) (ヤンマガKCスペシャル)感想
基本は騎士道物語ですが、グルメに重きを置いているって感じ。じじい好きには必読かも。原作も気になるな。
読了日:04月30日 著者:菊石 森生
奇跡の刑事 トミー&マツ 1 (マーガレットコミックス)奇跡の刑事 トミー&マツ 1 (マーガレットコミックス)感想
このタイトルで懐かしさを感じた人は仲間(*^o^)/\(^-^*) ワクワクした分、ガッカリ感がハンパなかったorz やっぱりドラマの方が面白いです。
読了日:04月30日 著者:三葦 十夢,大映テレビ株式会社
天堂家物語 3 (花とゆめCOMICS)天堂家物語 3 (花とゆめCOMICS)感想
ヤバい人達が多いなぁ(T▽T) こんな世界の中ではらんが雅人の日だまりだよなぁ。
読了日:04月30日 著者:斎藤けん
かわいいひと 4 (花とゆめCOMICS)かわいいひと 4 (花とゆめCOMICS)感想
お父さんとお父さまの話が両方ともツボでした。
読了日:04月30日 著者:斎藤けん
BLEACH 20 (ジャンプ・コミックス)BLEACH 20 (ジャンプ・コミックス)
読了日:04月19日 著者:久保 帯人
(P[あ]4-11)よろず占い処 陰陽屋狐の子守歌 (ポプラ文庫ピュアフル)(P[あ]4-11)よろず占い処 陰陽屋狐の子守歌 (ポプラ文庫ピュアフル)感想
おっと、またまた気になる引きですね。確かに、そろそろ将来が心配ですから、色々と考えないといけないけれども、瞬太はポヤ~ンとしてるからなぁ(;A´▽`A
読了日:04月17日 著者:天野 頌子
片付けられないのはアスペルガー症候群のせいでした。 (コミックエッセイ)片付けられないのはアスペルガー症候群のせいでした。 (コミックエッセイ)感想
微妙に当てはまってますがアスペではなく、本能が強いからなのかもと思った(;A´▽`A 溜め込み障害の人の部屋は入った事がありますが、巣みたいな感じもありましたよ(;A´▽`A
読了日:04月12日 著者:吉濱 ツトム
「ユマニチュード」という革命: なぜ、このケアで認知症高齢者と心が通うのか「ユマニチュード」という革命: なぜ、このケアで認知症高齢者と心が通うのか感想
自然と行っていることもありますが、出来ていないこともある。現場だと3秒が待てる余裕がないなぁ(T▽T) あと、世間はもっと、人を物として見ないで、者として見て欲しい。現場にいれば、そう思います。
読了日:04月12日 著者:イヴ・ジネスト,ロゼット・マレスコッティ
親を殺す「ふつうの子ども」たち親を殺す「ふつうの子ども」たち感想
防ぐ為にどうしたらよいかといった事が最後にありますが、子供や家庭環境によって違うし、紙一重でそこへいってしまうケースが殆どなのでは(親が虐待していたケースはそう言い切れませんが)
読了日:04月10日 著者:大渕 憲一
BLEACH 19 (ジャンプ・コミックス)BLEACH 19 (ジャンプ・コミックス)
読了日:04月09日 著者:久保 帯人
BLEACH 18 (ジャンプ・コミックス)BLEACH 18 (ジャンプ・コミックス)
読了日:04月09日 著者:久保 帯人
BLEACH 17 (ジャンプ・コミックス)BLEACH 17 (ジャンプ・コミックス)
読了日:04月09日 著者:久保 帯人
BLEACH 16 (ジャンプ・コミックス)BLEACH 16 (ジャンプ・コミックス)
読了日:04月09日 著者:久保 帯人
BLEACH 15 (ジャンプ・コミックス)BLEACH 15 (ジャンプ・コミックス)
読了日:04月09日 著者:久保 帯人
BLEACH 14 (ジャンプ・コミックス)BLEACH 14 (ジャンプ・コミックス)
読了日:04月09日 著者:久保 帯人
BLEACH 13 (ジャンプ・コミックス)BLEACH 13 (ジャンプ・コミックス)
読了日:04月09日 著者:久保 帯人
BLEACH 12 (ジャンプ・コミックス)BLEACH 12 (ジャンプ・コミックス)
読了日:04月09日 著者:久保 帯人
BLEACH 11 (ジャンプ・コミックス)BLEACH 11 (ジャンプ・コミックス)
読了日:04月09日 著者:久保 帯人
BLEACH 10 (ジャンプ・コミックス)BLEACH 10 (ジャンプ・コミックス)
読了日:04月09日 著者:久保 帯人
BLEACH  8 (ジャンプ・コミックス)BLEACH 8 (ジャンプ・コミックス)
読了日:04月09日 著者:久保 帯人
BLEACH  9 (ジャンプ・コミックス)BLEACH 9 (ジャンプ・コミックス)
読了日:04月09日 著者:久保 帯人
最貧困女子 (幻冬舎新書)最貧困女子 (幻冬舎新書)感想
行き場を持たない彼女らを受け入れる場所が風俗の現場。確かに根本的な解決に導くことは今の行政には出来ないし、システムの構築も出来ていない。弱者切り捨ては行政の仕事かとも思うような現実は多く、この内容もその一部でしかないのが今の日本。
読了日:04月08日 著者:鈴木 大介
昼、介護職。夜、デリヘル嬢。昼、介護職。夜、デリヘル嬢。感想
読んでると現場はエロ爺ばかりだと勘違いされそう。確かにあるけどね。触られた事はあるけど、触らせてあげるのはどうかと(;A´▽`A 交わし方を考えるのが普通です。賃金が安くてダブルワークも考えましたが、前の職場はサービス残業が普通で終了時間が読めず、今の職場はシフト変更が多くて断念。現場では「政治家は現場で働いてみろ!」と言ってます。対価が合わん。それと法定の人員配置が少ないのに事故が起きたら現場を叩く世間も…たちの悪い家族だと家政婦扱いしますし。そういった側面も取材して欲しいけど、この人には難しいのかな。
読了日:04月02日 著者:家田 荘子

読書メーター

« 2017年3月 | トップページ