フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 6月に読んだ本です(2016) | トップページ | 9月に読んだ本です(2016) »

2016年9月 2日 (金)

8月に読んだ本です(2016)

7月に読んだ本をまとめ忘れた(T▽T)
ちなみに『BISビブリオバトル部』シリーズがメッチャ面白かったんですよ! 本好きとオタクの方は大変楽しめる作品だと思います♪ 3冊とも一気に読んでしまいました。

さて、8月に読んだ物は以下になります。小説は『烏に単は似合わない』から始まる八咫烏シリーズ。漫画はweb連載時(しかも同人)から気に入っていた『ゲーム屋BL(ぶっちゃけライフ)』です。BLエロありますが、そこを飛ばし読みしても面白いので是非読んで欲しいです。

2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:4184ページ
ナイス数:160ナイス

英国一家、ますます日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)英国一家、ますます日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)感想
アニメを見てから読んだので、浮かぶのがそのキャラになってしまった(;A´▽`A 相変わらす面白かったです。
読了日:8月28日 著者:マイケル・ブース
日本人はなぜ成熟できないのか日本人はなぜ成熟できないのか感想
頷けるところが多かったです。でも、途中から同じようなことを語っていて、クドイなと感じもしました。
読了日:8月26日 著者:曽野綾子,クライン孝子
世界の奇妙な生き物図鑑世界の奇妙な生き物図鑑感想
下ネタ多くない? と感じてしまいました。図版が多いのは良かったです。
読了日:8月26日 著者:サー・ピルキントン=スマイズ
月刊少女野崎くん(8) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(8) (ガンガンコミックスONLINE)感想
酔っぱらい堀ちゃん先輩がサイコーでした♪
読了日:8月24日 著者:椿いづみ
童話作家になる方法童話作家になる方法感想
エッセイかな? 実際に頷けるところがいっぱいありました。『ドローセルマイアーの人形劇場』のあとがきの抜粋はその通りですね。
読了日:8月20日 著者:斉藤洋
ゲーム屋BL 下 (IDコミックス)ゲーム屋BL 下 (IDコミックス)感想
あざとい、あざといぞ、アンコロ(*≧∀≦*) お守り様の本体って、女性だったのが驚きでした。男神だとばかり思ってたので(;A´▽`A 二人がお守り様抜きで(←コレ重要)末長く幸せでありますように♪
読了日:8月17日 著者:ヒゲフサ
ゲーム屋BL 上 (IDコミックス)ゲーム屋BL 上 (IDコミックス)感想
webで読んで、同人誌を通販して、電子書籍を買った(;A´▽`A だって面白いんだもん‼ 金はチトかかったが後悔はないぞ。エロシーンはあるけれど、苦手ならそこだけ読み飛ばすという手もあり。読まない方が勿体ないと個人的には思います。
読了日:8月15日 著者:ヒゲフサ
またまた 猫医者に訊け!またまた 猫医者に訊け!感想
ラバーブラシの方がいいのか。確かにキレイに根本から取れてますよね。サイズ(歯の細かさ?)によって取れる毛の種類も違うなぁ。
読了日:8月15日 著者:鈴木真
四弦のエレジー 4 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)四弦のエレジー 4 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)感想
エンリコ怖い~(>_<)すっぽんぽんで演奏するところが特に(;A´▽`A
読了日:8月13日 著者:梅内創太
ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)感想
カエルスーツ(*≧∀≦*)コロボックルかい! マルシルとファリンの出逢いが良かったな。てか、まだ一週間しか経ってなかったんか(°Д°)
読了日:8月13日 著者:九井諒子
黄金の烏 (文春文庫)黄金の烏 (文春文庫)感想
ようやく本編に突入かと思いきや、恐らくこれも、まだまだ冒頭部分なのではと感じてしまう。猿との本格的な闘いはこれからだし、綻びていきそうな山内をどう繕って行くのかも謎。すごく先が気になります。でも、どうも十二国記と重ねて読んでしまうのが否めないσ( ̄∇ ̄;)あと、解説読んだら、怪獣夫妻を浮かべるようになっちゃいました(;A´▽`A
読了日:8月12日 著者:阿部智里
もののべ古書店怪奇譚 2 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)もののべ古書店怪奇譚 2 (マッグガーデンコミックス Beat'sシリーズ)感想
鬼化の解明か待たれます。4コマも面白かったです("⌒∇⌒")
読了日:8月12日 著者:紺吉
烏は主を選ばない (文春文庫)烏は主を選ばない (文春文庫)感想
ぼんくら次男にうつけの若宮。これが二人が出会った時の周囲の主な評価である。読者はそれが虚像であることに、すぐに気付くはずだ。ぼんくらと評される雪哉が聡明で機転が利く少年であることに。若宮が多くの物事に関して深い考えを持ち行動していることに。舞台は勢力争いにゆれる宮廷。否応なしに若宮の元に出仕することになった雪哉は争いに巻き込まれていく。前作と続けて読むと緻密に編まれた世界が徐々に見え始め、読後も心踊る展開が期待出来るのだ。物語は、まだ、翼を広げ始めたばかり。これから大きく羽ばたくことに間違いはないだろう。
読了日:8月11日 著者:阿部智里
すすめ!オタク一家 (角川コミックス)すすめ!オタク一家 (角川コミックス)感想
お母さまがスゴいです(*≧∀≦*)
読了日:8月10日 著者:しののめしの
すばらしき父さん狐 (ロアルド・ダールコレクション 4)すばらしき父さん狐 (ロアルド・ダールコレクション 4)感想
父さん狐が原因で住み家を失いかけたのに、穴熊父さんの対応が案外やんわりでしたね(;A´▽`A あと、盗みを働いているのに、それを正当化しちゃってるよね? 確かに飢え死にしそうな子供がいたら盗むかもしれないけど、ああなる前は違うだろ? そんな突っ込みしちゃうσ( ̄∇ ̄;) ネズミは脅して、うさぎは友達なの? 線引きどこ? と、話は面白いんだけど、釈然としない読後感orz
読了日:8月8日 著者:ロアルドダール
烏に単は似合わない (文春文庫)烏に単は似合わない (文春文庫)感想
ほわほわした浮世離れした姫がいきなり日嗣の御子の后候補として登殿することに。始めは異世界ファンタジーで、この姫がいかに后になるのかといった話かと思ってましたが、とんでもなかった! ミステリーの大どんでん返しが待ってましたよ。そして、女の嫌な部分を強烈に描いてました(°Д°)ファンタジー、ミステリー、宮廷もの、恋愛ものー。てんこ盛りなのに、お腹一杯になり過ぎない。おかわりしたいなぁといった感じの作品でした。
読了日:8月8日 著者:阿部智里
ダレン・シャン前史 クレプスリー伝説 3 呪われた宮殿 (児童単行本)ダレン・シャン前史 クレプスリー伝説 3 呪われた宮殿 (児童単行本)感想
え(°Д°)ガブナーだったの! 驚いたわ。
読了日:8月5日 著者:ダレンシャン
新訳 女王の矢―ヴァルデマールの使者 (C・NOVELSファンタジア)新訳 女王の矢―ヴァルデマールの使者 (C・NOVELSファンタジア)感想
視点がいきなり他のキャラに移るところに戸惑いますが、全体的には面白く読めました。十二国記を思い出します。自分から相方を探しに行ってしまうところなんか(^_^)
読了日:8月4日 著者:マーセデスラッキー
かがみのもり (BOOK WITH YOU)かがみのもり (BOOK WITH YOU)感想
予想外にスケールが大きかったです。続きが知りたくてグイグイ読んでしまいました。
読了日:8月2日 著者:大崎梢
ようこそ、冒険の国へ! (読書がたのしくなる・ニッポンの文学)ようこそ、冒険の国へ! (読書がたのしくなる・ニッポンの文学)感想
旧字で読んだ方が味わい深いかなぁと感じてしまいました。
読了日:8月1日 著者:芥川龍之介
特殊清掃会社  汚部屋、ゴミ屋敷から遺体発見現場まで (角川文庫)特殊清掃会社 汚部屋、ゴミ屋敷から遺体発見現場まで (角川文庫)感想
むかし間借りしてた部屋の隣がまさに描写の汚部屋でした。大家さんがびっくりして、見てちょうだいと言われましてσ( ̄∇ ̄;)読んでて思い出しました。
読了日:8月1日 著者:竹澤光生

読書メーター

« 6月に読んだ本です(2016) | トップページ | 9月に読んだ本です(2016) »

読んだ本(月間まとめ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/67306990

この記事へのトラックバック一覧です: 8月に読んだ本です(2016):

« 6月に読んだ本です(2016) | トップページ | 9月に読んだ本です(2016) »