フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月 7日 (月)

11月に読んだ本です(2015)

夜勤が週1~2ペースは流石にキツイ今日この頃です。皆様お身体など御自愛くださいね。

月の頭とラストで重いドキュメンタリーになってしまいました。トータル的に重い作品でちょいとシンドイ月でしたσ( ̄∇ ̄;)

活字は「夜をわたる月の船」かな。BL病んだ系ですけど(;A´▽`A 読んでてイタイ! この作家さん、今まで読んだので、純粋に良かったかなといった結末にならないんですよ。なのに読んじゃう。読まされちゃう。引き込み力が物凄いですよ。

漫画は「けいさつのおにーさん」ほんわかした感じの作品。が! もともとは長野中央警察署のイメージキャラです(;A´▽`A 手塚さんが好きなんですよね。

2015年11月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2426ページ
ナイス数:54ナイス

遺体―震災、津波の果てに遺体―震災、津波の果てに感想
人は慣れる。それが怖い部分でもあるなと思った。やっぱり亡くなった方への敬意は無くしちゃいけないですよね。
読了日:11月30日 著者:石井光太
妖怪アパートの幽雅な日常(10) (シリウスKC)妖怪アパートの幽雅な日常(10) (シリウスKC)感想
コレは香月先生が言っていた例の千晶先生降臨のシーンですね(^◇^) 読んでたら大喜びしていたんだろうな。
読了日:11月30日 著者:深山和香
この音とまれ! 10 (ジャンプコミックス)この音とまれ! 10 (ジャンプコミックス)感想
初めは好きになれなかったキャラを次第に好きになってしまうのは不思議。あ、一人だけどうしても駄目な人がいたわ。でも、その人がいなかったら、今の箏曲部はなかったんだよね。
読了日:11月30日 著者:アミュー
けいさつのおにーさん (1) (まんがタイムコミックス)けいさつのおにーさん (1) (まんがタイムコミックス)感想
平安堂(←長野の本屋と言えば平安堂)に平積みしていて「マジでぇ?! 単行本になっとるぅ?!」となりました。県警がというだけでも驚いたのに、全国誌に連載&単行本発売とは。県警の依頼が可愛い女性警察官。それよりは男性警察官で良かったと思いました。女性警察官だったら、ここまで話題にはならなかったんじゃないかな。
読了日:11月30日 著者:からけみ
サムライせんせい (二) (クロフネコミックス)サムライせんせい (二) (クロフネコミックス)感想
竜馬さんなら洋装も率先してするだろうな。そして、色々な事に興味を持ち行動するライターって職業は合ってると思う。
読了日:11月30日 著者:黒江S介
サムライせんせい (クロフネコミックス)サムライせんせい (クロフネコミックス)感想
ず~っと購入を迷っていたのですが、ドラマ化もあったので取敢えず買ってみた。まさか武市先生だとは思いもせず、読んでびっくりでした。いやぁ、でも、武市先生なら、あの反応ありだろう(^_^;)
読了日:11月30日 著者:黒江S介
悶絶スパイラル (新潮文庫)悶絶スパイラル (新潮文庫)感想
BL図書館の短編小説(と言ってもいいだろう、あれ)が爆笑でした。他も申し分なく楽しめましたよ(*≧∀≦*)
読了日:11月15日 著者:三浦しをん
夜をわたる月の船 (Holly NOVELS)夜をわたる月の船 (Holly NOVELS)感想
病んでるんだろうなぁと思ったら、やっぱり病んでました。ラストは相互依存症になってる感じで、なんか今一幸せじゃないですね。嫌いじゃないけど重い。でも読まずにはいられない。巧いなと思います。タイトルを見ると、ついつい歌っちゃう(;A´▽`A タイトル見て池田聡だ!と思ったもん。
読了日:11月15日 著者:木原音瀬
ニッポンの貧困ニッポンの貧困感想
介護現場ではよく見えています。老々であったり、独身者で親をみてたり、義理の親であったり、兄弟であったり… 仕事の時間や自分の時間を奪われ、金銭的に困窮しつつある家が多いです。職員は賃金が安く、予算削減を強いられ、疲弊して行き、結果、色々な意味で質が下がる一方。職員を増やせと言っても、国の政策はトータルでは現場に資金を回さないシステムです。福祉関連の政策は大概こんなものですから、貧困は加速することが目に見えていて、国には期待できません。本書も企業の取り組みに期待してますもんね。でも、外資系(;A´▽`A
読了日:11月5日 著者:中川雅之
日本は外国人にどう見られていたか (知的生きかた文庫)日本は外国人にどう見られていたか (知的生きかた文庫)感想
興味深く読みました。有名人の感想もあって、面白かったです♪
読了日:11月3日 著者:「ニッポン再発見」倶楽部
チャイルド・プア~社会を蝕む子どもの貧困~チャイルド・プア~社会を蝕む子どもの貧困~感想
テレビで見て、関連書も読みたいと思ってました。ワーキング・プアもそうですが、貧困の連鎖の構造には、国の政策が深く関わっていて、短期の安直な計画を盤上のみで考えている上層部が一掃されないと解決しないという現実が浮かぶような内容でした。
読了日:11月3日 著者:新井直之(NHKディレクター)
日本人に「宗教」は要らない (ベスト新書)日本人に「宗教」は要らない (ベスト新書)感想
日本人ではないからこそ、こういった見方が出来るのかな。最近の日本人に対する不安も感じる内容でした。
読了日:11月3日 著者:ネルケ無方

読書メーター

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »