フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月30日 (土)

「太古の哺乳類展」へ

引っ越し準備が終らん( ̄▽ ̄;)
しかも大きい粗大ゴミを出した後から左腰に激痛(T-T)

身体全体の熱っぽさも引かないんで、転居手続き後に、ロキソニンとQ&Bでドーピングした上で、息抜きに「太古の哺乳類展」に行ってしまった f(^_^;

絶滅生物関連の高い百科事典や書籍を悩みつつ買ってしまう自分。だって好きなんだもん!

引っ越しするのに、やっぱり本だのグッズなどを仕入れてしまいました(趣味という名の不治の病) 写真も撮ったし資料も買ってますだ( ̄▽ ̄;)

写真をアップしようとしたんですが、携帯からだと上げられんかった。あと重すぎてアップ無理じゃったΣ(T▽T;)

2014年8月25日 (月)

ALFEEだぁ(*≧∀≦*)

例のごとく、偶然に点けた「徹子の部屋」です。3人一緒に見るの久しぶり~♪ というか、ALFEEを見ることが久しぶり。曲は引っ越し準備中時々聞いてるけどね。

高見沢さんは堂本兄弟で、坂崎さんはいろんな所に出没してて、たまたま見かけることが多いんですが、桜井さんは滅多に見かけないんで貴重なんですよf(^_^;

相変わらず3人とも仲良しなので、見ていて嬉しくなっちゃいました。
ノリも変わらなくて、やっぱ見るとときめくわん♪

しかし、40年ですか。そして還暦ですか。時間の流れって早いなぁとしみじみ思うのでした。

この間はこれまた久々につけたラジオで坂崎さんが喋ってて番組のエアチェックをしたばかり。露出機会が増えてるとはいえ、偶然出会い度も増してる気がします。

ーー新譜買おうかしらん(;A´▽`A

2014年8月24日 (日)

!Σ( ̄□ ̄;)

押入れ奥から「思い出の品」って段ボールが発掘された。
!Σ( ̄□ ̄;)卒業証書以外は同人誌だった。

漫研&文芸班で出したもの。先輩や同輩の作品を見て懐かしいと思うよりも、自分の作品を見て「イヤァ~(T▽T)」となった。

だが、そんな自分の作品を「使えればーー」とチェックしてたりする。
漫画はパロディや合作なので1つしか残せなかったが、小説は4本ばかしあった。

実際に覚えていた内容は1つだけ。 正直「4本書いてたってのが信じられん」と思った。

風呂に入ってから読もうと思うが、おそらくは出来が悪いだろう。発想は今とあまり変わらないはずだ。今なら、技術や読書量による知識や表現の蓄積で、以前より良い作品に出来るだろう。

そう思うので、作品チェックをし、練り直してから、短編に仕立て直すつもりである。

な~んて、真面目に書いてたみたんだけど、真面目な文章って飽きますね(;A´▽`A
ここ最近の引っ越し準備で、中学くらいからのネタメモが結構出てきてます。
高校のは割りと新しい方だったりしてf(^_^;

書くこと=精神安定剤

そんな時期があったので、逃避した感じのものが多い気がします( ̄▽ ̄;)

2014年8月19日 (火)

同人誌がぁ!Σ( ̄□ ̄;)

引っ越し準備で開かず扉を開けたところ、同人誌が出てまいりました。ノーマルな少女漫画をと観劇エッセイは捨てられないのですが、パロディ系は処分。古本屋には出せないので、資源ごみ回収です。

昔のものなので、皆様、しっかり住所の記載があります。現在プロ作家さんもいらっしゃるため、奥付け&告知ページはシュレッダーしないといけない。面倒(T-T)

いやぁ、ぱらぱら見てるんですが、ガチホモちっくな「沈黙の艦隊」がダントツで描写が激しいです。深町×海江田( ̄▽ ̄;)

見られたら危険なので、夜に外へ出せません! 朝、回収直前に出さねば(;A´▽`A

ーーその前に、チェックして縛らないと、寝るスペースの確保が出来ないですΣ(T▽T;)

片付けなきゃね。

2014年8月17日 (日)

昼夜逆転かぁ!!

Σ( ̄ロ ̄lll) 朝、目覚めたら殆ど10時ってな時間でした。

田舎へ引っ込むので今月いっぱいで退職するのですが、有給消化のため、昨日でお勤め終了でした。それなのに、それなのに――

その日から夜型生活突入とはil||li _| ̄|○ il||li

朝、2段階でタイマーをかけているんですが、無意識に2回目のタイマーを消していた事にもショックでした。

しかもです! 昼間に本を読みながら寝落ち、4時間くらい熟睡しておりました。おかげで現在、バッチリ覚醒中( ̄ω ̄;)

これはキケンです。でも、身体の調子がすこぶる良いというのが困りもの(^_^;) このままでは引っ越しの準備もせずに昼間寝こけることになってします( ̄Д ̄;;

ま、でも、今日は朝まで起きてようかなぁ。

気分は「目指せ廃人!」な勢いです┐(´д`)┌ヤレヤレ

2014年8月14日 (木)

思い出のマーニー

いきなり予告編! 映画館でコレを観て、劇場へ行こうと決めたのですよ(;´▽`A``

ああ、いかにも、あの年頃の女の子独特の感覚が描かれているんだろうなぁといった感じがする予告だったんで。

潔癖であり、疎外感を感じ、そんな自分の居場所が何処にもない事に苦しむ。そんな感覚。その感覚を共有する友達。そして共有する秘密。いやぁ、美味しい!!

実際に観た感想ですが、泣かされましたね。途中から結末が判っているのに、その場面に来たら泣くという、まるでキャラメル・ボックスのお芝居を観ている流れになっておりました。

宮崎カラーがほぼ無いというジブリ作品ですが、私はこの作品はその方が良かったと思います。主人公の女の子をこれほど身近に感じるジブリ作品って初めてじゃないかなぁ。

自分が嫌い。

これって共感が強い言葉なんでは? 自分を100%好きな人っているのかな?

自分が嫌いでも向き合って行くしかない。でも、そんな自信が持てない。相変わらず自分が嫌い。そんなところに、自分を認めてくれる人が出来る。そうして何かが変わっていく。そんな感じに展開する話は多いけど、この作品は素直に主人公の変化が伝わってくる気がしました。

それに、水が凄くキレイに表現されていて、夕日の照り返しとか、めっちゃキレイでしたわぁ♪ 主題歌も良いです( ^ω^ )

ちょっと昔のイギリスの空気感があって、個人的には好きな作品でした♪ 原作はどうやらイギリスの児童文学らしいですね。河合隼雄さんの談話が収録された版があるみたいだから、それを買って読んでみようかなと思いました(^u^)

余談:アンナとマーニーが月光に照らされながら踊るシーンを観て「紫苑とネズミ(←『№6』じゃん!」とか突っ込んでました。

本が減らないΣ(-∀-;)

田舎へ引っ込むため、引っ越し準備中。親元へ帰るんだけど、はっきり言って、荷物を多くは持って帰えれません( ̄▽ ̄;)

服に雑貨は潔く処分出来るけど本は難しいΣ(-∀-;)

まずは漫画をと箱に詰めたのですが、あまり減らない感じがする。8箱が現在、玄関で業者待ち中。既に部屋では2~3箱分の本がスタンバイ。あ、衣装ケース内にもあるんだったわ(^o^;)

減らさないと棚の処分も出来ない。と言うか、まず本を減らさないと部屋のスペースが出来ない。

ガ、ガンバレ、オレΣ(T▽T;)

2014年8月 1日 (金)

7月に読んだ本です(2014)

漫画は「月刊少女 野崎くん 5」です♪ ダントツでした。既刊を読み返す勢い(≧▽≦)
活字は「ファンム・アレース 1」かな。久々に活字多めな月でした♪ 満足(*´ω`*)

2014年7月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2332ページ
ナイス数:85ナイス

月刊少女野崎くん(5) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(5) (ガンガンコミックスONLINE)感想
今回も爆笑した(*^▽^*) 学生時代の剣さん、前野との絡みがBLっぽいぞ!
読了日:7月23日 著者:椿いづみ
ファンム・アレース 1 (講談社文庫)ファンム・アレース 1 (講談社文庫)感想
現代ものだと時々説教臭く感じる事があるのですが、この話はそこにあたるであろう箇所が、説得力のある文章になっていると感じました( ̄▽ ̄)b 解説を読んで「その通り!」と激しく同意しちゃう♪ 大人の方が虜になりやすいかもしれない。ララに捕らわれたバビロンみたいにね(〃ω〃)
読了日:7月21日 著者:香月日輪
(P[あ]4-8)よろず占い処 陰陽屋猫たたり (ポプラ文庫ピュアフル)(P[あ]4-8)よろず占い処 陰陽屋猫たたり (ポプラ文庫ピュアフル)感想
相変わらず優貴子さんが怖い((((;゜Д゜)))今回は瞬ちゃんの元気がなかったな。失恋しちゃったもんね。化け狐仲間がこれからも出てきそうで、狐好きとしてはこれからも楽しみ♪
読了日:7月18日 著者:天野頌子
コトホギノウタ (ウィングス・コミックス)コトホギノウタ (ウィングス・コミックス)感想
まさかウヅメちゃんで一冊出るとは!Σ( ̄□ ̄;)可愛くて、愛しくて、健気なウヅメちゃんです(≧▽≦)
読了日:7月16日 著者:篠原烏童
あたしの彼女 (徳間文庫)あたしの彼女 (徳間文庫)感想
イケメンを好きなように弄り倒す描写を読むと、楽しんで書いてるんだなぁと感じます。というか、楽しんで読ませて頂いちゃって、大変に美味しゅうございました( ̄▽ ̄)=3
読了日:7月14日 著者:森奈津子
青の祓魔師 13 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 13 (ジャンプコミックス)感想
出雲がぁ゜゜(´O`)°゜志摩の本心も気になって仕方がないです。
読了日:7月13日 著者:加藤和恵
王国の子(4) (KCx(ITAN))王国の子(4) (KCx(ITAN))感想
メアリの即位。しかし、それにより、エリザベスにも暗雲が近付くような流れに。ロバートがどう動くのかも気になる。
読了日:7月13日 著者:びっけ
僕とおじいちゃんと魔法の塔 (6) (角川文庫)僕とおじいちゃんと魔法の塔 (6) (角川文庫)感想
不覚にも泣いた。幸せはお金では買えないよねと思った( TДT)
読了日:7月13日 著者:香月日輪
終戦のエンペラー 陛下をお救いなさいまし (集英社文庫)終戦のエンペラー 陛下をお救いなさいまし (集英社文庫)感想
戦後暴動が起きないように奔走した親日家のアメリカ人と、彼と親交があった日本人。彼らがどのような生き方をしたか。興味深く読めた作品でした。
読了日:7月7日 著者:岡本嗣郎
現場から見た教育改革 (ちくま新書)現場から見た教育改革 (ちくま新書)感想
理想と現実をすり合わせるには、やっぱり時間が必要だって事ですね。あと、大人の抱く希望の無さが子供に伝播しているのが嫌だなぁと感じました。
読了日:7月6日 著者:永山彦三郎
この音とまれ! 6 (ジャンプコミックス)この音とまれ! 6 (ジャンプコミックス)感想
コータ(T_T) 良かったよぉ!! 疑ってスマヌ!!
読了日:7月6日 著者:アミュー

読書メーター

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »