フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月26日 (月)

小説の書き方について語ってみた(^_^;)

昨日、会社の同期の方で、人生の先輩である方と食事をしました♪ 

実はその方に投稿用の小説を下読みして頂いていたりします。お父様に作品を見せているようで「親子で続きを待ってるから書け!!」とせっつかれ、なんとか書く気力を保っております(^_^;) 遅々として進んでいないのですけれどね(←ヘタレ)

で、そこで出たのが「どうやって書いてるの?」的な話題でした。

基本は心身共にどうしようもなくなった時に、文章を吐き出して自分を保ってたと言う事実がある事を話しました。だからリア充中はかえって書けない(^_^;) 一種の現実逃避&精神安定剤代わり。昔からノートの端や職場のPCでメモ帳を開き、仕事中に1~2行を吐き出すように書きこんだりってのが多かったです。なので、作品としてしっかりしたものを書くようになったのはここ6~7年くらいかなぁ?

書こうと思い立ってから、10年くらいはひたすら読む方に重点を置いて、そろそろ書いてもいいのかなと思ってから、このブログで雑文書きなどをして、んじゃ、短いの書いてみるかと、小説投稿サイトへ投稿を始め、長編が書けるだろうかと、実験的に連載物なんぞをやってみたりして現在に至っております。ま、合間合間に二次創作をしたりしてもいますけれど( ̄▽ ̄)

長編作品がどうやら書けそうだと思ったのが3~4年くらい前。で、投稿用の作品を書いているのですがここ2~3年、職場環境が荒れていて頓挫期間が長かったのです。これはイカンと思い、同期の方に白羽の矢を立て、作品を読んで頂いているのでした。

小説を読むと「読んでるとかなり精神的に参る内容があるから、書いてて辛いんじゃないかなと漠然と思ってるんで、書いてる人はどうなのかなって思ってたんだ」とその方は言ってました。

事実、かなり辛いというか、書いてて胃がボロボロになったりします。でも、自分の内側で何かを喚かれているよりは、出してしまった方が楽かも。ま、でも、書いてる人間なんて、所詮マゾ体質なんじゃないかな? サドでもあるけど(^_^;) そうじゃなきゃ、書かんわ! と飲食店で力説かましました。

気になるのは書き方だったようで、どうしたらそんな事が出来るのかとも聞かれました。

これは聞かれてもなぁ(;´▽`A`` で、2種類の書き方を言ってみた。まずは精巧にプロットを造って行くタイプ。もう一つが直感というか、ビジョンを元に追及していくタイプ。

プロットは作品の設計図。コレを練って進めて行くのが一般的なのかな。

ちなみに自分は後者寄り。あ、短編は頭の中でプロット練る方です。長編だと、シーンが浮かんで書きとめて、それが連なってから「どうしてそんな事になってる?」とパズルのピースを埋める感覚で進めて行く感じ? 動き始めると書いてる途中途中で何かの啓示のように資料や情報が要所要所に現れるので、割と助かっております。あと、気力が萎えてる時にもせっつかれるように、関連情報が現れ書かざるを得ない気分になります。――気のせいかもしれませんが(;´д`)トホホ…

書き進めるとキャラクターも勝手に動いて、しかも、予想しない発言や行動を起こします。理由が解からないまま進めていくと、何故かしっくりとした理由がいつの間にか出来あがるんですよね。不思議と。で、シーンの方も思い付いた順番が違うと気づき、必要な場所に必要な場面が治まるようになります。パッチワークだなぁ、文章の。

そう話すとかなり不思議がられましたが、恐らく、多くの書き手さんは同じ事を感じてるんじゃないかなと思います。

ちなみに今の投稿作品はこんな感じに流れてます。

ビジョンが浮かんで設定を考えてみた。その設定が面白くなかったから、どうしようかと思っていたら、TVで面白そうな情報を拾った。で、そこに人物を配置したら面白いんじゃないかなと図面を書いた。で、バランスを取る為にそれぞれのキャラを設定してみた。こんな感じの人物達だから、テーマはコレで、主軸に関連事項と、合間に遊びを入れて骨格を作った。数シーン書いて、設定を詰めてみた。あとはコツコツコツコツと書く&読み返し&修正&書く――エンドレス~って感じ?

書く事は 根気が続く 作業也

って心境ですね(;´▽`A``

2014年5月22日 (木)

昼休みを取りましょう

何、普通な事をいってるんじゃい! ってな感じかもしれませんが、実はわたくし、社会人になってから昼休みをまともに取れる職場にいたことが殆どありませぬ(ノ_-。)

社内でご飯を食べながら電話受注応対ってな感じが長かった。で、現在の職場は何だかんだで食事介助しながらご飯を食べて、短時間の休憩。その事に労務から突っ込みが入り、きっちり1時間昼休みを取れとの通達が出たのです。

……1時間休みったって、休憩室ないじゃん、うちの職場。

非常に困りましたよ(^_^;) 面談用の部屋か脱衣所(←デイだから風呂場はあるの)か外の喫煙所でしか休めんのだ。どこも微妙に休めないんですよね。落ち着かん!! 辺鄙なところにあるから、買い物に行こうったって、コンビニしかないんですよ。

で、読書をしてみたのですが、入浴介助後だったから、休憩空け近くになったら、眠くて眠くて頭がぐらんぐらんしてしまいました。危険過ぎる、1時間の休みって!!

携帯をしっかりと持って行って原稿書くかとか思ってしまった。その方が眠くならない気がします(^_^;) あ、それとも、今までネットに上げた原稿のチェックの方が有意義かも!

昼休みの有効活用方法、何かないかなぁ(´Д⊂グスン

2014年5月 8日 (木)

GWってなんじゃい?

介護職なのでGWはありませんでした。というか、盆休みもないですだ(^_^;) デイサービスなので、辛うじて年末年始に連休で休めますけど。それ以外だと基本的に休めない業界なんですよね。――って、以前の業界(出版)も似たようなもんじゃんか(;´▽`A``

というわけで、社会人になってから年末年始以外はあまり休んだ記憶がありません。

さぞかそ稼いでいるのでは? とか思われていそうですが、大手じゃない出版社なんて自転車操業。ボーナス? 何、それ? ってな世界です。――自分が勤めた出版社は2社ともそんな感じでした。ボーナスって、出版社時代は5~6回しかもらった記憶が無いΣ( ̄ロ ̄lll) 十年以上働いてた筈なんだけどなぁ(;´д`)トホホ… 流石、水商売だね。

ちなみに会社で差し押さえの経験もありますよ~ん。グダグダ宴会(←一昼夜事務所でひたすら酒を飲みながら語る。ちなみに私は酒が飲めなかったのでシラフで参加)はその3倍以上はやってるのにね(;´▽`A``

ボーナスって言えば、現在勤めている会社って自己評価を提出するんですけど、そこに「友呼びしましたか(←社員を引っ張ってくる事)」「会社が斡旋する保険に加入しましたか」「当社の商品を購入しましたか」ってのがあるのだ。これってボーナス査定として妥当な評価になるんだろうか。個人的にはおかしいと思ってます。他の会社ってどうなんでしょうかね?

ってな感じで、今の業界も金回りは思いっきり悪い業界です。独り暮らしで辛うじて何とか食えるって感じ? 正社員で残業代込みで手取り16万程度でしかも東京。

21時までに家に帰れているのが良いところかな? 疲れて爆睡したり、持ち帰りの仕事や、レクゲームなんかの下準備なんてのもあるんで、ご利用者様が好きでないと結構しんどいかも。器用貧乏な自分には向いてますけどね♪(o ̄∇ ̄)/

以上、愚痴交じりの雑談でした。

2014年5月 2日 (金)

4月に読んだ本です(2014)

はい、面白かったのは小説「妖怪アパートの幽雅な日常10」、コミックス「10DANCE 2」ですね。コミックスの時点が「ボール・ルームへようこそ 6」――両方とも競技ダンスですわ(^_^;) 

2014年4月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:1647ページ
ナイス数:57ナイス

英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)英国一家、日本を食べる(亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)感想
面白かったですが、一家と言われると違うとしか言えん内容。たこ焼きやお好み焼きって海外に行っていなかったっけ? アジア圏には行ってると思ったんだけどな。絶対に海外で人気が出そうなのにね。
読了日:4月27日 著者:マイケル・ブース
KATANA(11)着せかえの刀 (あすかコミックスDX)KATANA(11)着せかえの刀 (あすかコミックスDX)感想
着せ替えの刀が華やかで可愛かったわぁ♪ 蛇革を恥じらう乙女っぷりも愛らしかったです(*^_^*)襲の思い出し笑いを見て全巻読み返しちゃいました。襲は1巻から登場してたのね。装丁がバラバラで長年読んでるのを実感しちゃいました。
読了日:4月27日 著者:かまたきみこ
かぶき伊左 参 (ビームコミックス)かぶき伊左 参 (ビームコミックス)感想
矢之助どうなっちゃうの?! 続きが気になる終わり方です!! この巻では権四朗の株が再びあがったわん。伊佐とおつみちゃんの…は綺麗だったなぁ。
読了日:4月27日 著者:紗久楽さわ
イーフィの植物図鑑 2 (ボニータコミックス)イーフィの植物図鑑 2 (ボニータコミックス)感想
イーフィ、警戒心無さ過ぎでしょう! 女の子なんだから色々と警戒しなきゃダメじゃんかと心配してしまう程のうっかりさんな巻でした。
読了日:4月27日 著者:奈々巻かなこ
この音とまれ! 5 (ジャンプコミックス)この音とまれ! 5 (ジャンプコミックス)感想
武蔵先輩~(///Δ///)それから涼香ちゃん(先生)♪ 特に涼香ちゃんはいい!! これからの活躍が楽しみですわ~ん♪
読了日:4月27日 著者:アミュー
生き神のファティマ 2 (BUNCH COMICS)生き神のファティマ 2 (BUNCH COMICS)感想
もう終わりですか?! といった感じ。主役ってウタだよね? 華が無い主役だった気がします。というか目立ってないかも。
読了日:4月27日 著者:水島ライカ
ボールルームへようこそ(6) (月刊マガジンコミックス)ボールルームへようこそ(6) (月刊マガジンコミックス)感想
ちーちゃんが可愛かったなぁ。さて、たたらの試練はどうなりますやら。
読了日:4月27日 著者:竹内友
妖怪アパートの幽雅な日常10 (講談社文庫)妖怪アパートの幽雅な日常10 (講談社文庫)感想
内容を知っている癖にやっぱり目が潤む(T_T)解説の方の感想には「うんうん」と頷いてしまいました。私も住みたいんだろうな、今からでも。
読了日:4月15日 著者:香月日輪
10DANCE 2 (バンブーコミックス 麗人セレクション)10DANCE 2 (バンブーコミックス 麗人セレクション)感想
何なんですか、あの可愛さはぁ!! 二人とも可愛いんですけどぉ!! あと面白過ぎてお腹が痛くなりました♪ 次巻が待ち遠し過ぎる!!
読了日:4月10日 著者:井上佐藤
妖怪アパートの幽雅な日常(6) (シリウスコミックス)妖怪アパートの幽雅な日常(6) (シリウスコミックス)感想
表紙が紫! 骨董屋さんらし過ぎ!! 長谷のパパっぷりにも拍車がかかってきて爆笑出来ました(*^_^*)
読了日:4月10日 著者:深山和香

読書メーター

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »