フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« ビター・ブラッド | トップページ | 黒木渚「革命」 »

2014年4月27日 (日)

富岡製糸場、世界遺産登録へ

日本の輸出産業で大きな役割を果たした絹。その絹を紡いだのが製糸場ですね。品質が良くて海外では大変高く売れたとか。

昔から品質には定評がある日本。その代表産業であった絹。今ではすっかり産業としては廃れてしまいましたが、その功績を残すと言う意味でも登録は目出度いと思います。

絹と言えばお蚕様。幼いころは岡谷に住んでいたので、学校ではお蚕様を飼育しましたね。

岡谷はやはり製糸場で栄えたという歴史がありましたので。映画の「あゝ野麦峠」で舞台になった製糸場。学校の映画観賞会で観た記憶があります(^_^;) あれ、小学生が観ていい内容だったのかと今でも思うわ(^_^;)(←同じ学校で「八甲田山」も観たんですよ。これもなぁ…)小学校低学年には刺激が強い内容ですな。死に化粧のシーンとか、心中シーンとかあった気がするんですけど……

父方の実家でも昔はお蚕様を育てていました。遊びに行った時に色々と教えて貰ったなぁ。お蚕様が桑を食べる音がワシャワシャとしてたとか、二階全部がお蚕様で一杯だったとか。あと、繭を煮た後に残った蛹を喰わされたりしました(←めっちゃ生臭かったのと、ぐにゃっとした触感だったのを覚えてるわ)

学校では卵から孵ったのを羽化させて産卵させるまでを一通りやったと思う。脱皮の度に大きくなってくのが不思議で、幼虫は触ると絹地と同じようにすべすべとした感触がしたな。成虫はふかふかした毛があって、交接で離れないのが何でか当時は全く解かってなかったですしね(;´▽`A``

富岡製糸場の事でそんな事を思い出してました。

※酒が殆ど飲めないんですが、珍しく家飲み中。といっても3%のアルコール度数ですが。疲れてるらしい(^_^;)

« ビター・ブラッド | トップページ | 黒木渚「革命」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/55964694

この記事へのトラックバック一覧です: 富岡製糸場、世界遺産登録へ:

« ビター・ブラッド | トップページ | 黒木渚「革命」 »