フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 「黒子のバスケ」事件の報道で… | トップページ | クリスマスに向けて »

2013年11月 1日 (金)

10月に読んだ本です(2013)

活字が一冊だけって(ノД`) でも、上橋さんの本はオススメですよん♪ 面白かったです。

コミックスは「大奥」10巻。もう、何て世の中は理不尽なんだと大声で叫びたい感じの内容。「軍靴のバルツァー」と「ヴィンランド・サガ」が次点です。もう、メッチャ好きなんですよ、戦もの(←ヤバイ?) 

――よくよく考えたら争いごと漫画ばっかしっが上位っすね(;´Д`A ``` 

次いでは「千年万年りんごの子」かな。これもある意味神との戦ものだし( ̄Д ̄;;

現在活字に対する意欲が弱く、先月末よりクリスマス・ソングを集めてWebにアップするべく簡単な動画(っていうか、歌詞を表示させてるだけだけどね)を作成中。作業にハマってしまって、気が付けば数時間過ぎてます。近々アップする予定です。

2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:26冊
読んだページ数:4252ページ
ナイス数:82ナイス

大奥 10 (ジェッツコミックス)大奥 10 (ジェッツコミックス)感想
この巻、凄く良かったっす!! しかし、どこの世も権力を得る為なら下々の事は無視なんだよなぁ。黒木の慟哭が泣ける(ノД`)
読了日:10月30日 著者:よしながふみ
yeah! おひとりさま (アサヒコミックス)yeah! おひとりさま (アサヒコミックス)感想
ひとり居酒屋(←アルコール×でNG)・ひとりバッティング(野球嫌い。他の興味ある運動はやったことあり)以外は経験済みだった(ノД`) おどおどしすぎで読んでてムズイっす!!
読了日:10月24日 著者:新久千映
ましろのおと(9) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(9) (月刊マガジンコミックス)感想
雷先輩と米福のエピソードが好き♪ 
読了日:10月24日 著者:羅川真里茂
ただいまのうた 6 (花とゆめCOMICS)ただいまのうた 6 (花とゆめCOMICS)感想
桜さん、おうちの中では自重して下さいな。見つかったら刺激が強いっすよ(⌒▽⌒)
読了日:10月24日 著者:ふじもとゆうき
銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)感想
男風呂ヨーグルト(^_^;) BUウイルスに対するエゾノー生の突っ込みが笑える。そこかと八軒と一緒に彼らに突っ込んだ自分がいたっす。
読了日:10月18日 著者:荒川弘
物語ること、生きること物語ること、生きること感想
生い立ちから作家になるまでのインタビューを再構築したもの。稀代のストーリィ・テラーの経験に親近感が湧きまくりです(≧∇≦) 面白かった♪
読了日:10月17日 著者:上橋菜穂子,瀧晴巳
軍靴のバルツァー 1 (BUNCH COMICS)軍靴のバルツァー 1 (BUNCH COMICS)感想
前々から気になっておりました! 面白い!! 職業軍人の性が描かれてるなぁと思いました。本屋でパラ見した時は戦争もので戦場の様子ばかりかなと思ったのですが、士官学校ですか! しかも古い王族との陰湿な遣り取りまであるとは! 好み過ぎて思わず笑っちゃいました(ノ∀`) 軍服もいいよね♪
読了日:10月13日 著者:中島三千恒
ヴィンランド・サガ(13) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(13) (アフタヌーンKC)感想
トルフィンが語った「怒りが怒りを呼んで 次々に人が死ぬ」って台詞が重い。現実とも被る言葉だから余計に響くんだな。
読了日:10月13日 著者:幸村誠
ヴィンランド・サガ(12) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(12) (アフタヌーンKC)感想
アルネイズとガルザルが泣ける(ノД`) そして、大旦那様の懐の大きさにまたしても感動したぞ!
読了日:10月13日 著者:幸村誠
鬼灯の冷徹(5) (モーニングKC)鬼灯の冷徹(5) (モーニングKC)感想
小判ちゃん、不憫(ノД`) 鬼灯様の仕分け作業での「何でここは ほんのり優しいか!?」で爆笑しました!
読了日:10月13日 著者:江口夏実
鬼灯の冷徹(4) (モーニングKC)鬼灯の冷徹(4) (モーニングKC)感想
ベルゼブブが憎めない( ̄▽ ̄) 白澤と鬼灯はどうやっても白澤の負けですね(´▽`*)アハハ
読了日:10月13日 著者:江口夏実
鬼灯の冷徹(3) (モーニングKC)鬼灯の冷徹(3) (モーニングKC)感想
カチカチ山……。うん、この話はアレンジしたらウザギがただの酷いヤツになっちゃいますよね。鬼灯様、まさか「タッチ」をご存知とは(⌒▽⌒)
読了日:10月13日 著者:江口夏実
千年万年りんごの子(2) (KCx ITAN)千年万年りんごの子(2) (KCx ITAN)感想
見合いで結ばれた二人が互いに心を惹かれ想いを通じ合わせて行くのに、現実は残酷に過ぎる。大切な者を奪われないように抗う雪之丞。運命を受け入れようとする朝日。神を恐る村人。それぞれがどのようにオネリの日を迎えるのか。この作品は完結したら一気読みしたい!
読了日:10月13日 著者:田中相
千年万年りんごの子(1) (KCx ITAN)千年万年りんごの子(1) (KCx ITAN)感想
1~2巻まとめ読み。思っていたよりも深い話しだ。しかも好みの設定。因習に対する主人公の抗い。村社会にある部外者に対する疎外。読んでいてゾクゾクします。
読了日:10月13日 著者:田中相
ぴんとこな 1 (Cheeseフラワーコミックス)ぴんとこな 1 (Cheeseフラワーコミックス)感想
ドラマから原作へ。コミックスの方が表情が豊かなので芝居の表現が解りやすいかなぁ。
読了日:10月13日 著者:嶋木あこ
サーバント×サービス(1) (ヤングガンガンコミックス)サーバント×サービス(1) (ヤングガンガンコミックス)感想
アニメから原作へ。思ったよりもスタートが地味でした(^_^;)
読了日:10月13日 著者:高津カリノ
たまちぇん!! (花とゆめCOMICS)たまちぇん!! (花とゆめCOMICS)感想
本誌で初めて読んだので、初めを知らず、単行本にてチェック。ジャージの理由はソレか!! のんちゃん可愛いくて思わずギュッとしたくなりますなぁ♪
読了日:10月13日 著者:師走ゆき
赤髪の白雪姫 10 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 10 (花とゆめCOMICS)感想
デート編のゼンが可愛すぎだろ!! 満面の笑顔のデレデレっぷりが初々しいぞ! 側近編の木々のパパが好み(//∇//) 木々の爆弾宣言も中々なものです。ミツヒデ、どうするのぉ~(⌒▽⌒)
読了日:10月13日 著者:あきづき空太
となりの怪物くん(12) (デザートコミックス)となりの怪物くん(12) (デザートコミックス)感想
ラストの雫が美人で強気でカッコよかったぁ!! そして、春。なにげにプロポーズっすか(⌒▽⌒) とてもらしい終わり方でした♪
読了日:10月13日 著者:ろびこ
ローゼンメイデン(9) (ヤングジャンプコミックス)ローゼンメイデン(9) (ヤングジャンプコミックス)感想
水銀燈が変わりつつある? 至高の少女になる為に本当に必要な物は何か。ドール達のお父様の本心は何なのか。次巻で少し見えてくるのかな。
読了日:10月13日 著者:PEACH-PIT
ローゼンメイデン 8 (ヤングジャンプコミックス)ローゼンメイデン 8 (ヤングジャンプコミックス)感想
めぐ、弄れきってるし。自虐的で後から痛い目にあっちゃいそうだわ。
読了日:10月13日 著者:PEACH-PIT
NO.6〔ナンバーシックス〕(7) (KCx ARIA)NO.6〔ナンバーシックス〕(7) (KCx ARIA)感想
原作より感情移入が難しい。ネズミの泣きのシーンは原作の方が好きだなぁ。
読了日:10月13日 著者:木乃ひのき
ノラガミ(7) (月刊マガジンコミックス)ノラガミ(7) (月刊マガジンコミックス)感想
夜トの涙がぁ(ノД`) それより、父様って誰なのよぉ!!
読了日:10月13日 著者:あだちとか
エンジェル・トランペット 2 (フラワーコミックスアルファ)エンジェル・トランペット 2 (フラワーコミックスアルファ)感想
GAHの目的は隔離と利用? 子供たちを怪物だと思ってるんだろうな。人によっては復讐の対象だし、とにかくあまりよろしくない組織だ。
読了日:10月13日 著者:赤石路代
とめはねっ!鈴里高校書道部 11 (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ!鈴里高校書道部 11 (ヤングサンデーコミックス)感想
本人無視で将来を決めようとしちゃ駄目だろう(^_^;) 三浦先生の判断は正しい!!!!
読了日:10月13日 著者:河合克敏
とめはねっ! 鈴里高校書道部 10 (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 鈴里高校書道部 10 (ヤングサンデーコミックス)感想
望月さん、書道は辞めないで欲しいなぁ。せっかく、楽しんで書けるようになってきてるのに!!
読了日:10月13日 著者:河合克敏

読書メーター

« 「黒子のバスケ」事件の報道で… | トップページ | クリスマスに向けて »

読んだ本(月間まとめ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/53795748

この記事へのトラックバック一覧です: 10月に読んだ本です(2013):

« 「黒子のバスケ」事件の報道で… | トップページ | クリスマスに向けて »