フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« キャプテンハーロック(映画版) | トップページ | 某救助の件ですが、どうなんでしょうか? »

2013年10月 3日 (木)

9月に読んだ本です(2013)

活字は今回、どれも面白かったのですが、自分の好みで考えると「キーパーズ」と「カンタン刑」かな。前出は動物関係がお好きな方向け、後出はエロ・グロ物が大丈夫な方向け。

「know」は専門用語が頻出するので、理系ものが好きな方でないと楽しめない可能性があるので、個人的には好きですがオススメするには悩む作品。

漫画は「ボクを包む月の光 13巻」ですな! ラズロの想いが伝わて泣ける泣ける(ノД`) でも、これは「ぼく地球」を読んでいた方でないと感じられない感想です。「イーフィの植物図鑑」は設定がしっかりしていて中々楽しいです♪ 植物の設定が面白いっす(^ω^)

2013年9月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:3719ページ
ナイス数:92ナイス

妖国の剣士 (ハルキ文庫 ち 2-1)妖国の剣士 (ハルキ文庫 ち 2-1)感想
書き出しの方は読み辛いというか、世界に入り辛い感じで中々進まなかったです(^_^;) 読み進めると恭一郎と伊織と由岐彦と馨という、タイプの違う大人の男性が勢ぞろいという、かなりオイシイお話しでした。ん? 蒼太込みで考えてもいいかも(⌒▽⌒) 主人公の影が薄過ぎて、気が付けば男性陣の御陰で読み終えた感が強いお話しでした。
読了日:9月29日 著者:知野みさき
3月のライオン 9 (ジェッツコミックス)3月のライオン 9 (ジェッツコミックス)感想
土橋と宗谷が案外仲良しなのに笑いました。和んだ(^ω^) 滑川のキャラがマジ立ち過ぎて寒かったよぉ(ノД`) ドン引いて思わず前半のひなちゃんに癒しを求めてしまいましたとさ。
読了日:9月27日 著者:羽海野チカ
ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 13 (花とゆめCOMICS)ボクを包む月の光 -ぼく地球(タマ)次世代編- 13 (花とゆめCOMICS)感想
泣かされたぜ(ノД`) ラズロとキャーが実は「ぼく地球」では一番好きだったので、これは嬉しい登場でした♪
読了日:9月26日 著者:日渡早紀
イーフィの植物図鑑 1 (ボニータコミックス)イーフィの植物図鑑 1 (ボニータコミックス)感想
面白い!! クラーリスが好きだぁ! あれでもう少しビジュアルがよければ、No.1人気が取れるに違いない(⌒▽⌒)
読了日:9月26日 著者:奈々巻かなこ
明日は死ぬのにいい日だ 3 (プリンセスコミックスデラックス)明日は死ぬのにいい日だ 3 (プリンセスコミックスデラックス)感想
あれ? 何か話が通じないと思ったら、どうやら2巻を読んでいないらしい(^_^;) ラストの駆け足っぷりが少し残念ですが、まとまっていたのではないかなと思います(^ω^)
読了日:9月26日 著者:篠原烏童
カンタン刑   式貴士 怪奇小説コレクション (光文社文庫)カンタン刑 式貴士 怪奇小説コレクション (光文社文庫)感想
この作家が描く人間の中の暗い欲望を表現したいっての、何だかわかる気がします。刺激的な内容を考えて、しかも書いていて自分でも具合が悪くなるのがわかっていながら書いてしまうというM的行為が想像出来、ちょいと自分も病的?とか思ったりしました(^_^;) S心も刺激されるんで、バランスはいいのかもしれないですけどね。
読了日:9月22日 著者:式貴士
四月は君の嘘(7) (月刊マガジンコミックス)四月は君の嘘(7) (月刊マガジンコミックス)感想
一回り大きくなった感じがする公生。かをりに対して言い知れぬ不安と予感を抱えてこれからどうなるのか。母と同じ道をかをりが辿った時、公生はどう成長するのか、心配だけど、先が読みたい!!
読了日:9月22日 著者:新川直司
四月は君の嘘(6) (月刊マガジンコミックス)四月は君の嘘(6) (月刊マガジンコミックス)感想
発売直後に読んでたはずなのに、チェック忘れてた(;゚Д゚)!
読了日:9月22日 著者:新川直司
ガラスの仮面 25 (白泉社文庫 み 1-39)ガラスの仮面 25 (白泉社文庫 み 1-39)感想
文庫はようやくここまで来ましたね! 実家の方で読んだ単行本の最新は確か昼ドラのような展開だった気がします(^_^;) それが文庫化になるまで何年かかるのかしらん。
読了日:9月22日 著者:美内すずえ
最新医学でスッキリ!「体の疲れ」が消える本 (成美文庫)最新医学でスッキリ!「体の疲れ」が消える本 (成美文庫)感想
疲れが抜けないので買ったさ(^_^;) 割と知ってる事が多かったので、何だかおさらいしたって感じでした。でも、ついつい、お酢と鶏肉を摂取してしまったのでした(ノ∀`) 
読了日:9月19日 著者:梶本修身
山響呼 (KCx ITAN)山響呼 (KCx ITAN)感想
アタリかハズレか賭けだなと思って買いましたが、これは大当たりでした♪ 紺野キタさんの短編を思い出しました。創作系同人誌のレベルが高い作家さんって感じですね。これからの成長が楽しみ♪
読了日:9月19日 著者:カム
pupa(4) (アース・スターコミックス)pupa(4) (アース・スターコミックス)感想
四郎さん、ヤバイっす! 現実では嫌ですが、物語の中のキャラだったら、かなり大好きです♪ この作品、変態率高いなぁとは思っていましたが、作者さんもそう思っているようで、四コマを読んで「やっぱ、意識してんだぁ!」と爆笑しました。
読了日:9月19日 著者:茂木清香
ボールルームへようこそ(5) (月刊マガジンコミックス)ボールルームへようこそ(5) (月刊マガジンコミックス)感想
千鶴さん……惚れます!! にしても、ガジュ君ってば、そんなにブラの件がショックなのかよぉ!!(o_ _)ノ彡☆
読了日:9月19日 著者:竹内友
生き神のファティマ 1 (BUNCH COMICS)生き神のファティマ 1 (BUNCH COMICS)感想
ウターリドがお人好し? って気がしました。大人のファンタジーって感じです。1巻だけだと、まだ世界に馴染めないかなぁ。巻数が進むとハマっていきそうです(^ω^)
読了日:9月10日 著者:水島ライカ
夢幻紳士 新・怪奇篇 (夢幻紳士シリーズ)夢幻紳士 新・怪奇篇 (夢幻紳士シリーズ)感想
魔実也はアダルトの方が好き♪ 値段の割には物足りない気もしますが、ついつい買ってしまいますね(ノ∀`)
読了日:9月10日 著者:高橋葉介
あめのちはれ 7 (B's-LOG COMICS)あめのちはれ 7 (B's-LOG COMICS)感想
寮長に告白されて明日美とのデートがおざなりの葉月(ノД`) 真面目なのか、残念なのか… 真城の一抜けは何となくそうかなと感じてましたが、五郎丸の告白は予想外でした。そこで行くか!って感じ(⌒▽⌒) ああいった抜け方だとしたら、葉月と冬馬のどちらかが最後まで残りそうだなぁ。
読了日:9月10日 著者:びっけ
キーパーズ 碧山動物園日誌 (メディアワークス文庫)キーパーズ 碧山動物園日誌 (メディアワークス文庫)感想
不覚にも泣いた(ノД`) 上野動物園とズーラシアをモデルにしてるなぁと思いながら読みました♪ 造りとか立地が結構そのままな感じがするので。上野動物園の動物達も献体されて国立科学博物館に寄贈されてるのを思い出しました。ただ、一点、介護関係の話で(介護職なので)「連絡先は施設じゃないだろう!」と突っ込みを入れてしまいました。読んでいて場面毎に鮮やかにビジョンが浮かぶ作品でした♪ お気に入りに加えたい作品です!
読了日:9月8日 著者:美奈川護
know (ハヤカワ文庫JA)know (ハヤカワ文庫JA)感想
情報化へと対応するために電子葉の移植が義務付けられた日本を舞台にした作品。『全知』を求める者達の行き着く先には何があるのか。読んでいて、先へ先へと急かされて行くような感じがしました。面白かったですが、書かれている専門用語を知らないと理解が難しい部分もあるのかな? SFや理系物が好きな人には楽しめる作品です(^ω^)
読了日:9月6日 著者:野崎まど

読書メーター

« キャプテンハーロック(映画版) | トップページ | 某救助の件ですが、どうなんでしょうか? »

読んだ本(月間まとめ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/53460014

この記事へのトラックバック一覧です: 9月に読んだ本です(2013):

« キャプテンハーロック(映画版) | トップページ | 某救助の件ですが、どうなんでしょうか? »