フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月24日 (水)

「深海展」に行ってきたっすo(^▽^)o

NHKでの深海番組の放映が始まる前に行ってきましただ。絶対放映後は混むからと思って行ったのですが、既に結構な人出でございました。ま、絵画展よりは少ないから見やすかったですけどね~(´∀`)

ラブカ(深海に住む原始的なサメ)の剥製があったり、深海6500の実物大模型があったりして、マニアにはかなり嬉しいものがかなりありました。

Ph_221_2

その一つが左のスケーリーフット。これは白色。黒色は足の部分に硫化鉄の鎧があったりするのだ!! この白色の部分の鱗状の所ね。

どこぞの見出しで鉄の鎧をまとった貝が発見されたってな紹介があったので、興味を惹かれて調べたりしていた生き物で、今回の展示には標本が無いと思っていたので、見つけて思わず「うぉ! スケーリーフットあるじゃん!」と口に出してしまいましたヽ(´Д`;)ノ

近くにいた子供も「スケーリーフットが見られるとは!」と感嘆の声をあげておりました。同志!!(*´▽`*)

ダイオウグソクムシ(深海のダンゴムシの仲間で、40cmくらいある)やゲイコツナメクジウオ(これは想像より小さかった! 2cmくらいかな)の標本もありましたよ~ん♪

常設展も見てきたのですが、疲れてしまって、地球館しか行けなかった(´;ω;`) 改装してから2度目です。1度目は引率だったので、ろくに見られなかったから、じっくり回ってきました♪

Ph_233_2 こちらはアーケロン。絶滅した史上最大の亀ですね。4mくらいで、天井に展示してありました。復元骨格標本かな? 

他にも恐竜や絶滅哺乳類の標本がわんさか。バシロサウルスとかダイアウルフエピガウルスの骨格標本もあった♪ 絶滅哺乳類好きなのですよ~ん♪

さて、次はこの写真です。ヒントはオーストラリア。そして絶滅種。

Ph_230_3害獣として乱獲されたのと、ディンゴによる淘汰で絶滅しました。

答えはフクロオオカミことタスマニアンタイガーです。貴重! 

かなり楽しんで帰宅したのですが、足がパンパンになってしまいました(;´д`)トホホ…

2013年7月23日 (火)

箱の中

510vlzycnil__sl500_aa300_著:木原音瀬 発行:講談社 本体価格:724円

いやぁ、貪るようにして読んでしまいました(ノ∀`) 

元々はBLレーベルで出版されていたものが何と講談社で文庫化。何故一般レーベルで? と思っていたのですが、読んでいて納得。確かにBLの基本を踏襲してはいるのですが、内容は本当に一般向け。「人を想うとは?」といったテーマを突き詰めている感じの内容です。たまたま相手は男として設定したってだけだと思えば、いや、男だからこそここまでの話しになったのかな? とにかく深くて痛い内容。

痴漢の冤罪で実刑判決を受けた堂野(あ、全く同じ文章が裏表紙にあった)。収監された雑居房で隣同士になった、喜多川という男が向けてくる、無垢な想いに、人間不信になっていた心を癒される。喜多川の幼い物言いや盲信に戸惑う堂野。それが彼の過酷な生い立ちからであると知り、堂野は彼に関心を抱くようになる。

その後も色々とあるのですが、とにかく単純にBLといった感じで読むと頭を殴られるような展開の連続。重い、ひたすらに重くて、かなり痛い(´;ω;`) そして深い内容です。

読み始めたら止まりませんでした。

特に喜多川の設定がね、好みなのですよ。自分でもこういうキャラ作るのが好きなので、読んでいて「これよ、これ!! 私が求めるのはこういうのなのよぉ!!」と悶えました(;´▽`A``

軽いBLが好みな方は恐らく読むのが辛いだろうなと思います。ジュネ系(←古!)に馴染んでいる方々には大歓迎な作品なのではないでしょうか。

人の想いの強さにより人が変わっていく様を読みたい方にはオススメかな。

2013年7月21日 (日)

祝1500冊(;゚Д゚)!

読書メーターに登録した本が1500冊になりましただよ(;゚Д゚)! あ、再読や雑誌は殆ど含まれていないです(ノ∀`) でも、漫画は山程入っておりまする!!

登録したのは2009年の6月末。4年ですねぇ。結構読めるもんだ! というか、ここ10年ばかりは極力読む事をすすめている状態です。

え~と、小説書きたいから(^_^;) 読まないと書くレベルも上がらないんですもん(´;ω;`) 今は時間が取れないので、中々読む方も書く方も進まなくて大変ですけど、どちらも頑張りたいものです。

読んできたものはかなり雑多。ただし、推理小説系は本当に少ない!(←苦手というか、多分嫌い)ただし、最近増えている、日常的な小さな推理は大丈夫みたい。

多いのは児童書やファンタジーや妖怪ものでしょうか。民俗学系や生物関係やロボット関係の専門書なんかも割と多いかも。我ながら偏っていると実感します(o ̄∇ ̄o)♪

漫画はBLが増えてるかな? 登録初期は買おうとすら思っていなかったジャンルだ。読んでみたら、普通の恋愛漫画よりもしっかりと描かれていて面白かったですね。あ、勿論、作家によります。甘ったるい非現実的な状態だと「ケッ!!」とかなるので(←喧嘩売ってるかも)

これからも沢山読んでいきたいですね♪ そうじゃないと、本に埋もれて死んでしまいます。――現在、目に見える範囲一畳分くらいに本が山積みだヽ(´Д`;)ノ

2013年7月15日 (月)

進撃&変態のOPが今でも好きじゃ(≧∇≦)

編成期でアニメも新しいものが始まっておりますね♪ ですが、今期のアニメのOP映像では、未だに『進撃の巨人』と『変態王子と笑わない猫』のOPを超えるものが出ておりません(←と思うのは私だけかしらん) 前にも紹介してたかもしれませんが、好きだからやっぱり映像アップしちゃうわヽ(´Д`;)ノ

『進撃の巨人』のOPはあのミュージカルのような盛り上げっぷりがツボ♪ それから、アングルが凄く好みなのですよ~ん(^ω^) 

『変態王子と笑わない猫』は女の子が可愛すぎて\(//∇//)\ 初めに見た時から(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ 我に返って「変態は自分や!」とか突っ込むくらいにガン見してましたわヽ(´Д`;)ノ 女の子目当てでアニメ観たのは久しぶりでした。

今期は『ブラッドラッド』と『きんいろモザイク』『サーバント×サービス』が好みな話です♪ 

『有頂天家族』も面白いけど、これは原作を読みたいと思っていたので除外。『神さまのいない日曜日』も原作買ってあってそのままだわぁヽ(´Д`;)ノ これ、ラノベなの知らんかった(←角川の文庫で買ったのよ)

『恋愛ラボ』は原作の方がパワーがあるので、アニメはちょいと微妙です(;´▽`A`` マキオが早く観たい!!

『ハイスクールD×D』は、まぁ、ねぇ~(ノ∀`)(←理由は想像に任す!)

相変わらずアニメどっぷり生活ですわヽ(´Д`;)ノ

2013年7月12日 (金)

pupa

51cuzmrkbel__sx230_著:茂木清香 本体価格:595円

発行:アース・スター エンターテイメント

異形のものになった妹の生き餌になることを選んだ兄。妹は躊躇いながらも食欲を満たす為に兄を貪る。背徳的であり、純粋であり、淫靡な感じが強い作品ですね(*´д`*)ハァハァ 『寄生獣』と『最終兵器彼女』をブレンドして割った感じかな?

まずは作品からの文章抜粋。この文体が好きじゃぁ!!(`・∞・´) 買って良かったぁ♪

「人に喰われる感覚を知っているか。肉が裂け、熱い血が一面に飛び散り、呼吸が千々に乱れ、ブチブチと骨や筋が擦り潰されていく。薄れゆく意識。むせかえる程の鉄の匂い。そして体はただの肉塊と化すのだ――」(一巻より)

「両手両足を広げられた様は蝶のよう。ジタバタと蠢く様はまるで芋虫。そして中身を暴かれる様は蛹そのもの」(二巻より)

「蛹が踊り狂っている… お兄ちゃんは蛹だ。古い殻を脱ぎ捨てて、今にも羽化しようともがいている、一匹の蛹」(三巻より)

いやぁ、この文体からして、割と小説も読んでいそうな気がするわ。しかも、マニアックな方面のc(>ω<)ゞ 言葉萌えしてそう(←勝手な想像)

書店で見かけて、帯の「お兄ちゃんを食べたい」って言葉に惹かれてたんですが、買うのはどうかなぁと迷っていました。

今日、本屋へ行ったら、お試し読みが出来るようになっていたので、読んでみたら、めっちゃ好みでしたわヽ(´Д`;)ノ

オープニングからいきなりDVでっせ? 主人公の境遇紹介を、クマのぬいぐるみを使って、残酷になりすぎないようにさらっと紹介してるところから「う、上手い!」となりました。残酷なのにほのぼの。そしてエログロが上手くブレンドされていて大変好みでございます(^ω^)

そして、完全な兄受!(←腐さんが読めば解る!) 特に三巻です、三巻! 上に紹介してある「…」の後。台詞で進んでいるシーンがあり、そこの部分はとてもエロいっす(ノ∀`) 身体の異変に悶える兄を妹が貪る(←食べる)シーンなんですけどね――

めっちゃ萌えますheart02(≧∇≦*)

アニメ化され秋には放映が開始されるようですが、どうなるのかなぁ。『進撃の巨人』のように世界観がきっちりと描けるといいですけどね。

2013年7月 8日 (月)

久々に仕上げました(小説ざんす)

3年程前に中途半端にしていた作品があり、それを仕上げてwebにてアップさせて頂きました( ̄▽ ̄)

タイトル「封老」です。〝小説家になろう〟のページにリンクをかけてありますので、興味がございましたら、タイトルをクリックしてくださいm(_ _)m

短編書くのって好きなんですが、イマイチまとまらない(;´▽`A`` 精進せねば!

2013年7月 7日 (日)

コンビニたそがれ堂

9784591114162_2著:村山早紀 発行:ポプラ社 本体価格:540円

書店でパラ見して、書き出しの文章に興味を惹かれ購入。

大正解でした(´∀`)

元々は児童書で出されていたものを、一般向けの文庫にしたもの。あとがきで「あちこち描写とか増やしてます」とありました。また児童書は文字や量に制約があるから、心ゆくまで描写出来て嬉しかったとあります。恐らく、この文庫版は作者本人も納得出来る仕上がりに出来たんだろうなぁと思われます。読んでいても物足りなさは感じませんでした。児童書を読むことは好きなのですが、やっぱり平仮名多いと大人としては物足りないので(ノ∀`) 読み比べてみるのも面白いかなと思うので、いずれ、読み比べてみたいと思います。

短編の連作なのですが、基本は「なんでもそろっている『たそがれ堂』というコンビニに訪れたものの物語」です。お狐様が気まぐれで開くお店って設定? しかも訪れるのは人間だけではありません。どの話も心がほっこりする、なんとも言えない温かさを得られる物語です。

甘っちょろい話が嫌いな人は読まない方がいいかなぁ(;´▽`A`` ありふれた感じの話しなので、ひねくれた方にもオススメしません。皮肉な見方をされちゃうのが嫌なので。

この中で「あんず」という話があります。その前にあった「桜の声」に自分の好みなテイストを感じていたのですが、この「あんず」には好みというよりも、自身の感情にどっぷりシンクロしてしまい、読んでいる間に号泣してしまいました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

自分の命の期限を自覚した猫が、自分を家族にしてくれたお兄ちゃんと会話をしてみたくて、人間として、家族へ会いに行く話し。

猫好き読むべし! 泣くね  つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

というか、小さな命を慈しんだ事がある人は多分泣く!

ちょっと疲れた時に読むと、何だか切なくて、それでも何だか、心が安らぐような気持ちになる作品です♪ 

2013年7月 2日 (火)

6月に読んだ本です(2013)

十二国記の新刊が6月中に読み終えられなかったぜ(´-д-`)

気を取り直し、コミックでの№1は「テルマエ・ロマエⅥ」です♪ いやぁ、ハッピー・エンドでしたね(^ω^) 次点は「秘めごとあそび」(BLざんす)エロいっすよ~ん(*´∀`*)

活字は……天野頌子さんのばっかりな気がしますだ(;´д`) 「陰陽屋シリーズ」が面白かったです(^-^) 最近、書店で平積みの山積みになっているのが嬉しいです。「闇の虹水晶」も良いのですが、疲れた時に読むと、ちょいと凹みます。ラストは前向きなんですけどね(;´▽`A``

2013年6月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:2687ページ
ナイス数:74ナイス

テルマエ・ロマエVI (ビームコミックス)テルマエ・ロマエVI (ビームコミックス)感想
きゃぁ~(//∇//) じじいがカッコイイ!! あとは若いものに任せてとか思ってしまう終わりでした(*´▽`*)
読了日:6月26日 著者:ヤマザキマリ
(P[あ]4-5)花の道は嵐の道: タマの猫又相談所 (ポプラ文庫ピュアフル)(P[あ]4-5)花の道は嵐の道: タマの猫又相談所 (ポプラ文庫ピュアフル)感想
陰陽屋に比べると何だか物足りないというか、パンチが足りないとうか、まとまりがイマイチというか…… 済みません、わがままな読者で(;´д`)
読了日:6月23日 著者:天野 頌子
(P[あ]4-4)よろず占い処 陰陽屋アルバイト募集 (ポプラ文庫ピュアフル)(P[あ]4-4)よろず占い処 陰陽屋アルバイト募集 (ポプラ文庫ピュアフル)感想
瞬太のライバルが祥明だとかなり大変ですね(≧m≦) 読者としては三井のことで右往左往している瞬太を見ている方が楽しいんですけどね。瞬太には悪いんですが(;´д`)
読了日:6月23日 著者:天野 頌子
(P[あ]4-6)よろず占い処 陰陽屋あらしの予感 (ポプラ文庫ピュアフル)(P[あ]4-6)よろず占い処 陰陽屋あらしの予感 (ポプラ文庫ピュアフル)感想
相変わらずの恐ろしさ…、祥明母のことですよん♪ 葛城さんとの絡みが今後気になるんですけど。あれで終わりと言うことはないはずだ!
読了日:6月23日 著者:天野 頌子
昭和元禄落語心中(4) (昭和元禄落語心中 (4))昭和元禄落語心中(4) (昭和元禄落語心中 (4))感想
菊さんがどうして「八雲」を継いだのか。小夏がこだわる事件はそれだと思うのだけれども、どう考えても嫌な想像にしかなりません(/ _ ; ) 七代目や助六が菊さんに漏らした本音が痛い巻でした。
読了日:6月16日 著者:雲田 はるこ
ロビン―風の都の師弟―3 (フレックスコミックス フレア)ロビン―風の都の師弟―3 (フレックスコミックス フレア)感想
タイトルの誤植が気になりますよぉ(T_T) 読書メータースタッフさん、修正( ゚д゚)ノ ヨロ 3巻は駆け足過ぎて何だか物足りない感じです。とにかくシェンが色々と引きずり過ぎていて不憫です。
読了日:6月16日 著者:中山星香
闇の虹水晶闇の虹水晶感想
全てを失った後、流されるままに生きてきた主人公。この人どうなるんだろうと読み始めに心配してしまいました。まんまヒロインの心境だな(*´д`*) ラストは生きる意欲を持てるようになったのでホッとしました。
読了日:6月16日 著者:乾石智子
CLAYMORE 24 (ジャンプコミックス)CLAYMORE 24 (ジャンプコミックス)感想
人外生物大乱闘って感じせした(^_^;) 話が中々進まないので焦れったいです!!
読了日:6月8日 著者:八木 教広
進撃の巨人(10) (講談社コミックス)進撃の巨人(10) (講談社コミックス)感想
最近アニメを見ていたせいか、何だか画質が粗いと感じてしまいました(^_^;) 話はどうやって収集を付けるのか気になります!! 巨人って何なんだろうか? 人間ってなんなんだろうか? 益々目が離せない気がします(^ω^)
読了日:6月8日 著者:諫山 創
恋して☆トゥインクル (AKITA COMICS DELUXE)恋して☆トゥインクル (AKITA COMICS DELUXE)感想
笑えました! のんきな宇宙犬の侵略方法が特に(ノ∀`) というか、バラしちゃうかぁ?! 地球人にぃ!! という間抜けっぷりがプリティ(*´▽`*)
読了日:6月7日 著者:みもり
KATANA  刀中の剣 (怪COMIC)KATANA 刀中の剣 (怪COMIC)感想
襲の出番が少なくて残念! 古物商のおっちゃんが結構好きです(ノ∀`)
読了日:6月7日 著者:かまた きみこ
くくりゃんせ (ゼロコミックス)くくりゃんせ (ゼロコミックス)感想
原画展で見かけた買っていない既刊本! 読んでて切なくなってしまいました(T_T)
読了日:6月7日 著者:みもり
秘めごとあそび 第1巻 (あすかコミックスCL-DX)秘めごとあそび 第1巻 (あすかコミックスCL-DX)感想
2巻買ったらやっぱり欲しくなって買いに走りました♪ やっぱこの二人、いいわぁ~(^ω^)
読了日:6月7日 著者:桜城 やや
お陽様の下のルナ (ウィングス・コミックス)お陽様の下のルナ (ウィングス・コミックス)感想
「ロンと光の猫娘」が好き♪ ロン、結構いいやつじゃんかぁ!(←ひねくれてるけど)「クラヤミに響け笑い声」は『泣いた赤鬼』を思い出したわ♪
読了日:6月4日 著者:みもり
【Amazon.co.jp限定特典付き】秘めごとあそび 第2巻 (あすかコミックスCL-DX)【Amazon.co.jp限定特典付き】秘めごとあそび 第2巻 (あすかコミックスCL-DX)感想
描き下ろしの谷原さんがメッチャかわいい!! にしても、谷原さんの表情ってエロくないですか? 今月の連載もエロ可愛かったですけどね(≧∇≦)
読了日:6月4日 著者:桜城 やや

読書メーター

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »