フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« ダラダラ~な日曜日♪ | トップページ | 6月に読んだ本です(2013) »

2013年6月27日 (木)

二流小説家(映画)

原作を買うかどうか迷っていて、映画化の主演が上川隆也さんだったので、映画を見てから原作を買うかどうか判断しようと思って観に行きました。

原作は小説家の視点から語られるであろう物語なのですが、映画だと心理表現は難しですからね。どうやって脚本をやってるのかなぁってのにも興味がありました。

え~と、端的な感想ですと「二時間サスペンスだぁ!」です(≧∇≦) 役者はかなりイイ感じでしたよん♪ 

上川さん演じる赤羽のヘタレっぷりとか、泥臭い感じの演技が、かなり好みですc(>ω<)ゞ また、武田真治さんの演じるシリアルキラー呉のイカレっぷりが素晴らしい!! 

被害者の母役の戸田恵子さんや、三島役の本田博太郎さん、警部役の伊武雅刀さんの演技かこれまた良いですよん(*´∀`*) 戸田さんは必見だと、個人的には思いますわん♪

以下、ネタバレになりますのでご注意下さい。

割と簡単に犯人の予測がついてしまいました(;´▽`A`` 

しょっぱなから怪しげな女弁護士の前田。異常に呉の無罪に拘っている所が怪しげ。惚れてるのかなぁと思っていたのですが、実母でしたね。犯罪に携わってるなというのは、事務所の写真で何となく見当がついていたんですが、実母ってのは浮かんで無かったです。伏線あったんですけどね(←気づけ!)

それから被害者遺族の三島。三島は「あ、この人、模倣犯だ。絶対妻は自分で殺してるなぁ」と思っていたら、その通りでした。恐らく赤羽への銃の発砲者もこの人だと検討をつけていたのも当たり。こんなに判りやすくていいのかしらんと思うくらいに判りやすかった。

結構、面白かったので、映画を観終わった後に、原作を購入。恐らく映画では描かれていなかった、主人公が殺人犯に依頼されて書いた小説の描写が原作にはあるはず。どんな感じの文章を書く小説家なのかなぁ♪ 興味アリアリです(≧m≦)

ということで、映画の予告編で営業!! 

この映画の主人公と、今日のゴチ・バトルの上川さんとのギャップが可笑しい(゚m゚*) 思わずちっちゃい文字で書いちゃいました(*´▽`*)

« ダラダラ~な日曜日♪ | トップページ | 6月に読んだ本です(2013) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/52206819

この記事へのトラックバック一覧です: 二流小説家(映画):

« ダラダラ~な日曜日♪ | トップページ | 6月に読んだ本です(2013) »