フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月27日 (木)

二流小説家(映画)

原作を買うかどうか迷っていて、映画化の主演が上川隆也さんだったので、映画を見てから原作を買うかどうか判断しようと思って観に行きました。

原作は小説家の視点から語られるであろう物語なのですが、映画だと心理表現は難しですからね。どうやって脚本をやってるのかなぁってのにも興味がありました。

え~と、端的な感想ですと「二時間サスペンスだぁ!」です(≧∇≦) 役者はかなりイイ感じでしたよん♪ 

上川さん演じる赤羽のヘタレっぷりとか、泥臭い感じの演技が、かなり好みですc(>ω<)ゞ また、武田真治さんの演じるシリアルキラー呉のイカレっぷりが素晴らしい!! 

被害者の母役の戸田恵子さんや、三島役の本田博太郎さん、警部役の伊武雅刀さんの演技かこれまた良いですよん(*´∀`*) 戸田さんは必見だと、個人的には思いますわん♪

以下、ネタバレになりますのでご注意下さい。

割と簡単に犯人の予測がついてしまいました(;´▽`A`` 

しょっぱなから怪しげな女弁護士の前田。異常に呉の無罪に拘っている所が怪しげ。惚れてるのかなぁと思っていたのですが、実母でしたね。犯罪に携わってるなというのは、事務所の写真で何となく見当がついていたんですが、実母ってのは浮かんで無かったです。伏線あったんですけどね(←気づけ!)

それから被害者遺族の三島。三島は「あ、この人、模倣犯だ。絶対妻は自分で殺してるなぁ」と思っていたら、その通りでした。恐らく赤羽への銃の発砲者もこの人だと検討をつけていたのも当たり。こんなに判りやすくていいのかしらんと思うくらいに判りやすかった。

結構、面白かったので、映画を観終わった後に、原作を購入。恐らく映画では描かれていなかった、主人公が殺人犯に依頼されて書いた小説の描写が原作にはあるはず。どんな感じの文章を書く小説家なのかなぁ♪ 興味アリアリです(≧m≦)

ということで、映画の予告編で営業!! 

この映画の主人公と、今日のゴチ・バトルの上川さんとのギャップが可笑しい(゚m゚*) 思わずちっちゃい文字で書いちゃいました(*´▽`*)

2013年6月23日 (日)

ダラダラ~な日曜日♪

昨夜、職場の飲み会(とは言え、アルコールは殆ど入れてません)の後、風呂にも入らず(←入れよ!)本を読んでいるうちに寝落ちてました(^_^;) 夜中に一度起きたんですが、面倒でそのまま寝てしまい、8時頃に目が覚めたんですが、そのままダラダラ~と、昼頃までTVを見てました。

自衛隊絡みのニュース&富士山を含むその周辺の世界文化遺産登録のニュースを見てたのでした(≧∇≦)

そうそう、自衛隊の救難艇US‐2ばっかり話題になってたんで、P‐3Cは? とか思って、思わず調べちゃいましたわ。やっぱ出動してんじゃんかと、マニアックな情報を確認してしまう自分(;´▽`A`` 

流石に汚部屋と化している状態をこれ以上放置出来ず、ようやく床を離れたのは12時過ぎでした。掃除を終えて、昼風呂して、その後はまたダラダラと読書&居眠り~♪

ああ、至福♥

BGMはランダムに曲を流しっぱなし。これもまた久々で、かなり満足でした。他はダラダラ食べっぱなし?(←身体に悪!!) 塩っけのあるお煎餅が美味しいのが悪いんじゃぁ!! 止まりませぬ・・・(;´Д`)ウウッ…

さて、こんな状態で明日からしっかり仕事出来るかしらんと、今、ちょいと心配でございます(≧∇≦)

2013年6月17日 (月)

大量の蚊に遭遇ヽ(´Д`;)ノ

ええ、びっくりしましたともΣ(゚д゚lll)

自転車の籠に、雨避け用ように取り付けた黒いカバーがあります。そのカバーの蓋のファスナーを開けっぱなしにして蓋を被せたままでした。

昼頃に出かけようとして、蓋を持ち上げたらですね……

蚊柱が上がったのだ! 

(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

思わず飛び退いたわ! 暗いからねぐらにしたのか?! 

自宅は公園の裏でございます。ただでさえ蚊が繁殖していて、玄関に出るだけで常に餌食となっている私です。それなのに、ねぐらを作ってやっていたとは!!

面倒でも毎回ファスナーを締めようと心に誓ったのでした。

気を付けよう 小さな暗闇 蚊の温床

……お粗末さまでした(≧∇≦)

2013年6月16日 (日)

魔性の子(ドラマCD)

分類が正しくないかも(^_^;) Walkman を購入したので、色々とデータを落としているのですが、その中にCDドラマがいくつかあります。PC開いて聞くのはちょいと面倒なので聞いていなかったのですが、Walkman だったら聞きやすい! 

ということで、今月末に久々に新刊が発売になる十二国記の原点である『魔性の子』を聞いてみました♪ あ、これって、まだ販売しているんだろうか? 1997年発売だから、既に販売してないだろうなぁヽ(´Д`;)ノ データ入手出来てて良かったわぁ(^ω^)

高里役の人が、舌っ足らずな感じで、ちょっとヤバイ感じに良いです(←この表現はどうかと自分でも思う) 何と言いますか、夢見がちな、ちょっと浮世離れした危なっかしい感じがするのだ。そこが高里っぽいです。

徐々に高里が泰麒としての記憶を思い出して行くシーンは原作でも好きなのですが、ドラマで聞いてもドキドキしたなぁ。

そして、広瀬先生のダメダメっぷりも素晴らしいです! 縋る、高里に必死になって縋る! 原作でも「あ~ぁ、この教師はぁ(T_T)」ってなくらいに依存してる所が、声の演技では輪をかけて強くなってる。高里が十二国に帰ったらどうやって生きていくんだとうか、この人はと心配になるくらいにダメダメです(ノ∀`)

物語の中のダメ男ってのは大好物です

Σ(ノ≧ڡ≦)てへぺろ

思わずときめいてしまいましたわぁ(≧∇≦) い、いじめたい、思い切り、いじめたいぃ~!! と思うくらいにダメでした♪(←褒めてる)

入手の機会がありましたら、原作片手に聴いて見てくださいませ。台詞が若干変更になっていたり、場面の省略があったりして、脚本の脚色の状況が見えて楽しいですよ~ん♪

2013年6月12日 (水)

送迎車の運転(^-^;

デイサービスの仕事で重要なもの。それはご自宅までの送迎だったりします。今月に入ってからですが、送迎車の運転をしています。

免許を取って2年ちょい。殆ど車に乗っていませんでした。送迎は添乗として出ていましたが、人員不足のため、免許取得者は送迎に運転手で出なさいということになりました。

上司が変わり、すんなり運転の許可が降りて、いいんかいな? という感じですが、辛うじて何とかなっております。とにかく車幅に慣れないとと思ってます。

だって、道が細いんだもんo(TヘTo)

デイのすぐそばの道は、自転車や歩行者がよく道の方へ出てくるし、いきなり飛び出してくることも多いし((((;゚Д゚)))) 対向車にバスが来ると、道幅結構ギリギリっす。

タントだと視野が広いし縦幅も短いから割と運転しやすいんですが、ラクティスは視野が狭くて、乗り出さないと前の方が見えない!!(←シートに沈んでしまうんで、尚見づらさが増してる気がするぅ!)

自分で買うなら絶対ちっさい車にしようと思うくらいにラクティスは運転していて怖い気がします。

が! ラクティスの運転は必至。なぜなら、車椅子を乗せる事が出来るからです。タントは乗せらんないのだ。

でも、それ以上の大きさだと、私は運転出来ません。慣れてからじゃないと、大きいのは無理じゃぁ( ̄◇ ̄;)

「デカイのに乗った方が、前方の見晴らしがいいから安全だよ」とは言われますが、幅の把握がね(´Д`)ハァ… 

とにかく、安全第一で運転しております(`・ω・´)

2013年6月 9日 (日)

体は覚えているものですねぇ(*´∀`*)

9月からだから、もう、9ヶ月くらいかぁ。

仕事が忙しくて「3ヶ月程休ませてください」と言いつつ、忙しさが倍増して全く復帰の目処がつかないバイオリンのレッスン(T_T) 

楽器ケースすら開けていない状態でしたが、さすがに楽器自体が心配になって久々に開けてみました。

やはり、見事に弦が伸びきっておりました。音めちゃめちゃ(←当たり前じゃぁ!!) 

あまりに久々過ぎて、調弦の仕方を忘れていないだろうかと不安になりつつも、楽器の為に調弦と音出しをしてみました。

いやぁ、体で覚えることって中々忘れないと言いますが、まさにそんな感じ。耳が音を拾う感覚が久々に気持ちよかったです♪(←なんだか表現が微妙にエロいのは気のせいだろうか)

が、頭で覚えることは結構忘れてる。特に譜面。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 元々苦手ですが、やっぱ読めなくなってる。あれだけ練習してたのに、譜面だけでは頭の中に曲が流れない。これはマズイ。

とにかく、自分の好きなサンサーンスの「白鳥」を弾いてみた。

こんな曲です。音程も一緒ですが、ここまで上手くは弾けてません_| ̄|○ ま、ブランクも長いし、5年弱しか練習してないから、まだまだだよな(T_T) しかも、そのうちの1年は殆ど練習出来とらんがな。10年やんないとねと、先生からは言われておりまする( ̄ω ̄;)

時間があったら練習したいけど、まだ暫くは無理そうです(´・ω・`)ショボーン

2013年6月 7日 (金)

みもりさんの原画がぁ!!

仕事でたまたま出かけて、たまたま寄った藤沢の有隣堂書店で、たまたま売り場を徘徊していた時に見つけました。

こ、これはぁ!!!! ルナちゃんではぁ?!

飛び込んできたイラスト。この間の休みに買った、みもりさんの「お陽様の下のルナ」のルナちゃんだったのです。マジマジと見たら、何と原画ではありませんかぁ!!

うぉ~!! きんいろちゃんの初登場シーンのアップがあるぅ(≧∇≦) このアップ大好きなのよぉ~~!!! と、思わずケースにへばりつきました(←ヤバイ大人)

O0200020012542078821この子ですヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ 

初登場のアップとはちがいますが、もう、カワイくて堪らんのです♪

メッセージノートも置いてあり、思わず記入してきちゃいました♪ が! 腱鞘炎になりかけの右手が震えて字が汚ねぇ(´Д⊂グスン ま、でも、気持ちが伝わればいいかぁ。開き直って汚い字ですが書いてきちゃいました。

ノートはみもりさんに渡すってあったし!!

カラーイラストもあって、ラッキーでした(^ω^) 着色はコピックを使ってるようですね。

単行本では白黒でしか見られなかったのですが、原画はもちろんフルカラー。見れて良かったです(^ω^)

O0363051812542088257単行本はコチラ♪ 

新書館のウイングス・コミックス。

とってもキュートなお話しですよん(*^_^*) 

2013年6月 4日 (火)

5月に読んだ本です(2013)

読んだ本4冊って(;´д`) 今までで一番少なくないかい? 

まぁ、介護技術研修に通ってたり、センター長がブッ倒れて休みがすっ飛んだりしてましたからね(T_T) 仕方がないっちゃぁ、仕方がないのですが。

それにしても漫画を殆ど読んでいなかったとはヽ(´Д`;)ノ びっくりだ!!

この中では「空飛ぶ広報室」が一番面白かったです(^ω^) もう、空井さんがね、たまらんのですよぉ! 原作読んだ後にドラマも楽しんでいます♪

2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1174ページ
ナイス数:129ナイス

輝天炎上輝天炎上感想
過去の海堂キャラがメッチャ出ておりました。はっきり言って今までの作品を読んできていないと解らないのでは? 「ケルベロスの肖像」を割と最近読んでいたので流れは判っていましたが、それでもワクワクして読みました(*^_^*) タイトルからして「螺鈿迷宮」の続きといった感じです。天馬君、結局追いかけて行っちゃうのねぇ。今後の彼はどうなるのか知りたいので続きが出るといいのですけど。
読了日:5月26日 著者:海堂 尊
BUTTER!!!(6) (アフタヌーンKC)BUTTER!!!(6) (アフタヌーンKC)感想
え?! 最終巻だったんですかぁ!! とかなりびっくりでした。と言うか、下の方にあるコメントを読んでコミック見返して初めて気づいた(^_^;) のり的にはラストっぽかったですけど、地味に終わってたので、少し物足りない感があります。
読了日:5月24日 著者:ヤマシタ トモコ
空飛ぶ広報室空飛ぶ広報室感想
二人の先が気になる!! でも、この二人だと、きっと晩婚(⌒▽⌒) 自衛隊に対しての世間での当たりは確かに好意的ではないですよね。過去に地連の自衛官の方が、そのような事を寂しそうに言ってたのを思い出しました。
読了日:5月13日 著者:有川 浩
玉村警部補の災難 (『このミス』大賞シリーズ)玉村警部補の災難 (『このミス』大賞シリーズ)感想
犬の新種(*´∀`*) 「エナメルの証言」が結構好み。彼は四国で地味に仕事をして行きそうですね。これが遺体の解体に興味を示していたら一番怖いタイプの殺人者になってるかもしれないわ((((;゚Д゚)))) それにしても加納さんってば、鼻がいい猟犬ですね(←単に玉村さんに嫌がらせしたかっただけかもしれないけど)
読了日:5月8日 著者:海堂 尊

読書メーター

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »