フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 介護技術講習会 | トップページ | 空飛ぶ広報室(ドラマ) »

2013年5月12日 (日)

ビフォーアフターを見たのですが……

今日のは老人介護施設の足湯作りでした。でもね、見ていて思ったりした事があります。

使い方や誘導の仕方によっては危ないんじゃね? 

一番心配してしまったのが、手すりの間に挟み込んだ格子。手すりと格子までの間が狭いので、認知の進んでいる方がうっかり格子を持ったら手を痛める可能性があるのですよ。幅も狭いし角も立ってるしね。擦過傷で皮がべロリと剥けちゃっりするかもしんない。下手すりゃ骨折じゃんか。危険な気がするぞと思いましたね。

あと、築山。声掛けをミスると転倒するなぁとか。もしも築山近くでご利用者様にふらつきがあったら、置いてある飾り岩にぶつかるかもしれない。ご利用者様は職員が護るとしても、職員が怪我をする可能性があるなぁとか思ったりしました。

これは番組中で改善策が出てましたが、足湯に造られた足置きの溝。足置きが観音開きにならないものを使用した場合、足を斜め前方に伸ばすようになってしまうので、腰が前方にずれて車椅子からズレ落ちる可能性が非常に高いです。建築家がデモンストレーションをした時には観音開きの物を使っておらず、テレビ観ながら「そんな怖いこと出来るわけないじゃん!!」と突っ込んだぞ凸(`、´X) まぁ、その後に観音開きの足台を使用していたので良かったですけどね。

足湯プロジェクトの担当職員さんが、思いっきりデイサービス担当者って感じのノリでしたわ( ̄▽ ̄) ああ、やっぱりテンション上げ上げなのは職業柄なのねぇ。変なところで共感してしまう自分がいて笑いましたわ(;´▽`A`` デイの職員ってあんな感じです。というか、あれくらいになって頂かないと困るのよ。レクゲームの盛り上げが出来なくて(T_T)

いつもは結構感心するばかりの番組なんですが、今回は介護する側から観ていて、かなり突っ込みたい内容でした。些細な事が危険に繋がるので、建築家の皆様にはもっと介護の状況を把握して頂きたいなぁと思いましたね。これくらいで大丈夫だろうという予測よりも2倍も3倍も用心が必要なんです。介護って。

« 介護技術講習会 | トップページ | 空飛ぶ広報室(ドラマ) »

ヘルパー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/51602061

この記事へのトラックバック一覧です: ビフォーアフターを見たのですが……:

« 介護技術講習会 | トップページ | 空飛ぶ広報室(ドラマ) »