フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

ぐあぁ!! 空きすぎだろう!!

はい! お久しぶりでございまするぅ~ι(´Д`υ)アセアセ 職場がとんでもない忙しさでした。やっとこさ落ち着きそうです。その理由が以下でございます。

職員がドクターストップ! 及びパートさんが娘さんの入院でお休み。それから、もう一人のパートさんがヘルパー資格の取得のための研修でお休みの週だったのだ。1週間、2~3人の人員が欠けた状態でした。風呂とフロアが何とか回せてよかったよ(T_T) ただでさえ減っていた人員が輪をかけて減ったので、正直、きつかったです。

その上、花見の時期が早まり、月末の報告書書きがやってきて、その報告書は休んだ人の分上乗せ(T_T) 

2週間程、帰宅時間が22時~23時。ちなみに昨日は25時過ぎ(←って、今日じゃん!)に職場を出ております。公休日も送迎が回らないので朝夕出ていて、しかも間は書類書きしてたし、この前の日曜も書類書いてて休んどらん(T_T) 

体力勝負の介護職ですが、本気で死ぬかもと思ったりして(^_^;) でも、上司は毎日午前様~。大丈夫か?! ってな感じです。

夜ご飯が23時前後だったのと、外食続きで、確実に太ったぞ il||li _| ̄|○ il||li

という感じの2週間でした。ブログというか、PCを立ち上げる事も出来ずに布団に倒れ込んでましたよ(´;ω;`)ウウ・・・

多分、明日からは落ち着くと思う。うん、そうだと思い…たいです(;;;´Д`)ゝ

ということで、次回はあまり空かずにブログ更新をしたいと思います(`・ω・´)

2013年3月18日 (月)

RED レッドデータガール~星降る夜に願うこと

32847080著:荻原規子 版元:角川書店 本体価格:1,700円

不思議な力を持つ泉水子。山伏達が密かに守ってきた姫神となる運命を持つ彼女の願いは「普通に暮らしたい」ということ。東京の鳳城学園に進学した彼女は色々な初めてを経験して成長して行く。受け入れ難かった姫神の力を少しずつ受け入れ、多くの人と接し、泉水子は自分の視野や考え方を少しずつ広げ、未来を見つめるようになる。

あ、もちろん恋も主軸に置かれてたりします(*^_^*) 

ちなみにこの巻は最終巻。泉水子が自分の力をやや理解し、使えるようになっています。そして、深行(泉水子の恋のお相手)との仲も良い感じに。ラストシーンは思わず微笑んでしまう終わり方をしています(´∀`)

泉水子ってばカワイイ!! 深行はようやく認めたか! って感じでした。周りからすれば、お互い両想いなのが判ってたんですけどね。

全体を通した感想は「面白かった♪」です。まず「世界遺産に選ばれる少女」という設定が面白い。そんな世界遺産候補を集めて選定するという役目を担う学園という設定も面白いです。異能者が集い、そんな彼らと一般の学生が一緒になって学園生活を送っているというのもいい。学園のイベントと絡めて能力を判定するなんてこともしていて、そのやり取りがハラハラドキドキする展開になってますl。

文庫落ちもしているので、書店でも買いやすい状態になっております。4月よりアニメ放映も始まるので興味がある方はそちらから入って頂いてもよいかも。

ちなみにこんな感じのアニメになっているようです。まずは第一弾。

続いて第二弾。こちらは深行が動いてて見てるとニヤけてしまいます(#^.^#) 真澄も出てるし♪

真響は思ったよりも地味な顔立ちでした。それに比べて高柳が予想以上に美形(;゚Д゚)! 彼らがとう動くのか、放送が楽しみです♪

2013年3月15日 (金)

憂鬱な朝

51xjce8p07l__sx230_著:日高ショーコ 版元:徳間書店 
本体価格:1・2巻571円、3巻619円、4巻648円

※BL作品です(≧∇≦)※

10歳にして子爵家当主を継いだ久世暁人。彼を迎えたのか家令の桂木智之であった。暁人に対する冷ややかな態度や目つきが気になり、暁人はいつしか桂木に惹かれていくようになる。桂木を手放したくない暁人は取引を持ちかけ、強引に桂木を抱く。歪んだ主従の関係は二人を少しずつ変えて行き、久世家の状況もを変えて行く事になる。

え~と、現在まだ完結していないので、どうなるのかは追っていかないとはっきりとは言えないですね。

オールバックの黒髪、ロングタキシード♪ きっちり決めてるところよりも、前髪が乱れてたりする方が色っぽいですよね(´∀`) そんな殿方を見たい方にはオススメですよん(^ω^) 家令の桂木は見ているだけで萌えます!!

そして、そんな桂木が受けキャラです。年上受け( ̄▽ ̄) そのシチュだけでも好きなのですが、主人公の暁人の様子がアンバランスな感じなのが大好物だったりします(#^.^#) 

暁人は自分が桂木に嫌われていると感じていて、それでも桂木を手元に置いておきたくて、強引に身体を重ねるという方法に出るんですが、そのどうしようもない焦れた想いというのが切なく描かれていて、読んでてドキドキします♪

そして、妬みの為に、暁人の全てを奪おうと思っていた桂木が、月日を重ね、次第に暁人に対する想いが変化して行く様子が、これまたイイのですよ! 後悔のために雪の降る中、頭を抱えて苦悩する場面は絶品です(≧∇≦)

この作品、実は買う予定がなかったのですが、会社帰りに「もし、駅前の小さな本屋にあったら買おう。ま、あるわけないよね~、漫画コーナー小さくて、メジャー作品しか入ってないから」と入ったら、偶然にも全巻置いてあったのでした。コミックの売り場面積は6畳くらいのスペースしかないのに(;´▽`A`` BLも在庫少ないんですよ。

これはもう天が「買いなさい」と言っているとしか思えん! とか思ったりして(ノ∀`) 所持金は無かったのでカード払いしちゃいました(´▽`*)アハハ 後悔はしない買い物だったわ♪ 

2013年3月10日 (日)

未知との遭遇(←映画じゃないよ、BLだよ!!)

Michitonosougu_top著:腰乃 発行:リブレ出版 
本体価格:629円

表紙が地味だったんで、リブレさんのHP画像で紹介。

可愛いパンツにこだわる男―渋谷を追いかけ回す、渋谷の職場の先輩―本田とのコミカルでヘンタイちっくなラブラブリーマンのお話し♪

Pop_4いやぁ、こういったヘンタイっぽい人達を描かせたら多分この人が一番上手いんではないでしょうか。ヘンタイなのに、なぜか愛らしくて、どうしようもなく可愛く見える。「自分ヤバイ!」と、時々思ってしまうくらい、この人の描くキャラクターは好きです(^ω^)

今回もそんな感じ。特に上司の本田は愛らしい!! なんなんだよ、その小学生のような構い方は!! とか突っ込んでたら、作中で渋谷も気づいたらしく、自分が大人にならなきゃとか言ってました(≧▽≦)ブァーハッハッ! 

好きな子を虐めてしまうというヤツです。はい。虐めてウルウルしてる顔を見ると萌えるとか、そんな感じ。ちなみに、自分は好きな子に意地悪をしたくなるタイプです。困った顔を見るのが好きなのか、精神的にSなのかは不明(^Д^) 本田の仕事はナイス! とか思って読んでました。

が、本田が好きなタイプなので、自分だったら本田を弄りたいと思ってました。そしたら、ラストで渋谷が本田を弄ってくれてました(^ω^) おかげで大満足です♪ 

にしても、大の男が「パンツ見せろ!」なんて後輩の、それも男に迫るってどうなのよとか思います(^Д^) BL漫画だから笑えるけれども、現実にいたら、ちょっと引くかも(≧∇≦)

2013年3月 7日 (木)

花は咲くか

517lloqgrfl__sl500_aa300_著:日高ショーコ 発行:幻冬舎 
本体価格:1・2巻619円 3巻648円

前日と違ってテンション・アゲアゲ(←なんか古い)な状態で行きたいと思います!!

広告代理店勤務の桜井は、帰宅途中すれ違いざまに美大生・水川蓉一とぶつかったことから話しは始まる。無愛想で素っ気ない蓉一。「彼のことが苦手だ」と思う桜井だったが、徐々に蓉一に惹かれていく桜井。そして蓉一も桜井に惹かれていく。

現在3巻までですが、二人ともチュー止まりザンス(^Д^) いや、それがまたいいんですけどね♪

久々にかなり萌ツボを刺激されるというか、自分の好みド真ん中にキタ――(゚∀゚)――!! って内容です。こういう話し書きたいぜ!(←いや、書いてるんだけどさ、忙しくて続き書けてないんじゃい!) 

年下(なんと19歳差!)に振り回されてるリーマンの桜井♪ そして、大人びた感じなのに、ちょっとした仕草に不安定な様子が見え隠れする年下の蓉一。あと、結構おせっかいな周囲の人間も愛らしい。なんて自分好みのBL漫画(´Д`)ハァ…

ゆっくりした進展も素敵です。簡単に相手と寝る展開のBLはあまり好きではないのですよ、自分は。キャラがグルグルしているのが大好きなのだ(*´∀`*) 人の内面をこれでもかと描き出してくれる作品は同調しやすいので読んでいてドキドキします。これは、まさに、そんな作品です。

もうね、なんていうか、蓉一の変に純粋なところが愛おしいんですよ。私の心境は桜井さん寄り! 触れて、抱きしめて、離したくないと思ってしまう。自分の気持ちを押し付けるつもりは無いけれども、抑えることは難しいってのも解るわぁ。そして、社会人としての仕事ぶりも妙に親近感を持ってしまっています。うん、疲れていても見たいと思っちゃうよね、気になる人の姿って。昔、そんな感じで期待しながら本屋に通った記憶があるので、そんな所にも親近感があるのだ(ノ∀`) 恋愛初期の気持ちを物凄く同調して読めてしまうのだ。

蓉一の方も同調出来ないことはないのですが、彼の場合は家庭の事情が実感出来ないので違和感があるんですよね。初恋のどうしたらいいの感は解るんですけど(≧∇≦)

この作品、オヤジどもの様子もかなりツボだったりします。これは書いたら長いので割愛しときます。若い頃を一緒に過ごした相手と、歳をとってからも付き合いがあって、互いに合っている時はその頃のように接するって、何だか萌ませんか? 

私は萌ます!!

そんなオヤジがさり気なく出てくるところが良いです(´∀`*)

じっくりと物語を味わいたいBL作品です♪

2013年3月 6日 (水)

「一期一会」を実感しました

人ってあっけなく亡くなるものなんだなぁと実感しました。

元気で来所されていたご利用者様が、その翌日脳梗塞で救急搬送。ご家族様が病院から直でデイサービスにお見えになって1時間くらい上司と話してました。ご自分を責めてらしたそうです。SICU(外科系集中治療室)に入られた意識が無いとの話しをご家族が帰られた後に伝えられました。

次回ご利用日にお誕生日会を開催する予定でした。

後日、その方が亡くなられたと報告がありました。お誕生日を迎え、1時間後にお亡くなりになったそうです。意識は無かったんで苦しまいない逝かれたのではないかとのことでした。

そのご利用者様は「あれ? どうしっちゃったの?」とビックリしながらも「そうか、死んじゃったのか」と言って照れたように笑って逝かれたのではないかなと思います。そんな感じの明るい方でした。

最後にご自宅にお送りしたのは自分でした。笑顔で元気に「またね」と手を振られていたので、今でも亡くなられた事が信じられないくらいです。もう少し時間が過ぎたら、急に寂しく感じるのだろうなという気がします。

デイサービスは一期一会。だからいつも1回だけだと思って接しないといけない。

これは上司が良く言うのですが、こういった形でお別れすると、すんなり胸に沁みます。

デイサービスに勤め始めてもうじき2年ですが、何人の方が逝かれたでしょうか。皆様、色々な事を教えて下さった大切な方々です。直接お礼を言うことは出来ませんが、感謝しております。

2013年3月 5日 (火)

2月に読んだ本です(2013)

ご無沙汰なブログです!! 風邪&帰宅が遅くてブログを全く覗けませんでしたぁ! 休日は昼間もれなく寝込んでいたので夜に起き出して職場の書類仕事やましたし(^_^;) 

さ、気を取り直して読んだ本の紹介!!

活字読んでねぇ!(←読んでると寝ちゃってたしね) ライトな感じの「陰陽屋あやうし」は好きです♪ 「魔道士の月」は本好きであり本格的なファンタジーが好きな方にはオススメ。そうじゃないと途中で投げちゃうかもしれないです。

漫画は「がんこちゃん~峰崎家の伝説」かな。何だか読んでてホッとするんだな。いい人だけじゃないのが意外と魅力的です。「王国の子」もかなり黒くて私は好き♪ 「青の祓魔師」はバランスがいい話し作りで安心して楽しんで読める作品です(^ω^)

ストレスもあったので、コミックレンタルに行ってます。来月は漫画だけで20冊以上紹介出来る予定ナリ~♪(´∀`*)

2013年2月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:3344ページ
ナイス数:78ナイス

陰陽屋あやうし (ポプラ文庫ピュアフル)陰陽屋あやうし (ポプラ文庫ピュアフル)感想
今回は祥明があまり目立っていない感じです。個人的には高坂くんがお気に入りなので、瞬太とのやり取りが多くて楽しかったです(^ω^)
読了日:2月17日 著者:天野 頌子
魔道師の月魔道師の月感想
前作にも登場したキアルスの物語。彼が大きな失意を拭いきれない状態からどのようにして立ち直ったのか。それが読めて良かったです(^ω^)
読了日:2月12日 著者:乾石 智子
王国の子(1) (KCx(ITAN))王国の子(1) (KCx(ITAN))感想
表紙がかなり刺激的と思うのは私だけだろうか(^_^;) 王宮のドロドロとした陰謀へと巻き込まれて行きそうな予感がします。
読了日:2月12日 著者:びっけ
がんこちゃん〜峰岸家の伝説〜 (クイーンズコミックス)がんこちゃん〜峰岸家の伝説〜 (クイーンズコミックス)感想
指輪物語シリーズが泣けて笑えた! がんこちゃんはかなり困った子なんだろうけれども、人間の本質を刺激するんだよなぁ。
読了日:2月12日 著者:萩岩 睦美
青の祓魔師 9 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 9 (ジャンプコミックス)感想
あれだけ盛り上がっておいて、ずっと友達宣言(⌒▽⌒) 志摩でなくても笑うし!! シュラとメフィストの遣り取りが黒くていいなぁ。とっても陰謀がありそうで(^ω^)
読了日:2月9日 著者:加藤 和恵
青の祓魔師 8 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 8 (ジャンプコミックス)感想
雪男の本音が出た巻。思いっきり悪魔に魅入られてグラグラしてるのが危うくて好き♪ 勝呂の友達宣言(笑)にグッと来てる燐がいいなぁ(^ω^)
読了日:2月9日 著者:加藤 和恵
青の祓魔師 6 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 6 (ジャンプコミックス)感想
若かりし頃のジジイ登場! と思ったら次巻に続く(´;ω;`) クロのお話しはアニメ版の方が好きだなぁ。何故ならジジイが出てくるから(←どんだけ好きなんだよ!)
読了日:2月9日 著者:加藤 和恵
青の祓魔師 7 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 7 (ジャンプコミックス)感想
仲直りはジジイがよく使っていた殺し文句なんでしょうか(^Д^) 小猫さんの顔が、表紙と扉では表情が違っていて、他の巻はどうなんだろうと見直してしまいました(ノ∀`)
読了日:2月8日 著者:加藤 和恵
青の祓魔師 5 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 5 (ジャンプコミックス)感想
なにげに一緒に京都へ向かうクロが可愛い!! そして、なぜに京都タワーへ惹かれているのだ? 燐!!(←クロに劣らず可愛い!!)
読了日:2月8日 著者:加藤 和恵
青の祓魔師 4 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 4 (ジャンプコミックス)感想
無駄にキラキラしてるエンジェル。アニメで誰かに似てるとは思っていましたが、原作読んだら『めぞん一刻』の三鷹さんに似てるんだと感じました。
読了日:2月8日 著者:加藤 和恵
青の祓魔師 3 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 3 (ジャンプコミックス)感想
大好きなクロとの話。やっぱりジジイがカッコイイです(←しつこい!)
読了日:2月8日 著者:加藤 和恵
青の祓魔師 2 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 2 (ジャンプコミックス)感想
坊の悔し涙が結構ツボ! おまけの4コマはかなり笑いました。燐の料理は実際にランチとして売れそうだ。
読了日:2月8日 著者:加藤 和恵
青の祓魔師 1 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 1 (ジャンプコミックス)感想
アニメを見てから読んだけれども、やっぱりジジイがカッコイイっす。大好きだァ!! 
読了日:2月7日 著者:加藤 和恵
青の祓魔師 10 (ジャンプコミックス)青の祓魔師 10 (ジャンプコミックス)感想
燐の直球突っ込みに爆笑しました。雪男の女装(でのマジ顔)には、笑いというよりも、何となく怖いという感じが……(;´д`)
読了日:2月4日 著者:加藤 和恵
月刊少女野崎くん(1) (ガンガンコミックスONLINE)月刊少女野崎くん(1) (ガンガンコミックスONLINE)感想
「乙男(オトメン)」のパロディですな(←言っちゃったよ)
読了日:2月4日 著者:椿 いづみ
純情ロマンチカ 第15巻 (あすかコミックスCL-DX)純情ロマンチカ 第15巻 (あすかコミックスCL-DX)感想
就職祝いのプレゼントが素敵♪ 久々の角先輩登場でしたが、姿が見れず残念でした(´Д⊂グスン 
読了日:2月4日 著者:中村 春菊
コイ茶のお作法 (4) (あすかコミックCLDX)コイ茶のお作法 (4) (あすかコミックCLDX)感想
徳丸がやっとこ、しっかり考え始めたって感じですね。大学生になって、二人がどう変わっていくのか気になるところですが、ここでお話しはおしまいなんですね。残念!
読了日:2月4日 著者:桜城 やや

読書メーター

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »