フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 1月に読んだ本です(2013) | トップページ | ダヤンのアニバーサリーブック »

2013年2月 5日 (火)

ライフ オブ パイ

2Dで観てきました♪ トラ~、トラ~♪ いいなぁ、大型ネコ科(* ̄ー ̄*) 動物好きにはとても楽しい始まりですよん(^ω^) 動物園の動物達が見られますから(*^_^*)

カナダ人の小説家がネタに詰まって、ネタを探している時に、パイ体験を聞きに行けと勧められ、彼を訪ね、パイが体験した漂流時の話を聴く。パイの話は幻想的であり、物語性が強いものであった。パイは家族と彼の父が経営していた動物園の動物達と一緒に貨物船でカナダへと向かっていた。途中で海難事故にあい、当時16歳であったパイは救命ボートでシマウマ、ハイエナ、オランウータン、そしてトラと共に漂流することになる。弱肉強食の掟は漂流中にも発揮され、最後にトラとパイが残される。彼はどのようにしてトラと共に227日間を漂流したのか。彼が語った出来事は現実なのか。映像が美しい作品です。

パイって主人公がちょっと普通でない感性の持ち主のようで、その前フリが3つの宗教を信じているという告白。大荒れの船の甲板に出てみたりするあたりもかなり普通じゃなかったです。

その後に海難事故で動物達と漂流するのですが、その内容もリアルなのか妄想なのか結果としては曖昧な終わり方なのです。

事故の調査員が話を聞きに来て、トラとの漂流を信じようとしなかったために、パイは他の話をします。シマウマを日本人の船員に、ハイエナを料理人に、オランウータンを自分の母に、トラを自分に――これは話しの流れでは置き換えたとされていますが、もしかしたらこちらが真実だったのかもしれません。

漂流中の心理状態は酷く不安定になるものだと思われるので、彼は現実世界と幻想世界を彷徨っていたのかもしれないですね。

見終わってから、何だか不思議な気持ちになりました。

これは原作を読みたいと思いました。どんな文章で表現されているんだろうか。物凄く気になります!! 映画を観て原作を読みたいと感じるのはあまり多くないんですが、これは反対に原作が気になって気になって、帰りに売店で買おうか買うまいか悩んでましたもの(^Д^) 少し時間をあけてから原作にトライしてみたいと思っています。

行ったのは日曜のレイトショーだったので映画館はガラガラ。が、座席選択をミスったのじゃぁ~( ̄Д ̄;;

隣のカップルの女が映画中に五月蝿くて――自宅で見ろや! ってな状態でした。「キャー♪(←この悲鳴が媚を売ってるようなわざとらしい悲鳴だったりするんだなぁ)」と何度も男性にしがみついていて、その他にも「見てみて!」と声をかけたりと、まぁ、マナーがよろしくない。そして注意しない彼。集中して観れなかったのが残念だわ(T_T) 

♪上映中は お静かに~♪

と、TOHOさんのCMでも言っているだろうが! ちなにみ後ろの人は椅子を蹴っとりましたなぁ。

♪どんなに足が長くても 前の椅子は蹴らな~い♪

あの歌は意味ないのかしらん(;´д`)トホホ… 

« 1月に読んだ本です(2013) | トップページ | ダヤンのアニバーサリーブック »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/49180276

この記事へのトラックバック一覧です: ライフ オブ パイ:

» 映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」映像の魔法に身をゆだねる心地よさ [soramove]
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/3D鑑賞」★★★★ スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、 ジェラール・ドパルデュー出演 アン・リー監督、 127分、2013年1月25日より全国公開 2012,アメリカ,20世紀フォックス (原題/原作:LIFE OF PI ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「3D映像が... [続きを読む]

« 1月に読んだ本です(2013) | トップページ | ダヤンのアニバーサリーブック »