フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 岡崎律子さん | トップページ | 世界一初恋~横澤隆史の場合3 »

2012年12月 9日 (日)

キャロリング

金曜日を逃すと観る時間も余裕もナイ!! ということで、メッチャ体調悪いくせに行ってきました。ついでに職場のクリスマス・プレゼント作りの材料チェックもしてから劇場へ。

足重くて上がらねぇ!! とボヤきたくなりながらも、精神的にはかなりリフレッシュ出来たようです(´∀`) やっぱいいよね、お芝居♪

このお話しは有川浩さんとキャラメルボックスのコラボ作品。「やるよ~ん」と発表があった時から楽しみにしていました。

オープニングの語り口が有川さんっぽい感じで初っ端からワクワク。そして、キャラメルボックスらしいノリ。有川さんとキャラメルボックスは相性がいいなぁとは思っていましたが、予想以上に良い感じに融合しておりました(^ω^)

とある子供服メーカー。エンジェルメカー。廃業が決まり、それでも最後まで営業を続ける社員達。託児部門も設けており、そこにいる一人の少年が物語を引っ張っていく役割を担っています。両親が別居をしており、何とか彼らを仲直りさせたい。そう願っていた少年に関わる女性職員。それから、彼女の元恋人。会社が廃業する12月25日までの奇跡のような出来事を丁寧に描いた作品。

え~と、奇跡と言うと、何だかファンタジックで大げさに聞こえますが、日常の中にある、思いがけない小さな奇跡といった感じです。有川さんもキャラメルボックスもそれを描くのがとても上手い。そして、そんな話しは自分のツボだったりするので、当然、自分の感性にもベストマッチ!! いやぁ、堪能致しました(´∀`) 

大内さんのヘタレっぷりが自分には堪らなく良かった!! 悪の大内さんもいいんですが、私はこちらの方が好き♪ 綾さんはまるで有川さんの小説の大人しい系のヒロインまんまで、これまた良かった(´∀`) それから菅野さん。不器用な感じをコミカルに見せながら生きてる感じがして憎めない。林さんの少年役は自然な感じで少年にしか見えない!! 彼の複雑な心の内が切なくて切なくて(T▽T) などなど、書いてると限がなくなりそうです。  

あ、今回のサポーターズの来場記念品は、観劇後の配布となっておりました。頂いて納得!! 思わず頂いた後に「だからだったんですね」とブースで言ってしまいました(=´Д`=)ゞ

そして個人的ハプニングが発生!! 来場記念品を頂きに行こうとしたら、提示するパスケースが無い∑(゚∇゚|||) カバンにコート、買い物袋を漁りましたが見当たらず。劇場内で落としたらしい。客席に確認に行こうとしたら、既に最終点検に入るところでした。会場案内のお姉さんに座席番号をお伝えしたら、直ぐに受付へ届けて下さり、受付の方にも「良かったですね」と声を掛けて頂き、本当に感謝感謝でございます(T▽T) ご迷惑お掛けいたしました(=´Д`=)ゞ

ホクホクした気分で家路に着き、とっても幸せでございました♪ 次回も楽しみにしていますぅ!!

――え~と、今回も地震が発生しちゃいました。自分がキャラメルボックスの公演に行くと、台風・大雨・地震と、天災が起きる確立が高いです。

相性悪いのかぁ?! (。>0<。)

とか思うのですが、どれも被害などはなく過ぎているので結果的には相性は悪くないんだろうなと思っています。さて、次回は大丈夫でしょうか(;´▽`A``

雑記:さっき、実写版の「フランダースの犬」のラストシーンだけ観てました。原作は号泣してしまい、アニメも観るとウルっとなるのですが、実写版は工エエェェ(´д`)ェェエエ工ってな感じ。ルーベンスと母親が出るのは余計じゃぁ!! とかなりました。ラストのCGもなぁ(;´д`)

« 岡崎律子さん | トップページ | 世界一初恋~横澤隆史の場合3 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/48145366

この記事へのトラックバック一覧です: キャロリング:

« 岡崎律子さん | トップページ | 世界一初恋~横澤隆史の場合3 »