フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 世界一初恋(シエル 2012.9月号) | トップページ | 7月に読んだ本です(2012) »

2012年8月 2日 (木)

シノダ! チビ竜と魔法の実

511rjsvegel__sl500_aa300__3著:富安陽子 発行:新潮社 本体価格:460円

「ユイにとって、じぶんのママが本当はキツネだということは、それほど大きな問題ではなかった」で始まるお話しです。

何? キツネがママ? しかも問題ないんだ!!

と、速攻思いました(^Д^) 本編を読み進めると、本当にママがキツネであることは問題じゃなかった。むしろ、ママではなくママの血筋の親戚さんがかなり強烈で問題ありな感じ。 

テレビの時代劇が好きな鬼丸おじいちゃん。いつも厄介事を持ち込む夜叉丸おじさん。不吉な予言を告げる事が趣味なホギおばさん。化け名人(?)のスーちゃん。気ままな親戚に振り回されながらも元気に明るく活躍するユイがカワイイです♪

これは鬼丸おじいちゃんに付いてきた、チビ竜がメインのお話し。チビ竜が現われ、仲間の元に帰るまでが書かれています。随所に親戚の紹介が入り、それがまことに上手く最後の場面を盛り立ててくれるような感じになってました。

昔からある日本の獣婚物語をベースにしています。といっても設定くらいでしょうか。その獣に当たるママは、とても前向きな現代女性に通じるものを持ったキャラになっており、思わず脱帽しちゃいます。

読んでいてとても前向きになれ、しかも軽快な流れが読んでいて楽しかったです♪ これから発売される続きが楽しみなシリーズになりました。

« 世界一初恋(シエル 2012.9月号) | トップページ | 7月に読んだ本です(2012) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/46547097

この記事へのトラックバック一覧です: シノダ! チビ竜と魔法の実:

« 世界一初恋(シエル 2012.9月号) | トップページ | 7月に読んだ本です(2012) »