フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月28日 (月)

ブーランジェリーノブ 秋津店

本日はヘルパー講座の方々と同窓会をやっておりました。皆さん介護職が続いているようで、大変だと話してはいましたが、いい表情でした。給料も安いよねと言いながら、笑顔でした(^ω^) 充実しているようで嬉しいかぎりです♪ うん、楽しまないとやってけませんね!

久々に秋津駅で乗り換えをしたら、新しいお店が出来てました。1年以上経つと変わるものですねぇ。

と言うことで、見つけたのがパン屋さん。しかもハード系♪ 府中はハード系で気に入っていた店が閉店してしまい、近くのお店はハード系と言っても柔らか過ぎて好みじゃない(T▽T) 当然寄ってきました!! 

クーペとライ麦パンとカンパーニュ。他に3種類程を購入。もちもちの生地にカリカリの皮。噛みごたえがあって美味しかったです。ミルク・クリームをサンドしたミニ・フランスパンを齧りながら駅まで歩きました。買い食い。買い食い♪ カリカリと音を発ててしまうくらいに堅いんですが、これが美味しい(* ̄ー ̄*) 一番人気のパンらしいです。正直、給べ辛いですが、私は好き~(≧∇≦)

http://www.tomcare.com/nobu/

上がお店のURL。ハード系パンが好きで秋津周辺の方は一度足を運んでみては如何でしょうか? 

ブログ記事が久々だぁ!

ちょいとハードな状態だったので、ブログ更新を全くしておりませんでした(T▽T) だって、気づくと寝てるんだもん!!

睡眠の状態がかなり不規則な感じ。最近は21時過ぎに帰って、ご飯食べて一息ついてるうちに……記憶が飛びます(;´д`)トホホ… 3時間くらい飛んでたりします。

結局3時間寝て、起きて、また改めて寝て3時間程で起きる、というか上の住人が五月蝿くて起こされる。朝の5時くらいから「何やってんだ、てめぇ!!」という状態なのですよo(`ω´*)o眠いんじゃぁ!!

と、愚痴はこれくらいにしてと。

ま、本を読んでいたのでブログをサボっていたってのもありますヽ(´Д`;)ノ 活字飢えと図書館のリクエスト返却期限が迫っているのと続きの気になる作品があったのとが重なって仕事以外は本を読んでたのです。

流石にこの3日、読みすぎてちょっと目がしんどいです( ̄ω ̄;)

本の感想でもと思ったのですが、頭を整理するのが面倒クサイっすぅ!!! ということで、だらだらと近況なんぞを書きなぐってみました(;´▽`A``

2012年5月21日 (月)

舟を編む

51qtyqbxhl__sl500_aa300_著:三浦しをん 発行:光文社 本体価格:1,500円 

本屋大賞2012を獲得した作品です。図書館で去年の10月に予約を入れて、ようやく回ってまいりました(;´▽`A``

大手総合出版社の玄武書房の辞書編集部。そこで新しい辞書を編纂する企画が上がった。その名を『大渡海』と言う。辞書の編纂は金と時間がかかる。会社はあまり乗り気では無い様子が窺える中で定年間近の荒木は辞書編集部に自分の後継者となる社員を探していた。その御眼鏡にかかったのは言葉に対する感性(というより執着?)が強い馬締という社員であった。彼の転属後から話は動き出す。個性的な編集部の面々。彼らの辞書に対する情熱。果たして『大渡海』は無事に出航することが出来るのであろうか。辞書をめぐる人々の熱い想いを描いた物語。

ちなみに上の写真に出ている帯イラストは「昭和元禄落語心中」の雲田はるこさん♪ 西岡さんがステキですぅ!! 好みは荒木さんですけどね(ノ∀`) この画像だと小さくてわかり辛いかな?

簡単に言うと面白かった!! の一言につきます。不器用な一途さが読んでいて愛おしいと感じます。特に男性陣!! 女性読者には結構ツボを突かれる部分が多いと思います。登場人物は割と年齢がいっているのですが、何とも愛らしくて目が離せないのですよぉ(≧m≦)

作者は少女漫画やBLに詳しい方だということ。作中の男性は確かに少女漫画に良く出てくるタイプで、女性が求める可愛さを持った人物が描かれているのです。読んでてドキドキしちゃいました(^ω^)

ただ、後半がややトーンダウンしているのかなとは感じました。これは恐らく女性視点に話が移ってしまったからなのではないかな? あとは畳み掛けるように話が進んだせいもあるかもしれません。 

辞書に書ける情熱を追うのも面白いのですが、キャラクターの恋愛模様や人物関係なんかも、かなり楽しめる内容です。

じっくり読んでみて下さい。いや、人によっては続きが気になって、じっくりと読めないかもしれない(;´▽`A``

2012年5月17日 (木)

ウツボラ 2巻

まずは2巻が無事に出て良かったですε-(´∀`*)ホッ 作家が病気と聞いて、もしかすると続きが出ないかもしれないと思ってたので。え~と、1巻の感想もブログで書いております。ご興味がありましたらそちらもご覧くださいませ。かねかね:ウツボラ

あ、この先は作品の紹介をせずに、ネタバレもバンバン出して感想だけを書きます。

この巻で完結しましたが、耽美でエロですね、相変わらず(^ω^) そして、男が押し倒されてる漫画だヾ(≧∇≦)ノシ バンバン 個人的には押し倒すのは好きなので(←なに言ってんの?!)読んでいて楽しいのなんのって(≧∇≦) 特に溝呂木先生が押し倒されて泣いてるシーンは萌えました(^ω^) この先生、本当に良く泣きます。いじめたいという気分がこう、ムラムラと湧いてきてしまうのだヾ(;´Д`A

編集の辻さんに至っては現実で出会った作家の翻弄され、失望して疾走しちゃいました。ま、大好きな作家が盗作してたり、大御所作家に寝ることを迫られて仕事の為に寝ちゃったりしてるんだからなぁ。そりゃぁ、病むでしょう! ……こういう展開が嫌いじゃないので困ります(;´д`)トホホ… 

ま、現実でもいるしな、こういった編集者。現場の現実を知って段々と諦めるんですよね。元そっち方面の業界人なので実際にここまで酷くはないけど似たの見てるし(;´▽`A`` リアルに実感出来てちょっと嫌なシーンでした。そう、残された編集部の苦労が大変なんだもん(T▽T) そっちに「苦労解るよ!!」と言いたくなりました。ま、作家が死んで、それを売りにする逞しさもあるんですけどね。編集ってそれくらいタフじゃないとやってけないですよ~ん(TωT)

「書けない作家は死人と同じだ」エピローグにある作家仲間の矢田部先生の台詞。もう、作家の業ですよね。というか、書く事をする人間の業と言った方がいいかな。書く行為は息をすることにも等しい。そんな部分が特化しすぎると、この作品の溝呂木先生のように書けなくなってしまった現実を捨てて、逝く事で安らぎを得るようになるのかもしれない。

作品のエピローグでは愛する男を亡くした二人の女性の対比がされていて、かなり印象的でした。かたや純粋無垢、かたや自分を穢した者。前者は愛した男から親族(妻じゃないです)として版権を、後者は落とし種を得ます。その二人が愛した男の眠る墓地ですれ違う。色も白と黒の対比で非常にわかりやすく、まとめとしても綺麗でした。

個人的には一番好きなのは、溝呂木から託された遺言状を読む矢田部先生のシーン。恐らく矢田部先生は同じことを溝呂木に感じていたんだろうなと思います。そう、正反対の彼に、憤り、妬み、卑屈になり、――そして憧れたと。俺こそ羨ましかったと。そんな関係の二人がかなり好きです♪

じっくり時間をかけ、余裕がある時に読みたいなと思う作品です。でも、好き嫌いが激しく分かれそう(;´Д`A ```

2012年5月16日 (水)

こんな所にハクビシン?!

職場の勉強会を終えてのほほ~んとチャリで帰宅の途中。道路に飛び出す影がありました。猫だと思ったのですが、どうも猫よりは大きい。そしてやたらに尻尾の付け根が太い。それから体型がイタチっぽい。

フェレットか? でもそれも違う。確実にフェレットよりも大きい。何じゃ、こいつは( ̄Д ̄;; と思っていると、そいつが立ち止まって振り向きました。

おお! 顔に特徴ある白い筋!! 

こいつはハクビシンだぁ∑q|゚Д゚|p

いやはや驚いた。見つけた場所は東京の京王線・分倍河原駅付近の住宅街。そう、住宅街だったんですよ!!

まぁ、道路一本隔てたら田んぼと畑がありますけどね(^^ゞ

リンク先の文章で「最近は東京でも見られることがある」と書かれているので、稀なことなんだろうなとは思います。

食材として持ち込まれたのが逃げたのか、ペットとしていたものを誰かが放したのかは不明ですが、一応外来種らしいです。自然繁殖して増えてるっぽい。

あまりにも意外な場所で遭遇してしまったので、思わず「ハクビシン?!」と声に出してしまいました(;´▽`A`` 周りに人がいなくて幸いでした。

2012年5月13日 (日)

妖怪アパートの幽雅な日常 2巻

51fvqcdslil__sx230_長谷、長谷が

カッコ良過ぎるぅ~

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! 

思わず大きく載せちゃう!!

コミックスの中でもありますが、長谷家では最底辺の泉貴。表紙の長谷を見て笑ってしまうしかありませんでした。外では裏番張ってるのにね(^Д^) この後の展開では、こんなカッコいい長谷って中々お目にかかれないo(*^▽^*)o そう、自分の中では残念な二枚目なのですヾ(≧∇≦)ノシ バンバン

骨董屋さんの「麗しのペイルブルー」も、ああやって絵になってみると想像していたよりも凄い(^Д^) クールに対応していると想像していた龍さんの乱れっぷりが愛おしかったりします♪

それから古本屋さん!! コミカライズされてる深山さんが大好きなようですね。登場の仕方が派手!! 龍さんとは違う派手さです。飯をカッ食らう彼はワイルドでステキ(*´Д`*) 夕士と二人、どんな秘境に出掛けても笑って帰ってくるんだろうなぁと簡単に想像出来てしまいます。その時の夕士はげっそりとしていそうですけどね(^Д^)

この巻の中で一番嬉しかったのは長谷パパこと慶二さんの登場(*´д`*)ハァハァ 男にも女にもモテまくり(らしい)の慶二さん♪ 金の掛かる遊びも悪い遊びもやりつくしてる(らしい)慶二さんですぅ!! お茶目さんな所がまた子供っぽくて魅力的なんですよぉ! 

プチのOのフールも登場!! 人型を想像していたので絵をみて驚いた。鳥型だったのだ、鳥!! 衣装は確かに羽の形を想像していたのですが、そのもの鳥型でくるとは! これは嬉しい予想外な出来事でした。

これからのコミカライズの展開も楽しみ(^ω^)

……( ゚д゚)ハッ! 内容について全く触れていない事に気がついたΣ( ̄ロ ̄lll) 

まぁ、何度もブログで書いてるから内容はいいか! とにかく今回は改めて萌語ってみたって感じです(;´▽`A``

2012年5月 8日 (火)

本漬けになってしまいたい(^ω^)

図書館のリクエスト本が来ているのと、返却期限が切れていて督促が来ていたこともあり、大慌てで日曜からラルフ・イザーウの本を読んでましたヽ(´Д`;)ノ 

やっぱ、この人の話って、読み始めると止まらん!!

「銀の感覚」って本ですが、いきなりカルト宗教から始まって、その後は古代遺跡、白き神々、未知なる細菌感染と、これでもかと言う程に私の好みを突きまくる内容を提示してきたので読み始めると止まらない!! 感想は後日書くだろうなぁ。

でもですね、まだ上巻しか読み終わっていないのですよ(T▽T) 今から下巻に手を出したら絶対眠れん!! 今日借りたので、ちょいと他の本に浮気してから読むつもりです。

今日は休みだったので、朝からひたすら読んでました。合間に掃除をしたりしていましたが、久々に活字にどっぷり浸かってました♪ 活字に飢えてる自分を実感。この前の休みも読んではいたけれども、今日の方が良く読んだ!!

リクエストしてた本は三浦しをんさんの「舟を編む」(^ω^) 辞書編集者の話~♪ TVで紹介していて面白そうだったのだ。本屋さん大賞も受賞したらしい。この人の作品は初読みになるので楽しみです。書店員さんでオタクさんらしいという話は聞いているのですが、感性が合えば他の作品も読もうかな(*´∀`*)

後は海堂尊さんの本。「ゴーゴーAi」です。Ai=死亡時画像診断。解剖をせずに画像で記録を取り、死因を突き止める為に活用するのを目的としています。(合ってるのかな、この説明で)小説ではなく、現実の現状を書いた本です(^ω^) 読むの楽しみ♪ 

何だか今日はひたすら活字に浸かって溺れてしまいたい心境だったりします。でも、ちょいとお仕事しないといかんのよね(T▽T) さっさと済ませて読むか!!

2012年5月 6日 (日)

氷菓(アニメ)

アニメの方です。結構面白い! 演出とか好きだなぁと思いました。言葉の言い回しがちょいと重い感じなのがまたヨシ!! 

好みなので今度余裕があったら原作を読んでみようかなぁと思います。基本的には推理小説が苦手なのですが、こんな感じの推理だったら大丈夫かな? 加納朋子さんの小説がこんな感じの推理ものなので読める気がします。

原作の米澤穂信さんは前々から面白い作品を書いてると某劇団の脚本兼演出家さんが紹介をしていて興味はあったので読むにはいい機会かもしれません。最近新しい作家さんと出会ってないからなぁ(T▽T)

BGM がクラッシックなのも良いですね♪ 部活が古典部だから?(^Д^)

ちなみに内容はこんなんです。

何事にも積極的に関わろうとしない省エネ主義を信条とする高校生の折木奉太郎は、姉の折木供恵の勧めで神山高校の古典部に入部する。そこで出会った仲間と共に、日常に潜む数々の謎を解き明かしていく内に、古典部の文集「氷菓」に秘められた33年前の真実に挑むことになる。

原作読んでいないし、アニメも2回までしか見ていないのでウィキからコピーです(^^ゞ

アニメの公式サイトはこちら! http://www.kyotoanimation.co.jp/kotenbu/

キャラが可愛いですよん(^ω^) 

宇宙兄弟~実写版

小栗旬くんと井上芳雄くんの尻がぁ! って、この前の「テルマエ・ロマエ」の書き出しも尻とか書いてるし(;;;´Д`)ゝ 原作に無いシーンなんでインパクト強過ぎだヾ(≧∇≦)ノシ バンバン

初め小栗くん主演ということで「どうだろう?」と思っていたのですが、素敵な三枚目でした♪ 走り方やポーズの決め方がしっかりムッタでした。良く考えたら「荒川アンダー ザ ブリッジ」で村長役(被り物。河童)演ってるくらいでしたから、三枚目も出来るんですよね。舐めてた! しっかりムッタになっていて観ていて違和感を感じませんでした。

それから井上くん。ケンジ役だったんですが「どっかで見たことあるぞ?」とずっと思ってたのだ。あの目と声は知ってる。でもどこで見てる? と。テロップ見てやっとわかった。「エリザベート」の井上ルドルフを見たくて劇場に数度行ったくせに。CDも持ってるくせに(T▽T) でも、パンフでは茶髪だもん! 髪の毛ふわふわにしてるんだもん!! リーゼントしてるイメージなかったですもん∑ヾ( ̄0 ̄;ノ 線の細いケンジでした。真面目で優等生な所はイメージ通りかな。

麻生久美子さんのせりかさんは可愛い! とにかく可愛い♪ ほわほわしたところと、ご飯を美味しそうに大切そうに食べる所が原作のせりかさん同様とても良い(^ω^) 「やべ、可愛い! せりかさん可愛い!」と悶える自分。思わず自分の性的嗜好に悩んでしまいました(;´▽`A``

あと、堀内敬子さん。劇団四季では「美女と野獣」「キャッツ」「ユタと不思議な仲間たち」などで観ていて、可愛い系の女の子を演じているイメージ。歌声も澄んでいて演技も上手い女優さんです♪ この映画では「サラリーマンZERO」のOLそのまんまな感じでした(^Д^) 

岡田将生くんの日々人は……ま、いいんじゃないでしょうか。ごめん、日々人にあまり愛がないのですよ。なので、感想もあんまりなかったりして(;´▽`A``

全体的には上手く切り詰めて書かれた脚本でした。この脚本家の方は上手いなぁと思いましたが、残念な部分がちらほら(T▽T) 

個人的に名場面であり名台詞である「ジャンケンで決めようか」と「三人の宇宙飛行士に助けられた」ってのが無いのがぁ!! ま、シナリオ都合で使えないのは解ってるんですが、やっぱね、無いと、その、「宇宙兄弟」って感じがしない気がするの。

原作好きとしては及第点獲得の映画でした(^ω^)  

2012年5月 2日 (水)

4月に読んだ本です(2012年)

今月読んだ本はみんな割と面白かったです♪ その中からオススメとして、活字は「プリズムの瞳」と「炎路を行く者」、コミックスは「銀の匙 3巻」と「坂道のアポロン 9巻」です(^ω^)  

4月の読書メーター
読んだ本の数:31冊
読んだページ数:5499ページ
ナイス数:51ナイス

先輩 (EDGE COMIX)先輩 (EDGE COMIX)
個人的にはこういったタイプのBLは大好きです(^ω^) 読んでてすんなりと胸に落ちる感じがいいです。最近こういった展開を踏むBLをあまり見かけないので何だか得した気分です。
読了日:04月29日 著者:びっけ
坂道のアポロン 9 (フラワーコミックス)坂道のアポロン 9 (フラワーコミックス)
再開のさりげなさが二人らしくて何だか泣けました(T▽T) 神父姿の千に「ヤラれた!!」と思ったのだ。ボンの白衣姿も良かったです(^ω^)
読了日:04月29日 著者:小玉 ユキ
月刊なかとば (花とゆめCOMICSスペシャル)月刊なかとば (花とゆめCOMICSスペシャル)
出たァ!! と思ったら抜粋ですぅ(T▽T) 雑誌で読んでるので途中で「おや?」と思ってました。でも、まとめて堪能出来たので良かったです♪ 今度は是非、未収録分の作品も出してくれぇ!!!
読了日:04月29日 著者:山口舞子
恋愛年齢 2 (ドラコミックス 311)恋愛年齢 2 (ドラコミックス 311)
幸四郎さん、可愛いですぅ!(←自分にとっては、です!)2巻が出るとは思っていなかったので、書店で驚いて、気が付いたら手に持ってました♪
読了日:04月29日 著者:直野 儚羅
Vassalord. 6 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)Vassalord. 6 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ)
バニガ、バニガぁ~~~!! 恥じらうレイモンドに思わず転げ回りました。ダサかわチェリーも久々に見れてよかった♪
読了日:04月29日 著者:黒乃 奈々絵
進化しすぎた日本人 (中公新書ラクレ)進化しすぎた日本人 (中公新書ラクレ)
え~と、日本人ってタイトルに入れるのは正しくない内容な気がします。読んでて「人寄せの為のタイトルで内容と合ってないじゃん!!」と突っ込みます。ええ、もう、タイトル付け直して下さいって感じでした。まあ、面白かったですけどね。
読了日:04月29日 著者:杉山 幸丸
NO.6〔ナンバーシックス〕(3) (KCx(ARIA))NO.6〔ナンバーシックス〕(3) (KCx(ARIA))
イヴ様だぁ~(*´∀`*) イヌカシをいぢめるネズミが好きですな。そんなネズミは紫苑には弱い。それを知ったイヌカシの顔が好きです(^Д^) Sキャラが好きなんだろうかと自分を疑ってしまいました。
読了日:04月23日 著者:木乃 ひのき
銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 3 (少年サンデーコミックス)
TVCMで新刊発売を知って徒歩1分のコンビニに走りました(#^.^#) そうか、バイト代はそう使うか! NHKの食をテーマにした番組(めっちゃ昔の)でドイツの家庭が豚1頭を屠るシーンを紹介してたのを思い出しました。冬越しの大切な食糧として血までしっかりと保存食に加工してたのが印象的だったなぁ、って、本の感想になってないヽ(´Д`;)ノ
読了日:04月19日 著者:荒川 弘
ノラガミ(3) (講談社コミックス月刊マガジン)ノラガミ(3) (講談社コミックス月刊マガジン)
ようやく雪音の過去が見え、改心もしましたね。でも、あの小生意気な口の利き方が好きなので、キャラ変わらないで欲しいです!! 終わりの方の雪音も可愛いんですけどね(ノ∀`)
読了日:04月19日 著者:あだち とか
ノラガミ(2) (月刊マガジンコミックス)ノラガミ(2) (月刊マガジンコミックス)
表紙にグっときた。隻眼のライオンに軍服に眼鏡! 個人的に萌えツボ突かれたっす! 道真公も好みですぅ~~~(*´∀`*) ちょいと夜トの過去が見え隠れして展開に興味が出てきました♪
読了日:04月19日 著者:あだち とか
ノラガミ(1) (月刊マガジンコミックス)ノラガミ(1) (月刊マガジンコミックス)
絵柄が好み♪ 話の初めなので、動きがギクシャクしてるような感じがしました。今後に期待。
読了日:04月19日 著者:あだち とか
ちはやふる(16) (BE LOVE KC)ちはやふる(16) (BE LOVE KC)
新の両親の必死の願いに、真面目な場面なのに吹いた(^Д^) 
読了日:04月19日 著者:末次 由紀
ちはやふる(15) (BE LOVE KC)ちはやふる(15) (BE LOVE KC)
ちはやがクイーンに火を点けた!!! どうなるんだ、個人戦!! 
読了日:04月19日 著者:末次 由紀
となりの怪物くん(9) (KC デザート)となりの怪物くん(9) (KC デザート)
タレ目(安藤)危ない(^Д^) この巻はササヤンが男前でした♪ そしてカバーしたの伊代の妄想!! 続き気になるんですけど(*´∀`*)
読了日:04月19日 著者:ろびこ
となりの怪物くん(8) (デザートコミックス)となりの怪物くん(8) (デザートコミックス)
新キャラ登場! と思ったらヤマケンの妹とは!! 雫の前で虚勢を張ってるヤマケンにクラクラしました。ヤバイ、二度惚れしたじゃんか!
読了日:04月19日 著者:ろびこ
日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)日常 (3) (角川コミックス・エース 181-3)
教頭、やっぱヒデェ(^Д^) そして、みおちゃんのマイペースっぷりは脱帽します!! 
読了日:04月19日 著者:あらゐ けいいち
Aチャンネル (2) (まんがタイムKRコミックス)Aチャンネル (2) (まんがタイムKRコミックス)
佐藤先生のヘンタイっぷりが堪らない!! 自分、終わってる?!
読了日:04月19日 著者:黒田 bb
Aチャンネル (1) (まんがタイムKRコミックス)Aチャンネル (1) (まんがタイムKRコミックス)
アニメの方が好みかもしれないヽ(´Д`;)ノ ユー子が自然体で可愛いです♪ 読んでると力が抜けていいかも(^ω^)
読了日:04月19日 著者:黒田 bb
ぬらりひょんの孫 20 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 20 (ジャンプコミックス)
鏡斎のモデルは完全に暁斎だろう(^Д^) 子供時代に生首を写生した伝説を持ってるし狂斎って名乗ってたし(*´∀`*) 比べて読むと笑える。
読了日:04月19日 著者:椎橋 寛
ぬらりひょんの孫 19 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 19 (ジャンプコミックス)
黒カッコいい!! 地味だけど存在感があるのは背景に闇を背負ってるからなのねん♪ そしてついにリクオの正体が!! ドキドキしました。
読了日:04月19日 著者:椎橋 寛
ぬらりひょんの孫 18 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 18 (ジャンプコミックス)
二代目と山吹乙女の幸せな姿が見れて良かったです。山ン本って、ちょっと京伝を思い出した(^Д^)あんな変なのではないですけどね。
読了日:04月19日 著者:椎橋 寛
ぬらりひょんの孫 17 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 17 (ジャンプコミックス)
この巻、本編よりもカバー下の漫画の方がインパクト強し!!
読了日:04月19日 著者:椎橋 寛
ぬらりひょんの孫 16 (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 16 (ジャンプコミックス)
アニメの続きが気になたので(ノ∀`) 氷鉢の九十九神達が可愛い! つららの健気な姉さん振りも良かったです(^ω^)
読了日:04月19日 著者:椎橋 寛
鉄道少女漫画鉄道少女漫画
面白かった!! 特に一番始めのカッコつけ馬鹿兄貴が(^Д^) 勝手にやってろバカップルな結末ですが、そこが良かったです♪
読了日:04月19日 著者:中村 明日美子
進撃の巨人(6) (講談社コミックス)進撃の巨人(6) (講談社コミックス)
エレンが何かヘタレってた感じが強いです。主役、頑張れよぉ!! ということで、次巻に期待!!
読了日:04月19日 著者:諫山 創
ローゼンメイデン 5 (ヤングジャンプコミックス)ローゼンメイデン 5 (ヤングジャンプコミックス)
6巻を読んでからです(;´∀`) 先を知ってるとつなぎの巻になっているのが良くわかりました。やっぱジュンはちびの方が好き♪
読了日:04月19日 著者:PEACH-PIT
金魚屋古書店 13 (IKKI COMIX)金魚屋古書店 13 (IKKI COMIX)
樋口さんのセレクトした棚の本が読みたいです♪ というか、そこにその漫画が来たか! ってのがあって笑いました。市東さんの「夢の夢」は再読したくなったなぁ。岡留さんと小篠さんも順調そうでよかった。あとは上製本の説明。思わず握りこぶしを作って「そうよね!!」とうなづいてしまいました♪
読了日:04月19日 著者:芳崎 せいむ
炎路を行く者 —守り人作品集— (偕成社ワンダーランド)炎路を行く者 —守り人作品集— (偕成社ワンダーランド)
ヤバイ、「蒼路の旅人」を読み直さないと!! という感じでした(^。^;) パラパラ見直してようやくどんな人物だったか思い出しました。旅人シリーズをまとめて再読したくなりました♪
読了日:04月13日 著者:上橋 菜穂子
草原の勇者 フェンネル大陸 真勇伝 (講談社ノベルス)草原の勇者 フェンネル大陸 真勇伝 (講談社ノベルス)
相変わらず物語の時間がサクっと飛んでます。よくよく考えると成長期の女の子なのに、体型が変わらんとは!! 関係ない所に突っ込み入れてしまいました。テオの存在は今回も出番が少ないのに重いですよね(^ω^) そんな彼が好きだ♪
読了日:04月05日 著者:高里 椎奈
D.Gray-man 23 (ジャンプコミックス)D.Gray-man 23 (ジャンプコミックス)
ユウ君復活!! 表紙とオビで「おおおおお~~!!!」となりました。ごめんね、ジョニー(T▽T) クロス元帥の不器用なパパっぷりをニヤニヤしながら読んでしまいました(^ω^)
読了日:04月05日 著者:星野 桂
プリズムの瞳プリズムの瞳
かなり好みでした(^ω^) 合間合間の語りが自分の予想とは違っていてびっくりでした。一番最後の話を読むと「ああ、そうか!」とは思うのですが(ノ∀`)
読了日:04月05日 著者:菅 浩江

2012年4月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

テルマエ・ロマエ~実写版

市村さんの胸がぁ! 阿部ちゃんの尻がぁ! 彩ちゃんの濡れ髪がぁ! (*゚∀゚)=3ハァハァ ってな感じ? というのは半分冗談ですけどね(←半分本気で興奮してたんかいぃ!)

1日は映画の日。そして2日は休みなので、PCでチケット取って映画館へ行ってきました♪

原作が短編の連作という形だったので、どんな風に繋げているのか気になっていましたが、とても上手く繋げていました。金精様……使いたかったのね(;;;´Д`)ゝ 

個人的にはタイムスリップする時にテノール歌手が朗々と歌うシーンが大好きだ!! あの演出は脱帽しちゃう♪ 観ないと解らないだろうなぁ、あのノリはヾ(≧∇≦)ノシ バンバン 是非映画館で観て欲しいです(^ω^)

映画の中のじいちゃん’s がかなりステキでした。みんなで一生懸命に古代ローマで湯治場を造っちゃう所なんて、古き良き日本といった感じでした。ご近所で集まって、ワイワイと何かしてる感じがして何だか懐かしかったです。最近はあまり見かけなくなった風景だなぁと感じてしまうのが何だか淋しいですけど。

仄かな恋模様なども醸していて、しかもそれが時を超えた恋♪ 

それにしても、古代ローマ人役の日本人の皆さん。本当に顔が濃い役者さんばかりでした。北村一輝さんなんて、いかにもって感じのタラシキャラでした(≧▽≦)ブァーハッハッ! 

目当ては市村正親さんのハドリアヌス皇帝♪ 蝋燭の灯りに映し出された浴場で市村さんの声が響いてきた時に思わず「『オペラ座の怪人』歌いながら出てきそう」と思ってしまいました(;´▽`A`` でも、それではルシウスに「愛しい人よ、今宵は」なんて口説き文句を言う事になってしまうのですよ。……まぁ、口説いていたと言ってもいいような展開でしたけれどもねヽ(´Д`;)ノ

あ、そうそう。劇場で来場者に小冊子が配布されていましたよ。ルシウスと阿部ちゃんがひたすらラムネを飲む漫画(^Д^) インタビューもあったりして、お得な気分になりました♪

2012年5月 1日 (火)

坂道のアポロン~オリジナル・サウンド・トラック

「モーニン」のアレンジがカッコいいぃ!! と聴いて転げ回ってました(≧∇≦)

Release_jktアニメ版のサントラです。物凄く楽しみにしていて、早速入手!! オススメです!! JAZZのメジャー曲のアレンジや、菅野よう子さんのオリジナル曲が収録されています。

ま、ごちゃごちゃ文章で紹介するよりは曲を聴いて貰った方が早いですね(^ω^)

http://www.apollon-jazz.com/

こちらで全24曲が視聴出来ますので、是非聴いて下さい!! というか、聴いて!ヾ(≧∇≦)ノシ

私は「Bag‘s Groove」と「Rosario」と「Run」が好きかな。手嶌葵さんが声を入れてる「Lullaby Of Birdland」もイイです♪

JAZZアレンジは作業用BGMではなくてじっくりと聴いていたい感じがします。

原作は無事9巻で本編が完結。これがまた良かったですよ!! 淳兄、千、律との再会シーン、それからセッションしているシーンが(T▽T) 生き生きとした薫さんが見れて幸せな気分になります(^ω^)

アニメは……まだ未視聴! 作品の流れを知っているので、まとめて見たいと思っています。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »