フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 久々に本屋に行った(^ω^) | トップページ | 火事、火事でっせぇ∑(゚∇゚|||) »

2012年4月19日 (木)

「銀の匙 3巻」を読んで思い出した番組

まずは2012年マンガ大賞受賞、おめでとうございます(v^ー゜)ヤッタネ!! やっぱりって感じでしたが、嬉しいものですね(*´∀`*)

夕方TVCMで新刊発売を知って徒歩1分のコンビニに走りました! 話題なので確実に入荷してると思って行ったのだ。思った通り新刊発見♪ ホクホクで読みました(^ω^)

今回は採れたての野菜や絞り立ての牛乳の美味しさを語り、仕事の本質を語り、家族の確執を語りと盛りだくさん。ラストではついに豚丼(豚の名前)の事に関して八軒が大きな決断をするという展開となっておりました。いやぁ、相変わらず何度でも読み返したい食育マンガでございます♪ 

この巻ではラストで屠殺場面のVTRを授業の一環として流すというシーンがあります。そこで思い出したのが「NHK特集 食のルーツ5万キロの旅:一滴の血も生かす~肉~」というかなり昔の番組です。このシリーズは本当に子供の頃に見ておいて良かったと思っています。命と食、死生観というものをより深く考えるきっかけになった番組です。

ドイツの家庭の冬を迎える為の支度を紹介したものだったのですが、豚を一頭屠殺し、加工していくシーンが克明に紹介されていたんです。

手早く屠殺し、血を貯めて、お湯につけて毛を剃って、内蔵を掻き出して、肉や臓物や血を加工して行く。モンゴルの羊の屠殺もTVで見ていましたが、豚は肌や大きさ、内臓の形や配置が人間に似てるので色々と複雑な気持ちになったものです。

余談ですが、移植臓器を豚の臓器で代用しようという話もあるくらいですよね。あの形を見ると納得します。

豚の解体はマグロの解体を思い出します。魚と肉の違いだけなんですよね。あと、冬の加工食品としては漬物の加工も思い出します。人が生きる為の大切な仕事ですな! 今の日本の食生活を改めなきゃいかんのじゃないかい? と思ったりもしますよん。

ということで、久々に観たくなってネット検索してみたところ、ニコ動さんにありました。食と文明の世界像~ 「一滴の血も生かす ~肉~」ってので検索くださいませ。ログインが必要なのでリンクはしません。

コメントがひたすらウザイので消して見ることをオススメします。どこにどう突っ込んでいいやらというコメントもあるしヽ(´Д`;)ノ そうじゃねぇだろうヽ(´∀`)9 ビシ!! ってな感じ?(;´▽`A`` 敢えて見るのも馬鹿らしくていいかもしんないですけどね(*´∀`)アハハン♪   

« 久々に本屋に行った(^ω^) | トップページ | 火事、火事でっせぇ∑(゚∇゚|||) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/44946906

この記事へのトラックバック一覧です: 「銀の匙 3巻」を読んで思い出した番組:

« 久々に本屋に行った(^ω^) | トップページ | 火事、火事でっせぇ∑(゚∇゚|||) »