フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 全く練習してませんヽ(´Д`;)ノ | トップページ | 節分祭 »

2012年1月30日 (月)

フェンネル大陸 偽王伝

51csl4bz6nl__sl500_aa300_ 著:高里椎奈 発行:講談社

現在、講談社ノベルズと講談社文庫で発売中です。ちなみに左はノベルズの方。しかも最終巻の表紙。イラストはミギーさん。結構好みの絵です♪

こちらは全部で7冊。まだ続きがあるようですが、そちらは未読です。

軍に籍を置き、実兄の為に人々の間で恐れ嫌われる存在のグールを率いていた王女、フェンベルク。しかし、敬愛していた兄により、無実の罪で国を追放され、奴隷として売られることになる。そんな彼女を買ったのはテオという外見は殆ど人間と変わらぬグールであった。彼はグールを獣として扱う彼女の故国の人間を憎んでいた。彼女はテオの憎しみの対象として買われ新たな生活を始める。名をフェンと改めた彼女はテオの元でかつての自分がどれだけ物を知らなかったのかに気付き、自分の目で世界を見てみたいと望む。その望みにテオは応え、彼女と共に旅に出ることになった。旅の中でフェンとテオは大陸の国々の勢力争いに巻き込まれて行くことになる。

といったところでしょうか(;´▽`A`` 何か一番はじめの巻のあらすじしか書いてない気がしますが、ま、いいかぁ♪

全部読み終わって思ったのが「十二国記」だねぇ、でした。フェンは『風の万里 黎明の空』の祥瓊が純粋で一途だったらこんな感じかなぁ? んで、行動はまるで陽子だねぇといった感じΣ(;・∀・) いや、真似てるとかじゃないんだけど、インパクトが弱かったという感想です。

アシュレイが景麒かなぁヾ(≧∇≦)ノシ バンバン 両方読んだ方に聞いてみたいなぁ♪

全体を通すとラストの3巻は面白かったです(^ω^) 前半は殆ど説明になっちゃってたって感想を抱いてしまうのが残念。前半があったから後半が活きたんでしょうが、途中で飽きたら後半を読まなくなってしまうので、オススメ出来るかと問われれば悩みます。腰が上がるのが遅いといった感じなので、飽きやすい人にはススメられないですね。

« 全く練習してませんヽ(´Д`;)ノ | トップページ | 節分祭 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/43929425

この記事へのトラックバック一覧です: フェンネル大陸 偽王伝:

« 全く練習してませんヽ(´Д`;)ノ | トップページ | 節分祭 »