フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

フェンネル大陸 偽王伝

51csl4bz6nl__sl500_aa300_ 著:高里椎奈 発行:講談社

現在、講談社ノベルズと講談社文庫で発売中です。ちなみに左はノベルズの方。しかも最終巻の表紙。イラストはミギーさん。結構好みの絵です♪

こちらは全部で7冊。まだ続きがあるようですが、そちらは未読です。

軍に籍を置き、実兄の為に人々の間で恐れ嫌われる存在のグールを率いていた王女、フェンベルク。しかし、敬愛していた兄により、無実の罪で国を追放され、奴隷として売られることになる。そんな彼女を買ったのはテオという外見は殆ど人間と変わらぬグールであった。彼はグールを獣として扱う彼女の故国の人間を憎んでいた。彼女はテオの憎しみの対象として買われ新たな生活を始める。名をフェンと改めた彼女はテオの元でかつての自分がどれだけ物を知らなかったのかに気付き、自分の目で世界を見てみたいと望む。その望みにテオは応え、彼女と共に旅に出ることになった。旅の中でフェンとテオは大陸の国々の勢力争いに巻き込まれて行くことになる。

といったところでしょうか(;´▽`A`` 何か一番はじめの巻のあらすじしか書いてない気がしますが、ま、いいかぁ♪

全部読み終わって思ったのが「十二国記」だねぇ、でした。フェンは『風の万里 黎明の空』の祥瓊が純粋で一途だったらこんな感じかなぁ? んで、行動はまるで陽子だねぇといった感じΣ(;・∀・) いや、真似てるとかじゃないんだけど、インパクトが弱かったという感想です。

アシュレイが景麒かなぁヾ(≧∇≦)ノシ バンバン 両方読んだ方に聞いてみたいなぁ♪

全体を通すとラストの3巻は面白かったです(^ω^) 前半は殆ど説明になっちゃってたって感想を抱いてしまうのが残念。前半があったから後半が活きたんでしょうが、途中で飽きたら後半を読まなくなってしまうので、オススメ出来るかと問われれば悩みます。腰が上がるのが遅いといった感じなので、飽きやすい人にはススメられないですね。

2012年1月29日 (日)

全く練習してませんヽ(´Д`;)ノ

今週はアンサンブルがありました。……全く練習してないじゃん( ̄○ ̄;)! というか、通常のレッスンすら3週間程まともにしてませんがなΣ( ̄ロ ̄lll)

発表会は仕事で出ないことになりましたが、レッスンはそれとは別です。しっかりやらないとイカーン!! 

でも、今日のアンサンブルは流石に○年やっているなぁと自分でも感心しました。そう、一応弾けたのよ!!(←昔は全く指が動かなくなってました)

継続は力なりとは良く言ったものです。

ついて行けるとレッスンは楽しい(≧∇≦) もっと弾けるようになるといいなぁ♪ 

今日から発表会まではチェロとヴィオラも入るので、ヴァイオリンだけと違って深みと広がりが出ているのでめっちゃ楽しいです! でもね、日曜がレッスンとアンサンブルで潰れるのですよ(T▽T) 朝出かけて帰るの21時ですかい。体力大丈夫かι(´Д`υ)アセアセ 

2012年1月27日 (金)

先週に引き続き今週も……

多忙でございまするぅ~(。┰ω┰。) ガストで書類を書いていて帰宅が23時でした。ま、前の職場でもそんなの多かったですけどね。せっかく痩せたのに、体重が戻ってしまいそうな勢いの高カロリー品を飲んで喰ってる気がします( ̄◆ ̄;)

今の職場は手書き書類が基本になっているので、筆圧の高い自分は右手が腱鞘炎になりそうです。う~っ! 報告書の締切前後は分量が多いので死にそうな感じになってますねヽ(´Д`;)ノ

パソコンだと腱鞘炎プラス肩こりと頭痛が酷くなりますよね。それも辛いっす!

長文を書くことに関して抵抗はないのですが、身体のどこかに不具合が出るのが辛い!! 不具合が出なければ長い文章を書いてるのが楽しい性分なので、それが恨めしいです。

寝なくていい、身体に痛みが出ない、どこかに缶詰にしてもらえるという状態であれば、ダラダラと駄文を書き散らしたり、打ち込んでみたりし放題なんですけどね。

人間、眠気と痛みには敵いませぬ!!

(´;ω;`)ウウ・・・

2012年1月25日 (水)

忙しぃ!! 

ここ数日は節分イベントの担当になった為に書類作りに追われ、今日は休みなのに社員昇格面接(←やる気をくじく面接だったぞ、おい! というか、面接官の態度がヤバいんでは? と心配になった)に行き、報告書を書いて、息が吐けるようになったのがついさっき。

ぐあぁ!!! ( ゚Д゚)ネムヒー

でもね、来月は勉強会の担当にもなってるんで、本読んで進行計画と配布物作りもやんないと(。┰ω┰。)

小説読みたい、チャットしたい、ネトゲしたい~~~!!

……そろそろストレスでバテそうです(;´д`)トホホ…

2012年1月22日 (日)

ポテチを箸で……

先程どうしても「何か喰いたい!!」衝動に駆られ、コイケヤの「ポテトチップスPREMIUMのり塩」を購入(;´▽`A`` 美味いっす♪

ここ何年かポテチは箸で食べてますが、はて、これは普通のことかしらん? とふと疑問に思ってしまいました。

確かPCいじりながら食べるとキーボードがベタベタになってしまうんで箸で食べるようになったんだと思うんですが、はっきりとは思い出せません。

……あ! 本読みながらだと紙に油染みが着くんで箸を使うようになったんだ!

そう、油が大敵なんですよ、油が! 趣味ごと関係のいずれもが油が大敵(`Д´) 絵を描けば紙に油染み、PCいじれば画面やキーボードがベトベト。本に関しては油染み着いたら泣いちゃうよぉ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

ということで、お箸でポテチ♪ 便利ですよ~ん( ̄▽ ̄)

2012年1月20日 (金)

寝過ぎなんじゃねぇの?

寒いせいか異常に眠る日々が続いております。風呂入って飯食って、寒いんで布団に潜り込んでいると速攻で落ちます( ̄Д ̄;;

今週はヴァイオリンのレッスンを一度もしてねぇ!!Σ( ̄ロ ̄lll)

そしてノートの書き込み文字……汚!( ̄○ ̄;)!

風邪ひきそうなのも手伝ってるので、不可抗力だと思いたい。22時近辺で意識が無いんですよね。んで、1~2時間トロトロと眠ってから電気を消して寝直します。

が! 2時間おきに目が覚めちゃうんだよ! 草食動物か? 自分(≧ヘ≦) 熟睡出来てないんでしょうね。困ったもんだ!

合算すると8時間は寝てるはずなんですけど、眠いよぉ~(´ぅω・`)ネムイ

今も眠いです( ´O)η ファ~

2012年1月18日 (水)

久々に図書館の学習室へ

仕事の関係で使う桃太郎の紙芝居のリライトをしてました。紙芝居の文章が口語文で、しかも、言い回しが古くて読むのが難しいのだぁ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

ということで、今風の語り口で書き直し。自宅だとダラダラやってしまうので学習室へGO! ついでにイベントの企画書も上げてきました。

やっぱり集中出来ます(^ω^) 文章打ちは集中すると速い! 最近はあまり分量を打っていないので、打つのが楽しかったです。

あ、そうそう、今回はネット回線を繋がなかったので余計に集中出来ました。ネット繋げるとついついそっちにいっちゃいますからね(;´▽`A``

部屋も暖房が入ってるので自宅よりも快適(^ω^) 夏場は避暑に使ってましたが、冬場は布団に潜り込んでいれば何とかなるので、本当に久々の学習室でした。自分を追い込むには中々に良い場所です♪

2012年1月16日 (月)

ひらひら―国芳一門浮世譚

9784778321543thumbautox260 著:岡田屋鉄蔵 発行:太田出版
本体価格:743円

タイトル通り、歌川国芳一門のお話し。伝八郎はひょんなことから国芳に拾われ、浮世絵師の弟子として暮らし始める。弟子たちに愛される人柄の国芳の元で、伝八郎が次第に自己を確立して行くといった内容になっております(^ω^) ちょっと詳しく説明してしまうと思い切りネタバレになってしまうので、内容に関しては深くつっこめませぬ(。┰ω┰。)

「国芳」ってのだけで買った本なのですが大当りでした♪ 国芳好きなので、読んでる最中にニヤニヤしてしまいました。特に吉原へ筆下ろしに行かせようって件がありそうで大笑い。番屋泊まりで一人前の芳桐連って台詞も笑っちゃいました。師匠も番屋とは馴染みだもんねヾ(≧∇≦)ノシ バンバン

弟子が皆師匠大好きってのが良くわかる描き方がされていて、読んでいてとても楽しいです。

国芳の絵も効果的に入っていて、鯨やがしゃどくろなんかがうまい具合に活かされてるなぁと思いました。他にもお座敷の場面とかね。元のものと見比べると面白いかもしれないです。原画展の資料引っ張り出してこようかなぁ(^ω^)

国芳=猫って図式が国芳好きにはインプットされてるんですが、漫画ではさりげなく出しすぎてて猫の存在が薄いかもヽ(´Д`;)ノ ちゃんと猫描かれてるのに、師匠と弟子たちの勢いが激しくて目立ってないのです(´∀`*) ま、皆さんキャラが濃いんで、そうなっちゃうんですけどねヾ(≧∇≦)ノシ バンバン

そして、絵柄が艶っぽいです。どことなくJETさんに似てる。

国芳好きには勿論楽しめますが、そうで無い方でも面白く読める作品だと思います(^ω^) 個人的にはもっと読みたいです。幾次郎と米次郎を描いてくれないかなぁ(#^.^#) おこちゃまでしか出てこなかったので、大人になっての二人を是非に!! 

下はweb上にある一話目。参考にどうぞ♪

気になって他の著作を調べてみたらBL作品を描いてらっしゃった(;´∀`) PNから幕末ものを描いてるかと思ったんですが、それは同人誌でやってたみたいですね。予想通り岡田以蔵の話を描いてるようです(´∀`*)  あとは伊庭さん。HPに作品があったので、時間がある時に読もうと思います♪

2012年1月15日 (日)

テルマエ・ロマエ(アニメ)

原作で大爆笑しながら読んだ作品のアニメ化。下記は公式HPアドレスです♪

http://www.thermae-anime.jp/index.html

制作スタッフを全く気にせずに見終わって「このノリはどこかで覚えがあるんだが……」と思って調べてみたら、『秘密結社 鷹の爪』の制作のスタッフさんでした(^ω^)

TVで Flashアニメとは斬新! でも、この作品にはそれが似合ってます。実写版のポスターなんかも何気に画面に入っていて遊びが効いてるなぁ。深夜にダラ~っとして見るには熱過ぎると思います。面白くて目が覚めちゃうから(≧∇≦)

この作品を見ると無性に銭湯に行きたくなっちゃうのだ。そしてフルーツ牛乳が飲みたくなります!! 

でも、うちの近所の銭湯、なくなっちゃたんですよぉ~(。┰ω┰。) 銭湯行くなら15分くらい自転車で遠出しないといけない。この季節は湯冷めしちゃうから行けないのだ。

ローマの風呂と日本の風呂。湯を楽しむ人々の様子はよく似てるんだなあと感じられる作品になってます。 

2012年1月13日 (金)

「たけしのニッポンのミカタ」でヽ(´Д`;)ノ

「ニッポンのミカタ」のテーマが『空想で幸せになる!?』でした。前半ではキスのシチュエーション・ドラマのDVDが爆発的に売れてるとか、理想のデートをセッティングする商売があるとかってのをやってました。

正直「え~、そんなのBLで充分じゃん。ってか、BLのシチュの方が萌えねぇ?」とか思って見てました。そしたらですね、その後に「BLというのをご存知ですか?」ときたもんだ(´∀`*)

腐女子の方、4名をお呼びして対談をしておりまして、国分太一君がインタビューしておりました。いきなり中村明日美子さんの「卒業生」を見せてましたよ。太一君タジタジ(^ω^) 「男同士でキスしてますよ、結婚しようって言ってますよ」とアワアワしてたのがカワイイ!!(←何見てんだよ、自分!!) なかなかに笑えました。特にラスト。

「BLとは現代女性の癒やし」 

そうきたか、結論!! ヾ(≧∇≦)ノシ バンバン

大笑いでしたヽ(*≧ε≦*)φ いや、否定はしないですけどね(*´∀`*)

他にも某建設会社がファンタジー課(だったと思う)ってなのを立ち上げ、意外な利益を生んでる話しとか、中世ヨーロッパの騎士の体験教室みたいなのがあるってのが紹介されてたりしました。あとは憧れの職業体験ツアーとか。

乗馬クラブの職業体験を紹介してたんで、私もそのツアーに行きたくなってしまったわ。いいなぁ、厩舎業務♪ 好きなんだよ、馬房掃除とか馬の手入れ(* ̄ー ̄*) 乗馬クラブに行っていた時は、馬に乗るよりも馬洗ったり、厩舎掃除手伝ってたりする方が楽しかったんで。馬のブラッシングしてぇ!

と、全く見る予定が無かった番組をつい見てしまいました(;´▽`A`` ま、面白かったからヨシ!

2012年1月12日 (木)

結構うごき回ったぞい!

お休み~でしたが、のんびりせずにガツガツ動いてました! 

まずは図書館。お仕事で使うかもしれない紙芝居を借りに行ってきました。紙芝居……探し辛いんじゃぁ!! というくらい引っ張り出すのが面倒( ̄○ ̄;)! んで、ついでに児童書とラノベの続きも借りてきました。

次にマッサージ。「頚椎2つズレてるんですよ」と新しい先生に話したら「え? チェックしたら3つズレてましたよ?」と言われた(。┰ω┰。) マジですかい。調整して頂きました。

そして一人カラオケへ。ハチさんのボカロ曲を歌いたかったのだ! 「マトリョシカ」「リンネ」パンダヒーロー」「ワンダーランドと羊の歌」です。2~3回歌ってきちゃいました(;´▽`A`` 他はバンプオブチキンの曲にアニソン(´∀`*) 二時間立ったまんまで絶唱。

会員価格と系列グループのカードを使った二重割引で500円程度だ♪ この金額なら週一通ってもいいなぁ。時間は1時間半が丁度いいかも。そしたら500円しないぞ! 職場でいつ歌わされるかわからないので、すぐ声が出せるように練習しておかないとという理由付けで通おうかなぁ(^ω^) 腹から声を出すとスッキリするのでストレス解消にはもってこいですし♪

んで帰宅してちょいと居眠り。その後はヴァイオリンの練習。時計を見たら勉強会が始まる時間が近くなっていたので慌てて職場へ。2時間弱顔出しして買い物して21時頃帰宅。

今、凄く眠くなってきてます(´ぅω・`)ネムイ 

家でダラダラしてると体調がおかしくなりやすいので、出来るだけ出歩きたいですが、疲れるんですよね(T▽T)  程々って感じにすればいいんですが中々上手くいきませんなヽ(´Д`;)ノ

2012年1月11日 (水)

るったとこだま 1

51xhj8zd5l__sl500_aa300_著:藤谷陽子 発行:角川書店
本体価格:560円

半端な時期に転校してきた宮城こだま。彼のルームメイトは周囲に一目置かれるワル、塁崎隆夫。自己紹介の時にこだまが思わず名前を聞き返そうとして小さく漏らしたのが「るった」という略称を決めてしまった。周りが一歩引いて見ていた塁崎に、こだまは躊躇いなく近づいていく。そんなこだまに惹かれた塁崎はある朝「お前が好きだ」と直球の告白をする。こだまは戸惑い迷うが彼の告白を受け入れルームメイトとして、そして恋人として共に学園生活を過ごして行くといったお話し。

は~い、BLですぅ! 雑誌ではすでにイチャこらしてた段階だったので「初めはどうだったの?」と思い読んでみた。何で不良っぽい相手に「るった」ってかわいい渾名がついたのかずっと謎でしたが、作者のあとがきで「受けの男の子が最中に呼ぶ名前がかわいいと良いんじゃね?」と思って付けたってあるのを見て爆笑ヾ(≧∇≦)ノシ バンバン そんな命名かい!! 確かにかわいいけど(^ω^)

この作品はるったの表情が凄く好きなんですよぉ!!! こだまを見る優しい目、熱い眼差しにドキドキします(///▽///) とっても表情豊かな漫画だなぁと思う。んで、その使い方も上手い。コマはシンプルなんですけど故に状況が伝わり易いのかな。

あと、かきおろしの漫画がこだま攻(笑) この立場は似た経験あるんで「ああ、そうなるなる♪」と思って笑ってしまいました。え? どんな経験だって? 勝手に妄想して見てくださいませ(ノ∀`)

『トラオとタツミ』という作品も収録されているんですが、このタツミが「声がイイ」という設定。……萌える! 声のイイ男っていいよねぇ(´Д`)ハァ… ええ、声フェチです。私(^。^;) 太い響く声を妄想(←想像じゃないし!)して「好きだ 好いとる めっちゃ好きやねん どれがええ?」と受けキャラと同じ立場で言われたら……堪らんわね。卒倒しちゃいそうです♪

甘い感じのBL作品をお求めならば、これはオススメかもしれないです♪ 

え~と、取り敢えず30冊読んだ中で良かった作品4冊でした。他にも『海街diary:帰れないふたり』『7SEEDS』『君と僕。』とかあるんですけど、長期連載作の最新刊だしなぁ(^。^;) 『純潔のマリア』じゃ何だか暴走しそうだし(´∀`*) 30冊分の大雑把な感想は来月に上がる1月に読んだ本の一覧で確認してくださいませ♪

2012年1月10日 (火)

蛍火の杜へ

51pnjuuk7l__sl500_aa300_著:緑川ゆき 発行:白泉社

本体価格:552円

山神様と妖怪たちが住むと言われる杜へと迷い込んだ幼い蛍。そこでギンという面を被った人ではないものに出会う。彼は人間に触れると消えてしまうと言う。蛍が夏の間だけに訪れる祖父の家。蛍とギンはその間だけ逢瀬を重ねる。幼い子供であった蛍は、時を経て娘へと成長し、銀に淡い想いを抱くようになる。それはギンも同じであった。二人の願いは互いに触れ合うこと。二人の願いは叶うのであろうか――

短篇集。表題とそのかきおろしの他、2本の作品が入っています。内容説明は表題のみで!

『夏目友人帳』の作家さんですね♪ さらりと心を風が吹き抜けていくような感じがする作風で、読後感がとても好きです(^ω^)

ええ、不覚にも泣きましたとも、表題作で!! ヤバ、すげぇ好き!! アニメになってるようなのでそちらにも俄然興味が湧いております。アニメ・スタッフは友人帳のスタッフと同じらしいので、恐らく期待を裏切らない作りになっていると思います(`・∀・´) 

私はこういった時間軸の違う者達との逢瀬という設定が好きらしいです(^。^;) ヴァンパイアとかね♪ 安孫子三和さんの『月の船』(※『真夜中をすぎても』の番外編。悪魔と人間の交流話です)とかツボです! 究極のファンタジー設定だと思います!! 

同時に収録されている短編もよかったぁ(。┰ω┰。) どれも人の想いを大切に描いている作品です。しみじみとした話が読みたい人が読むとヨシ!!

2012年1月 9日 (月)

夢の雫、黄金の鳥籠 1

51mselzwzl__sl500_aa300_著:篠原千絵 発行;小学館

本体価格:400円

16世紀初頭。タタールの襲撃により奴隷として売られることになったアレクサンドラ。オスマン帝国皇帝の小姓頭イブラヒムに買われ多くのことを学んび、次第にイブラヒムに心惹かれて行くようになる。しかし、イブラヒムは彼の主にアレクサンドラを献上品として差し出すのであった。アレクサンドラは名前をヒュッレムと改め、後宮で暮らし始める。後宮では皇帝の寵愛を賜る為に側室達の権力争いが展開されていた。皇帝からのお召しが増えるヒュッレムが側室に上がるのも近いと噂され始めた頃、彼女を呼び出す手紙が届く。望まぬ後宮の権力争いに巻き込まれて行くヒュッレムがどのようにして後宮の最高位に上り詰めていくかを描く物語。

篠原千絵の描く大河ものですね♪ そしてドロドロの陰謀劇がてんこ盛りになりそうな後宮ものですヽ(´Д`;)ノ 

この作家さんの描く女の陰謀モノって本当に怖い。自分の欲望に忠実過ぎる女って怖いよぉ(T▽T) 今回は息子を皇位につける、その為に熾烈な争いが繰り広げられていくんですが、どんだけ恐ろしい事になるやら(;´▽`A``

これからの展開が気になるお話でした。

2012年1月 8日 (日)

昭和元禄落語心中 1

51kqnystll__sl500_aa300_著:雲田はるこ 発行:講談社

本体価格:525円

出所したばかりの強次が向かったのは寄席であった。刑務所の慰問に来ていた八雲という噺家の「死神」に魅せられた彼は八雲の弟子になるために出所すぐに身なりを整え八雲の元へと向かったのである。弟子を取らぬ主義であった八雲が彼の弟子入りをすぐに許可したのにはわけがあった。兄弟弟子の今は亡き助六に似たものを感じとっていたのである。与太郎という名で噺家の世界へ飛び込んだ強次の成長物語。

表紙が気になって仕方がなかった作品です。レンタルにあったので借りてきました。これが大当り~♪ 

この話は師匠である八雲と既に亡くなっている兄弟弟子の助六との因縁がベースにあるようです。そんなことを知らない与太郎(強次)がとにかく落語を楽しみながら前へ前へと進んでいる感じ。助六の娘の小夏と八雲が過去に囚われて足掻いているのが対照的です。

次巻では八雲と助六の話になるようですが、どんな展開になるのか楽しみ♪ もう発売してるんですが、レンタルに入るのはまだ先なんだろうなぁ。待ち遠しいや!

そうそう、この八雲師匠。私は歌丸師匠をイメージして読んでしまいました(;´▽`A`` だって、ひょろっとした体型やなで肩なところ、あとはあの言葉や喋りが何となく似てるから。女性を演ると艶っぽいってのも、昔テレビで見た歌丸師匠のイメージと被っていたので尚更です。

落語は大昔に1~2度寄席に行ったくらいかなぁ。大神楽見て、切り絵見て、んで、噺家さんの話芸を聞き、昼に入って夜までいたかな。ハマると通うだろうなぁという感じでした。面白いんですよ、生の寄席って♪ 

余談ですが、この2日間で漫画30冊読破!! 久々に漫画浸けになってました(^ω^) あと2~3冊分は漫画が出来そうな気がします。予定としては(;´▽`A``

新年会でした~ん♪

年末はヴァイオリンの忘年会。ボランティアでもあったんですが、予算&時間の予測がつかない為に欠席(T▽T) 年明けは職場の新年会。久々に夜遊び~って感じです(^ω^)

職場の飲み会はママさん方がお子さんを連れてきます♪ いやぁ、観察しまくりです、子供の行動(^Д^) 面白いよなぁ。

元々あまり飲み会では話の輪に入るとこをしたくないタイプなので早々に端っこに座ってました。基本は食べるの専門。人物観察をしながら時々話しに混ざってみたりするくらい。しらけるよなぁと思うので、適当に話をつなぐ感じ? でも、飲み会の席は嫌いじゃないという面倒な奴です(´∀`*)

何気に減らない刺身を食い尽くしたり、鍋をさらってみたり、ぼんやり「眠いなぁ」となってみたり、超マイペース! だって、女の子の日だったりして眠いし怠いし色々面倒だし!! 飲み会来るまで寝てたし(;´▽`A`` 本当なら山のように借りてきた漫画を読みながらゴロゴロしてたいしぃ~~~~!!! と、そんな感じで参加してました(´∀`*)

カラオケの使える個室だったんですが、ラストで残った数人で歌え~!! となりまして、一番最後にエヴァのOPなんぞを歌って帰ってきました。「なんで(残ってる)みんなが歌えるぅ! 怖い~~!!」などという台詞も聞こえたんですが、TVで流れてたり、パチンコで流れてたりするから知名度の高い曲だよね? とか思ってました(´∀`*)

点数は81点。思ったより良い点数が出たわぁ。あんなに音程ゆれてたのに、音程判定90点以上だったよ(^。^;) びっくり!!

半端に歌ったら欲求不満ですぅ(T▽T) エヴァだったら「慟哭へのモノローグ」が歌いたかったですぅ!! 最近はパフィーの「SWEET DROPS」もお気に入り♪

『うさぎドロップ』のアニメと映画OPですね♪ 好きなの。原作♪ ダイキチの嫁になりたいぞぉ!! と思ったりするくらいダイキチがいい男だと思うの。あ、顔じゃなくて心がね(^ω^)

……う、歌い足りないぃ~~!! 歌いに行こうかしらん(;´∀`)

2012年1月 5日 (木)

かゆい、かゆいよぉ~(T▽T)

昨日の夜から足がかゆくて堪りません! かゆくて目が覚めるし、無意識に掻いてて足がすごいことになってるしぃ!!

乾燥が酷い上にポリエステルがダメなんだろうという予想はついていますが、ストッキング履かないと寒くて通勤できませんぬ(。┰ω┰。)

今もテレビを見ながら掻いていたら血がぁ!! ダメだろう、血が出るまでかいちゃぁ!! しかも風呂介助の時に見えるだろう、そこはぁ!!

……はい、我慢が出来ないダメな大人です。

何かいい方法がないかしらんと頭を抱えてしまっています(T▽T) クリーム塗るのが一番いいのかなぁ。

2012年1月 3日 (火)

昨年12月に読んだ本です(2011)

明けましておめでとうございます♪ 

本日、東京に戻って参りました。ひたすら寝正月でしたね。よく寝たぁ! そして寝すぎて腰が痛いぃ(T▽T) あ、明日からの仕事、大丈夫かしらんと些か不安ですわぁ(;´▽`A``

さてと、年明け一発目は昨年の12月に読んだ本のまとめですね。 

小説は全体的に面白かったかなぁ。中でも一番好みなのは「少年少女飛行倶楽部」です(^ω^) これはブログで紹介しましたので詳しくはそちらを♪ 次は「アンティークFUGA」の最終巻。終わり方が上手い!! このように綺麗にまとまると読後感は最高!! 

コミックスはあまり読んでないなぁ。でも一番はやっぱり「銀の匙」でしょう♪ どっしりと地に足がついた話です。馬も出てくるので大満足です♪

今年も頑張って読んでいきたいと思います。飽きるほどに活字だけを追って暮らしたいですけれども……無理だよね(T▽T) 楽しい作品に出会えればいいなぁと願ってます♪

12月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2597ページ
ナイス数:49ナイス

少年少女飛行倶楽部少年少女飛行倶楽部
今年読んだ中では自分に一番ヒットした作品です!! 読み始めでは「加納さん、どうしたぁ?!」と思う感じのノリでびっくりしましたが、いつもながらがっちりとツボを掴む書き方に気が付けば一気読み。面白かったです♪ 文庫仕入れようかしら(^ω^)
読了日:12月28日 著者:加納 朋子
アンティークFUGA 6 永遠なる者たち (YA! フロンティア 27) (YA!フロンティア)アンティークFUGA 6 永遠なる者たち (YA! フロンティア 27) (YA!フロンティア)
パーフェクト! ってな感じの大円団でした(^ω^)文庫落ちしてくれないかしらん。もう少し大人になった風雅も知りたい気分になります。続き……書いてくれないかしらん。もっと読みたいです!!
読了日:12月27日 著者:あんびる やすこ
マボロシの鳥マボロシの鳥
個人的には大変好みな作風です。が、絶対読者を選ぶ作品が多いなぁと感じました。かなり器用な感じが伺えます。自分のスタイルが固定されれば良い書き手さんになれるんじゃないかなぁといった期待がありますね♪「冬の人形」はありがちな話ですが、ああいった作品をしっかり書ける人は好きですね(^ω^)
読了日:12月25日 著者:太田 光
帝一の國 2 (ジャンプコミックス)帝一の國 2 (ジャンプコミックス)
ハイテンション過ぎるギャグに大笑いしました(^Д^) 学校新聞の見出しがぁ!! ヾ(≧∇≦)ノシ バンバン 氷室さんの非校民にもかなり笑った!! 
読了日:12月17日 著者:古屋 兎丸
社長桃井くん (EDGE COMIX)社長桃井くん (EDGE COMIX)
なんて脱力する漫画なんだ(^Д^;) ハッピーエンドなギャグBLですね。何気に桂木さんも幸せになってるしね♪ でも、西田さん意外がやったら面白くなさそうです。
読了日:12月16日 著者:西田 東
銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 2 (少年サンデーコミックス)
近いうちに出るだろうと思っていた解体作業のお話し。魚や鳥はやった事があるけど、四足獣は流石に経験ないや(;´Д`) 実際に食べる行為を真正面から見つめるには良い作品だと思います♪
読了日:12月16日 著者:荒川 弘
左手をつないで左手をつないで
全巻読んで思ったのは、修理屋の金田兄弟に絞って話を作っていった方が面白かったんじゃないだろうかということ。絶対別物で展開した方が個々面白かったと思うだけに残念です。商業作品というよりも同人誌か?と途中から思ってしまいました。
読了日:12月16日 著者:高里 椎奈
それでも君が―ドルチェ・ヴィスタ (講談社ノベルス)それでも君が―ドルチェ・ヴィスタ (講談社ノベルス)
なんて言うのか(;´Д`)面白いかと問われれば、さほどでもないってしか答えられないかなという感想。設定は面白いなぁと思いますが、何か活かせてないんじゃないのかなぁといったお話だった気がします。
読了日:12月16日 著者:高里 椎奈
RDG5  レッドデータガール  学園の一番長い日 (カドカワ銀のさじシリーズ)RDG5 レッドデータガール 学園の一番長い日 (カドカワ銀のさじシリーズ)
後半はハラハラ・ドキドキし通しでした! 泉水子の舞は幻想的で一度見たら忘れられないんだろうなと感じました。この巻で一番ドキドキしたのは、深行の言動です(^ω^) 色々と考えたけど、シンプルな答えに行き着いたって感じですね♪
読了日:12月10日 著者:荻原 規子
英国情報局秘密組織CHERUB(チェラブ)〈Mission2〉クラスA英国情報局秘密組織CHERUB(チェラブ)〈Mission2〉クラスA
ジェームズがそんな危機に!! とハラハラドキドキしてしまいました。それにしても、チェラブの皆は本当に危険な任務と向き合ってますね。子供を危険に曝さないように部員の安全を確保してるって上が政治家に説明してるってありましたが、麻薬関連に関わらせた時点で「危険じゃん!」とツッコミました(゚Д゚)ノ
読了日:12月07日 著者:ロバート マカモア
虚空の王者 フェンネル大陸 偽王伝 (講談社ノベルス)虚空の王者 フェンネル大陸 偽王伝 (講談社ノベルス)
話が動いたといった感じ。でも、イマイチ登場人物の感情が伝わりにくいというか、唐突に説明され過ぎというか(´Д`;) 話の展開自体は好きなんですけど、もう少し心情が伝わる描写が欲しいなぁと思います。特にクドラのが。結構好きなんですよ、クドラ(*´∀`*)
読了日:12月03日 著者:高里 椎奈

2011年12月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »