フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 休みなのにハードワークな感じ(^。^;) | トップページ | ちはやふる(アニメ) »

2011年10月18日 (火)

「飛ぶ教室」(舞台)

キャラメルボックスの芝居です♪ 最近キャラメルさんの舞台しか行ってないなぁ(;´▽`A`` 

エーリッヒ・ケストナー「飛ぶ教室」の舞台化です。ケストナーと言えば「ふたりのロッテ」「エーミールと探偵たち」も有名ですね。前出は劇団四季の舞台で観てますし、原作も持ってます♪

原作で正義先生が贈るクリスマスプレゼントのシーン。マルチンが駅員さんに「だってクリスマスなんですもの」と答えるシーン。この二つのシーンを観て泣きたいが為に行ったと言っても過言ではありません(笑)大好きなんですよ、この場面が。

正義先生(ベク先生)が青年座からの客演の方だったのですが、やっぱり纏う空気が劇団員さんと違ってましたね。静かな芝居を観せる演技でした。クリスマスプレゼントのシーンで、冬の寒い空気を感じるような静かな場面を作り出して語られる台詞がとても素晴らしかったです(*´∀`*) 

団員さんだったら西川さん辺りが演じる役所かな。「容疑者Xの献身」の時のような西川さんの芝居でも観たかったなぁと思いました。

始めから泣くつもりで行ってましたから、当然泣きましたけど、鼻を啜るような感じではなく、涙が自然とツーと伝うような感じの泣き方。そう、しみじみと「いいなぁ」と感じて流れっちゃったといった様子ですね。キャラメルさんだと、結構グスって音が響くくらい泣いちゃう人が出るんですけど、この芝居はそれが少なかったかもしれないです。とはいえ、いつもよりも集客数が少ない劇場なのでそう感じただけかもしれませんが。

ラストにかかった楽曲がDEPAPEPEの曲でした♪ そういや、1~2ヶ月ずっと聴いていた時期があったなぁ。MDなので、最近聴いてない。何だか久しぶりに聴きたい気分になりました。G-CLEFと溝口肇も。

タンゴのシーンでかかった「エル・チョクロ」は……セカンド・パートをヴァイオリンで演奏したばかりなので、思わず楽譜が浮かんでしまって困りました(^。^;)

しみじみと泣きたい方は是非劇場へ足を運んでくださいませ♪ もちろん、原作ファンの方もhappy02

« 休みなのにハードワークな感じ(^。^;) | トップページ | ちはやふる(アニメ) »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/42577302

この記事へのトラックバック一覧です: 「飛ぶ教室」(舞台):

« 休みなのにハードワークな感じ(^。^;) | トップページ | ちはやふる(アニメ) »