フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 流石に読み疲れた(>_<) | トップページ | 覚えられてないねん!! »

2011年9月 7日 (水)

ツインズ~続・世界の終わりという名の雑貨店

ツインズ twins―続・世界の終わりという名の雑貨店 (小学館文庫) Book ツインズ twins―続・世界の終わりという名の雑貨店 (小学館文庫)

著者:嶽本 野ばら
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実際はハードカバー版で読んでます。

一言でいうならば「病んでる、病んでるよぉ~(T_T)」ですね。「GOTH」に通じる内容ですが、こっちの方が救いがないです。あ、文章はこちらが上でした。綺麗な表現に徹してるなぁってな感じが強かったですけどね。

愛する人を亡くした僕が新たに愛する人を得る物語なのですが、その少女が心に闇を抱えて抜け出せないというキャラクター。僕は彼女の元を去ろうと一度は決意するのですが、どうしても彼女を見放すことが出来ず、自分が破滅するのを理解しながら彼女の元へと戻って行くという内容です。

「この世の果て」かよぉ! と突っ込んでしまいました。破滅的に主人公が堕ちていく様子が、まるで三上博史演じる天才ピアニストのようです。というか、どっちかというと少女の方に似てるのかな(^_^;) どちらにせよ「こういうの好きな人っているよね」って展開の話でした。

言葉の使い方や流れは好みです。内容も私は好きな方かな。でも、絶対に一般受けしない作品だと思います。間違いなく!

なんてったって「こんな考え方は理解出来ん!」となるような思考回路の主人公だから(;´д`)トホホ… これでは供依存の関係じゃないか。 

ドラマティックな盛り上げ方ですが、共感を求めるには苦しいです。あまり説得力がないし、主人公が粘着気質でちょっと嫌とか思ったりしました。

これは余程病んだ話が読みたいって思う人以外には勧められないcoldsweats01

余談ですが、読んでる合間にパンを作ってたんですが、仕上がりがもっちもちになりました。キャラの粘着気質がパンに影響を与えたんだろうかcoldsweats02

……そんなわけないか(^_^;)

« 流石に読み疲れた(>_<) | トップページ | 覚えられてないねん!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/41555222

この記事へのトラックバック一覧です: ツインズ~続・世界の終わりという名の雑貨店:

« 流石に読み疲れた(>_<) | トップページ | 覚えられてないねん!! »