フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« ちょいと思ったこと | トップページ | ショックで頭が真っ白な朝 »

2011年9月11日 (日)

“永遠の命”は実現できるか!? .

NHKの地球ドラマチックで放映したものです。趣味事の資料~♪ ということで、時々チェックしてます。生命科学とか昔から好きなのですよ。(^_^;)

内容は「再生医療」「遺伝子研究」「コンピュータ技術」の分野から『永遠に生きる』ことに関する研究の紹介をしています。

「再生医療」代替え臓器の話。思ったよりも進んでました。面白かったのは、臓器の骨格を取り出せるようになったという事実。細胞だけを取り除いて、タンパク質だけを残すことが出来るようになってるんですね。タンパク質に移植者の細胞を定着させれば、拒絶反応の無い臓器が出来ちゃう。実際臨床試験をされ、気管を移植された方が出ていました。主要臓器はまだまだみたいですけどね。

上の技術でガラスケースの中でネズミの肺や心臓を作りだしてる場面があったんですが、これが何とも言えない。細胞が定着したら心臓か鼓動を打ち始めたってのが特に(^_^;) 

あと、臓器の骨格。多分豚のものだと思われる心臓とかが、白い寒天みたいに人の手の上にあるの。豚の臓器の大きさは人間と殆ど同じで、将来人間に移植出来るよう、豚を改良するなんて研究も昔からあるので「この分だと実現しそうだな」と思ってしまいました。

「遺伝子研究」はFOXO(フォクソと言ってました)と言われる遺伝子が長寿に関係しているという話。細胞死(アポトーシス)や代謝にも大きな影響を与えてるもので、司令塔のような役割を持っている遺伝子。これは他の民放番組でも時々出てたと思う(^_^;) まだまだ研究中ですって感じでした。

「コンピュータ技術」はアバターの話。仮想現実に自分を移して生きるってやつです。うん、『甲殻機動隊』を思い出す(^_^;) 制作者が『スタートレック』シリーズのデータを見て研究を始めたような事をにおわせてたのが笑えた。でも、これって本当の意味で生きてるって言えるのかなぁと思いますね。記憶があっても心は無いってなものになるのかなと、個人的には思います。

最終的にコンピュータ上に多くの人間の「記憶」を蓄積させるなんて事を言ってましたが、そうなると人工的な神と人間の世界が出来上がるんですよね。つまり現実の仮想現実世界を作るだけ(←ややこしい)結果は箱庭作りと変わらないんじゃないかと思う(^_^;) 

見ててかなり面白いものでした。興味があればという前提がつきますが。再放送は2011年 9月19日(月)午前 [(日)深夜] 0:00~0:44となっております。ご興味ありましたらご覧くださいませ♪

« ちょいと思ったこと | トップページ | ショックで頭が真っ白な朝 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

うわぁ、これ、すごい面白そうなんですけど♪
読んでるうちに、頭にストーリーができそうです(笑)
妄想家の性か(笑)
「現実」の仮想現実…。それが自由にいじれるものなら
ものすごい楽しいだろうなぁ><

番組、凄く面白かったですよ!! 
見ると絶対ネタにしたくなること請け合い( ̄ー+ ̄)
私はネット連載用のネタとしてチェックしてました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/41624643

この記事へのトラックバック一覧です: “永遠の命”は実現できるか!? .:

« ちょいと思ったこと | トップページ | ショックで頭が真っ白な朝 »