フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

スリーピング☆ブッダ

スリーピング★ブッダ  Book スリーピング★ブッダ

著者:早見 和真
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

脱帽しました(>_<) この感想は読む人によるとは思いますが、私は話しの作り方が巧いなぁとひたすら思いました(≧∇≦)

後継ぎとして育てられていた兄の死により寺を継ぐ事になった広也と、プロ・バンドを目指していたが挫折し安定した就職先として僧侶の世界に飛び込んだ隆春。宗教・修業それらの理想と現実。僧侶として駆け抜ける彼らの青春グラフティ。

と言うには重いんですけどね(^_^;) 正直に言って軽い読み物と思って読み始めると、後頭部殴られまっせってな内容です。イジメだの、自殺騒動だの、天災だの、カルト宗教だのと、結構詰め込んでるんですが、読んで行くと止まらない勢いです。実際後半は一息に読んじゃいました。

ただし、これは賛否両論になるんじゃないかなぁと思います。前半と後半のテンションが違うと感じるかもしれないですが、私は一貫してると感じました。後半を書く為に前半を作ったんじゃないかな。

個人的には岩岡さんが好きですね。作り過ぎてる気もしますが、あのキャラの濃さがハマると気持ちいいいです。後半の枯れた姿は泣きたくなります( ´;ω;`)ブワッ

隆春は何となく予想が付いたんですが、広也がラストでああなるとは。「ええ~!!(`ε´)」ってな感じでブーイング。ってか、そいつとそんな事になるとぉ?! ∑(゚∇゚|||) となった。

良い意味でも悪い意味でも期待を裏切って下さいました。ここまでやって下さると本当に脱帽するなぁ(笑)

2011年6月28日 (火)

涼しい所に非難してみた(>_<)

お仕事お休みでした♪ が! 暑いι(´Д`υ)アセアセ 3度寝して起きたらお昼が近く、暑過ぎて死にそうになってきました。

ということで、涼しい所に避難しに行きました……が、一つ目は職場だったりして(^_^;) 殆ど趣味をしに行ったと言っても間違いないんですけどね。

バースデーケーキ(ダミー)がかなりくたびれてるので、新しいのを作って欲しいって頼まれていたのを作りに行ったのですよ。家にある道具を適当に選んで、利用者さんに気づかれないようにこっそりと職場にお邪魔しました。

談話室を借り切ってテーブルに道具を広げて、ホイップ状の紙粘土を土台にぬたくってデコレーション♪ 蝋燭が薔薇型だったので、パステルを混ぜてグリーンのホイップを作って蔓や葉をつけてみました。美味しそうに出来たと思います(*^.^*) 

写真撮ったけど、事業所がバレるといかんので載せられん(>_<) とちょいと口惜しいですね。

1時間半程作業して移動。タリーズコーヒーでお昼しながらPCでお話し書き。30分は寝てたかもなぁ(笑) 2時間ちょいいて一旦帰宅。本を取りに行ったのだ。その後はマッサージに行ってから図書館の学習室で2時間程お話し書きの続きとネット閲覧。

帰宅が夜の8時半でした。流石に涼しくなってましたね(^_^;) 自宅にいるよりも身体は楽でした。やっぱり図書館が一番いいかもしんない。暑過ぎず寒過ぎず。前回よりも慣れて結構集中できました。今後も夜に避難しに行こうかなと思ってしまいました。

恐らく、昼寝するにも丁度いい場所です(>_<) 学習室でも居眠りしましたが、図書館のソファーも結構気持ちよく眠れます(^_^;) 眠る際はイビキをかく事が無いように祈りましょう!(笑)

2011年6月27日 (月)

汗だらだらでした!

お風呂介助。

朝、コップ一杯しか水を飲んでいなかったのに、かいた汗は多分それ以上です。しかも2回目なのに洗い場に私一人で大丈夫なのかぁ?! という状況になってました。

一人は脱衣と利用者さんの誘導。着替えを見ながら私の洗い場の様子を見るという感じかな? とにかくシャワーヘッドの使い方に慣れていないんで、ひたすら湯を浴びてしまい、びしょ濡れです。慣れたら濡れずに済むのだろうか(>_<) とくらくらとした頭で思ってました。

あと、それぞれの利用者さんの様子も暗記しないといけないですぅ(T_T) と、セコセコと思い出してメモを作ったりしています。

洗い場で「イカン、これでは熱中症になってしまうんでは!」そう感じた頃にようやく皆さんお風呂終了。フラフラになりながら風呂場の掃除をしてたら呼吸が苦しい。……暑い、湿気ってる、動いて熱を発散してる!! となっていたので窓を開けてなんとか持ちこたえました(>_<)

冷蔵庫のポカリが美味かったっすぅ(T_T)

2011年6月26日 (日)

何じゃこりゃぁ~!! 寄生虫だよぉ(T_T)

お腹空いたぁ~。ブリの切り身と水菜をレンジで酒蒸しにしてレモン汁と塩で味を整えてパスタと和えよう♪

と、準備万端、レンジから出したブリを取り出してほぐしていたら、何か伸びたパスタみたいなびよ~んとした物が何本か出て来たのです。

ん? 神経組織かい? と思って尚もほぐすとそれが長い! 神経組織だったら切り身に20㎝以上も残っちゃいないだろう?

……糸状虫だよぉ。寄生虫じゃんかよΣ( ̄ロ ̄lll) 食えない(T_T)

ちなみにこんなのです。Img101写真は生だけど、私はレンジにかけたので本当にパスタみたいだった。 調べたら「ブリ糸状虫」というそうだ。

人へは感染しないみたいですけど、血合い部分にびよびよ~んと派手にくっついてたんで、流石にブリを食べる気が失せました(^_^;) 取り除いて食べる根性無かったですね(;´Д`A ```

とは言ってもパスタは既に湯に入ってます。お魚の出汁が出たスープでパスタを食べたかったのになぁ。泣く泣く市販のレトルトソースを和えて食べました。

でも、本当に形状がパスタに似てたわ。それなのに平気でパスタを食べてる自分って(^_^;)

2011年6月25日 (土)

薄桜鬼~コスプレ

何か面白いことないかなぁと、気まぐれでコスプレの写真を見てみました♪(←気まぐれで見るものなのか?)

で、辿り着いたのが女性コスプレイヤー№1の方のHP。何気なく見てたら何と「薄桜鬼」の土方歳三のコスをしているではありませんか!! これは呼ばれたに違いない(笑)

で、見たらですね……カッコいいんですよ(>_<) た、堪らんっす! 写真も凝ってて、構図や撮影場所も凄いぞ!! 衣裳もしっかりしていて素晴らしい!

http://zeroreirei.web.fc2.com/hakuoukifure-mu.html

こちらが「薄桜鬼」写真集(笑) 京本政樹氏を思い出す目と身体の線ですね。女性なので、薄物を纏うとちょいと肩が薄いんですけど、時々それを凌駕しちゃうカッコいい写真があるんです(≧∇≦)

萌える!! 久々に写真で萌えたっす(*´д`*)ハァハァ

2011年6月24日 (金)

着色してみました

Photo_3かなり前に絵本を書こうかと思って描き起こしたキャラクターのイラスト。このままだと日の目を見ないで可哀相だなぁと思ってスキャニングしてました。主役はドラゴンなんですけど、イラストは結構好きな脇役さんです♪

で、原画の線を消して着色したのが左のイラストです。Photo_4 こんな感じになりました。やっぱり手描きの方が好きだぁ! と思ってしまうのですが、塗り重ねや修正はPCの方が簡単ですね(^_^;) 

2011年6月23日 (木)

図書館にPC持ち込んでみた

自宅が暑くて大変なので図書館に避難。ボランティアの企画書と職場のレクリエーションの仕込みと趣味のお話し書きをしようかなぁと思って。

……企画書を書いてる途中で寝ました(^_^;) 久々の机仕事だからか? 時間帯は夕方で、確かに一番眠いっちゃあ眠い時間だったわ。目を覚ます為に漫画を読んでから仕上げて、レクの仕込みもネット環境を借りて仕上げました。

さて問題です。肝心の趣味はといいますと……お、落ち付かん!! 世界に入れん!! 

ということで、現在このブログ原稿に逃げています(>_<) でも、ブログにはアクセス出来ないのですよ。図書館のセキュリティーに引っかかってしまって駄目だった。帰ってからコピペでアップしないといけないのですね(^_^;)

図書館の学習室は思ったよりも涼しいので過ごし易いですが、左右の仕切りが擦りガラスのようになっていて、両隣りに人がいるとやや落ち付きません。これが世界に入れない原因かもしれん(-"-) 

あ、今お隣が帰ったんで左右が空きました!! これなら集中出来るかもしれない♪ でも、その前にちょいとお茶飲みに部屋を出ます。館内は休憩場所意外飲食禁止なので。

という、実況中継みたいな文章を書いてみました(笑)

光熱費が浮くのでこれはかなりお得なんではないかしらん? 図書館は夜10時まで。学習室も同じ時間までやてます。資料が欲しけりゃ休憩がてら図書館で借りてくればいいしね。この環境に慣れたら恐らく節約が出来るぞ!! マジで環境に慣れようかと現在思案中です。

2011年6月22日 (水)

暑いザンス(>_<)

今、部屋の中が暑いですぅ~(ーー゛) 不快指数メチャ上がってる感じがする。汗だくでPCの前にいる私。これからバイオリンのレッスンをしようかと思ってるのに、この汗だと途中で弦が弛んじゃいそうです。弦が湿気で伸びちゃうのだ(^_^;) 嫌だなぁ、自分の汗で湿気が上がるなんて(笑)

昼間も暑かったですよ。顔面に汗(>_<) しかも職場はデイサービス。お年寄りが多いのでクーラーではなく送風が主なの。送迎車も暑かった。それなのに、あまりお茶を飲んで下さらない方がいて「お願い、飲んで!!」と祈るような気持ちで過ごしてました。……帰宅後、熱出した人もいたので、今、物凄く心配ですよぉ(T_T) 午前中、あまり飲んで下さらなかったんで、付きっきりで飲んで貰ったのに、脱水症状だったら嫌だぁ!! 

実は職場で一番困っているのが、お茶を飲んで下さらない人への対応だったりします。次いで入浴&トイレへ行って下さらない方。まだしっかりと信頼して貰えてないから巧くお願い出来ないしなぁ(^_^;)

とにかく、お茶は飲んでぇ~~~!! と泣き落しに走ったりします。倒れたら大変だもん!! ……誰か良い方法教えてくれないかしらと思っていたりします(^_^;)

2011年6月21日 (火)

借りぐらしのアリエッティ

借りぐらしのアリエッティ [DVD] DVD 借りぐらしのアリエッティ [DVD]

販売元:スタジオジブリ
発売日:2011/06/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジブリにしては説教臭さが薄かったかなぁなどと思いました(^_^;) あ、宮崎監督じゃないからか。久々に普通に楽しめた作品です。

原作が「床下の小人たち」というイギリスの児童文学作品。読もうかなと思ってた矢先に映画化したんで流行に乗るのが嫌でまだ読んでいません!(←天邪鬼!)

映画はアリエッティという小人の少女と人間の少年の触れあいを描いた作品。少年の設定が原作通りなのかは判りませんが、一昔前の少女漫画や耽美小説のような、病で静養の為に郊外へと出ており、しかも親との縁が薄いという設定。何と言うか懐かしいなぁ。しかも日本っぽいなぁ。それでいて好きだよね、女子ってこういう設定ってな感じの少年でしたcoldsweats01

アリエッティって一目惚れしてたよね? って感じの描写が本当に少女漫画っぽかったです。男性にはどうかな、この作品。個人的には力を入れてお勧めする感じではないですが、周囲に迎合するなら必ず観ておけと言っておきましょう(←我ながら酷い言い方だ)

生活感が良く出ているのは制作側の拘りらしいですよ。小人だから水の粒子とかも人間が観てるよりもでかくいだろうからという予測で、ポットから出る液体が粘っこく描かれてるのが自分にはツボでした(笑)と、こんな見方をしてしまう映画。

でも、一つ疑問に思ったのが、同じ小人を扱うのなら、何で「コロボックル」シリーズにしなかったんだろうかということ。日本の作品なのに。

作品の違いとしては、アリエッティの世界では人と共存をせず、小人たちが独自の暮らしを続けて行く。かたやコロボックルの方は人間との共存も考えなければならないと考え、小人たちが人間を選んで自らの内に取り込んでいくという設定。作られたのは同じ島国なんですが、西洋と東洋の思考が異なってるというのがはっきりと解かる仕上がりですね。

ほんわかとした初恋と失恋が感じられるそんな映画です。

2011年6月20日 (月)

「図書館戦争」PV―キャスト:キャラメルボックス

有川さんのブログにて紹介がありました。

キャラメルボックス・サポーターならば、しかも有川ファンならば紹介せねばなるまいて!! ということで、角川の「図書館戦争」文庫化のプロモーション・アドレスを添付happy02

http://www.kadokawa.co.jp/sp/201104-03/

筒井さん~!! 多田さん~!! と、この二人のお芝居にキャ~キャ~と悲鳴を上げておりました(=´Д`=)ゞ 他の役者さんも良いですが、特にこの二人が自分のツボにハマってますheart01

キャラメルの舞台で「図書館戦争」かぁ。面白そうだけど、もし上演するなら「レインツリーの国」を希望! もしくは「キケン」が観たい!! どう料理するかが楽しみな舞台になりそうじゃないですか?(←作品と劇団しらないと同意を頂けないじゃんかよ!)

いや、マジで有川作品をキャラメルボックスでやらんかしら。ノリが合いそうな気がするんだよなぁ(≧∇≦)

2011年6月19日 (日)

豚がいた教室

ブタがいた教室 (通常版) [DVD] DVD ブタがいた教室 (通常版) [DVD]

販売元:NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)
発売日:2009/04/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

わ~い、妻夫木くんだ、妻夫木くんだぁ~♪ と、趣旨とは違うテンションでまず騒がせていただきますheart04

発表されてからずっと観たいと思っていた作品。TVで放映したのでようやく観れました。

映画では子供たちが豚をどうするか真剣に討論していく姿が描かれています。子供達が真剣なんで、恐らく自分で考えた事を本気で語ってるんだろうなと、ドキュメンタリーとして観てました。確認したところ、子供達の台本は真っ白で、全て彼らが自分で考えた意見を語っていたようです。だから映画っぽくないのねと納得。

食育と騒がれる昨今ですが、自分は子供の頃、生きた鯉を目の前で捌くのを見てその臓器を触ったり、ブロイラー(羽をむしっただけのもの)を捌いたり、NHKのドキュメンタリーでドイツの一般家庭で飼育した豚を捌く場面を余さず見せるってな番組を見たりなんて事をしてきました。

そのせいなのか、一番初めの「先生はこのブタを育てて、最後にはみんなで食べようと思います」という初めの方の台詞ですでに半泣き(^_^;) どれだけ葛藤するか解かるんで、瞬時に想像しちゃってるんだなぁ。予想通りかなり胸に来る流れになってました。学校の映画観賞会とかで上映されそうな作品ですね。というか、観せろや!って思います。多分、この内容なら子供の心に響くと思うな。

本当なら命を奪う場面や肉に卸すまでをきちんと見る事が食育なんだろうけれど、実際は大人でさえそんな場面を見る事が難しいですよね。鶏くらいなら、まだ自宅で捻って捌ける人もいるんでしょうけど、豚は難しいだろうなぁ。大きさや皮膚や内臓は人に近いんで警察呼ばれちゃいそうだし(^_^;) 自分の手の中で命が失われるって、一番初めはかなり衝撃的ですよ、実際に経験すると。手近な所ではやっぱり魚で経験するのが一番ですね。

海外の小説で「豚の死なない日」という作品があります。

豚の死なない日 (白水Uブックス―海外小説の誘惑) Book 豚の死なない日 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

著者:ロバート・ニュートン・ペック,金原 瑞人,Robert Newton Peck
販売元:白水社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これも豚の命と向き合う少年が主人公です。貧しい家庭で豚を増やしてお金を得る為に牝豚を育てるんですが、大きくなったその豚は不妊症の為に、最後には豚を肉にする事になります。

父親から少年が引き継いだ愛情と生きる厳しさ、大人になる為の重みというものが、短い中に凝縮された素晴らしい小説。

名作なんだけど、あまり紹介されていないのが残念です。重い内容だから若い人からは嫌がられるのかな(ーー゛)

命を考えるのには良い作品だと思います♪

2011年6月18日 (土)

認知症

たまたまチャンネルを変えたら若年性認知症の事を放映していました。

認知症は慢性もしくは進行性脳疾患が原因で起き、記憶・思考・見当識・理解・計算・学習・言語・判断など、多数の高次脳機能の障害が起きます。これにより、意思の疎通が困難になったり、徘徊や奇声を上げるなどといった行動も出てきます。被害妄想などはポピュラーな症状ですね。

当然ですが、デイサービスには認知症の方々も多いです。同じ事を話したり、何かの切っ掛けで大声を出したり、拘りが強く変化が生じると混乱し不安状態になったりします。

あと「駄目」って否定はNGだったりします。実は、これ、身内程言ってしまう言葉だったりするんですよね。田舎の母がそう。祖母がまだらぼけで認知症が始まっているんですが、祖母が田舎の家に来ている時に、同じことを繰り返して話したり、元々座っているよりも身体を動かしてしまう祖母の行動に「駄目」「やらないで」と苛立った母が言っちゃうんですよ。気持ちは解からんでもないんですけどね。

一応その行動が良くないと知っていたので「どうしたものか」と考えてしまったこともあり、今のうちにヘルパー資格取っておいて業界で仕事をして、何かあったら祖母の元に行こうかなぁと思ったのが介護業界に入った理由の一つだったりします(^_^;)

ボランティアで付き合いのある障害者の方々とある部分通じる症状もあるのですが、なんてったって年齢が違います! 年配の方々は皮膚や骨の状態が脆い!! 転倒が一番怖いのですぅ(T_T) 

骨折して入院したらあっと言う間に廃用性症候群(大雑把に言うと、筋肉が落ち、身体全体が機能低下を起こし、寝たきりになることかな)になっちゃう。しかも、それが酷くなると死んじゃいます。

認知症の方って、歩行に不安も出るので注意が必要なのだ。現在、そんな歩行のサポートに慣れるよう、日々利用者さんに教わってるって感じですね(^_^;)

じわじわ~とですが、経験値を積んで行きたいなぁ。

2011年6月17日 (金)

自己アピールって言われてもぉ!!

職場でのレクリエーション準備にて。

「自己アピール項目5個考えてきてちょ!」(←○○さん、古いっす!!)

何をアピールしろとぉ?! 入ったばかりの頃、やはりレクで自己アピールを連続して行ったので言われた瞬間に頭を抱えたくなりました(^_^;)

動物・舞台・食べ物・絵……あと一つが浮かばない(T_T) と、頭の中で「番町皿屋敷」のように言葉が回っています。皿じゃないですけどね(笑)

漫画については語れないしなぁ。パソコンや仕事ってのも違うだろうし、ボランティアってのも話すもんじゃないだろう。無難な所で本にでもしとくかな。などと、現在思案中です。

2011年6月16日 (木)

落書きなんぞをしてみました(^_^;)

Photo 恥を忍んで公開shock 小さいからまともに見えますが、アップで見ると色々とアラがあります(T_T) 今見ても「ここの色消してねぇ!!」とかなってる(笑)

一応線画は鉛筆で描いたもの。PCに取り込んで色塗り。背景は写真の加工です。

かなり久々に描いたので思うように行かなくて大変でした。一番使い易かったのがフォトショップ。仕事で使ってたからですかね。

え~と、書いてる話しの親子だったりします。文章が進まないのでお絵かきでイメージしてみた。昔は絵を描いてから話しをつけ足したりするのが多かったので中々に新鮮な気分です♪

マジでここまでしっかり漫画絵で描いたのって○年振りです。でも思ったのは「やっぱり手で描く方が好きだなぁ」ってことでした。加工や修正はPC使った方が楽ですけど、色の感じはやっぱりアナログで描いた方がいいかなぁ。

2011年6月15日 (水)

イタズラなkiss

韓流ドラマの方を観終わりました。原作は多田かおる。アニメ化もされた作品です。

TVアニメの方を途中から観て「面白い作品だなぁ」と思い、気づけば最終回まで観ちゃったのが始め。

原作は絵柄が苦手で手が出せずにいます。マーガレット系の絵柄は昔から苦手なのだ。茶木ひろみとか岩館真理子とか槇村さとるとか紡木たくが読めなかったのですよ(^_^;) 今の作家さんは昔より読めるかな。

当時は柿崎普美の「吸血樹」「ブラッディ・マリィ」、柴田昌弘の「赤い牙」、和田慎二の「超少女明日香」は好きでしたが、内容はダークファンタジーだ(^_^;) 後々、この作家さん方は秋田書店、白泉社でお仕事してたわ。

……流れが逸れたcoldsweats02 ドラマでしたね。メインの話しは。

どう違ってるのか興味を持ったので観たのですが、メインキャストの声優さんに違和感が無くて展開も同じ。アニメが実写になったなぁって感想です。キャスト確認したところ、メインの三人はTVアニメ版と声優さんが同じらしい。そりゃ違和感を感じないわなc(>ω<)ゞ

琴子(韓:オ・ハニ)の父親が日本料理店の板長でしたが、これが韓国料理店の店長になってましたね。あと、韓国っぽいなぁと思ったのが、入江君(韓:ペク・スンジョ)の父親の会社がゲーム会社って所。韓国ではゲーム会社ってやっぱり人気&憧れの職場なんだろうなぁ。

この韓国版の入江君役がキム・ヒョンジュンで結構はまり役でした。ドラマ開始時は殆ど琴子(オ・ハニ)に対して笑わない人でしたね。それが時間が経つと自然と笑顔を見せるようになる。しかもその笑顔がイイんだ(≧∇≦)

と、ドラマの内容より役者の変化が観ていて楽しかったかな。

軽いノリで観れるドラマなので気楽に観るにはお勧めです♪ ダイジェストの紹介を見つけたので貼りつけときますhappy02

2011年6月14日 (火)

デスクトップのカスタマイズ

画像加工は好きなのでお遊びで加工してデスクトップの画面に据えていたりします♪

Wp_xlarge_20100820_102_6 こんな画像を下のように加工したりします。カラーを破棄して反転して、 適当に好みの色調に変更してみたりするのです。楽しいです♪

これはバシロサウルスの化石と復元イラストを加工してみたもの。まともな方ですね(^_^;)

ネットで拾った画像を加工したりするのも多いです。著作権の関係でネットに出すのはNGですが、個人で楽しむ分にはOK。

漫画家さんのイラスト(線画)に適当に色を入れてみたり、コラージュしてみたり。目が疲れないような色調に調整するのがいいですね。

先日までは腰乃さんのハガレンを、今日は北別府ニカさんのジャイキリを加工してデスクトップに据えております。見事な腐女子デスクトップ画面だcoldsweats01

23_3 透明標本のデスクトップ画面もあったりします。これはネットで拾ってきただけ。

……何か骨好きって感じの画面になってきた。いや、確かに嫌いではないんですが、非常に危険な感じがしてしまいますねbearing

2011年6月13日 (月)

にゃんこのしっぽ

府中に出来た焼きドーナッツのお店です♪ 名前の通り、にゃんこのしっぽのように真っ直ぐで長いスティック状のドーナッツ。鍵しっぽやお団子しっぽは、多分、難しいから作れないのね(>_<)

材料は国産の小麦粉・豆乳・おから・鶏卵・砂糖など。防腐剤・添加物は不使用。単価は100円~140円。名前はシロ(プレーン味)、クロ(ココア味)、タマ(ゴマ味)、トラ(ココア味で縞しま柄)といったにゃんこっぽいものがついていますcat

今月一日にオープンしたばかりで、未だに全商品が揃っているという姿を見たことがありません。(ノ∀`) アチャー また無いよぉ!! と、食べたい物がまだ食べられない日々が続いております。ココア味ベースのカスターか、プレーン味ベースのきゃめるが気になってます!!

焼き立てがやっぱり一番おいしいです♪ 外側サクサク、中がふんわりしっとりって感じ。見かけも可愛いんですよ。縞しまだったり、足跡の焼き印が押されていたりするのだ。スティック状なので食べ歩きも楽ですsmile

現在、東京が府中と武蔵小金井、神奈川が新杉田と横須賀と元住吉と平塚、千葉が千葉と津田沼、静岡が焼津。まだまだ店舗は少ないようですが、これから増えると思います。美味しいですし、なんてったって可愛いですもん!!

チラシの表にあるにゃんこのイラストがheart04 後ろ姿のイラストの方が好きかな。可愛いっしょ?( ^ω^ )

Ph_64

あおり文がまた好きなんですよ♪

散歩の途中で
かわいいにゃんこに会いました。
白いしっぽ・黒いしっぽ・まだらなしっぽ
             …おいしいしっぽ

やぁ~ん、可愛いhappy02 猫好きには「来いよ!」と言われているような気分になるお店です(≧∇≦)

2011年6月12日 (日)

ヒア・カムズ・ザ・サン

新作です♪ 『水平線の歩き方』とともに≪人の想い≫を扱っている作品です。

これは先日、七行のあらすじを書いてありますが、舞台を観て改めて内容の紹介を。

真也は物に触れるとそこに焼きついた記憶を観る事が出来る。同僚のカオルが彼の力を知り、二十年振りに会う父を調べて欲しいと泣きついてきた。彼女に想いを寄せていた真也はカオルの願いを聞き入れ、彼女の父親である白石と行動を共にする事になる。ハリウッドで映画製作に携わる仕事をしているという白石。二十年前に妻子を捨ててまでアメリカに渡った彼がいきなり日本に戻って来たのには理由があった。白石との交流の中で真也はその理由を読み取り、いつしか白石の為に力を貸したいと思うようになり奔走する。

ってな感じです。カオルがヒロインなのに、私の紹介だと白石に重点を置いてしまうわ(>_<) 好きなんだもん、白石さんがぁ!!

本来は西川さんが白石を演じる予定でしたが、急病の為に岡田さんが演じています。この白石の扮装で登場した岡田さんを見て「『ミス・サイゴン』のエンジニア(市村正親)に似てる!!」と思ってしまいましたcoldsweats01

と、それは置いておいて。この白石が私にとってはツボだった! プライドが高くて、夢を捨て切れずに足掻く男。掴めそうな夢をあきらめなければならない状況に陥りながらも、それを見せず、元家族に夢を追って生きているよう振る舞う。そんな白石が一つだけ望んでいる事があり、それが……(ネタばれなので書けません!!) 

現実の配偶者だったら嫌ですが、創作物の中の人物としては大好きなんですよ、こういうキャラ。

感想としては、男同意の友情? う~ん、友情よりは信頼関係を築く過程を追った話しかな。それと家族の在り方も見せてもらった気がします。二家族が出てくるんですが、それがまた対比として巧く効果的な形で話しに係わってきています。

キャラメルボックスらしく、所々に笑いを散りばめ、それでいて観劇後、心に爽快な風が吹くような気分になる舞台でした。

下のは公演前のPV。音楽もいいですよん♪

2011年6月11日 (土)

水平線の歩き方

この舞台、初演の時に泣いたなぁと思い出しました(^_^;) 今回は3年振りの再演でキャストは基本的には一緒ですね。

ある夜、幸一が酔って帰宅すると、部屋の中に女性がいた。どこかで見た事がある気がした。名乗った名前はアサミ。死んだ母と同じ名前であった。まさかと思って話しをしているうちに、目の前にいる女性は紛れもない母の幽霊である事がわかる。「あんたの今までを教えて」と乞われ、幸一は母が死んでからの事を語り始める――

これ以上書くと思い切りネタばれになりますのでカット! 

死んだ人は海の向こう、水平線の果てにいると、幼い頃の幸一が母の死後、引き取られた叔父に海を見ながら話すシーンがあります。その後に続く叔父の「水平線まではたった4.4キロ。歩いたって一時間半の距離だ。だからすぐそこから姉さんはお前の事を見ているんだ」(ってな感じだったと思う)という台詞が大好きなんです。

それから、甘える事が許されないと思い込んで生きて来た幸一が、一人でいれば大切な者を失った時に辛くなることはないと言って泣くシーン。岡田達也氏の演技にまたまた泣かされそうになりました。

一番最後の、アサミの台詞も大好きです!!! 明るく去っていく姿がまた印象的なシーンになっています♪

ハーフタイムシアターの中ではクロノスシリーズを除いて一番好きな作品なんじゃないかな。岡田さん演じる幸一は私の中では、どストライクなキャラクターなんですよ。やさぐれっぷりとか、子供の頃に出来た心の傷が塞がらないまま生きて来た大人であるって設定が堪りません!! しかも、岡田さん演じ方が巧いんだもん!

上演時間は60分。会社帰りにふらりと立ち寄るのも良いですよ♪

こちらは初演の時のダイジェストPVです♪

2011年6月10日 (金)

賢治島探検記

9日の昼の回です。軽快なお芝居でした♪

舞台装置は殆ど無く、中央に幕が一枚。幕裏に小道具が置いてあるようでした。出演者も全て幕裏からの登場。これには理由があって、コンセプトが「路上でもできる芝居」ということで作られたものだからです。だから野外の広い空間を使った演出というのも出来るようになっています。

井の頭公園の野外劇場で想像してみたのですが、とても大きな動きをする舞台になりそうだなぁと感じました。演出考えてみると結構楽しいです♪

舞台のオープニングでは観客席から役者さんが登場。大学のゼミの一環で「賢治島」を探しにやって来たという設定です。賢治島とは宮沢賢治が創作のフィールドとして思いを馳せた場所といった感じなのかな?

私が観たのは「どんぐりと山猫」「セロ弾きのゴーシュ」「銀河鉄道の夜」を扱ったバージョンでした。コミカルなテンポで楽しい芝居でした♪ 芝居の途中で歌に合わせて観客が劇団員の方が作った楽器を鳴らしたり手拍子したりする観客参加型の舞台。楽しんじゃった者勝ちです!!

賢治島は誰の心にも存在する想像の領域を示しているのではないかなと自分は思います。

例えば、目の前にある鉛筆。
その鉛筆は賢治が使ったかもしれない鉛筆。
その鉛筆を使って賢治が「銀河鉄道の夜」を書いたのかもしれない。
時々鉛筆を使って頭を掻いたりしてたのかも(>_<) 

そんな想像が働くのはそこに賢治島があるからなのです!! と、いったイメージが、舞台を観終わってからも浮かびます。

舞台はとっても楽しい仕上がりでしたが、観客席が半分くらいしか埋まっていなかったの(´;ω;`)ウウ・・・

だからお願い!! 興味のある人! ハーフプライスチケットなら半額で観れます! 是非観に行ってください!! 詳しくは下記URLをご覧くださいm(_ _)m

http://www.caramelbox.com/stage/kenji2011/index.html

観に行って気に入った方がいらっしゃいましたら、キャラメルボックスさんの他のお芝居も観て下さいね。後悔はしないと思います!

ああ~~~~!!!!

行ってきました!! キャラメルボックス3本観劇!! 明日から一本ずつ感想を書く予定です♪ その前に書きたいから書いちゃうことが!!

はい、有川浩さんです。短時間でしたがトークライブで舞台に上がられてお話しをされていました。トークライブでの発表で、新作がキャラメルボックスの舞台を観てから有川さんがノベライズした「ヒア・カムズ・ザ・サン」だと言うではありませんかぁ! 

現在、小説新潮に掲載している同タイトルのコラボ小説は、劇団作家の成井氏が台本を書く前のたった七行のあらすじを読んで、有川さんが書いた小説です。今読んでますが、舞台とは違った作品になっています。それを書き終わってから有川さんは成井氏の物語を舞台で観て、尚且つそれを小説に起こすということをやってるんですね。

うん、確かにそのあらすじって作品書いてみたくなるよね(^_^;) 私も書きたいって思ったもん! ちなみにその七行ってのが下記のものになります。

真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。
彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。
強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。
ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。
カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。
父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。
しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた……

なんだかそそられるんですよね。でもなぁ。舞台観てからだと影響受けちゃってオリジナルな展開が難しくなっちゃうね(^_^;) でも書きたいなぁ。

あ、そうそう。夜の芝居の時は、有川さんが何とほぼ目の前の席にいました♪ 憧れの小説家が目の前で、同じ空間で、同じ芝居を観てるんですよぉ!!!

物凄く声をかけたい気分になりましたが、そこでの有川さんはオフで観劇をしている身です。キャラメルボックスのサポーターとしては、そんなオフ時の方に声をかけらんないっす(T_T)

終演後、有川さんは(恐らく)人目に付かないように、早めに席を立って急いで退場……しようとしてたのに、客席から「有川さん!」との声がぁ~~~!!! 思わず「おい!」と突っ込みたくなった自分です(ーー゛)

でも、人が騒いで取り囲む事もなかったので一安心。流石、マナーが徹底しているお客さんが多い劇団ですね。

いやぁ、好きな作家さんと好きな劇団の芝居が観れて幸せな気分でございました♪

2011年6月 9日 (木)

ジュンク堂

『世界一初恋』というBLアニメを見て思った事があります。

「あの書店って池袋のジュンク堂だよね」

外見と店内の棚配置。それからあのレジカウンター(笑)
あの店、夜見ると綺麗なんですよね♪ 1回しか行ってないですが特徴あるんで覚えてる。というか、当時の仕事柄、大型書店は一発で覚える習慣がついてる(^_^;) 
恐らく乙女ロード絡みで池袋の書店を引っ張ってきたんだろうなぁと邪推してみました。

ちなみに舞台の出版社モデルは角川書店だ! え~と、飯田橋? 近くに大型書店無いわなぁ(笑) 
神保町だったら三省堂がモデルになったんだろうなぁ、などと思ったりしました。

ジュンク堂は棚並びが好きなんですよね。図書館っぽい作りが魅力的です♪
よく使っていたのは新宿のジュンク堂。在庫種類が豊富で見やすい棚。本に慣れてる人間は恐らく好きだろうなぁ、あの配置。

BOOKファーストが近くにあるんですが、あそこの棚配置は本が探し辛くて「ここで本探すのは時間がもったいない!!」となります。
紀伊國屋書店は客の密集っぷりが多い場所に潜り込むのが大変。行くなら本店よりも新宿南店かなぁ。

ジュンク堂は、程良く客が分散して、専門書籍も多く、しかも棚の高さが図書館並み。天井が高めで、通路も広めなので、すれ違う時も楽な感じです。本当に使い勝手がいいわぁ♪

と、気が付いたらジュンク堂 Loveheart04 な文章になってました(^_^;)

2011年6月 8日 (水)

キャラメルボックスDAY!!

明日はお休みでござんすheart 夜更かし夜更かし~♪ と行きたいところですが、明日はサンシャイン劇場に昼過ぎから行きます!! 

キャラメルボックスのお芝居を3本まとめて一日で観ちゃう予定なんですshine ってか、大丈夫かい? 寝ないかい(^_^;)

しかも有川浩さんがトークゲストにいらっしゃるらしい。うぉ! ラッキー♪ 前売り券を買っていないので、ハーフ・プライス・チケットを活用させて頂く予定。

昼~夜の間に待ち時間があるんですが、その間はゆっくり本を読める所に行くか、漫画喫茶で寝るかどちらにしようか悩んでおります(^_^;)  

2011年6月 6日 (月)

夢で激怒してました

はい、昨夜見た夢です(^_^;) ここ最近、激怒した記憶が少ないので、自分でも驚くほどでした。内容は下記のようなもの。

何年か前に高野山で買ったお守り。木彫りのもので、厚さが一センチ×縦4~5㎝×横3センチくらいの蓮の蕾の形をしています。この蓮の蕾のは開ける事ができ、その中に生まれ年の守護仏は彫られているんです。極力持ち歩いている、お気に入りのお守りなんです。

そのお守りを何故か見知らぬ人が「あ、あれね。焼いておいたから」って言うんですよ。私は「焼いた? 焼いたの?! 私が大切にしているものを、何で焼くなんて事をするんだ!」と、心臓がバクバクとし、頭もカッと熱くなってしまうくらいに腹が立って、すごい剣幕で怒鳴ったんです。

そう、その心臓のバクバクした状態で目が覚めました。

……何であんな夢見たんだろうか(^_^;) 良く解りません。でも、ここ最近では稀に見る程の激怒っぷりでした。

人間、怒ると疲れるねと、目が覚めた時にぐったりとなりました。おかげで本日は寝不足で眠いですgawk

2011年6月 5日 (日)

さよなら絶望先生

え~、作品の内容自体はそんなに好きではないのですが、アニメのオープニング曲や画像が好きだったりします(^_^;) え? 今更?(たまたま再放送を見たの!) 

曲は大槻ケンヂだからかってのもありますが、とっても病んだ感じのしかも大正~昭和初期チックな絵の雰囲気がツボです♪ 「血と薔薇」(この雑誌は戦後発行ですけど)って、映像にさらっと流すかよ! とか突っ込む自分もちょっとって思いますが(^_^;)

幾つかここに画像をつけようかなぁとか思ったのですが、あからさまに怪しいので却下coldsweats01 チューブさんにアップされているので興味がありましたら絶望先生OPで検索してみてくださいませ♪ 

……思いっきりアヤシイって思われちゃいそうです(^_^;)

2011年6月 4日 (土)

D.Gray-man

D.Gray-man 22 (ジャンプコミックス) Book D.Gray-man 22 (ジャンプコミックス)

著者:星野 桂
販売元:集英社
発売日:2011/06/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最新刊です。最近、古本屋でまとめ買いして、新刊は初めて定価で購入です(^_^;)

ストーリー紹介はメジャー過ぎる作品と、巻数が長いってんで省く(>_<) 知りたい方は下記アドレスでご確認くださいませ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/D.Gray-man

まずは「カラー、別の人がやってるのぉ?!」というくらいに表紙のカラーの塗り方が違ってびっくりした。最新のSQではどうやら休載されたようですね。大丈夫かぁ!! とか心配しちゃいます(>_<) 

月刊誌に移動してからの展開が自分としては好みなのですが、恐らく週刊誌から読んでる読者さんには展開がワケわからん!! ってなってるんではないかと思われます。ドロドロした組織内の争いが表出化してきたし、人間関係(なのか? ノア達も含めて)もややこしく複雑になってるし。頼むから自己犠牲で終了ってのだけは勘弁して頂きたいです。ゆっくりでいいから連載を最後まで続けて欲しいなぁ。

最新刊はキャラが結構出てたかなという感じでした。って言ってもちょいと顔出しって感じが多いですけど。クロス元帥やラビや料理長(笑) で、シリアスシーンなのに笑っちゃったのがティムキャンピィです。マスコットキャラとしていい仕事してますね♪

今後が楽しみですが、恐らく時間がかかるんだろうなぁ。完結までにどんだけかかるんだろうか。ただ、最終に差し掛かっているという気がします。この流れだと……完結までは急いで単行本10冊弱だろうなぁ。描きこんだらかなり膨れるんじゃないだろうか。

気長に読み続けたいなぁと思っている作品です♪

2011年6月 2日 (木)

tvk とテレ玉が入ってる

今日気がついたんですが、ケーブルTVのデジタル配信にtvkとテレ玉が入るようになってる!! アナログのチャンネル設定面倒だったんですけどぉ(T_T) 

もともと地域配信は限定地区のみなのでデジタル対応の予定はありませんと言っていた某社。どうやら契約者からの意見に折れたらしいです。そりゃそうでしょう。アナログでは配信してたんだもん。見られなくなったらクレーム出すってばぁ!!

デジタル配信は6月1日から。でも、気がついたのはさっきだったりして(^_^;) 

それに伴ってか、放送大学のデジタル配信も始まりました♪ 福祉の講座が多いんで録画しないと(>_<) あとは趣味で考古学とか生命科学とかも見たいぞぉ!! 放送大学は興味ある分野の講座ならかなり楽しいです。

……って、いつ見る気なんだか(笑)

2011年6月 1日 (水)

5月に読んだ本です(2011)

活字系6冊。う~ん、少ない。通勤が自転車だと読む場所が無い。下のは図書館付属の飲食店で読んでるのが多いかなぁcoldsweats01 

活字はパッとしたのが無かったです。強いて言うなら「もう一つのシアター!」か「僕とおじいちゃんと魔法の塔(4)」かな。好きな作家ですし、安心して読めます♪

漫画は「水域」が断トツで良かったです。あとは今更ながら「D.Gray-man」ですかね。BLだと「夢結び恋結び(4)」が好みでした。

5月の読書メーター
読んだ本の数:37冊
読んだページ数:6816ページ

夢結び恋結び 第4巻 (あすかコミックスCL-DX)夢結び恋結び 第4巻 (あすかコミックスCL-DX)
話しとしてはact.17で終了なんだろうなと思いました。やっぱりact.18は浮いちゃってる感じがします。連載の時も思ったんですが、編集さんが調整してあげればよかったのにね(^_^;) 番外編の2本は笑った! 特に1!! やっぱり眠れてなかったのかと正解を貰った感じです(笑)
読了日:05月29日 著者:桜城 やや
恋と刑事 (花音コミックス)恋と刑事 (花音コミックス)
キャリアとノンキャリアの組み合わせで来ましたか(>_<) 前髪下ろして眼鏡をはずすと童顔ってのはツボですね。恋愛慣れしていない雪村の不器用さこれまた堪らなくイイです♪ 西本も可愛いぞ!! そうしてラストのヌケた感じの落とし方がまた西田作品っぽくてステキです(笑)
読了日:05月29日 著者:西田東
坊主DAYS2 お寺とみんなの毎日 (ウィングス・コミックス・デラックス)坊主DAYS2 お寺とみんなの毎日 (ウィングス・コミックス・デラックス)
本屋の平積みで「うぉ! 2巻出てるよ!」と驚いた(^_^;) お坊さんって、亡くなってからも修行するのか!! と目から鱗でした。……覚さん、なにげに絵がお上手!! さては何か描いてたな! などと思ってしまいました(笑)
読了日:05月29日 著者:杜康 潤
僕とおじいちゃんと魔法の塔(4) (角川文庫)僕とおじいちゃんと魔法の塔(4) (角川文庫)
この巻は子供には説教臭く感じるかもしれないですが、大人になって読むと「ああ、そうだよね、そうありたいね」としみじみと感じられる内容でした。この話しでは、この巻で始めて「うぉ! これは食いたい!!」と食べ物描写で悶えました(笑)
読了日:05月29日 著者:香月 日輪
D.Gray-man 18 (ジャンプコミックス)D.Gray-man 18 (ジャンプコミックス)
読了日:05月29日 著者:星野 桂
D.Gray-man 17 (ジャンプコミックス)D.Gray-man 17 (ジャンプコミックス)
読了日:05月29日 著者:星野 桂
D.Gray-man 16 (ジャンプコミックス)D.Gray-man 16 (ジャンプコミックス)
読了日:05月29日 著者:星野 桂
D.Gray-man 15 (ジャンプコミックス)D.Gray-man 15 (ジャンプコミックス)
読了日:05月29日 著者:星野 桂
D.Gray-man 14 (ジャンプコミックス)D.Gray-man 14 (ジャンプコミックス)
読了日:05月29日 著者:星野 桂
D.Gray-man Vol.13 (13) (ジャンプコミックス)D.Gray-man Vol.13 (13) (ジャンプコミックス)
読了日:05月27日 著者:星野 桂
D.Gray-man 12 (ジャンプコミックス)D.Gray-man 12 (ジャンプコミックス)
読了日:05月27日 著者:星野 桂
D.Gray-man 11 (ジャンプコミックス)D.Gray-man 11 (ジャンプコミックス)
読了日:05月27日 著者:星野 桂
D.Gray-man 10 (ジャンプコミックス)D.Gray-man 10 (ジャンプコミックス)
読了日:05月26日 著者:星野 桂
D.Gray-man 9 (ジャンプ・コミックス)D.Gray-man 9 (ジャンプ・コミックス)
読了日:05月26日 著者:星野 桂
D.Gray-man 8 (ジャンプ・コミックス)D.Gray-man 8 (ジャンプ・コミックス)
読了日:05月26日 著者:星野 桂
D.Gray-man 7 (ジャンプ・コミックス)D.Gray-man 7 (ジャンプ・コミックス)
読了日:05月26日 著者:星野 桂
D.Gray-man 6 (ジャンプ・コミックス)D.Gray-man 6 (ジャンプ・コミックス)
読了日:05月26日 著者:星野 桂
D.Gray-man 5 (ジャンプ・コミックス)D.Gray-man 5 (ジャンプ・コミックス)
読了日:05月26日 著者:星野 桂
D.Gray-man 4 (ジャンプ・コミックス)D.Gray-man 4 (ジャンプ・コミックス)
読了日:05月26日 著者:星野 桂
D.Gray-man (3)    ジャンプコミックスD.Gray-man (3) ジャンプコミックス
読了日:05月26日 著者:星野 桂
D.Gray-man Vol.2 (2)D.Gray-man Vol.2 (2)
読了日:05月26日 著者:星野 桂
D.Gray-man (1)    ジャンプコミックスD.Gray-man (1) ジャンプコミックス
始めは連載じゃなくて読み切りっぽい感じですね。週間連載だったんだ(^_^;)
読了日:05月26日 著者:星野 桂
有川浩脚本集 もう一つのシアター! (メディアワークス文庫)有川浩脚本集 もう一つのシアター! (メディアワークス文庫)
注を確認しながら読んでいたのですが、舞台を想像しながら読んで爆笑した部分に尽く「ウケると思っていなかったのに何故かウケた」ってなコメントが(^_^;)そうか、観劇慣れしてないと笑わない所なのか!!(笑)司役の○○さんの細かい演技は想像が容易でした。彼ならそうする!! 舞台見たかったなぁ!!
読了日:05月26日 著者:有川 浩
生死(いきしに)―看取りと臨終の民俗/ゆらぐ伝統的生命観 (叢書・いのちの民俗学)生死(いきしに)―看取りと臨終の民俗/ゆらぐ伝統的生命観 (叢書・いのちの民俗学)
斜め読みになりましたが、なかなか興味深いものでした。ただ、大雑把な感じがしてしまいました。
読了日:05月26日 著者:板橋 春夫
黒い同胞団 (ノーチラス号の冒険 6)黒い同胞団 (ノーチラス号の冒険 6)
ちょっと待ったぁ! そこまで広げましたか(^_^;)上手く話が収まるんでしょうか(笑)
読了日:05月22日 著者:ヴォルフガンク ホールバイン
あっちとこっち (ビーボーイコミックス)あっちとこっち (ビーボーイコミックス)
ちゅーの練習してる中島くんが、めっちゃカワ! カラオケボックスでの行動は「あ~あ、見られてるね。でも頑張っちゃうのね(^_^;)」なんて思って読んでました。店員さんが電話で笑っちゃう気持ち、解かるわぁ~(笑)
読了日:05月15日 著者:腰乃
百年前の私たち――雑書から見る男と女 (講談社現代新書)百年前の私たち――雑書から見る男と女 (講談社現代新書)
軽い感じで予想していたよりも面白かったです。百年前も同じような事を言っている人がいたり、反対に「何だい、そりゃ!」と突っ込みたくなることがあったりして、人の考え方って面白いと思える本でした。
読了日:05月15日 著者:石原 千秋
さんすくみ 2 (フラワーコミックス)さんすくみ 2 (フラワーコミックス)
ひたすら振り回されているように見える孝仁君がやっぱり一番好き♪ もっともっと振り回してアワアワさせちゃってください!! って思います(>_<) M字開脚……開脚はせんかったが、下敷きで仰ぐはやったよなぁと冷静に思いました(^_^;)
読了日:05月12日 著者:絹田 村子
見えない世界の覗き方―文化としての怪異見えない世界の覗き方―文化としての怪異
民俗学に興味があり、ある程度文献に目を通した事がある人には面白いと思います。面白そうと思っただけで手に取った人のは理解し辛い部分のあるかもしれません。個人的には楽しい内容でした♪
読了日:05月07日 著者:
赤髪の白雪姫 5 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 5 (花とゆめCOMICS)
ゼンってば、後ろからぎゅって!! きゃぁ~~♪ とかなった(笑)そして白雪にオドオドするラジにもきゃぁ~~♪ と……(^_^;)
読了日:05月06日 著者:あきづき 空太
放課後のカリスマ 5 (IKKI COMIX)放課後のカリスマ 5 (IKKI COMIX)
嫌いな展開ではないけれども、広げて面倒な事にならないかと心配。今後は買うんではなくレンタルでいいや。黒江の荒れっぷりが気になりますけれどもね。
読了日:05月06日 著者:スエカネ クミコ
月光条例 12 (少年サンデーコミックス)月光条例 12 (少年サンデーコミックス)
「雉も鳴かずば」の話し。久々に読んだという感じです。地元近くの話しだったりしたので、本編よりもその話が懐かしいという感想になっちゃいました。
読了日:05月06日 著者:藤田 和日郎
月光条例 11 (少年サンデーコミックス)月光条例 11 (少年サンデーコミックス)
エンゲキブが激カワなんですがぁ!!(笑)シンドバードじゃなくてもちょっとクラッと来ます。センセイってあの方でしょうか。月光よりセンセイの方が気になります。
読了日:05月06日 著者:藤田 和日郎
水域 愛蔵版 下巻水域 愛蔵版 下巻
ラストの祖母の台詞が痛いです(T_T)過去と今の境目が無くなって行く彼女を、これから家族がどのように見て行くのかが気になります。
読了日:05月06日 著者:漆原 友紀
水域 愛蔵版 上巻水域 愛蔵版 上巻
ダム湖に沈む村とそこに残される少年といった設定が良いです!! こういった展開の話しだとは、単行本の表紙を見た段階では思っていませんでした。
読了日:05月06日 著者:漆原 友紀
少女少年学級団 7 (マーガレットコミックス)少女少年学級団 7 (マーガレットコミックス)
おう! 遥カワイイ!! そして健兄、その反応は遥が好きだろう!! と個人的には突っ込みたい気分です(笑)
読了日:05月02日 著者:藤村 真理
天空聖龍 9―イノセント・ドラゴン (花とゆめCOMICS)天空聖龍 9―イノセント・ドラゴン (花とゆめCOMICS)
完結しましたね。幸福とも不幸とも取れる終わり方です。サニン様には幸せになって欲しかったですが、山口さんだとそうはいかないだろうなぁと思ってました(T_T)せめて未来のカナンとラムカが幸せでありますように。
読了日:05月02日 著者:山口 美由紀

読書メーター

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »