フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« ねむねむねむ~(-。-)~ | トップページ | 大河ドラマ「平清盛」 »

2011年5月26日 (木)

もう一つのシアター!

Book 有川浩脚本集 もう一つのシアター! (メディアワークス文庫)

著者:有川 浩
販売元:アスキーメディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

舞台の脚本です。キャラメル・ボックスの阿部丈二さんが何と客演で司役を演じておりました!! くそぉ~! 舞台見たかったぞぉ! ありありと表情や仕草が浮かんでくるだけに、尚更観れなかったことが口惜しいと思ってしまう脚本集でした。

元々は別の方が脚本を書かれていたようですが、某事情により急遽原作者が刈り出されたようです(^_^;) しかし、初脚本なのにしっかりと書けているぞ? どこまで凄いんじゃい、有川さんってば(笑)

「キャラメルで舞台化しないんかい?」というのは、原作の「シアター!」を読んだ時の感想。物販の様子や司の赤字劇団を黒字にって行動で、一瞬にしてキャラメル・ボックスのロビー風景を思い浮かべたからです。空気感が似てるなぁと(^_^;)

一巻を書いていた当時、有川さんはキャラメル・ボックスを知らなかったようなのですが、阿部丈二さんが司を演じるということで、舞台を観に行き、何と座付き脚本家兼演出家に惚れ込み、何と自作の小説を置いて帰ったそうだ。

そして現在、しっかり劇団にハマりきっております。サポーターにも登録してそう。

と、そんな感じで尚更に作中のシアターフラッグという劇団が、脳内でキャラメル・ボックスと化しておりますcoldsweats01

舞台の役者の動きを想像しながら本を読み、註釈のチェックをしていたんですが、笑ってしまったシーンは何故か「ウケると思っていなかったのにウケた」という註が多かった。そうかぁ、観劇慣れしてないとそうなるのかと思ったのでした。緊迫した舞台でゆる~い台詞が来ると笑っちゃうんですよね。有川さんって、小説でもそんな所があるんですが、本人は笑を取る為に書いてる訳じゃないんだなぁと、そこで思ったりして(;´▽`A``

舞台を観た方でも、そうでない方でも、有川ファンであれば楽しめる一冊だと思います♪

« ねむねむねむ~(-。-)~ | トップページ | 大河ドラマ「平清盛」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

ありがとうございます(^ω^)

トラックバックの手続きをしてみたのですが、初めてなので上手くいくかしらんヽ(´Д`;)ノ 上手く行くといいなぁ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/40146108

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つのシアター!:

» 「有川浩脚本集もう一つのシアター!」有川浩 [粋な提案]
春川巧が主宰を務める小劇団『シアターフラッグ』。300万の負債を抱え解散の危機が迫る劇団に、地方都市の高校から学校公演の依頼が舞い込む。利益が見込めないことを理由に反対する鉄血宰相・春川司を尻目...... [続きを読む]

« ねむねむねむ~(-。-)~ | トップページ | 大河ドラマ「平清盛」 »