フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 気分は「燃え尽きた」って感じ(笑) | トップページ | 編集さんとの打ち合わせ風景 »

2011年4月 6日 (水)

英語で「地獄変」

NHKの「J.ブンガク」で芥川龍之介の『地獄変』をやってたので録画。で、それを先程見たんですが、結構面白かったです♪

作品の一部を抜き出して英訳して紹介。あらすじはマンガで紹介しています。本当はマンガ部分だけ画像編集して出そうかと思ったんですが、デジタルなのでデータが取り出せんかった(^_^;)

で、無謀にも英訳をTV画面を見ながら書き取りなんてことをやっちゃいました! 時間かって自分で見るだけじゃ何か割にあわん! ここにアップしちゃる! ということで、以下からその原文(青空文庫の旧かなより)とTVの英訳です。( )内は基本的にはTVでは省かれてます。出典が違うのかもしれないですが。

Just mention that Stages of Hell screen, and right before mt eyes floats up the whole horrible landscape!

地獄變の屏風と申しますと、私はもうあの恐ろしい畫面の景色が、ありありと眼の前へ浮んで來るやうな氣が致します。

Other painters drew what they thought the Stages of Hell must look like, but Yoshihide’s composition is nothing like theirs. He painted the Ten Kings of Hell and their henchmen into one small corner, and across the rest of the screen swept a raging fire so fierce you thought the flames might melt the Mountain of Swards and Saber – Branched Trees.   

同じ地獄變と申しましても、良秀の描きましたのは、外の繪師のに比べますと、第一圖取りから似て居りません。それは一帖の屏風の片隅へ、小さく十王を始め眷屬たちの姿を描いて、あとは一面に紅蓮大紅蓮《ぐれんだいぐれん》の猛火が、劍山刀樹も爛れるかと思ふ程渦を卷いて居りました。

In other words, all you could see was the searing color of flames, and circling madly within them plumes of inksplattered black smoke and gold dust sparks dancing like pinwheels.

でございますから、(唐めいた冥官たちの衣裳が、點々と黄や藍を綴つて居ります外は、)どこを見ても烈々とした火焔の色で、その中をまるで卍のやうに、墨を飛ばした黒煙と金粉を煽つた火の粉とが、舞ひ狂つて居るのでございます。

“ What ? ” the voice said. “ You mean you wanr me to follow you ― but where ? Where are you leading me ? Down to hell, to the Hell of Scorching Flames, you say ?

「なに、己《おれ》に來いと云ふのだな。――どこへ――どこへ來いと? 奈落へ來い。炎熱地獄へ來い。

… But who are you, you there ― who could you be but ― “ The apprentice, dissolving pigments, felt his hands stop, and stared anxiously into the darkness to catch a glimpse of his master’s face. Not only had his wrinkled skin gone white but large beads of sweat oozed from it, and his snaggle-toothed mouth, dry-lipped, was wide open as if gasping for air.

――誰だ。さう云ふ貴樣は。――貴樣は誰だ――誰だと思つたら」 弟子は思はず繪の具を溶く手をやめて、恐る/\師匠の顏を、覗くやうにして透して見ますと、皺だらけな顏が白くなつた上に大粒(おほつぶ)な汗を滲ませながら、脣の干いた、齒の疎《まばら》な口を喘ぐやうに大きく開けて居ります。(さうしてその口の中で、何か糸でもつけて引張つてゐるかと疑ふ程、目まぐるしく動くものがあると思ひますと、それがあの男の舌だつたと申すではございませんか。切れ切れな語は元より、その舌から出て來るのでございます。)

“ So who have we here ? ― you no less. I figured it must be you. What’s that ? You’ve come to greet me ? You want me to follow you down to hell ! To hell ― hell’s where my daughter is waiting … “

「誰だと思つたら――うん、貴樣だな。己も貴樣だらうと思つてゐた。なに、迎へに來たと? だから來い。奈落へ來い。奈落には――(奈落には)己の娘が待つてゐる。」

His Lordship stared blankly at the carriage, his lips pursed, then forming an eerie grin once in a while. And within the carriage ? No, I simply haven’t the nerve to tell you in Detail what the girl inside looked like.The pallor of her upturned face as she choked on the fumes; the length of her tousled hair as she shock the flames off it; beyond this, in a flash, the beauty of her cherry-blossom brocaded robes as they a went up in flames.

(が、)大殿樣は緊く唇を御噛みになりながら、時々氣味惡く御笑ひになつて、眼を放さずぢつと車の方を御見つめになつていらつしやいます。さうしてその車の中には――あゝ、私はその時、その車にどんな娘の姿を眺めたか、それを詳しく申し上げる勇氣は、到底あらうとも思はれません。あの煙に咽んで仰向けた顏の白さ、焔を掃つてふり亂れた髮の長さ、それから又見る間に火と變つて行く、櫻の唐衣の美しさ、――何と云ふ慘たらしい景色でございましたらう。

A more brutal scene could not be pictured. Especially at the moment when night winds rushed down to sweep away the smoke; the sight of her floating up from the red, gold-flecked flames, biting her gag and writhing as if to snap her chains with hair streaming into her mouth this was enough to make any bold samurai’s flesh creep certainly mine, so real as to make one think one had witnessed the torments of hell.

殊に夜風が一下《ひとおろ》しして、煙が向うへ靡いた時、赤い上に金粉を撒いたやうな、焔の中から浮き上つて、(髮を口に噛みながらさ、※この文は右文章に変更)猿轡を噛みながら、縛《いましめ》の鎖も切れるばかり身悶えをした有樣は、地獄の業苦を目のあたりへ寫し出したかと疑はれて、私始め強力の侍までおのづと身の毛がよだちました。

What a strange sight, though: Yoshihide was standing absolutely stiff before the pillar of flames.Yoshihide, who just a moment ago seemed to be suffering the torments of hell, stood now with arms locked across his chest, oblivious to His Lordship, in a trancelike glow, an ecstatic rapture covering his wrinkled face.

その火の柱を前にして、凝り固まつたやうに立つてゐる良秀は、――何と云ふ不思議な事でございませう。あのさつきまで地獄の責苦に惱んでゐたやうな良秀は、今は云ひやうのない輝きを、さながら恍惚とした法悦の輝きを、皺だらけな滿面に浮べながら、大殿樣の御前も忘れたのか、兩腕をしつかり胸に組んで、佇んでゐるではございませんか。

It was almost as if that man was not watching his own daughter writhing to death. Instead, the stunning colors of flames and the sight of a woman suffering within them seemed to give him joy beyond measure. This is how it all locked to me.

それがどうもあの男の眼の中には、娘の悶え死ぬ有樣が映つてゐないやうなのでございます。唯美しい火焔の色と、その中に苦しむ女人の姿とが、限りなく心を悦ばせる――さう云ふ景色に見えました。

TVを見ながらなので、単語のスペルミスがあるかもしれませんが、それはお許しくださいませcoldsweats01

« 気分は「燃え尽きた」って感じ(笑) | トップページ | 編集さんとの打ち合わせ風景 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/39510832

この記事へのトラックバック一覧です: 英語で「地獄変」:

« 気分は「燃え尽きた」って感じ(笑) | トップページ | 編集さんとの打ち合わせ風景 »