フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

お勤め、いっぱいいっぱい(>_<)

デイサービスに勤め始め、11日。実働6日ですね。少しずつですが利用者さんのお名前とお顔が入って来ました。

実は人の名前と顔を覚える事が大の苦手な自分です。このストレスが胃に来た。3日前の夜中にいきなり吐きました(>_<) やってもうたぁ! 恐らく左上に潰瘍もどきができてる! 急性なので、食事制限と刺激物を抑えればいいかなぁ~と(笑) 良くやるのでもう慣れですね。半月は胃に注意だ! 医者に行っても「いつものね」で済んじゃうからなぁ。ま、職場で吐かなきゃいいし!

しかし、デイサービスって体力勝負ですね。笑顔も忘れちゃいけません。何かコンビニのバイトを思い出します。コンビニは立ってるのがとても辛かったのですが、デイサービスは同じ立ちっぱなしなのに、何故かその疲れって全く無いんですよね。かわりにコンビニには無い気づかれがあります。笑顔は質が違うかな? コンビニは営業スマイルで、デイは笑顔でも営業っぽい感じではなく、心から笑えるような感じでないといけない。む、難しいぜ!

そうそう、「世界に一つだけの花」を使った体操をしているのですが、体操の動きを曲に合わせて言っているので、「花屋の店先に並んだ」の所が「しゃがんで伸びてゆ~らゆら」(ちなみに、音程は全く無視してます。動作の指示なので歌詞に合わせて歌うわけでもないのだ!)となってしまう(^_^;) 今度、ボランティアの方でも使ってみようかなぁと思っています♪

2011年4月28日 (木)

テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ 3 テルマエ・ロマエ 3
販売元:買う市ブックス
買う市ブックスで詳細を確認する

まずは「実写映画化マジですかぃ?!」というのが驚きですね。ルシウスが阿部寛なんだろうか。似合うと言えば物凄く似合いそうですけれどもcoldsweats01

古代ローマの風呂をテーマにここまで描いちゃうヤマザキマリさんは素敵です!! よくここまで日本の風呂文化と結びつけて作品を描かれているなぁと、毎回感心しながら読んでしまう漫画です。

古代ローマの技師ルシウスの浴場造りに賭ける情熱を描いた痛快風呂コメディ漫画。水場に落ちると日本の風呂に関する場所にタイムスリップしてしまうという、とんでもない設定がまた素晴らしい!! 一回読むと結構ハマる作品です。

今回のルシウスは難関を抱えています。特に一番最後の話し。成金趣味からの依頼に頭を抱えるルシウス。しかし、またもやタイムスリップにより日本へ。そして同様の依頼に頭を抱えている吉田氏の前に現れます。互いに知恵を得て二人とも依頼主からの課題を見事クリアするのですが、それがまた笑える展開になっています♪

それにしても、今回のラオコーン象は(^_^;) これからまともに見られないですねhappy02

2011年4月27日 (水)

ANIMAL X

51vhd6he9xl__sl500_aa300__2 文庫化したので絶版前に購入しないとイカン!! と購入に走りました(^_^;) これも「ファンタジウム」の連載が講評だからですね♪ 嬉しい!!

一番初めがASUKAコミックでの発売。以前いた会社には献本されていたので全て会社で借りて読んでいました。自分で買おうかと悩んでいるうちに角川では絶版。後に出た徳間のコミックスは殆ど書店でみることもなかったですね。そんな事が無いように、ファンタジウムは発売したら即買いすることを決めたくらいです(笑)

謎の疫病「X症候群」が蔓延する地球。そこには太古の血を引く血族があった。血族の少年湊と新薬の人体テストにより人工的に血族の雌として体を変えられてしまった裕司。二人が出会い、血族と人類との争いに巻き込まれて行く。といった展開だったりします。

男が妊娠して子供産んじゃうって設定でしたね。しかも、戦国時代の姫のように夫をあてがわれちゃったりする裕司(^_^;) BLってわけではないんですが。やっぱりビジュアルが男性なんで少女漫画なのかどうかも少し悩んでしまいました。今だったら青年誌掲載の内容だなぁと思います。

SFや陰謀物とかが好きな方にはお薦めかな。少女漫画として読むには少し違和感があるかもしれませんね。

2011年4月26日 (火)

スウィーニー・トッド

再演です♪ 宮本亜門演出、市村正親がスウィーニー・トッド(理髪師)、大竹しのぶがラヴェット(肉屋)、武田真治がドバイアス(ちょっと頭の弱い青年)。スティーヴン・ソンドハイムの作詩・作曲。ソンドハイムは「ウエスト・サイド物語」の作詩・作曲で有名です。

イギリスの怪奇小説の殺人鬼スウィー二・トッド(その人物は実在したとも言われています)ミュージカルで剃刀を使い殺人を犯すんです。客のヒゲを剃るのではなく、首を欠き切ったんですね(>_<) で、肉屋が死体をミンチにしてミートパイを作って売るという、何ともブラックなお話しでございます( ̄○ ̄;)!

何と曲には「人肉パイのワルツ」なんてものもあったりします♪ これ、すごく楽しそうなんだよなぁhappy01

http://www.youtube.com/watch?v=DdmwOBgvZlE

主演の市村さんのインタビューと、これは……オープニングの部分かな? 確か。

同メンバーでの舞台を2007年に観ましたが、感想は「大竹しのぶ、スゲぇ!!」でした。あの人はTVや映画より舞台ですね!! 本当に驚いた! 市村さんが霞むんだよ(^_^;)

お金と時間に余裕があればもう一度観たい!! と思う舞台です。

2011年4月25日 (月)

「花とゆめ」に載ってたよ(^_^;)「信長と蘭丸」

先日書きこんだ「信長と蘭丸」(^_^;) 

愛の敦盛 独占させ~て~♪ と歌うバカップルです!

http://www.youtube.com/watch?v=wtzidjbfGfY

今回は動画の見比べ。上が初期。仲良しな主従です。下が蘭丸が信長の携帯に他の小姓の名前が沢山あるのを知った後のもの。蘭丸は信長一筋なのにね。それがもとで仲がこじれた主従……めっちゃ見てる、信長、めっちゃ見てる(笑) 集中しなさいや! どこまで蘭丸気にしてるのよぉ o(*^▽^*)o

あ、ちなみに赤いのが信長様で青いのが蘭丸です♪

「花とゆめ」でインタビューと振り付けが載ってて笑っちゃいました。まぁ、花ゆめは腐女子が多いからね。当然のチョイスでしょう! 

浅井三姉妹(女性ユニット)は特集しないよね。天正遣欧少年使節(美少年ユニット)は可能性がありますけど(笑)

放映が入る地域の方は是非「戦国鍋TV」をご覧ください。何となく歴史が学べる映像が絶賛放映中です(笑)

http://www.tvk-yokohama.com/sengokunabe-tv/index.html

図書館戦争

【送料無料】図書館戦争 【送料無料】図書館戦争

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

待った、待ったよ!! 何年待ったんだ!! ようやく文庫化しました。数年前に文庫化はありません的な事も聞いていたので、尚更嬉しいcrying

《図書館の自由に関する宣言》

一、図書館は資料収集の自由を有する。
二、図書館は資料の提供の自由を有する。
三、図書館は利用者の秘密を守る。
四、図書館はすべての不当な検閲に反対する。

図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくまで自由を守る。

2019年。公序良俗を乱す表現を取り締まる「メディア良化法」が成立して30年。検閲が盛んになった世の中で、図書館が取ったのは本を守る為の部隊の編成だ。その名も図書館隊。主人公である笠原郁は、高校時代に書店で検閲に巻き込まれた。自分の好きな本を守りたい一心で検閲に来た良化隊員に刃向かった郁を救ったのは関東図書館隊の図書正だった。その図書正に憧れ、彼のようになりたいが為に、郁は図書防衛員に志願した。憧れの図書正は郁にとっての「王子様」であり、面接で堂々とそれを語り、見事に図書館防衛員の中でもエリート部隊である図書特殊部隊に配属される。はたして郁は憧れの王子様に出会えるのであろうか……

ラブコメです。ラブコメ! でも、都条例が通ったりした為に、かなりこの「メディア良化法」ってのが笑えない状況になってきましたね。嫌ですね┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

これは既に図書館で借りて読んでいるので、今日読んだのは文庫化のあとがきとアニメDVD販売時に書きおろされた短編のみです。対談はダヴィンチに載ってたのが分載されているようですね。

で、この短編なんですが…… 堂上教官、あんたって人は(^_^;) よくもまあ、あんな状況で耐え続けたもんだ。読んでいて「自制心飛ばしてしまえぇ!!」と、女の子にとっては大迷惑であろう状況をけしかけてやりたくなりました。ま、そんなことしたら即嫌われちゃいますけどねcoldsweats01

自宅で読んで笑い転げました。この作品は外じゃ読めないよぉ!! にやにやして読んじゃうから! 本当に面白いです。ここ10年間で面白い本のベスト5にランクインしますね!

ちなみに他のベスト5は「妖怪アパートシリーズ」「バチスタシリーズ」「守り人・旅人シリーズ」「スカーレット・ウィザード・シリーズ」ですかね。……みんなコミカライズされてるし(笑)

結構気に入っているシーンが多いので、つい抜き読みしてしまいます。実際、図書館で借りた時も珍しく即2度目の読みに入ったくらいに面白かった! しかも平日に3時くらいまで読んでたりしました(^_^;) 恐らく「十二国記」並みにボロボロにするまで読むでしょうね、この本は。

「本好きならこの本を読め!!」と押しつけるべき本です。本好きじゃなくても、恋愛ものが好きな人、政治関係の話しが好きな人、出版流通関係者などには漏れなく読ませちゃいましょう! ってな内容です♪ バリバリ営業したいぞぉ!

2011年4月23日 (土)

発表会が近いザンス(^_^;)

新しい職場に通い始めて通算3日。一番疲れる仕事が掃除機かけとモップかけです~(^_^;)

というのは置いておいて、ヴァイオリンの発表会が近いのです!! 問題ですぅ(T_T) ヘバヘバで練習が結構シンドイです!

初のソロ発表。ピアノ伴奏併せがあるぅ! だ、大丈夫かなぁと、不安だけが山盛りになっています。その他にはアンサンブルメンバーと1曲「エル・チョクロ」、先生の生徒さん達と演奏する曲が2曲「威風堂々」「サンバ・ブラジル」。

タンゴが2曲だねcoldsweats01 タンゴのリズムって乗れないと弾いてて大変です。「サンバ・ブラジル」の方はテンポが早めなので、弾いてるうちにリズムがおかしくなってくるのが辛いです(T_T)

……だったらこんなことやってないで練習しろや!って話なんですけどねcrying

2011年4月22日 (金)

「のぼうの城」上映延期ですって

「戦国映画に水攻め場面、公開延期」ってのが、goo のトピックスにありました。

……これって「のぼうの城」だよね? 見せ場が水攻めだもん。気になってチェックしてみたら、やっぱりそうでした。仕方ないよね、津波の被害が甚大だったんですもの。

上映を楽しみにしていたのに。市村正親さんが出てるから(=´Д`=)ゞ しかも猿こと豊臣秀吉。NHKの大河だと明智光秀演じてます(笑) 同じ時代なのに、キャラクターの差が凄いですね。市村さんだと秀吉の方がハマってそうです。……大河ドラマ、録画してるの見ないと!!

1年延びちゃうんだなぁ、上映。監督と脇役陣が良さそうなので、劇場で観たいんだよなぁ、この映画は。本来だったら今年の秋に上映してるんですよね。残念!!

余談ですが、野村萬斎がのぼう様ってのはイメージに合わないと思う。何で彼なのかしらん∑ヾ( ̄0 ̄;ノ 

2011年4月21日 (木)

戦国パロディー番組

以前にも書いたんですが、面白い番組があります♪ 「戦国鍋TV」です。取り溜めして一気に観てました。やっぱり笑えるhappy02

まとめて観た中で一番腹を抱えて笑ったのが「信長と蘭丸」です。このバカップルめが! あまりの信長様に大笑いです。

http://www.tvk-yokohama.com/sengokunabe-tv/corner/nobuandran/index.html

何か、自分のツボにハマった番組を作ってる方が、番組スタッフにいらっしゃる。構成の酒井建作さんとか脚本のオークラさんとか。いいところ突いた仕事してますよ、本当に♪

で、やはり戦国パロディーもの「殿と一緒」です。これは4コマ漫画原作のアニメ。原作はだらだらと読んでしまうんですが、アニメは思いのほか爆笑出来ました。5分でまとめてるからいいんだろうな。あれ30分だったら、きっとつまらないcoldsweats01

流行ってる「戦国BASARA」もパロディなんだけど、あれは好みじゃないんですよね。2~3回観てつまらなかった(^_^;) 恐らく、史実にあるものをあまり使わない&キャラの必要以上な美系化が駄目なんだろうなぁ。ま、もともとがゲームらしいので、ある程度仕方がないのかもしれないですが。

同じゲームが元のアニメでも「薄桜鬼」は史実入れて辻褄合わせてて、古参の新選組FANでも面白かったんですけどね(^_^;) 

スタッフの勉強度合いが激しく反映されるので、時代物を扱う人は気合い入れて勉強して欲しいなぁ。

そんな中で「戦国鍋TV」は上質のエンターテイメントです♪

2011年4月20日 (水)

本日初出勤!

デイサービス初出勤!! 何が一番大変だったかって言うと……皆さんが帰宅された後のフロアーの掃除機かけです。腰いてぇ!! 暑い!! 半袖なのに滝のような汗でした。

あと、声が涸れますね。騒ぐからsmile テンションは普段よりアゲアゲなので、その分、大声。表情もいつもより派手に明るく。例え不安であっても笑顔でいないといけないですね。そこら辺りは会社のイベントやボランティアとかわりませんな。

でもね、一つ不安な事が。女子にはマメにトイレに行かなきゃいけない事情があるのですよぉ。でもそんな暇ないのね。そうか、あれを使わんといかんのか…… 嫌いなんだよ。などと思いつつも連続使用しないと仕事が出来ません!! でもなぁ……貧血原因がこれで、病院の先生と漢方飲みながら色々相談中なんだが、仕事に支障が出るなら薬で止めないといけないなぁdespair などと思ってます。

こういう時、本当に男ならいいよなぁと思います。でも、男だったら日本にいないぞ、多分。海外で井戸掘ったりしてそうですcoldsweats01

そういや、昨日「ガイアの夜明け」をダラダラ見てたら、聞き覚えのある会社名が聞こえてきました。

ニューメディカテック? ん? 聞いたことあるけど……逆浸透膜使った浄水器作ってて、放射能除去出来るって言ってたよなぁ。12~13年前に会社に売り込みに来たわ。

環境雑誌も出してたんですよね。当時いた会社。んで、どんな泥水でも、海水でも、たとえ放射能汚染されていても飲める水が作れます!と胸張って言ってた。なんか、偶然出来ちゃって、浸透膜を反対に付けると効果が全くなくなるってなことまで聞いたぞ(笑)透析の機械とかで使ってるのとシステムが同じだってことも言ってたと思う。

当時、売り込み先を探していて、偶々その雑誌の創刊号を見て載せて欲しいとやって来たのでした。

しっかりと信念を貫くと実るんだなぁ。自分も頑張ろうって思います!

2011年4月19日 (火)

免許も取ったどぉ!

車の免許取りました♪ 試験関係は全て一発取り! 頑張ったぞ、自分!! 褒めてやる!!

……教習所の先生方も言っていたんですが、本当に4割落ちてるんですね(^_^;) あれだけの試験で2,100円って勿体無いんで、教習所の卒業試験から1週間ばかし勉強時間を設けて一発合格狙いで行きましたよ。ったって、2日に1回くらいしかPCいじってないし、試験対策の本もやっぱ2~3日に1回しか開いてないんですけどね。落ちないで良かったcoldsweats01

実は明日から新しい職場に顔を出すんですが、免許の取得状況でシフトを入れるって話しをしていたので、どうしても一発抜けしたかたんですよね。

試験問題を見た時に、5問目くらいから数問、自信の無い問題が続き「危ないんじゃないか?」となってましたcoldsweats02

何はともあれ無事に免許証が貰えました♪ ……写真写りが宜しくないcrying

2011年4月18日 (月)

ウツボラ

ウツボラ(1) (F×COMICS) Book ウツボラ(1) (F×COMICS)

著者:中村 明日美子
販売元:太田出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この作品、今年読んだ漫画では、今のところ一番出来のいい作品だと思います!! 

溝呂木舜が発表した小説「ウツボラ」。4年振りの連載作品として書かれた小説は、彼のデビュー当時の耽美的な世界観を持った作品である。しかし、その作品には藤乃朱という女性が係わっていた。担当編集者の辻はその事実を知っているのであるが、溝呂木に問い正してはいない。物語は朱の自殺から始まる。朱の携帯に登録されていた人物の一人が溝呂木、そしてもう一人が朱の双子の妹である三木桜。自殺の原因ではないかと溝呂木を疑う二人の刑事、望月と海馬。同居する叔父、溝呂木に想いを寄せるコヨミ…… それぞれの人物の思惑が重層的に描かれ、次第に謎を孕んだ女性、藤乃朱の姿を顕わにして行く。

といった感じですかね? まだ1巻なので、こんな感じの紹介です。漫画にしては珍しく一気読みが出来ない作品です。読み進めるのが勿体無い!! そして、最近では珍しく、なんて耽美な流れと世界を持った作品なんだぁ! 乱歩の大人向け短編小説みたいな感じです♪

設定と人物背景を盛り込み過ぎて「大丈夫か?!」とか思ってしまいます(^_^;) というか、作家さんが仕事受け過ぎて現在休載中なんですよね、この作品は。でも、是非完結させて頂きたいと思います!!

実は、この人の作品、デビュー当時の絵柄を見て「苦手な感じだな」と思っていたのですが、最近の作品に目を通したら結構普通に読めました。それで話題のこの作品を読んだのですが、この絵はいいですね♪ 男性が艶っぽいですよ。メインもいいんですが、案外脇のオッサンがイイ表情してます! 矢田部さんとかの意地悪そうな顔、好きです(笑) 手の表情とかも良いなぁと思いながら読んでます。

現在、手元のあるのはレンタル品。……これは買う!! と決めました。

話を追うのも面白いですが、パラパラと眺めて観るのも良いです。コマ運びも構図も綺麗なんですよ♪ 読んで眺めて楽しい漫画です。しかも耽美ですしhappy01

2011年4月17日 (日)

進撃の巨人

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC) Book 進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)

著者:諫山 創
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ようやく読みました(^_^;) うん、これは面白いです! 納得。

人の天敵である巨人。彼らの出現で、僅かに残った人類は強固な壁を築き、鳥籠の中の鳥のように、自由を失くし暮らしていた。巨人はいつどのようにして生まれ、なぜ人間を捕食することのみに執着しているのか。人々は巨人を倒し、自由に羽ばたく事が出来るようになるのか。巨人と人類との生存競争を描く物語。

……巨人が不気味です。漫画の絵の効果というのも大きいですが、人間のパースを狂わせて描かれた巨人は、異質な感じが物凄くします。巨人と言ってもサイズはまちまち。壁を壊す60メートル級や、4~5メートルの小型のものまで。しかも急所以外の場所を欠いても再生するという、殆ど不死の存在。人間しか襲わない習性のため、人の多い場所を嗅ぎつけ襲ってくる。こ、怖い。むっちゃ怖い!

当然、巨人に襲われる人間はパニックに陥るわけです。このパニック状態も恐ろしい。「ベルセルク」「クレイモア」にも同様なシーンはありますが、この作品が一番その様子がリアルで怖いと思います(T_T)

つかの間の平和に胡坐をかいていた者達に、突き付けられる巨人の恐怖…… しかも、圧倒的な強さで無力さを拭うことも難しい。目の前で仲間が食われて行くのを見て正気も勝機も見失い自害する者も出るという展開です。

どうなっちゃうんだろうか、これ(^_^;) 主人公の力が勝利の鍵ですが、まだ力の謎が解けるには時間がかかりそうです。続きが気になりますね♪

2011年4月16日 (土)

就職決まりましたぁ!

先日、面接に行ったデイサービスに採用決定しました♪ やったぁ! 自分から働きたって思った職場に就職するのって初めてだわ!! こりゃぁ、頑張んないとね!

……え~と、ドレスコードありっすか(^_^;) といっても、服装規定ってやつですけどね。基本は動き易い服装。しかし、摩擦力の強いジーンズはNG。ストレッチパンツやチノパンで、出来れば黒を避ける。シャツは襟付きの物を。上履き必須。しかし動き易いものであること。

胸を張って言う。上履き以外持ってない!! ストレッチパンツは黒しかないし、襟付きのシャツ自体が殆どありませんぜcoldsweats02 買わないといけないぞ、これは!

ということで、ユニクロに買いに走ったっす!チノパン3本と夏用のポロシャツ2枚。別の店で長袖の襟付きシャツ1枚。一万五千円程です。ま、スーツ買うよか安いねcat

こうなると箪笥の中身を確認して処分するものは早々に処分しないといけないなぁcoldsweats01 

2011年4月14日 (木)

ニヤけたクッキー(^_^;)

Ph_49_2

買うのも高いなぁと思い、家の在りもので焼いたクッキー。TVでスプーンと箸で顔をつくるってのを紹介してたんで真似してみたんですが、スプーンのサイズが大きかったので可愛くなかったcoldsweats02

んで、焼き上げたら、変にニヤけた奴が出来あがりました。……ちょっとキモいっすcrying

味はベースは甘さを控えて、ドライの杏を入れ込んでみました。ほろほろと崩れる感じがなかなかヨカです♪

2011年4月13日 (水)

面接に行って参りやしたぁ!

今週は月曜に就職相談で職安、火曜は教習所で卒験、水曜の今日は面接という、緊張の続く日程で進んでおります! 明日は休みで明後日はヘルパー講座の皆と花見です。極端だなぁ(^_^;)

で、今日は面接だったんですが、いきなり適性検査と筆記試験でしたぁ! お~っと、筆記試験は予想外coldsweats02 憲法第25条ってヘルパー講座でやったけどさ、基本的人権の方が先に来て(  )埋めで4問中1問しか判らんかったよ。しかも権利ってとこだからなぁ。情けないのぉ。

結果は後日ですが、働くとしたらもの凄く良い事業所です。というか、自分の考えてる方向性と同じ方向に向いている職場だなぁと。パートでもいいので働きたいぜ! って所ですね。本社の社長さんもヘルパーから事業を立ち上げた方らしいので、現場を知らない人間が運営している会社と違って、現場に無茶を強いない会社のようです。貴重な会社だ!

立地も良いんですよ~♪ 畑と神社が周りにあって、カラオケやってても周囲から文句言われない環境。お風呂介助の設備もありますが、一般入浴も機械を使った入浴も出来るようになってるのだ。そして何より人員配置が驚くほど厚い! 20人くらいを7人で受け持つんです。先々利用者さんも増えるようですが、現在はそんな感じみたいです。そんないい所って聞いたことないぞ?!

……でもさ、面接って2時間近くも普通やるものですっけ? かなり雑談満載で喋ってた気がしますcoldsweats01 1時間くらいで済むと思ってたから、お昼食べてなくて、途中でお腹の蟲を宥めるのに苦労しました!

決まるといいなぁと思ってます♪ 決まったらヴァイオリン弾かされるらしいです。趣味に書いたら「決まったらクリスマス会で弾いてくださいね」って言われました(^_^;) ま、もともとボランティアとかで演奏して回れたらいいなぁってつもりで始めたんで本望ですが(笑)

あ、自動車教習所の卒験、無事通りました♪ あとは免許センターで筆記です。来週の火曜に受けに行くぜ! 面接でも免許取るのが第一目標ですねって言われたしねcoldsweats01

2011年4月12日 (火)

虎と月

 虎と月 虎と月
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

このタイトルにピンと来た人はいますか? 学校の教科書に載っていた作品を思い浮かべてください。……教材として使っていない所もあるかもしれませんけれども(^_^;)

この本は中島敦「山月記」をベースにした児童書なのですよ♪ 「山月記」大好き(^-^)

虎になった李徴の息子が14歳になった時の話し。村で起きた騒動がきっかけで李徴の息子は自分が父のように虎になってしまうかもしれないという思いを抱くようになる。彼は虎になった父に会ったという袁傪を訪ねるが、袁傪は政務で都にはおらず、それではと、父が見かけられたという商於の村まで旅することにした。彼はそこで「虎」に出会うことになる。

「虎」というのが、実は別の意味を持つというのがポイント。原作にある李徴の詠んだ漢詩もかなり重要なものとして使われ、「山月記」好きには身悶えする展開です♪

この本を読んだら、李徴が傲慢な男に見えなくなってしまいました(^_^;) 傲慢で尊大なイメージの李徴が好きなので若干複雑な気分です。

単純な親探しの話しでは終わらず、子供向けの作品なのに国政の病理なんかも描いていて、個人的には大好きな部類の展開です。オチも大好きだ!

この作品を書いた人が「ジョーカー・ゲーム」を書いたとは、一瞬思えませんでした。しかし、根底に流れるものは一緒なので、途中からはとてもこの作者らしいといった印象に変わりました。

書いている人の本質は変えられないてことなんですね(>_<)

2011年4月10日 (日)

デルフィニア戦記

コーラル城の平穏な日々 デルフィニア戦記外伝2 (C・NOVELS Fantasia) Book コーラル城の平穏な日々 デルフィニア戦記外伝2 (C・NOVELS Fantasia)

著者:茅田砂胡
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

紹介データは最新刊のものです。本編は文庫落ちしています。全18巻ありますが、その巻数が全く苦にならない面白さなので、小説が好きな人には「読め!」と命令したくなります(笑)

現在は全巻文庫を買っていますし、外伝に至っては新書で買っています。本当に面白い作品が読みたければこの作品は外せません!!

大雑把に言うと「異界に落ちた迷い人」リィが、その世界の大国デルフィニアの放浪の国王と出会い、彼と共に国を築く話しです。このリィってキャラが、本来の世界では男であるのに、落ちた世界では性別が女になっており、成り行きで王妃となり、最後は自分の世界に戻って行くという展開。詳しい展開・キャラなどは下記アドレスでご確認ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%8B%E3%82%A2%E6%88%A6%E8%A8%98

この作品、一番初めに読んだのは雑誌でした。「ネオファンタジー」だったかなぁ。掲載作品の中では一番面白かったんですが、雑誌は2~3冊で休刊。出版社は倒産ってな状態だったので、思いっきりその作品の行方が解からない状態で、すっかり忘れていました。

再会したのは、この作家さんの別の作品を古本屋で買ってから。あまりにも面白くて、図書館で作家さんの名前を検索して、買った本以外の作品を借りて読んだのでした。それが「デルフィニア戦記」でした。

読んだことが無い筈なのに、キャラには覚えがあるという不思議。

大陸書房で単行本が出ていて、それがネオファンタジーに載っていた作品の焼き直しと知ったのは、結構後になってからでした。新書が文庫化される際に、その当時の作品が「王女グリンダ」というタイトルで発売され、読んだら「あ! これだよ、これ!!」となったのでした。……当時はキャラクターおとなしかったんだねと思いました。

物語の展開など、基本的には真っ当な考え方のキャラが、各種問題を解決して行くといった流れなのですが……行動がぶっ飛んでたり、スケールがデカ過ぎて、かなり大騒動な事件が起きまくるんですよ。それがかなり痛快!!

キャラ立ち過ぎて素晴らしいです(笑)

流石に18巻は辛いというようでしたら、同作家さんの「スカーレット・ウィザード」(全5巻)でしたら手頃な分量だと思います。マキャフィリーの「歌う船」などがお好きでしたらどうぞ♪ 多分「歌う船」と「コブラ」(マンガ)を意識して書いたんではないかなと推測します。GWに1日半かけて一気読みしました。寝ないで読んだというハマりっぷりでしたね(^_^;) 止まらないんですよ。手元に続きがあると。

新刊が出た時に前の巻を手に取って、うっかり読んでしまうなんて事がしょっちゅうな作家さんです。本当にオススメ!!

2011年4月 9日 (土)

新選組血風録

司馬遼太郎の作品ですね♪ 4月からNHKでドラマ化です。何度めのドラマ化でしょうか。白黒時代の栗塚旭さんの土方が良いので、ついつい比べちゃうなぁ。

今回の土方役の永井大さんも見栄えは中々よろしい。しかし、困ったもので、やはり着物に不慣れな感じがするんですよね(^_^;) あとは殺陣。腰が浮いてる、浮いてるぅ~~(T_T) ああ、これが一番辛いなぁ。時代劇で腰が浮いてる殺陣って悲しいぞ。函館の土方がカッコイイので、これが輪をかけて悲しいです! 

まだ1回目なので、がっかり感はまだ(そう、あくまでもまだ)薄いですね。

重く作ろうとしているのは判るんだけど、ちょいと微妙ですかね。テンポは悪め? 土方そこまでフラフラしなくていいってば! 人を斬ったショックが酔ってるような歩き方ってのは演出の指示なの? 役者が自分で演じてるんだったらこれは痛いな! かりにも武士を目指す男があのような状態で歩く事はありえんだろうてcoldsweats01 

あと、途中で入るBGMで「トリック?」という感じが漂うのは何とかして頂きたいです(笑) 沖田は作り過ぎて変なテンションになってるですがね(ーー゛) ステレオタイプの3番煎じ的な所が観ていてキツイです。脇の商人とかがやたら芝居が上手いのでバランスも悪いぞ。

……これでもまだがっかり感が薄いって言いきれるのかなぁ、自分( ̄Д ̄;; 

とにかく一番は演出が下手ということだと思う! う~んと、歴史情報番組の作り方でドラマ演出しちゃった? な感じがしてるんです。パーツで一部分を紹介するならあの作りでいいけど、連ドラだよなぁ、これ。

軍配はまぁ、言うまでもありませんが古い白黒作品の勝ち(笑)

個人的にかなり突っ込み入れたいのが実は馬上の土方だったりします。身体強張ってんじゃん! 馬慣れしてねぇってバレバレ。あれだけ身体が強張ってたら落馬するって(←落馬経験あるから言う!!)視線もめっちゃ手前を見てる感じで映ってたけど、あれ、ありえないから!(やっぱり落馬しやすくなるから) しかもその場面の映像の見栄えが悪いのに、監督が気づかないってのがありえねぇ! 撮り直しだろ、あれは。乗馬シーンのある映画で、馬上の人間があんなに手前に目線を落としてるなんて情けない映像ってあったけ? 観てて思わす「格好悪いんじゃない?」とか思っちゃったよ。

乗馬シーンだけでこんだけ突っ込めました(笑)……やっぱり出来悪いの確定かgawk

2011年4月 8日 (金)

読んでいて思い出した事

昨日のブログで書いていた真面目なルポ。児童虐待のルポだったんですが、それを読んでいて思い出した事がありました。

小学校2~3年の頃に2年ちょっといた家なのですが、裏の鎮守の杜を抜けると、その真向かいに児童養護施設がありました。いつも子供がいっぱいいて賑やかで「何であそこにはいつも子供がいっぱいいるんだろう」と思っていた記憶があります。近所の叔母さんや母が施設なんだよねと話す時の表情は何だか暗かった。

小学校でも施設の子達はクラスで浮いていました。多分、これは、子供社会の中でも偏見があったんじゃないかと思います。施設の子供達のどこか異質な空気を感じ取って、自然と退いていた部分も大きいかな。

今考えてみたら、彼らは各々事情があって親元にはいられない子供達だったから、周囲の大人は同情や奇異の目で、子供達はそんな大人の様子からと施設の子供達から自分と違うものを感じ取って、彼らを避けていたのかもしれません。

人は異質なものに対しては敏感です。そして避ける。目を背ける。自分を納得させる。それは普通じゃないからと。……普通って何だろう?

時代や背景でも、人それぞれでも、普通って認識しているものが違います。だけど、みんな普通っていうのを笠に着て、さも当然のようにしてたりしますよね。

貴方には普通かもしれないけれど、自分にはそれは異常な行為なんだが……などとは言えずに自分の意思を黙殺する事って多いよなぁって思いませんか。

昔から一つだけどうしても許せない事があります。老人や障害を持った人に対して、人が子供、しかも赤ん坊に話すような口調で会話をしようとすること。どういうわけか、そういう場面を見ると煮えくりかえる程に腹が立つ。これ、物心がついた頃からなので、多分、幼い頃にそんな場面に出くわして嫌な思いをしたんだろうなぁと思います。

そのような口調で接する人は見る部分が違うんだと思う。「可哀相」というファクターを持ってしまっている。普通じゃないから可哀相? じゃあ、普通って何よ? 

子供の頃に施設の子供達に持った気持ちは、多分この「可哀相」っていう見方が入っていたんだと思います。でもさ、本当に見ないといけないのはそこじゃないよね。きちんと接する事なんじゃないかなと、今では思います。……子供の頃は恐らくそこから逃げてたんですね。何か思い出して痛いなぁとか感じています(^_^;)

2011年4月 7日 (木)

編集さんとの打ち合わせ風景

会社を辞めてから、飲食店などで編集者と作家と思しき組み合わせの打ち合わせ風景を3度見かけました。1つはライターさん、1つは小説家かゲーム関連の開発の方、で、本日は何と漫画家さんでした。

何で編集と作家の打ち合わせって判ったかと言いますと、大抵が「東京都青少年健全育成条例」の話しをしていて、戦時下統制かよ的な話しをしてらっしゃるから(笑)業界関係者か同人作家くらいじゃないかな、この話題をするのって。即バレますって(^_^;) 

業界関係者が感じている恐怖を、一般の人が理解してないってのも怖いですcoldsweats02 ただのエロ規制の文章になってないんだってば、条例内容は。小学生がミニスカートをはいているものはいかがわしいって、条例違反になったりする可能性があるんだよね。トンデモ条例じゃん! しかもマンガとアニメに限ってって何じゃそりゃ? ですね。BLは都知事の槍玉に挙がってますね(^_^;) 

と、それはまあ、置いといて。

本を読みながら話しに耳を傾けていると、そこそこ大きな出版社で月刊誌と別冊を発行している所らしい。あ、都条例に反対表明してる小さめの出版社って言ってたんで多分○○○○○か○○○○のどちらかと推測中(笑)で、作家さんは妖怪漫画を描いているようで、しかもそれは連載作で2回以上は掲載済。雑誌は本誌はって言い方をしていたので、おそらく別冊に掲載している人っぽいですね。

いやぁ、漫画のネームが机に乗ってて、それが結構厚いので、50ページくらいはあるものなんじゃないかなぁと推測されます。1回目のネームチェックみたいでした♪ 締切は今月末か来月頭だな。んで、発行は来月20~末日にかけての月刊もしくは増刊タイプの漫画雑誌だ。多分catface

なんかね、編集さんが無言でネームを読んでて、作家さんが静かにそれを待ってる風景って、空気重! 読んでる途中に編集さんがぽっと気づいた事を言うと、作家さんがガリガリとメモってるの。

うわぁ~、緊迫しとるよ、見てる方が緊張するよ。(←実際は見てません。真面目なルポの新書を読んでた。でも視野の端には入るの)

スリリングでした♪ 見てる分には気楽で楽しい風景ですが、実際にやられてたら疲れるだろうなぁ。

……しかし、しっかり目で見て耳で聞いた事をブログのネタにしてる自分ってどうよ! とか冷静になって思うのでしたcoldsweats01

2011年4月 6日 (水)

英語で「地獄変」

NHKの「J.ブンガク」で芥川龍之介の『地獄変』をやってたので録画。で、それを先程見たんですが、結構面白かったです♪

作品の一部を抜き出して英訳して紹介。あらすじはマンガで紹介しています。本当はマンガ部分だけ画像編集して出そうかと思ったんですが、デジタルなのでデータが取り出せんかった(^_^;)

で、無謀にも英訳をTV画面を見ながら書き取りなんてことをやっちゃいました! 時間かって自分で見るだけじゃ何か割にあわん! ここにアップしちゃる! ということで、以下からその原文(青空文庫の旧かなより)とTVの英訳です。( )内は基本的にはTVでは省かれてます。出典が違うのかもしれないですが。

Just mention that Stages of Hell screen, and right before mt eyes floats up the whole horrible landscape!

地獄變の屏風と申しますと、私はもうあの恐ろしい畫面の景色が、ありありと眼の前へ浮んで來るやうな氣が致します。

Other painters drew what they thought the Stages of Hell must look like, but Yoshihide’s composition is nothing like theirs. He painted the Ten Kings of Hell and their henchmen into one small corner, and across the rest of the screen swept a raging fire so fierce you thought the flames might melt the Mountain of Swards and Saber – Branched Trees.   

同じ地獄變と申しましても、良秀の描きましたのは、外の繪師のに比べますと、第一圖取りから似て居りません。それは一帖の屏風の片隅へ、小さく十王を始め眷屬たちの姿を描いて、あとは一面に紅蓮大紅蓮《ぐれんだいぐれん》の猛火が、劍山刀樹も爛れるかと思ふ程渦を卷いて居りました。

In other words, all you could see was the searing color of flames, and circling madly within them plumes of inksplattered black smoke and gold dust sparks dancing like pinwheels.

でございますから、(唐めいた冥官たちの衣裳が、點々と黄や藍を綴つて居ります外は、)どこを見ても烈々とした火焔の色で、その中をまるで卍のやうに、墨を飛ばした黒煙と金粉を煽つた火の粉とが、舞ひ狂つて居るのでございます。

“ What ? ” the voice said. “ You mean you wanr me to follow you ― but where ? Where are you leading me ? Down to hell, to the Hell of Scorching Flames, you say ?

「なに、己《おれ》に來いと云ふのだな。――どこへ――どこへ來いと? 奈落へ來い。炎熱地獄へ來い。

… But who are you, you there ― who could you be but ― “ The apprentice, dissolving pigments, felt his hands stop, and stared anxiously into the darkness to catch a glimpse of his master’s face. Not only had his wrinkled skin gone white but large beads of sweat oozed from it, and his snaggle-toothed mouth, dry-lipped, was wide open as if gasping for air.

――誰だ。さう云ふ貴樣は。――貴樣は誰だ――誰だと思つたら」 弟子は思はず繪の具を溶く手をやめて、恐る/\師匠の顏を、覗くやうにして透して見ますと、皺だらけな顏が白くなつた上に大粒(おほつぶ)な汗を滲ませながら、脣の干いた、齒の疎《まばら》な口を喘ぐやうに大きく開けて居ります。(さうしてその口の中で、何か糸でもつけて引張つてゐるかと疑ふ程、目まぐるしく動くものがあると思ひますと、それがあの男の舌だつたと申すではございませんか。切れ切れな語は元より、その舌から出て來るのでございます。)

“ So who have we here ? ― you no less. I figured it must be you. What’s that ? You’ve come to greet me ? You want me to follow you down to hell ! To hell ― hell’s where my daughter is waiting … “

「誰だと思つたら――うん、貴樣だな。己も貴樣だらうと思つてゐた。なに、迎へに來たと? だから來い。奈落へ來い。奈落には――(奈落には)己の娘が待つてゐる。」

His Lordship stared blankly at the carriage, his lips pursed, then forming an eerie grin once in a while. And within the carriage ? No, I simply haven’t the nerve to tell you in Detail what the girl inside looked like.The pallor of her upturned face as she choked on the fumes; the length of her tousled hair as she shock the flames off it; beyond this, in a flash, the beauty of her cherry-blossom brocaded robes as they a went up in flames.

(が、)大殿樣は緊く唇を御噛みになりながら、時々氣味惡く御笑ひになつて、眼を放さずぢつと車の方を御見つめになつていらつしやいます。さうしてその車の中には――あゝ、私はその時、その車にどんな娘の姿を眺めたか、それを詳しく申し上げる勇氣は、到底あらうとも思はれません。あの煙に咽んで仰向けた顏の白さ、焔を掃つてふり亂れた髮の長さ、それから又見る間に火と變つて行く、櫻の唐衣の美しさ、――何と云ふ慘たらしい景色でございましたらう。

A more brutal scene could not be pictured. Especially at the moment when night winds rushed down to sweep away the smoke; the sight of her floating up from the red, gold-flecked flames, biting her gag and writhing as if to snap her chains with hair streaming into her mouth this was enough to make any bold samurai’s flesh creep certainly mine, so real as to make one think one had witnessed the torments of hell.

殊に夜風が一下《ひとおろ》しして、煙が向うへ靡いた時、赤い上に金粉を撒いたやうな、焔の中から浮き上つて、(髮を口に噛みながらさ、※この文は右文章に変更)猿轡を噛みながら、縛《いましめ》の鎖も切れるばかり身悶えをした有樣は、地獄の業苦を目のあたりへ寫し出したかと疑はれて、私始め強力の侍までおのづと身の毛がよだちました。

What a strange sight, though: Yoshihide was standing absolutely stiff before the pillar of flames.Yoshihide, who just a moment ago seemed to be suffering the torments of hell, stood now with arms locked across his chest, oblivious to His Lordship, in a trancelike glow, an ecstatic rapture covering his wrinkled face.

その火の柱を前にして、凝り固まつたやうに立つてゐる良秀は、――何と云ふ不思議な事でございませう。あのさつきまで地獄の責苦に惱んでゐたやうな良秀は、今は云ひやうのない輝きを、さながら恍惚とした法悦の輝きを、皺だらけな滿面に浮べながら、大殿樣の御前も忘れたのか、兩腕をしつかり胸に組んで、佇んでゐるではございませんか。

It was almost as if that man was not watching his own daughter writhing to death. Instead, the stunning colors of flames and the sight of a woman suffering within them seemed to give him joy beyond measure. This is how it all locked to me.

それがどうもあの男の眼の中には、娘の悶え死ぬ有樣が映つてゐないやうなのでございます。唯美しい火焔の色と、その中に苦しむ女人の姿とが、限りなく心を悦ばせる――さう云ふ景色に見えました。

TVを見ながらなので、単語のスペルミスがあるかもしれませんが、それはお許しくださいませcoldsweats01

2011年4月 5日 (火)

気分は「燃え尽きた」って感じ(笑)

昨日、問い合わせていた会社から「履歴書と経歴書」と送って下さいと夕方に連絡がありました。ネットの問い合わせて返答に期待をしていなかったデイサービスの求人です。

経歴書……仕様がいっぱいあるんだけど、どうすりゃいいのさ(T_T)

教習所に行ってから自宅でPCとにらめっこ。近くのポストは最終集荷が17時くらいなので仕上がり目処は16時。履歴書は学校で下書きをしたので写せばいいやぁ。と、割と呑気に始めたらこれが大誤算!! 

経歴書って会社ごとに1枚と思って作り始めたんだけど、よくよく考えたら業種変えするんだから、会社はそんなの何枚も欲しくないよな? じゃ、どうするんだい? しかも年収とか資本金とか入れなきゃいかんのか? そんな事まで必要ないじゃん! となりました(^_^;)

んで、再度調査。上部に会社名と在籍期間をまとめて、下部に表形式で業務機関と内容を整理して表記するものがありました。これじゃん! と、まとめた時点で既に17時でした。

添え書きも作らなきゃいけないので、これもネットで調べてオリジナル文面に修正。バランスを整えてレイアウトの確認。もう、これだけでいっぱいいっぱいじゃん、自分よ( ̄Д ̄;;

念の為に履歴書の年数をネットで確認したら……これが1年ずれている事に気づき、書き直し(T_T) しかも上がる直前で誤字を出してしまい、また1から書きなおし~~~~( ´;ω;`)ブワッ 

結局20時過ぎてしまい本局までチャリで出しに行きました。つ、疲れたっす。正しく「真っ白に燃え尽きた」な気分になりました(;´▽`A`` 

……「あしたのジョー」映画になったからこの台詞解かるよね? ね? 

そうそう、経歴書を書くので、昔いた会社をネットで調べたら、相変わらず訴訟問題起こしてました。スタンス変わってないんだなぁ。多分裁判呼び出しも無視してるんでは? 私が入社した事は某大手少年漫画週刊誌が訴えてた(^_^;) そんな状態なのに某有名映画監督とかから電話が入ってくる不思議な会社でした。

相変わらず離職率高いんだなぁってのも解かりましたしね。私と同期が当時在職6~7年で会社とつきあいの長い方々がこぞって「珍しいねぇ」と仰ってました。どんだけ離職率高んだよって感じですね。

いつの間にか映画館とレストランは子会社化して連結決算になってるし、かなりびっくりでした(笑)やるな○○さん!!(税理士さんです)

演劇雑誌もちょっと出したみたいですね。○○さんの持ち込み企画だろうなぁ(笑)そしてやっぱり続かなかったみたい。

などと書いたらどこかがバレそうですねcoldsweats01

2011年4月 4日 (月)

祭りの自粛って……

震災の影響であちこちお祭りの自粛が決定しているようです。うちの方でもお祭りが自粛となりました。中止にならなかったので安心はしましたが(^_^;) しかしですね、自分は疑問に思うんです。

はて? 祭りの自粛に何か意味があるんかいな?

震災にあった方々の事を考えて自粛としたのでしょうが、祭りの本来の意味ってそうじゃないだろうと思うんです。ちなみに府中にある神社は古神道の流れをくむ神社。基本はアニミズムであり先祖崇拝だと思います。そして荒御霊・和御霊という考えが根底にあるはず。

地震は荒御霊の成したことであり、鎮める為にも祭りは行わなければならない。反対に盛大に行うのが本来なら正しいのではと思うんだが。それに、御霊を祭り慰めるという意味的に考えても、祭事の規模は縮小するものではないんじゃないのか? ……今の日本だとそう考えられなくなっているんだなぁと、ある意味怖い気分になるのは自分だけなんだろうか。

民族の根底にあるのは日本の場合はどちらかと言うとアニミズムが基本です。全てのものには御霊が宿る。御霊の恵みを得て自分達は生きているという考えで、自然物や祖先を敬うようになり、それらを神と称しているということなんですね。全てのものは自分に還る。御霊には良いものも悪いものもある。それならば良いのもを目指して日々過ごして行こうというのが、多分、本来の神道そもそもの考え方。単純に言っちゃうと普通の生活の中で良き神に近付いて行こうってこと。最終的には神=人って考えに至っていく思考ですね。これが恥じない生き方って考えになって自然に息づいていたのが江戸時代の末期までかな。その後は神仏分離令(あ、これ微妙に的がずれてるかも)とか国家神道が軍部と絡んだこともあり、何かおかしな方向に解釈されちゃってます(;-ω-)ノ

思想的には一神教の考え方とは真逆の、多くのものとの共存を根底に据えているものです。この考え方は誇ってもいいと思うんですが、昨今この根底が大きく傾いだ感じになっています。第二次世界大戦後のアメリカの思想流入の影響でしょうね。年代が下がるごとに傾きが大きくなっているのが見えます。一端が公衆道徳。まぁ、言わなくても山程ありますね( ̄Д ̄;;

今回の件でそれが良く見えたのが祭りの自粛かなぁと思ったわけです。この分だと今後は然程誇れる程の民族性を維持出来なくなって行くんじゃないかなぁとちょいと愁いてみました。

黒澤映画の「七人の侍」はその意味では物凄く今の現状を皮肉ったようなラストになってるかもしれないです。村人は犠牲を出した助っ人そっちのけ(いや、村人も犠牲は出してるんだけど)で田植えに精を出しています。明るく歌いながら。小さいながらも歌とは祭りの原型の一種です。侍の「勝ったのは我々ではない。農民たちだ」との台詞に逞しく生きて行く人々を称賛する感じが見受けられます。

そう、本来はこれだけ逞しく生きる事が出来るんですよ。大きな苦難にあっても人は前を向かなければ生きられないんですよ。それをなんでもかんでも自粛自粛ってのは人をあまりにもにコケにしていないか? って感じます。

2011年4月 3日 (日)

好きな事を取りとめなく書いてみた(^_^;)

まずは「読書」です。しかも乱読。小説も資料系も好きです♪ 漫画も大好きで、生活費の中に占める図書購入費が馬鹿にならないという恐ろしさ(T_T) 図書館はフル活用しているので、手元には大抵山積みの本があります。

震災があって、それを理由にして掃除をサボっていたら、枕元の周囲がこの字型の本の山になってました(^_^;) ちょっと酷かったですよ!! 昨日も震度3とかあったのに、枕元にハードカバーの分厚い本が、しかも山の一番上に乗ってんの! 直撃したらヤバい厚さだって!!

図書館の本を紛失するのもまずいので、引っ張り出して目の前に積んでみたんですが…… 脈絡ないのと偏ってるのと両極端! 小説は3冊とも柳広司さんだし、それ以外は夏目房之介さん(漱石の孫です)2冊、残りが5冊で全部資料。中でも自分で笑ったのが月刊「自治研」だ! 

そこで2つめ。これは下手の横好きというヤツですが、小説なんかも書いてます。その為の資料だったりします。

「自治研」は特集内容がそれに使えそうなので借りてみた。というか、パラパラ見たら、対談とか面白そうだったんですよ。いやぁ、マイナー雑誌って、時々面白い内容が載ってるんで要注意です。あなどれん!! 結構前から地域コミュニティーに興味を持っていたので、この雑誌は普通に趣味的にも面白いです♪ バックナンバーを見たら、農業や教育や自治体財政とかの特集してるんで、いくつか借りて読もうかなと思うのだ。新聞読んでない分、興味がある所は楽しめる所で勉強しようかなぁ~なんて思います♪

そうだなぁ、後はダラダラと適当に過ごす事? お茶飲んで本読みながら居眠りとか、音楽聞きながらなんも計画しないでダラダラ歩くか自転車で移動するだけとか? そこで適当に見つけたものを写真に撮ってみたり、美味そうな店があったら入ってみたりするのが好きですね。「無計画」主義?(笑)

ちなみに家で録画したTV番組をBGMに本読んだり、ネットしたりするのも好きです。あ、作年末の録画TV流してたら、1月の頭に震災を予測してたかのように「地震列島・日本の教訓」なんて番組の予告が入ってるじゃんか。4回シリーズのNHKの番組。録画しておけば良かったなぁ。江戸の震災とかやってたんだよぉ! 「震災国日本」過去から何を学ぶかみたいな事を言ってたし。残念。

と、この流れで予測がつくかもしれませんが、ドキュメント番組が大好きだったりします。お陰で「理屈臭い」とか言われたりする(^_^;) いいじゃんかぁ~!  野生動物の生態ものから社会問題まで幅広く見ますよぉ。特に理系の番組はなるべく全部みたい!! てか、幅広過ぎだろ、理系! その中でもロボットものと生命科学ものは絶対逃してくないのですよぉ~~!! 

二速歩行ロボットなんて、子供の頃から開発番組追っかけてるから、アシモが出た時は本当に感動したし(笑)出来る事ならロボットって自作したいです! キットもあるけど遊びだとちょっとお高い(T_T) 

生命科学はこれだけでも幅広いよね。生命倫理なんてことから考えないとやってけない。終末医療や生命工学まで本当に広い! 色々な分野にまたがってたりするんで面白いです♪ 最近はロボット工学とも密接になりつつありますね。筋電義手なんてかなり凄いよ!

 

日本の普及率は低いんだよね。トレーナーがいないのが理由みたいですが。

こんな感じで芋づる式に調べてみたい欲求が出てしまう分野です♪ 何で世間はこんなに無関心なんじゃぁ~! とか思うのです。日本結構やりますよ!!

と、これ以上だと思い切り脱線しそうなので、本日はここまでに!happy02

2011年4月 2日 (土)

3月に読んだ本です(2011)

程々の分量ですね。小説だと「シートン(探偵)動物記」かな? いやぁ、アーネスト・シートン氏を探偵に仕立てるとは! 推理小説が基本読めないんですが、これは面白かったです♪ 次点が「ストーリー・セラー」。理由はsideBが好みじゃなかったから(^_^;)

漫画は「好きになるとこわれる」です。痛い話が好きなので。BLで痛い話しって……coldsweats01 次点が「帝一の國」です。是非、深夜枠で実写化希望(笑)

震災の影響で図書館が休館したり時間短縮だったりしています。夜開いていないのが痛いなぁ。活字中毒者はいきなり本を漁りに行きたくなるんだよぉ! 書店じゃお金かかっちゃうじゃんcrying 平日は夕方から夜の閉館時間まででやってくれないかしらと思うのです。だってその方が利用者が増えないかな? と思う今日この頃です。

読んだ本の数:19冊
読んだページ数:3021ページ

鮫島くんと笹原くん (MARBLE COMICS)鮫島くんと笹原くん (MARBLE COMICS)
ヘタレの鮫島君が逆切れする所が堪らんっす!! そして意地悪な笹原君。いやぁ~ん♪ ツボ、ツボっすよぉ! 精神童貞力継続中なのも笑ったっす。久々の高島さんが可愛いです。店長はどうなってるんですかい? 気になりますね(笑)
読了日:03月29日 著者:腰乃

SHORT TWIST佐々木淳子傑作選 (バーズコミックス スペシャル)SHORT TWIST佐々木淳子傑作選 (バーズコミックス スペシャル)
いやぁ、懐かしい!! かなり好きな作品です♪ 大昔に雑誌で読んだだけだったんですが、印象が強くて強くて。読んでるうちにラストまで思い出しました。潜在的な部分で物凄く影響を受けた作品だなぁと読んでいて思いました。
読了日:03月28日 著者:佐々木淳子

Vassalord.(5) (アヴァルスコミックス)Vassalord.(5) (アヴァルスコミックス)
チェリーがモデルですって?! いや、それはそれでオシシイっす! マスター大好きな自分は、オリジナルは当然ですが、クローンの皆さまにもウハウハな気分です。特にレイモンド~♪ ああ、何て受け的ビジュアルなのよぉ~♪ 
読了日:03月28日 著者:黒乃奈々絵

もやしもん(10) (イブニングKC)もやしもん(10) (イブニングKC)
白黒ゴスの対面結果は両想いでしたか(笑)川浜兄弟の並んだ絵面に笑ってしまいました。カルロスにもびっくりしたが、ホセは輪をかけてびっくりした(^_^;)
読了日:03月26日 著者:石川 雅之

バクマン。 12 (ジャンプコミックス)バクマン。 12 (ジャンプコミックス)
スポ根度合いがまた上がったのでは? という感じです(^_^;) 岩瀬嬢の涙が結構印象的でした。ああ! 良く見たら表紙って平丸氏じゃないですか(笑)
読了日:03月26日 著者:小畑 健

漫画が語る明治 (講談社学術文庫)漫画が語る明治 (講談社学術文庫)
読了日:03月26日 著者:清水 勲

日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)
後半が天皇一色のような感じでした。何でかなと思っていたら、書かれた方が明治天皇の玄孫さんでした(^_^;) 天皇って存在がちょっと不思議だなぁと思っていたので、少し外観が見えて面白かったです。
読了日:03月25日 著者:竹田 恒泰

おおきく振りかぶって(16) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって(16) (アフタヌーンKC)
千代ちゃん、やっぱりそうでしたか♪ 三橋くんはもしかしたら……? などと勘繰ってみました。下ネタトークを見て健全な男子だねぇと思ってしまいました(笑)しかし、男子って妄想使うのか? とか考えちゃった自分って(^_^;)
読了日:03月23日 著者:ひぐち アサ

宇宙兄弟(13) (モーニングKC)宇宙兄弟(13) (モーニングKC)
ええっ?! 実写映画化ですと? しかも小栗君がムッタ。大泉さんかと思ってたのにな(笑)ヤンじいの「心のノート」って台詞が大好きだぁ! 今回もうっかり泣きそうになるシーンが多かったです。
読了日:03月23日 著者:小山 宙哉

江戸のまんが (講談社学術文庫)江戸のまんが (講談社学術文庫)
北斎や鳥羽絵の比重がやや高め? 個人的には国芳と一応彼の弟子の暁斎についてもう少し読みたかったです。無残絵とポンチ絵だと……ジャンルと時代がちょいと別か(^_^;)これも資料があったら読みたいです。
読了日:03月21日 著者:清水 勲

好きになるとこわれる  (バンブーコミックス 麗人セレクション)好きになるとこわれる  (バンブーコミックス 麗人セレクション)
落とし方がさすが西田さん!! こうじゃないと! というのが多かった♪ この中では「好きになるとこわれる」が好きです。タイトルも好き。萌えたのは有田社長とラガーマン高橋の泣き顔です。単純の好みだったのが警備員の辻田(^_^;)だったりして。
読了日:03月21日 著者:西田 東

シートン(探偵)動物記シートン(探偵)動物記
この組み合わせは面白かったです。シルバースポットの元作品は「からすの大将 銀の星」ってタイトルで覚えてました。棚に常備している「シートン動物記」久々に読もうかなと思います。♪バナー、君は猫じゃない 君は森の灰色リ~ス~♪ という歌を思い出したのって私だけ?(^_^;)
読了日:03月20日 著者:柳 広司

QUO VADIS~クオ・ヴァディス 8 (バーズコミックス)QUO VADIS~クオ・ヴァディス 8 (バーズコミックス)
教授がほにゃららだったとは予想外(^_^;)イエスとオーディンのもっと詳しい過去が早く知りたいです!
読了日:03月17日 著者:新谷 かおる

ストーリー・セラーストーリー・セラー
「読んだら泣きのツボ直撃」でした(^_^;) 特にsideAに関しては電車でマジ泣きしそうになった。絶筆文とその対文の2か所で。本好きの視点が遺憾なく発揮されていて、しかも書く側と読む側の視点がまた堪らなくツボ! 誤植も経験者だから言うが、マジで生き残る! 見つけて頭を抱えるのは本が出来あがった当日だったりするから嫌です(^_^;)
読了日:03月15日 著者:有川 浩

マンガは哲学する (岩波現代文庫)マンガは哲学する (岩波現代文庫)
佐々木淳子さんが載っていたので読みました。掲載作品の内容で知らないものもありましたが、解り易く面白かったです。『半神』『自虐の詩』は各所で名作と言われているのですが、まだ未読。今回この本を読んで「読まないと!!」という気持ちになりました。
読了日:03月12日 著者:永井 均

「こころ」は遺伝子でどこまで決まるのか―パーソナルゲノム時代の脳科学 (NHK出版新書)「こころ」は遺伝子でどこまで決まるのか―パーソナルゲノム時代の脳科学 (NHK出版新書)
ゲノム研究が思ったよりも進んでいるんだなぁといった感じがしました。遺伝子治療など良い方面への見かたもあるんですが、ノックアウトマウスのように、人に対しても書き変えが容易に出来るようになったら、悪用されるという事が起きるんじゃないかなぁと個人的には思うんですが……(^_^;)
読了日:03月09日 著者:宮川 剛

宝塚というユートピア (岩波新書)宝塚というユートピア (岩波新書)
宝塚の本でいきなり「やおい」とか出てきて笑いました。不意打ち過ぎ!!
読了日:03月09日 著者:川崎 賢子

帝一の國 1 (ジャンプコミックス)帝一の國 1 (ジャンプコミックス)
派閥闘争萌えって(^_^;) いや、わかる気がします。読んでいて、とても楽しんで描いてるんだなという感じがしました。これをTVでやるなら、アニメではなく実写で見てみたいです(笑)
読了日:03月05日 著者:古屋 兎丸

フリーター、家を買う。フリーター、家を買う。
前半がキツイ! しかし、1/3を過ぎた辺りから「あ、有川さんだ」といった形になってきました。この展開でラブコメは無いかもしれないなぁ…… と思っていたら、まさかまさかの流れになりました。これかい!今回のキーは(笑)これでようやく録画していたドラマを見る事が出来ます♪
読了日:03月02日 著者:有川 浩

読書メーター

2011年4月 1日 (金)

県庁おもてなし課

県庁おもてなし課 Book 県庁おもてなし課

著者:有川 浩
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先日読みかけですと書いていた有川さんの新刊です。

高知県に発足した「おもてなし課」のグダグダ役人体質の皆さんが、地元出身作家、吉門に県の観光特使を依頼したことを切っ掛けに、段々と民間の知識を吸収し、高知県の観光発展に貢献していくお話し。それをベースに2組の恋愛模様が織り込まれている、何と言うか、とっても有川さんらしい作品です。

主役の掛水(役所職員)の初期の行動が「あ、役所っぽいよ、本当に!」という感じで苦笑いしちゃいました。そうしたら、何と、その遣り取りが実際に有川さんが経験したことでした。わぁ~、マジですか、連絡後放置って(^_^;) 

読んでいて思い出した事があります。実は昔、編集プロダクションでバイトしていた時に、そこが市役所のパンフ制作を依頼されてました。と言っても、最終的には役所がOK出さないと刷れないんですよね。そのデザインがダサいのなんのって! 主張はあやふやだし、見出しはパッとしないし、フルカラーで印刷する程の中身も無い。でも、時間とお金だけは無駄にかけてて、編プロの人も「役所だからね。もう言いなりになっておかないと進まないから」ってな感じでした。しかもほぼ最終の段階で色々言って来るとか、一般進行じゃありえない事も言われたり(^_^;) その段階じゃぁ、余計金が掛るちゅうに! ま、でも支払いだけは他の外注よりも金額が良かったみたいです。流石お役所!(笑)

ラスト付近の吉門氏の突っ込みは、多分みんなが言いたい事だけど口に出さないのかもしれませんね。

恋愛話は主役の掛水とおもてなし課にスカウトされた多紀、吉門と彼の義理で血の繋がりが無い妹の佐和。そこに家族問題として吉門・清遠和政・佐和が絡んできて、その家族問題の原因が、実は清遠の企画を役所が認めず、尚且つ閑職に追いやった事という事だったりするんです(^_^;)

そんな話の展開もいいんですが、キャラクターの行動が魅力ですね。人をぐいぐい引っ張る清遠和政に、温和に見えてしっかりと人を育てる下元。純粋なんだろうなと思われる掛水に、ちょっとひねくれてる吉門にそれを支える担当編集。男性陣カッコイイだろうが! と思わせる布陣なんですよ(笑)これは女性が読んでると楽しい!

男性だったら、主軸の展開の方が面白いのかなぁと感じます。

メインの視点を何処に据えるかで楽しみ方が違う作品だと思います♪

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »