フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 宝塚バカ一代 | トップページ | あめのちはれ »

2011年1月28日 (金)

李香蘭

「ジョーカー・ゲーム」を読み始めたら思い出してついついCD引っ張り出しちゃいました。劇団四季オリジナル・ミュージカル『李香蘭』です。スパイってのと日本軍ってのと時代が近いって繋がり。

オープニングを初めて観て「音楽と旗だけで当時の日本の不穏な感じを出していて、あっと言う間に時代を遡る感覚になる!」と体が震える程にオープニングで引き込まれてしまい、夜の部のチケットを買ってその日に2回観たという曰くつきの作品です(^_^;) 残念ながらその動画は見つからなかったので、一番初めの歌を埋め込み。

自分が観たものは全て山崎佳美さんだったと思う。5~6回だったかなぁ、行ったのは。保坂さん、観たかったんですけどね(^_^;) 男装の麗人として有名な川島芳子の語りで始まるお話しなんですが、主人公は李香蘭こと山口淑子。時代背景を語り山口淑子の半生をドラマティックに描いたミュージカルです。軍歌や夜来香など当時良く歌われたものも使ってます。初演・再演時辺りは全て日本語だったと思いますが、今の演出だと中国語で歌ったりしてるのもありますね。李香蘭の歌った曲や松花江上(9月18日)。

松花江上は抗日歌なのでやっぱり中国で歌うべきでしょう。満州事変に対して歌った歌。日本語で歌われても嬉しくはないと思うので。自分が持ってるCDは日本語収録。観た当時も確か日本語だったなぁ。BS放映した時に「中国語に直ってる!!」と思った記憶があります。現在では下の埋め込みのよう中国語での演出。

;

最新はどのような演出になってるのか気になります。でも、四季って段々と役者の個性が消えてって、足を運ぶ度に悲しくなってしまい観に行かなくなったって経緯があるので、劇場まで行くかどうかって物凄く悩む(´;ω;`)ウウ・・・

余談ですが、CDの配役チェックしたらアンサンブルで岡幸二郎さんと今拓哉さんの名前が! 「レ・ミゼラブル」出世組じゃん( ^ω^ ) CDの溥儀は岡さんの声?などと思いながら聞いてました。

芥川英司さんは名前変えて鈴木綜馬として頑張ってるしね。昨日聞いてた「エリザベート(山口版)で山口祐一郎さんに頑張って食いついてるなぁって感じでした。祐一郎さん、声半端無いからなぁ。美声でデカイって罪だ(;´▽`A`` 二人とも四季ではオペラ座の怪人役やってたし、何だか笑えました。これで市村正親さんと今井清隆さんと沢木順さんがいたらもっと笑えたなぁ。元怪人5人衆(w)

« 宝塚バカ一代 | トップページ | あめのちはれ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/38647892

この記事へのトラックバック一覧です: 李香蘭:

« 宝塚バカ一代 | トップページ | あめのちはれ »