フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

オペラ座の怪人

ミュージカル語るんだったらコレが無いといけないよね。ということで、今回は聴き比べはいかがでしょうか? 

「オペラ座の怪人」です♪ いやあ、これは沢山の人が観てるし、当然ブログでも多く語られてるし、自分が書くのも今更な気がしますが、記事があったらミュージカル好きの人はつい見ちゃうよねってタイトルですね(^_^;)

これはロンドン・オリジナルキャスト版のCDだったかな。話題だったんで聴いておこうと思ったんですよね。曲と声にあてられたって感じで、その後に市村正親さんが怪人のCDを聴いて、声に滲んでいる彼の芝居に魅かれたってのが始まり。

実際に観たのはそれから何年も経ってからです。怪人役は沢木順さん、山口祐一郎さん、村俊英さん、今井清隆さん、青山明さんだったかな、観たのって。実際は7・8回は行った筈なので、同じ役者さんで複数、または観たけど忘れちゃった役者さんもいると思います。……沢木さんの芝居で居眠りしちゃったんだよなぁ。しかも一幕ラスト辺り。その日は劇場を梯子したからね。口惜しい想い出です。忘れもしないぞ! 日生劇場! なんて書くと観てた時代がバレるなぁ(^_^;)

物語はガストン・ルルーのゴシック・ホラー小説が原作。自分は創元推理文庫の翻訳を読みました。重厚ですよ♪ 他にも角川や早川から翻訳が出ているようです。あらすじなどはこちらで確認してください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E5%BA%A7%E3%81%AE%E6%80%AA%E4%BA%BA

聴き比べということで、同じ曲で並べてみたいと思います。「ミュージック オブ ザ ナイト」です。この曲は役者の歌唱力と演技が判り易いんですよね♪ 怪人がクリスティーヌに求婚する場面。

始めは囁くように、徐々に自信ありげに情熱的に、ラストは消え入るように細く高音を伸ばすという歌い方が基本かな。演技の部分では手の演技がイヤラシイと評判な名シーンだったりもします(゚m゚*)

一番最初はロンドンのオリジナル・キャスト! クロフォード氏です。

TVの特番でダイジェストシーンの紹介をした時の映像みたいですね。クリスティーヌはこれまたオリジナル・キャストのサラ・ブライトマン。まだまだ細いなぁ。

次は音源のみ。日本のオリジナル・キャスト市村正親さん♪ 残念ながらCDは廃盤となっています。運が良ければ図書館などに入ってますよ。

声若いですね。オペラ座の舞台を観たのは市村さんが四季を退団した後だったんで、彼の怪人は観れれないと諦めていたんですが、何年か前に「オモチャ箱」というリサイタル形式の作品で彼の怪人を観る事ができました。

あれは客を魅了する。ハロルド・プリンスがラウル役のオーディションを受けた市村さんに怪人役のオーディションを受け直したらどうだって言ったはずだと思いましたね。底に狂気があるんだよなぁ、市村さんの怪人♪

次は現在でも美系キャラを演じ続ける声の魔王(←間違っちゃいまい!)の山口祐一郎さん。

楽々と出る声が憎いぞ! ひたすら甘い声だなぁと思う役者さん。生で聴くと酔う。マジで酔う!! クリスティーヌが心酔しちゃう気持ちが解かる!! となりますね♪

次が芥川英司(現在は鈴木綜馬)さん。

目、怖いんですけど(T_T) 普段真面目なキャラ役が多い人だったりするので、異質な感じがします。全編通しても多分そんな感じがするんだろうなって予測がつくんで、観たらとっても違和感が残る怪人だろうな。

これは面白かったので。日本の怪人役の人を8人連続で映画のシーンに振りあてたもの。

http://www.youtube.com/watch?v=pRAv3jeOaiM&feature=related

埋め込み取得が出来ないのでURLで。個性が現れていて面白いです。

これは沢木順さんの音源が入ってます。収録されてるソロCDが出てるらしいですね。知らんかったΣ(゚д゚;) 彼の演技は動きのキレが良かった記憶があります。

同じ画像ですが、映画版のバトラーさんのですね。かすれる部分がいいですね♪

と、ひたすら同じ曲で集めてみました♪ 

ふふふ、こんなに拘って観てたのか。金と時間があったらどこまで同じ演目をリピート観劇するか判らんな。CDも整理するのが怖いなぁ。出来るならばキャスト違いのCDは手に入れたいよね♪ などと考えるタイプなので(;´д`)トホホ…

こうなったら、同じ勢いで「レ・ミゼラブル」もやってみるか? と思うのでした。

しかし、これって著作権や肖像権に引っかかるんではないだろうかなどと思うのだが…… う~ん、本来はアップしちゃいけないんだろうな。でも、これで劇場に行ってくれる人が増えないだろうかと願ってしまうのでした。

2011年1月30日 (日)

ジョーカー・ゲーム

ジョーカー・ゲーム Book ジョーカー・ゲーム

著者:柳 広司
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

書店店頭で表紙萌えした作品ですι(´Д`υ) 図書館で予約かけてようやく回って来ましたよぉ! と言うことで読みました。

面白い!! 結城中佐ぁ~~~(≧∇≦) 出番は殆ど無いのにあの存在感は何事なんですかぁ! と悶えてしまう程のキャラクターでした。帝国陸軍軍人の癖に冷ややかに状況を判断するという冷酷さ。スパイの元締めだしな!

諜報員養成学校である「D機関」。陸軍の極秘機関であり嫌悪される機関でもあるTOP結城中佐が育て上げる諜報員達をめぐる短編集です。

この設定と作り方がもうツボ!! 背景は軍国主義邁進中の時代。満州が建国されて数年、満州事変なんかも起きて、そろそろ二次大戦が始まる頃ですね。その中で死ぬことを美徳としない軍組織のD機関は嫌われるわなぁって部署なんですね。こういった設定の中、任務は軍絡みが多いのかなぁと思いきや、それはパーツでどちらかと言えば諜報員の生き様に主眼が置かれている部分も大きい。そんな所が魅力的な作品です♪

中でも魔王と恐れられる元諜報員の結城中佐が秀逸なキャラです。拷問の末、腕一本と引き換えに重要情報と共に生還してきたというつわもの。生徒である若者の在り方も普通じゃないんですが、それを遥かに飛び越えてる、正しく魔王というに相応しい存在感と冷酷さ。端々にしか登場してないのに、イメージとしては「帝都物語」の加藤さん(゚m゚*)(← 軍服と存在感だけだろう、似てるのは!)「銀河英雄伝説」だと冷酷な感じがオーベルシュタインですね。……例えが解かりにくいかも(^_^;)

読み方としては、まず当時の時代背景を把握した上で読むのが望ましいです。そうじゃないと何で毛虫の如く軍内で嫌われるのか、上海が何故あのような状態なのか、各国が何故あのようにスパイ合戦を繰り広げているのかってのが、自分の中に落ちていかないでしょう。ま、近代日本史しっかりやってれば何となくは解かりますが、教科書の内容だと甘いんで補足勉強した方がいいかなぁと思います。特に日本国内とアジア圏の状態は把握して読んでね。この続きの展開で多分重要になってきそうなので♪ 期待し過ぎかなぁ?

ハマる人はかなり深くハマれるけれども、そうじゃない人は続きを読まないだろうなぁと思う作品です。

そういや、この人の本、先日同じような作りで「百万のマルコ」ってのを見かけたなぁ、買うの迷ったんだよねと思ってましたが、作家さん同じでした( ̄◆ ̄;) 自分とは相性が良い書き方をしてる人なんだなぁと感じます。この人の作品は読んでみよう♪

2011年1月29日 (土)

あめのちはれ

あめのちはれ 4 (B's-LOG COMICS) Book あめのちはれ 4 (B's-LOG COMICS)

著者:びっけ
販売元:エンターブレイン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前日から引き続き舞台関係をと思ったんですが、何とか思い留まったのでした(;´▽`A``

久々に漫画の紹介です。びっけさん♪ 絵柄が大好きなのと、話しが好きなのと両方ですね。以前にも作品紹介してたと思うわぁ。

名門男子校に入学したての5人の新入生が、落雷をきっかけに雨が降ると体が女の子に変わってしまうという体質に!! 普段は男子校、女子化時は女子高に通う、彼らの群像劇です。少女漫画ということで、恋愛沙汰も盛り込み、色々心境が複雑な男の子達。いやぁ、男性が読んだら「んなわけねえ!!」って言われそうな話だなぁ。

初めて読んだ際に感じたのは「らんま1/2かΣ( ゜Д゜)ハッ!」ってこと。水がかかる変身ってのとはちょいと違いますが、少女漫画にリライトしたら多分こんな感じ。

4巻に入り季節は初夏に入る頃。女子化した身体にも慣れてきて、次巻あたりでそろそろ誰かがボロを出しそうな予感がします♪ 秘密がバレるのは誰だろう♪ 変則的な三角関係の葉月(女子化する男子)&北条兄妹の兄にバレれるのが流れ的には妥当かと思います。ちなみにこの兄、男子校の寮長だったりします。完璧なタイプの寮長が女子化の事実を知ったらどうなるのか見てみたい!! まぁ、これは自分の勝手な希望ですがヾ(;´Д`A  5人の家族関係もちらほらと見え始めているので今後も楽しめる作品です。

2011年1月28日 (金)

李香蘭

「ジョーカー・ゲーム」を読み始めたら思い出してついついCD引っ張り出しちゃいました。劇団四季オリジナル・ミュージカル『李香蘭』です。スパイってのと日本軍ってのと時代が近いって繋がり。

オープニングを初めて観て「音楽と旗だけで当時の日本の不穏な感じを出していて、あっと言う間に時代を遡る感覚になる!」と体が震える程にオープニングで引き込まれてしまい、夜の部のチケットを買ってその日に2回観たという曰くつきの作品です(^_^;) 残念ながらその動画は見つからなかったので、一番初めの歌を埋め込み。

自分が観たものは全て山崎佳美さんだったと思う。5~6回だったかなぁ、行ったのは。保坂さん、観たかったんですけどね(^_^;) 男装の麗人として有名な川島芳子の語りで始まるお話しなんですが、主人公は李香蘭こと山口淑子。時代背景を語り山口淑子の半生をドラマティックに描いたミュージカルです。軍歌や夜来香など当時良く歌われたものも使ってます。初演・再演時辺りは全て日本語だったと思いますが、今の演出だと中国語で歌ったりしてるのもありますね。李香蘭の歌った曲や松花江上(9月18日)。

松花江上は抗日歌なのでやっぱり中国で歌うべきでしょう。満州事変に対して歌った歌。日本語で歌われても嬉しくはないと思うので。自分が持ってるCDは日本語収録。観た当時も確か日本語だったなぁ。BS放映した時に「中国語に直ってる!!」と思った記憶があります。現在では下の埋め込みのよう中国語での演出。

;

最新はどのような演出になってるのか気になります。でも、四季って段々と役者の個性が消えてって、足を運ぶ度に悲しくなってしまい観に行かなくなったって経緯があるので、劇場まで行くかどうかって物凄く悩む(´;ω;`)ウウ・・・

余談ですが、CDの配役チェックしたらアンサンブルで岡幸二郎さんと今拓哉さんの名前が! 「レ・ミゼラブル」出世組じゃん( ^ω^ ) CDの溥儀は岡さんの声?などと思いながら聞いてました。

芥川英司さんは名前変えて鈴木綜馬として頑張ってるしね。昨日聞いてた「エリザベート(山口版)で山口祐一郎さんに頑張って食いついてるなぁって感じでした。祐一郎さん、声半端無いからなぁ。美声でデカイって罪だ(;´▽`A`` 二人とも四季ではオペラ座の怪人役やってたし、何だか笑えました。これで市村正親さんと今井清隆さんと沢木順さんがいたらもっと笑えたなぁ。元怪人5人衆(w)

2011年1月27日 (木)

宝塚バカ一代

宝塚バカ一代―おたくの花咲く頃 Book 宝塚バカ一代―おたくの花咲く頃

著者:荷宮 和子
販売元:青弓社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

引き続き宝塚の資料関係ですね(^_^;) 宝塚は確かにおたくと相性がいいよねと思っていたのでちょいと読んでみました。

……宝塚の役者と演目が皆目判らん!! ま、連載してたのが宝塚専門雑誌だから、読んでる方々は頷きながら楽しんでるってのは想像出来るんですが、普通に買っちゃったら判んないよね~って感じの本です。とはいえ、半分はおたく文化と男性社会に対する評論って形でした。全体的に「一般的な作りじゃねぇ!」ってのは確かですが、個人的にはまずまずって所。

宝塚がJUNE(男性同志の恋愛をメインに発行されていた雑誌。今のBLのようにライトではなく重い感じの空気が漂う感じの雑誌でした)的ってのは物凄く解る!! と思うのは「ベルばら」の舞台を最低限TVで観たことがあるおたくだと思う。オスカルとアンドレってやおいじゃん! って思うもの。今だとやおいの定義が何故だか男×男に限定されてる気がするんだけど、そんな事ないと思うんだよね。などと思うのは多分考え方が古いんだよなぁとこの本を読んで思ったのでした(;´д`)トホホ…

ネット上で良くある問題(要するにバッシングしてる自分が絶対正しいって思いこんじゃってる言動ね)なんかもこれを読んで納得だった。そういった状態の発言者に「馬鹿か?」とか感じる、考えが浅い部分を、作者も感じていた模様。そう思うのは自分だけじゃないんだなぁ。軽い読み物だと思ったんだけど、案外深いわ、この本。男性に対しても手厳しい意見が多いしね。でも、その意見は声を大にして賛成というものもあります。

そんな堅い感じの評論文章と、テンションMAXな感じのおたくの狂乱っぷりがないまぜになってる一冊なんです。多分、普通の方には全くわけ解かんない!!ってなっちゃうと思うのだ。良く出版したよなぁ。出版社の度胸に敬意を捧げたい気分になりました。うん、そこまで読者を選ぶ内容でした。

ラストは「マリポーサの花」って舞台の二次創作なんか書いちゃってるし(*^ω^*)ノ彡 流れから察するにキューバ革命の辺りのお話しらしい。多分、舞台ってキューバだよなぁって思うんだけど、実際どうなんだろう。ちょっと観たいですね。

2011年1月26日 (水)

観劇に行きたいぞぉ!

宝塚の資料と称してネットで映像を漁っているこの頃。そこでうっかり見てしまったんです。東宝でも上演していたミュージカルを……

「レ・ミゼラブル」と「エリザベート」

特に「レ・ミゼ」。何回観たんだぁ!!(゚ロ゚屮)屮 ……ミュージカル+αに絞って月1~2本の観劇を3~4年続けていました(^_^;) その中で一番観たのがコレだ! でも、上演時間が長いので、再演されるに従いカットされるシーンが出たりしたのですっかり行かなくなりました。でも大好きなんですよ。一幕のラストが観たいが為に行ってた気がする(^_^;)

この作品は本田美奈子さんのエポニーヌが最高でした。今でも思い出して胸が痛くなるくらいに素敵な歌と演技。観たいと思って検索したら、何と!! ありました! いや、本当は撮ってはいかんのだよと言いたいが、これに関しては感謝したいですぅ(T_T)

だって、東宝、彼女の演じたエポニーヌの音源をCD販売してないんだもん! 何で島田歌穂で二種類出してんだぁ!! とかなり当時怒った記憶があります(^_^;) 事務所から許可が出なかったのかもしれないんですけどね。そういや、坂本真綾さんもエポニーヌ演じてたなぁ。彼女のは男の子っぽかったです。

ネットではお宝映像でロンドンのオリジナルキャストが何年振りかで勢揃いし歌ってるというものもありました。これはが一幕のラストシーンの歌なんですよ♪ このシーンが観たい為に通いましたとも!! 会場の盛り上がりっぷりも羨ましいぞ。ウィルキンソンさん(ジャンバルジャン。一番最初に歌ってる男性です)の声大好き(;ω;) 

「レ・ミゼ」はCD……5種類あるわ。ミュージカルは聴き比べが面白いんだよなぁ。歌詞が変更になってたり、初演と曲が変わったりしてますね。役者によって演じ方が違うのも判っていいですよ。連続で聞いてしかも歌うし、自分(^_^;)

「エリザベート」の画像は凄いの見つけちゃいましたね。何と! これもやっちゃいかんだろうがと言いたいんですが、オリジナルの上演されたウィーンでも演出が良いと言われた再演のものだと思うんですが、その販売されたものをアップしてる人がいました。分割で!! 字幕が付いてるから販売してるんだろうなぁ。検索してみたらやっぱり売ってました。……買うしかないね! 

ルドルフが好きなんだぁ~~~!!! どうしようもなくヘタレた皇太子ってイメージです。自分の中では。日本では井上芳雄がその役で衝撃デビューをしたんだなぁ。本当に驚いたもん!! 上手くてしかも初々しかった(≧∇≦)

んで、下のはトートとルドルフの歌ですね。先に歌ってるのが宝塚歌劇団のトート(死が擬人化した姿)役の姿月さん(東宝だと男性が演じる)とルドルフ役の井上さん。いやぁ、これもお宝♪ 欲を言えば衣裳を着て頂きたかったなぁ(;´▽`A``

でもこの作品で一番いいなぁと思うのはルケーニ(^_^;) 日本では初演で高島政宏が演じてて、それを観て初めて「この人上手い役者だ!」と思ったんだよな。暗殺犯ルケーニ♪ 狂言回しで進行役でもあるんですけど、演じ方次第で物凄く変わる役だと思います。自分はちょっと頭おかしいんじゃないの? ってくらい危機迫った感じでがなるくらいの方が好きですね。

http://www.youtube.com/watch?v=3KD31817Tyw&feature=related

埋め込み禁止なんでリンクで。ウィーン版のルケーニ♪ 一番初めのシーンです。金髪でゴッツい白服のロックンローラーっぽいのがトートです。Σ(゚д゚;) 姿月さんとは大違いっす!! 黒いドレス着てルドルフとちゅうしちゃったりするんだな(・∀・)ニヤニヤ

ミュージカルは東宝が断然面白いですね。四季は良い子ちゃんで、しかも台詞の喋り方が画一化されてて嫌になっちゃいます。劇場が増える前はそうでも無かったんだけどなぁ。好きな役者さんは四季出ちゃった人多いし、一番好きだった女優さんは亡くなっちゃったしなぁ(T_T) ということで、四季の舞台はかなりご無沙汰です。

再演希望は「蜘蛛女のキス」かな。翻訳上演希望は「シークレット・ガーデン」だ! でも後者は難しいのよね。歌が上手い子役がいないと成り立たないから(T_T) 来日公演があった時に無理して観に行って良かったと思うわぁ。

と、またマニアな力説をしてしまう自分に笑うしかありませんね。

2011年1月25日 (火)

ミニビースト(大人の科学)

大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook) Book 大人の科学マガジン Vol.30 (テオ・ヤンセンのミニビースト) (Gakken Mook)

販売元:学習研究社
発売日:2011/01/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これを本って扱いにしていいのかちょっと悩む(^_^;)

ビーストは初めて見た時から「欲しいぞ!」と思っていた物です。本物はもの凄く大きいです。一切電力を使わずに風だけで生き物のように動くアートなのだ。

ということで、購入してさっきまで作ってました♪

1 この状態でパーツをばらして組み立てます。プラモと一緒ですね。

2足部分です。まだ簡単♪

3 組みあげて行きます。面倒だったぁ!

4

完成です(≧∇≦) 

これだけだと素晴らしさが解からないと思うので、本家の動画を下につけてみました♪

動きキモっ!! とか言わないでね~(T_T)

2011年1月24日 (月)

おお! お久しぶり!!

本日はヘルパー講座に通う学校の説明会でした。そこで再会したのが先日、職業訓練校で知り合った方でした。びっくりだ! 先日6人で意気投合した方のうちのお一人。

その方が先日の6人中、訓練校に3人合格したよという報告をして下さいました。50%受かってたんだね。それが驚きだ(^_^;) んで、それに漏れたうちの2人が同じ学校。残りの1名は神奈川の方だったんで、多分そちらのヘルパー講座に入ってるんだろうなという予測が立ちました。

この分だと就職したら出会うって確率が高いかもしれないなぁ。などと、ちょっと思ってしまう出来事でした。人の縁って面白いですね♪

2011年1月23日 (日)

ファントム

「ファントム」と言われてピンと来る人は宝塚ファンかミュージカル・ファンか舞台通だけでしょね(^_^;)

どうしても宝塚の資料が必要になり、久々に紀伊國屋ビル内の柳花堂へ行ってきました。知る人ぞ知る宝塚専門ショップ。本だけが欲しかったんですが、舞台プログラムが半額だったのでついでに見てました。

どうせなら知ってる作品が良いと思いながら漁っていた時に「宝塚ってファントム上演してたじゃん!」と思い出し、探してみたところありました。となるとCDも……となり、運良く同じ役者さんでのCDを入手。既に廃盤だと店員さんが言っていたんで、ラッキーでした♪ 

この作品、実は大昔NHKでTVドラマとして観たのが一番初め。確か前後編で放映してて、もの凄く良い作品だったんですが、その時は「オペラ座の怪人」で放映してたんじゃなかったかな。劇団四季のミュージカルが話題になるかならないかの頃だったと思います。今でも観たくて堪らん作品なんですが、どっかで放映してくれないだろうか(´;ω;`)

「ファントム」はその舞台版。一番有名なロイド・ウェバー版とケンヒル版は舞台観てるんですけどね。あ、3つともミュージカルです……CDも持ってるさ(;´▽`A`` でも一番好きな「ファントム」だけは舞台を観てないの。イメージがTVとCD(モーリー・イェストン版)のもので出来あがっちゃってるんで、正直観るのが怖い(T_T) 今、宝塚再演版のCD聴いてますが、これなら観てもいいかもしんないと考え直してます。宝塚でない舞台は大沢たかおがファントム。ちょとイメージじゃないので別の役者が主演になったら観ようと思ってます(^_^;)

「ファントム」は曲が明るくて美しい。そして、父と息子のシーンが良いんですよぉ!! この歌聴くと「ああ、この物語だけはファントムが幸福だなぁ」と泣けてきます。いや、思いっきり悲劇なんだけどね。

個人的には一番解かり易くて、音の響きも良いと思うんだけどなぁ。ロイド・ウェバーの方が同じ時期にちょい先に発表して成功しちゃったから、制作自体が一回中止になってたりするんですよね。運が悪いと言うしかない。それに YouTube 観るかぎりじゃ装置が地味だし(T_T) 

こんな感じの曲です。でも本来はクリスティーヌが歌うんじゃなかったかな。それをコンサートでファントム役を演じたイェストンが歌ってるオイシイ画像です。舞台の画像もアップされてるんですが、歌が良くてもオケが駄目だったり、歌がイマイチだったりでした。

ちなみに宝塚版だとこんな感じ♪ ダイジェスト編集。あ、これは買ったCDとパンフの花組版だ!

……こうして見比べてしまう自分をつくづくオタクだなぁと思うのでしたΣ(;・∀・)

2011年1月22日 (土)

うさぎドロップ⑧

うさぎドロップ 8 (Feelコミックス) Book うさぎドロップ 8 (Feelコミックス)

著者:宇仁田 ゆみ
販売元:祥伝社
発売日:2010/10/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

祖父の隠し子を引き取り育てることになった大吉。男手一つでりんという女の子を育てて行きます。そんなりんも高校生になり青春真っ盛り! この巻では父親役の大吉から主人公を引き継いだりんが自分が大吉に抱いていた想いが恋心だと気付きます。

前半の大吉が主役でシングル・ファザーって設定は「マイ・ガール」という漫画と被りまくっているんですが、個人的にはこちらの作品の方が面白いし印象に残ります。あちらは綺麗過ぎてイマイチって感じ。

主役交代でいきなり高校生のりんが登場した時は驚きましたが、恋愛事情が華やかで楽しいです♪

さて8巻ですが、大吉の想い人でママ友、りんの幼馴染みでりんを恋するコウキの母が再婚すると聞き、落ち込む大吉。それを見てりんが自分が大吉に恋してるという事に気が付きます。……いやぁ、ハラハラする展開ですね♪ その前の巻まで人様の恋愛事情に振り回され、実の母親とはじめて逢うなんてこともあったりん。その都度クールに乗り切って来た感じですが、さすがに今回はそうもいかないだろう。コウキにも気持ちがバレてしまったしね。

で、どうするんですか? 作者は。くっつけるのか? これが一番気になる所。だって、大吉には幸せになって欲しいじゃないですか!!(←作品の中で一番好き。どうしてコウキの母とくっつかないんじゃぁ!! と思ってたので)

20代で父親代わり。現在40歳の大吉です。一番の売れ時(?)は子育てでいっぱいいっぱい。彼女作る余裕も無し……いや、コウキの母と一時はいい関係だったのかもしれないですが。そんな彼の幸せを祈らずにいる読者はいないでしょう!! でも、りんが自分に恋してるなんて知ったら、大吉どうするんだろうか。苦労してしまうのが目に見えるようで応援するべきか悩むなぁ。でもどうなるにしても続きが気になって仕方がないです。

松山ケンイチが大吉で映画化になります♪ 彼の演じる大吉だったら絶対観たい!! 大吉の不器用っぷりも巧く演じてくれそうです。「デスノート」のL役巧かったもん。そんなメディアミックスも楽しみな作品です。

2011年1月21日 (金)

鋼の錬金術師

鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス) Book 鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)

著者:荒川 弘
販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2010/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今更な気がします(^_^;) あまりにもメジャー過ぎるんであらずじ等は渇愛。わからない方は下記アドレスへどうぞ~♪

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8B%BC%E3%81%AE%E9%8C%AC%E9%87%91%E8%A1%93%E5%B8%AB

本当に女性が描いてる作品なのか?! とか思って途中まで読んでいましたが、言われてから読めば、ああいう女性って男性は描かないよなぁって気がしてきました。最後に男を頼るような空気を醸す女性が割と多いもんね。

この作品は自分の足でしっかり立つ女性が多いです。あ、初期にエドが言ってましたね、折れそうな女性に向かって「自分の足立て」的な台詞( ^ω^ ) ってか、現実にはそっちの方が多いだろう! って思うんですよね。男性が描くと「いねぇ!」ってのが結構多いので。夢持つなよ、現実に( ̄ー ̄)ニヤリ 女って打たれ弱くないんで。そうじゃなきゃドロドロした女社会じゃ生きていけないですもん♪(←こういうの嫌いだから極力近寄らない奴が言うなよ)

全体通しては世界観がしっかりしていて長く読める作品だと思います。キャラクターの背景もしっかりしてるんで深読みする楽しみも多い。ハイ・ファンタジーとしては良作だと思います。小説だったらここまで面白くは無かったでしょうね。漫画だからの面白さっていうのが存分に発揮出来ていたんじゃないかなと思います。ただ、残念なのが中盤の中だるみ。テンポが間延びして狂ってる感じがするのがね……自分、手放しちゃいましたもの。

多分番外編とかやっても人気が出そう。キャラに焦点当てて、その目線から話を追い直しても面白いと思うな。それくらい背景もしっかり作ってる感じがします。その時は是非イズミさん辺りでお願いしたいかもしれないですね♪ 地味~な(?)展開になりそうですがね。

映画で新作もあるという事ですし、まだ暫くは楽しめそうな作品です♪

ヒールってこんなに疲れるんだっけ(T_T)

ヒール=靴のかかとの部分。まあ、かかとの高い靴って意味で使いますね。悪役レスラーって訳じゃありません!(←まぁ、わかってるとは思いますが)

最近は教習所に行っているくらいだったので殆どスニーカーで過ごしていました。若干ヒールのあるミュールも履いてはいましたが、あまり歩き回るって事はしてなかったなぁ。これは主に接骨院の通院用。脱ぐのが楽だから!

昨日と一昨日、久々にヒールの高い靴を2足買ってきました。来月から一応短期間学校へ通うのでその時用のものを。

慣れる為もという事もあり、昨日アンサンブルの発表会リハーサルに履いて行ったんですが……痛い。とにかく足が痛い( ̄Д ̄;;  新宿から新宿御苑前まで往復歩いたってのもありますが、それにしたって痛いよぉ~(||li`ω゚∞) ふくらはぎと足の指の付け根と腰が痛くて今辛いです。さっきまでその疲れのせいでTVつけながら落ちてました(;´д`)トホホ…

女性用の靴ってヒールがあるの多いですよね。足に合ったものだと疲れにくいんだけど、合わないと悲惨な目に合います。でも、これって靴屋さんで5~10分程度合わせただけじゃ判らないから困ります(´Д⊂グスン 

今回は1足はメーカーさん買い。ややお値段の高いもの。前回仕入れた物が履きやすかったから。もう1足は安いものの割に、試し履きした時に足に合った感じがしたもの。ちなみに履いて行ったのは後者。1時間ちょっと過ぎた辺りから足が痛くなっちゃいましたね。でも、日曜はこれで過ごすしかないのよねぇ(´;ω;`)ウウ・・・

この腰の痛さ……朝絶対危ないです! つうか立てないかも!! これって歩き方の問題なんだろうか? 誰か上手な歩き方を知らないかな。

2011年1月19日 (水)

図書館併設のカフェが便利です!

今住んでいる場所は図書館がかなり便利です。夜は10時までやってるし、学習室も使いやすい。予約はネットで出来ちゃうし、他の学習施設もあるからカフェもある。ここのカフェがまた居心地良くて、食べ物も割と美味い( ̄▽ ̄)

ちょいと演劇関係で調べてみたいことがあって、雑誌をまとめて借り出し、カフェでお昼を食べてからダラダラ拾い読んでました。これがまた暖かくて気持ちが良い。モバイルでメモしながら読んでたんですが、読んでいるうちに目蓋が落ちてしまう。居眠りするには本当に良い場所で困ってしまいます。お腹もいっぱいだったしね(;´▽`A``

調べ物や勉強するには良い環境。ただし、混んでます。……考える事は同じなんですよね。

カフェはサークルのおば様方の社交&打ち合わせ場所にもなっていますし、図書館利用者が読書する為に長居してたりしています。あ、学生や社会人が勉強に使ってもいますね。学習室は飲食禁止なんだけど、カフェなら飲み食い出来ますから。

自分も飲み食いしながら調べたり読んだりしたい方。先日も紅茶1杯で3時間程本を読んでました。……あ、途中で少し寝たかも((・(ェ)・;)) 今日も2~3時間いたかなぁ。そして居眠りもしたなぁ(;´д`)トホホ… 

便利なんだけれども、サンルームにいるみたいな心地よさは眠くなって仕方がないです。同類さんが結構いて、今日もおじ様が本を読みながら居眠りしてました。天気が良い日に外から覗くと大抵一人は居眠りしてるんですよ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

電子書籍の正体

電子書籍の正体 (別冊宝島) (別冊宝島  ノンフィクション) Book 電子書籍の正体 (別冊宝島) (別冊宝島 ノンフィクション)

販売元:宝島社
発売日:2010/11/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

面白そうだったので。一応、自分で料金を決められる小説投稿サイトにも登録しているのでどんなもんかなぁと思いまして。そこの会員さんが結構有料で作品を出してるんですよね。もともと電子書籍で儲ける事は無理だと考えている自分は初めから無料でアップしてます。読んでみて、ああ、やっぱり儲からない業種なんだねと思いました(;´▽`A`` 

以前いた出版社でも騒いでましたが、初めに騒がれていた時代(10年は前だったよな?)では「どうやっても普及は無理だろう。でも対策は考えとこうね」ってな感じでした。で、iPad騒動で再び電子書籍が騒がれてて、その時にいた会社は「実用書は電子書籍じゃ出せないね。でも対策は考えとこうね」といった感じ。

この本を読むと大手出版社でもあまり利益が出せるようなものではないらしい。専用端末をわざわざ買ってまで読む気しないってのが一般的だしね。だったら携帯でいいじゃん! ってなると思うなぁ、自分も。

問題は配信しているデータが自分の持つ端末で見る事が出来るかどうか。ここが一番ネックだと思う。規格の統一も必要だし、著作物の保護や作家との契約条件もしっかりするようにしないとね。あとはデータならではの特殊性とかがないと売れないんじゃないかなぁ。

電子書籍として成功してるのはネットの世界で信者を獲得している人ってのが笑いました。ああ、あるよね~(;´д`)トホホ… でも、そういう人のものが必ずしも良いものとは限らなかったりするのがネットという不思議な世界です。

この本はかなり現実的に電子書籍の状態を見ているように感じますね。この1年ちょい、小説投稿サイトの様子を見て来た経験上でもそう思います。現段階だとうま味の無いビジネス。それを他角度から検証してます。個人的にはかなり面白く読めました♪

最後に。電子端末とかで小説読んでも、文章ってあまり記憶に残らないよね? そんな風に思っていたんですが、この本の終わりに「液晶や電子ペーパーなどの人間にとって違和感があるメディアを用いるとその違和感が記憶を阻害し、長期記憶の定着は不安定になる」とありました。そういうことか!と妙に納得した自分です。

2011年1月17日 (月)

腕がパンパンですぅ!!!

久々に真面目にヴァイオリンのレッスンをしています。おかげで右腕がパンパンです……筋肉痛になるぅ ( ´;ω;`)ブワッ

もう5年になったかなぁ? 習い始めて。が、まだまだです!! 10年は見ないとね♪ まだビブラートかけられないもんなぁ。成人過ぎてからやるには大変な楽器ですね。

とにかく耳で音を正確に取るようにならないといけないってのが大変かも。自分は譜面読みが苦手です;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ 

アンサンブルでちっちゃな文化祭に出るんですが、それが今度の日曜なんです。ということで、練習頑張ってるんですね。

昨日みんなで併せて、今日は自分のレッスンをして、自主練習でアンサンブルの曲練習。通ってる教室では弱音器を使わないで練習出来るし、レッスンのある日はスタジオ代取られないんで思いっきり活用!!

……とにかく、人の足を引っ張らない程度に仕上げないといけない(A;´・ω・)アセアセ 自分一人ならいいけど、何人かいるからなぁ。さぁ、出来る限りやるぞぉ!

2011年1月16日 (日)

おや? 思ったより乗れてるのか?

本日は教習生3名で路上技能教習。自分はマニュアル、他の2名はオートマ限定。自動車はオートマ車を使っての教習でした。

( ^ω^)おっおっおっ オレ、自分で思ってるよりも上手く乗れてねぇか? 

と思ったのは、他の2名の運転を見ていて思った事。……いや、乗った場所が一番簡単だったってのも大きいんだけどね(^_^;) スーパーの前に人も車も無かったし! 初めの方はオートマの乗り方に慣れるまでアワアワしてたけれども、それを過ぎたら停車も上手く出来たと思うぞ(≧∇≦)

マニュアルだとギアとクラッチ操作があるけれども、オートマはその二つが不要。ゆえに余裕があるため、スピード調節と安全確認に余裕が出来る。=オートマ楽過ぎ!! まぁ、これはマニュアル車にずっと乗ってるから思う事であって、初めからオートマ乗ってたらそんな風には思わないんだろうね。いやぁ、マニュアル選んでおいて良かったぁ。高速実習も少し余裕が出そうで一安心♪ 高速はオートマ車だから( ^ω^ )

さて、次は久々の所内。方向転換。その次は縦列駐車~( ̄◆ ̄;) どうなる、どうするぅ?! ハンドルいっぱい回したりすんのか? ちょっと教習が楽しいって思えるのは、一般道じゃないからですね。うん!

……教習所ばっかり頑張ってないでヴァイオリンも頑張んないと。今度の日曜はアンサンブルで舞台に立ちます。15分くらいですけどね。音程きっちりさせないとι(´Д`υ)アセアセ さっき練習してきて帰宅した所です。ようやく何とか聴けるようになってきました。威風堂々酷かったもの、一番初めの併せ(;ω;) もっと頑張らないとね! しゅ、主旋律は特にね(T_T)

2011年1月15日 (土)

久々に電気屋へ行ってきました♪

TVの買い替えをしたくて安いのを見に行きました。

んで、ついでに自宅のネット環境の改善を決意。EMの携帯用のものを使って誤魔化して来たんですが、流石に画像や音楽が上手く流れないのが辛くて(^_^;) で、ついでに携帯も変更しようかなぁと思いチェック。キーボードがついてる機種を探してみたら1個しかなかったんで取り置きしてもらっちゃいました。

TV3千円くらいで買えちゃいました。プロバイダー契約を新規でしたので割引があったのだ。携帯買い替えても+1万円くらい。プロバイダー料金と携帯料金を足すと今までの月の使用料より千円くらい上がるか上がらないか? 

さてと、どう使っていこうかな♪ 新しいものは楽しいですよね。……と言っても、TVは二月頭じゃないと来ないし、携帯も再来週になってからだなぁ(T_T)

2011年1月14日 (金)

妖怪アパートの幽雅な日常⑤

妖怪アパートの幽雅な日常5 (講談社文庫 こ 73-5) Book 妖怪アパートの幽雅な日常5 (講談社文庫 こ 73-5)

著者:香月 日輪
販売元:講談社
発売日:2011/01/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

文庫落ち待ってました!!! 既に図書館で全巻借りて読んでいるんですか、この巻に関しては待ちくたびれるくらいに待った!! なんてったって、千晶先生と神谷生徒会長です!! 

My sweet Lover CHIAKI heart04 ぅぉぉぉーヽ(>0<)ノヽ( >0<)ノヽ(>0<)ノぅぉぉぉー

彼の登場で今後の展開が厚みのある物に変わり、かつ、とても腐った展開になるのが何とも♪ 

……いや、その腐った展開に「きゃ~~~~!!」ってのよりも、根底にあるこの作家さんの主張が物凄く共感出来て、話の展開がまた納得出来るし面白いから勧めたいんだけどね。ううう~、説得力が無い( ̄Д ̄;;

人外のモノ達と人間が共に暮らす寿荘―通り名:妖怪アパートに住む高校生、夕士の高校生活を綴ったお話しです。偶然にも使えない魔書のマスターになってしまい、霊力修業をしながらも普通に高校生として暮らす夕士の青春グラフティ―とでも申しましょうか。とっても真っ当な(基本的にです!!)彼の生き方に読んでいると拍手を贈りたくなります。

5巻目は高2の2学期の話し。前半はお月見。これでもかよぉ!って泣きのシーンを入れ、徐々に先生と生徒への話しに移行。一方向からしか物を見ない人間の奇妙さを語り、後半ラスト近辺は新任教師の千晶先生と生徒会長神谷さんの見せ場♪ ざっくり書くとこんな展開になってます。

大人の方にも自信持って紹介出来ます♪ 勤めていた会社の本好きさんに、1巻が文庫されてすぐに「絶対この作家ブレイクしますからぁ!!!!」と営業しました。今では新刊出ると小さい書店でも平積みされるようになり大満足です♪ 

初出は子供向けに出されていたものなのですが、1巻目を読んだら続きを読まずにはいられなくなりました。これは大人がしっかり読むべきだろう!! 面白過ぎる!! と思ったんですよ。何年前のことだったか覚えていないですが、既に6巻まで刊行されてた頃かな? 文庫落ちを呪い(←物騒だな、おい!)をかけるかのように願ってましたね(;´▽`A`` 刊行が決まって踊り上がる程に嬉しくて待ち遠しかった。しかも読み終わってるのに発売したら即買いしてるのは多分これだけ。

読んでくれ~~~!!! 高校生だったら配布用にもう1冊買ってると思うくらい好きです♪

伊達直人運動

広まってますね♪ 小さな善意の運動だと思ってます。しかも漫画・アニメのキャラクターです。ああ、素晴らしきかな日本の漫画・アニメ文化♪

でも、漫画家さんのブログを見て思ったのよ。あまりにも納得出来るんでアドレスつけちゃう。

http://blog.goo.ne.jp/purasunikki/e/8f414af74f419932864ecc2f9ffcf241

悪い部分では叩くのに、良い部分を何で褒めないぃщ(゚Д゚щ)カモォォォン と、自分も激しく同意したのでした。

現場が今はどうなってるか解かりませんが、自分が知ってるのは15年くらい前の状況かな。アニメーターも漫画家も初任給(といっていいのかなぁ? 確か能力給だから、あの世界って)は、もの凄く安いってのは結構聞いてました。アニメーターは6万も貰えれば良い方とか。漫画家さんも1枚辺り8,000円が良い方かなぁ? 皆苦労して作品を作っても食ってかれない世界。それでも好きだから頑張ったり、無理だと諦めたり。自分が知ってるのはそんな大変な頃。

もしかしたら、そんな人達が伊達直人を名乗って寄付をしているのかも。苦労した人の方がそういう事を自然に出来るものですからね。

まだまだ捨てたもんじゃないぜ! と思うのでした( ^ω^ )

2011年1月12日 (水)

映画観賞会ってなかった?

小学校や中学校で、全校生徒が集まって、体育館で映画を観る。

今はやってるのかなぁ? 自分の時代はありました。ええ、もう、トラウマになってます!! って場面もあるそんな観賞会( ̄Д ̄;; いや、そればかりじゃないけどさ。

観た映画で記憶に残っている作品は「八甲田山」&「あゝ、野麦峠」の2作品。……今考えると何て長野らしい選択をしているんだっていう感じの作品です。「山」と「製糸工場」ですもの。しかもその当時は岡谷にいましたから尚更納得出来ます(近くに製糸工場がありましたもの。まんま舞台の地域)。

でも、子供の見せる映画は考えた方がいいよぉ~( ´;ω;`)ブワッ 何かね「怖い」記憶が強いのよぉ!!

「八甲田山」とにかく、雪山怖い! 吹雪怖い! 軍隊怖い! 死人怖い! な記憶。

特に雪中行軍中に人が凍えてバタバタ死んで行くのが怖くて∑(゚∇゚|||) みんな顔が真っ青になって、そう、まるでヤマトのデスラーみたいに!!(注:子供だったため、記憶の書き換え現象が起きている可能性があります。実際は青くないかも)今でも時々、死に逝く演技をしている役者さんのシーンが、アングルもまんまに浮かんじゃうくらいo(;△;)o あれ、絶対記憶に残るってくらいの怖さでした!! まぁ、中学で登山しますからね、長野の子供。山こえぇ!って刷りこんでおかないといけないしね♪ ……実際大変だったよ、雨でさぁ!! 高山病に近い状態でへばった、オレ(;´Д`A ``` 

まあ、ある意味軍隊批判の映画なんで、しっかりその影響も受けている現在です。陸軍嫌い! 海軍は好きだけどね(;´▽`A`` まぁ、先生方左翼も多かったからなぁ。それでかな、選択したのは。

「あゝ、野麦峠」は心中事件と死に化粧のシーンですね。あとは水車小屋と喀血。って、心中事件なんてある映画小学生に見せてたんだよね。しかも低学年の時だ( ̄○ ̄;)! 今だと絶対選ばないような映画なんじゃないかなぁ。まぁ、見せといた方がいいとは思うよ! 下手に成長してから観るよりはその方が。とにかく劣悪な環境で女の人が悲しい想いをしている映画なんだなぁと思った。切ない映画でしたね。

いやぁ、これも影響受けてるらしく、喀血とか死に化粧に耽美なイメージが付いちゃって、困ったもんだ。シーンが美しかったからなんだけどね。

と、こんな映画でした。

しかし、2時間以上? よくも体育座りで真面目に観てたもんだ。……騒いで先生に拳骨喰らったのもいたなぁ、そういや。書いてたら思い出した。八甲田山なんて怖くてみんな耳ふさいだり下見たり固まっちゃったりしてた。

今、その2本が観たいかと言われると……色んな意味で観たくない!!(;´д`)トホホ…

2011年1月11日 (火)

誤字、誤字ですとぉ~?!

校正したつもりでも出てくる誤字。それはどうやっても付き纏う、そう、まるで自分の影のように……

読者さんから時々頂く誤字指摘……( ̄◆ ̄;) もう、何で気づかないんじゃい? ってなオレ。多分、この場でもやってるだろうなぁ(;´д`)トホホ… でも、今回のは酷かった。人工を人口と!! 

ああ、真面目な会議のシーンで、何度言ってるんだよ、人口って!! 人工だよ、人工ぅ!!(←真面目なシーンなだけに馬鹿っぽかった)

即修正しました。面白いって感想くれたのに「そこで気分がぁ~~~~!!」ってなっちゃってたんだろうなぁ。悪いことしちゃいました( ´;ω;`)ブワッ この借りは次回作で返す! そう誓ったのは言うまでもありません。

そんなお話しはサイトのイザコザにうんざりして書いたもの。冷静(?)に話し合ってる会議の場面なんかを書いてみました。まともに話そうよって嫌味が含まれているという黒い下地があるのです(;´▽`A`` 転んでもタダじゃ起きなねぇぞ!

「緊急会議」ってやつです。「カローン・シリーズ」っていう一応SFもの。って言っても似非だけど( ^ω^ ) 心理ものネチネチやってみたいってのと、趣味で集めてるロボットや生化学ものの資料を活用して頑張ってみたいと思います。こういうの好きなのですよ♪ 

昨年頭に投稿用に書いた作品をベースにして広げたものです。

http://mypagek.syosetu.com/97303/

取敢えず作品一覧を曝してみます。携帯版だから会員登録ナシで読めると思いますが…… ご興味がありましたらどうぞ♪

2011年1月 7日 (金)

キケン

キケン Book キケン

著者:有川 浩
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

はい、本のタイトルです♪ 見出しだと「なんじゃぁ?!」とかなりそうですね( ´艸`)プププ

成南電気工科大学にある『機械制御研究室』略して『機研(キケン)』。その黄金期。歴代ナンバーワンの危険人物、上野引きいるその部に入学早々拉致られた元山が、大人になってから妻に部の思い出話しをするといった形で進む、学園コメディであり、ノスタルジックな物語。

有川さん、サイコーっす! この話し大好き!! 多分今までで読んだ有川作品では一番好き♪ 

これはね、ラストの仕掛けがいいんですよぉ~ ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 ネタバレですが、書いちゃうぅ!!(←あ、でもどうやってそれが出るかは書かない!)

黒板。見開きにバンと出てくる黒板を見ると、思い出を語っていた元山の気分に思いっきりシンクロします! 

笑いたいような、泣きたいような、それでいてワクワクと胸が躍るような心地。ああ、かけがえの無い宝石のような時。いつも全力でいた仲間達と共有した空間と時間。それらに思いを馳せるように立ちつくす自分……

これを皆に体験してもらいたいよぉ(。>0<。) とにかく読めぇ!!!!!!

喫茶店を梯子して読み終えたんですが、かなり泣きそうでヤバかったです;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

作中メンバーのキャラも立ち過ぎるくらいに強烈! そして有川さん得意のラブコメもあり♪ 勢いでガンガン読ませて、最後に泣きでこれでもかと言うくらいに落とす! 素晴らしいですぅ (≧∇≦) 

キャラにつけたあだ名も好き♪ 特に元山=お店の子。文化祭ではそのあだ名が遺憾無く発揮されています。

25日には彼女の新作『シアター2』も発売になるので、今月のお勧めは多分、有川さんの作品2本でしょうね♪

2011年1月 6日 (木)

年明け初の教習

うがぁ~~~~~~! ……のっけから済みません。

愚痴っていいですか。愚痴らせて下さい。いや、愚痴らせろぉ!!

本日年明け初の自動車教習所。まずは学科。交通三悪なるものを習いました。「怒り」「焦り」「おごり」です。事故を起こしやすい心理状態。……わ、笑うしかない。自分の適性評価は「自信家で我が強い」ゆえに「おごり」やすく、上から抑えるようにされると「怒り」やすい。昔からちょっとした事でパニくる自覚があり「焦り」やすいってのが一番の悩みだったりします。……運転向いてないんじゃね?

そんな事を考えつつ、12日ぶりに路上へ。4回目で全く慣れてないし、車はマニュアル。大丈夫か、オレ( ̄○ ̄;)!

当然ガチガチの身体です。緊張して指導員が乗り込むと同時に弟の車がマニュアルで-などと話をしてみたんですが、そういった無駄話が駄目なタイプらしく、黙るしかない。うう、緊張抜けんどころか増したじゃん!

高まる緊張。こわばる身体。ハンドルを握る手が微かに震える。やばい、やば過ぎる。しかも嫌な予感がする。

そんな予感は当たる! 案の定、人を罵倒するタイプの指導員でした。

「安全確認は!前だけ見てんなよ!(はい、解りました(;д;))」
「あんたみたいなのは事故んなきゃ解かんねぇんだよ!(はい、気をつけます(;ω;))」
「絶対事故るだろうが!(注意たりませんでしたね(||li`ω゚∞))」
「何でそこで止まるんだよ! 解んねぇな!(どういう理由であなたがそう言ってるか解らないんで説明してよぉ……( ゚д゚)ポカーン)」
「左見てんのかよ!(3回目くらいからは見てた。首大きく動かすとハンドル回すんだけど!!(-゛-メ))」
「人に指示を仰ぐな。自己判断しろよ!(指導放棄っすか?(゚Д゚)ハァ? 普通はより良い方法を教えるべきだろうが!(#`Д´))」

降りる際には「あんた口ばっか回るみたいだけど、左曲がる時どうやって曲がるか言ってみ?」ときたもんだ。

気持ちを落ち着ける為と、頭に入れるように口にする為に喋ってしまう人もいるんだって!……いや、確かにね、自分の喋り方ってそう聞こえる自覚はあるよ? でもさ、身体に力が入ってるって注意してたんだろ? 頭回ってないって解ってるよな? パ二くってんだよ、車止まっても。ギアをRに入れるのもパニックでサードに入れちまったの見ただろうが! そんな奴に今聞いたって答え出るか! 平静に見えるように取り繕うのがやっとだよ!(これは冷静になってから考えたんだけどね)

……その指導員、最後に答えを教える訳でもなく、もっと左へ曲がる時に考えないと駄目だねとだけ。

あんたは指導員だろう? 学科で「怒り」「焦り」「おごり」が事故要因だって教えてるのに、テメェがそれらを煽ってどうするんじゃぁ!! 
しかも、回答説明と課題提示が中途半端ぁ? 
仕事しやがれ!!(#゚Д゚)y-~~イライラ

事故らず安全に運転マナーを教えるってのは解ります。でも、どうよ、こういう教え方って。何の為に適性検査してんだよ、おいぃ?(←いや、教習で使ってないの解ってるけどさぁ、言いたくなるじゃんかよ)

うん、こういう気分で車に乗っちゃいけないね♪ ってのは良く解った。とくに焦る場合は乗っちゃいけないよ。安全確認に気が回らないで前ばっかみちゃからね♪

収穫これだけ? 
あんだけ罵倒されてこれだけしか理解しようと思えなかった。
罵倒されたから覚えてやる気も無くなったんだがな凸(`Д´メ)

こういった弊害があると教習所は理解しておいた方が良いと思うぞ。

ちなみにこの指導員、所内で当たった時も罵倒しまくってくれて、身体が緊張して普段出来てることも出来なくなって、しかも最後に嫌みを言いやがりました( ゚д゚)、ペッ

本気で「刺してもいいか?」とか思うよね、ああいう時って♪ などと同意を求めてみたくなりますぅ!

ふ~う。毒吐き終了(;´▽`A`` 
免許取る気なくすってばぁ(つд⊂)エーン

2011年1月 2日 (日)

A HAPPY NEW YEAR!! 12月に読んだ本です♪

あけましておめでとうございます♪ 昨年もグダグダ書いてきましたが、本年もグダグダ書かせて頂きます(←それでイイのか?)

さて、年明け早々の一発目はやっぱりコレでしょう! 12月に読んだ本一覧~ (ノ∀`) 相も変わらず漫画オオシ!

オススメは「聖☆高校生 11巻」&「聖☆おにいさん 6巻」です。奇しくも両方「聖☆」がついてるギャグ寄りの漫画です。が、マジでコレを薦めていいのかぁ? 特に前出!! 色々な意味で危なく・怪しく・いかがわしです( ̄◆ ̄;) 後出は信仰心の厚い方には薦めらんないo(*^▽^*)o 全然聖人っぽくないですしね。

通常でオススメなのが「さんすくみ」「宇宙兄弟」ですかね? 腐女子さんには「あなたのためならどこまでも」「娚の一生」ってとこです。

活字は「歩兵の本領」です。でも自衛隊の話だからなぁ(;´Д`A ``` 脱柵とか出てくるし、ヤバ! 内部詳しいぃ!(←作者が確か元自衛官のはず)という部分で自分の中の点数が高いだけかも。

12月の読書メーター
読んだ本の数:51冊
読んだページ数:6824ページ

恋愛ラボ 5 (まんがタイムコミックス)恋愛ラボ 5 (まんがタイムコミックス)
兄’s……(^_^;) メインの女の子たち以外のキャラクターも段々と深みが出てきて益々楽しい展開が期待出来ます♪
読了日:12月31日 著者:宮原 るり
クッキングパパ(112) (モーニングKC)クッキングパパ(112) (モーニングKC)
がめカレー・がめシチューが良かったです♪
読了日:12月31日 著者:うえやま とち
僕とおじいちゃんと魔法の塔(3) (角川文庫)僕とおじいちゃんと魔法の塔(3) (角川文庫)
一色さんって、あの一色さんと関係あるんでしょうか? 特にお父様が(w) 本当にキャラ配分が面白くていいです♪
読了日:12月30日 著者:香月 日輪
らいか・デイズ (11) (まんがタイムコミックス)らいか・デイズ (11) (まんがタイムコミックス)
沖縄の話がかなり笑えました。蒔奈もらいか母も(w) 財津先生の代理も笑いました。
読了日:12月30日 著者:むんこ
聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話 3 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)聖闘士星矢NEXT DIMENSION冥王神話 3 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)
あ~♪ 一輝兄さんだぁ!! 相変わらずカッコイイのぉ♪ 「敵は聖域にありだ!!」で思わず光秀かぁ!と言いたくなった(w)
読了日:12月30日 著者:車田 正美
The MANZAI〈5〉 (ピュアフル文庫)The MANZAI〈5〉 (ピュアフル文庫)
話自体は大きく動いていないかな? 最後の病院のシーンのために展開しているんだなぁとは思いますが、もうすこし何か欲しいかなぁと思ってしまう。かけあいは面白いので、そこがちょいと残念。
読了日:12月28日 著者:あさの あつこ
キジトラ猫の小梅さん 4巻 (ねこぱんちコミックス)キジトラ猫の小梅さん 4巻 (ねこぱんちコミックス)
小梅さんが田舎のにゃんこにソックリです(^_^;) 特に太目のおなか辺りが。しかし、小梅ってばいい子過ぎます。こんなにいい子ってあまりいないと思うのだ。小雪みたいな子は一杯いるんですけどね(w)
読了日:12月28日 著者:ほしの なつみ
ガラスの仮面 46 (花とゆめCOMICS)ガラスの仮面 46 (花とゆめCOMICS)
え~と、何だか展開が昼ドラです(w) おい! 速水社長! しっかりしてくれよぉ! と思ってるのは自分だけじゃないぞ!
読了日:12月28日 著者:美内 すずえ
さんすくみ 1 (フラワーコミックスアルファ)さんすくみ 1 (フラワーコミックスアルファ)
孝仁が一番お気に入りかもしれない。真面目で天然なのが面白いんだろうなぁ(^_^;)
読了日:12月26日 著者:絹田 村子
聖☆おにいさん(6) (モーニングKC)聖☆おにいさん(6) (モーニングKC)
弁才天さま、下界でのスカウトは程々にしてください(T_T) 天国ツアーと地獄ツアー。自分は地獄ツアーでルシファーが見てみたいぞ♪ あの歌も歌いたい(笑) 最後に、ラファエルにお願い。天界のガイドブックはもっと薄くてライトなものを作ってください。
読了日:12月24日 著者:中村 光
青空エール 6 (マーガレットコミックス)青空エール 6 (マーガレットコミックス)
杉村先生~(T_T) あれは凹むで。がんばってるってシーンで思わず「おおきく振りかぶって」?とか思ってしまいました。女の子でやるとこうなるんだ(^_^;) まるちゃん、イイ子だぁ!! 彼女みたいな友がいたら大切にしたいぞ!!
読了日:12月24日 著者:河原 和音
読経しちゃうぞ! (フラワーコミックス)読経しちゃうぞ! (フラワーコミックス)
ゆるくて良い感じの1冊(>_<) 工くんだけがキャラが濃ゆい気がするけど、何故か目立たない(笑)他の二人が天然で笑いを取ってるからなんだろうか(^_^;) この単行本が初コミックスとは!!これからが楽しみな作家さんです♪
読了日:12月24日 著者:絹田村子
宇宙兄弟(12) (モーニングKC)宇宙兄弟(12) (モーニングKC)
E班の気持ちを受け取ったピコが良かった!! シャロンの件はまだこれからだけれども、彼女の前向きさに、頑張ろうという気持を貰えそうだ。
読了日:12月22日 著者:小山 宙哉
なごみさん(2) (モーニングKC)なごみさん(2) (モーニングKC)
おにぎり騒動が(^_^;) いやぁ、和さん、というか、皆さんそこまでやりますかぁ。素晴らしい!!
読了日:12月22日 著者:宮本 福助
クリスマスの幽霊 (Westall collection)クリスマスの幽霊 (Westall collection)
クリスマスの奇跡といったお話し。でも、これからどうなるんだろうというお父さんの気持ちが……(T_T)
読了日:12月22日 著者:ロバート・ウェストール
深海の人びと (ノーチラス号の冒険 3)深海の人びと (ノーチラス号の冒険 3)
セレナにびっくりです!! とんだ女王様だぁ(^_^;) ラストの変化は良かったです♪
読了日:12月22日 著者:ヴォルフガンク・ホールバイン
幕末算法伝 (光文社時代小説文庫)幕末算法伝 (光文社時代小説文庫)
煮え切らない男の話しだった(^_^;) ちょっと、どうよ、これ!! てな駄目男っぷりに脱力でした。
読了日:12月21日 著者:小野寺 公二
いつでもお天気気分 4 (花とゆめCOMICS)いつでもお天気気分 4 (花とゆめCOMICS)
久々です♪ 赤馬さんが妙に色っぽいのは何でぇ?!(笑) 御堂さん可愛いなぁ。進之介も可愛いけどね。見ていると羨ましいくらい良いカップルです♪ 御堂さんは羅川さんの女性キャラでは「NY.NY」のエリカの次に好きかも。
読了日:12月17日 著者:羅川 真里茂
ましろのおと(2) (月刊マガジンコミックス)ましろのおと(2) (月刊マガジンコミックス)
「芋が… 美味くて…」からドット泣いてしまいました(T_T) 自宅で読んでてよかったぁ。やっぱりこの人の作品大好きです!! そうそう、「いつ天④」に入っていたペーパーの雪っていじめっ子。若菜ちゃん弄ってるし(笑)
読了日:12月17日 著者:羅川 真里茂
あなたのためならどこまでも (花音コミックス)あなたのためならどこまでも (花音コミックス)
高千穂さんってば、あんた可愛過ぎっしょ!! 見てるとムラムラして襲いたくなるわ(笑) キャラ診断がハマり過ぎてて笑えました。「のんのん」シリーズの二人。馬鹿カワイイです♪ 若さで突っ走ってるなぁ。
読了日:12月14日 著者:中村 明日美子
娚の一生 3 (フラワーコミックス)娚の一生 3 (フラワーコミックス)
ちょっと、その展開はどうよぉ~(T_T) ってな慌ただしい終わり方でした。2巻までは良かったのにな。にしても、つぐみさん、そこで中川君はないわぁ~。で、3巻の表紙で、やっぱ海江田氏は足フェチかぁと思った(^_^;)
読了日:12月14日 著者:西 炯子
デカガール(4) (KCデラックス)デカガール(4) (KCデラックス)
不穏な空気が全体に漂ってる巻です。この先どうなっちゃうのぉ?! にしても、まる香ちゃん、顔に傷!!(T_T)
読了日:12月14日 著者:芳崎 せいむ
その男、ワガママにつきあみ♂ばんその男、ワガママにつきあみ♂ばん
誠が本編よりちょっと壊れ気味?(^_^;) いやぁ、いつまでたっても父じゃなく男なんだなぁと。いや、父っぽいシーンもあったか(^_^;)
読了日:12月14日 著者:酒井 美羽
パパがも一度恋をした 3 (ビッグコミックス)パパがも一度恋をした 3 (ビッグコミックス)
コーチ……(^_^;) トカちゃんってあんなキャラだったか?と読み返したら、あそこまでぶっ飛んではいなかったよ。外の人も気になる動きを見せてます。どうなっちゃうんでしょう!! 里帰りの話は良かった♪ 
読了日:12月13日 著者:阿部 潤
「兼業主夫」マニュアル―「仕事」と「育児」両立のノウハウと哲学「兼業主夫」マニュアル―「仕事」と「育児」両立のノウハウと哲学
この人の在籍する会社って良い会社だなぁと思いました。中小じゃ、多分男性は育児休暇取らせて貰えないと思います。
読了日:12月11日 著者:清水 恭一
聖・高校生 11 (ヤングキングコミックス)聖・高校生 11 (ヤングキングコミックス)
美園先生が前向きに生きていくことになって良かったです。まさかモデルが○○○だとは思いませんでした!! だからあのラストなんだね(笑) 「夜明けのスキャットなんて若者は知らないから」って台詞に「この作品の読者に若者いるんかぁ!」という突っ込みを入れました。若者にこの心理は中々上手くは伝わるまいて(笑) 人には薦められないんですが、自分は大好きな作品です♪
読了日:12月10日 著者:小池田マヤ
歩兵の本領歩兵の本領
確か作者は自衛官だったと聞いたことがあります。だからか妙にリアルな感じがします。
読了日:12月07日 著者:浅田 次郎
D.Gray-man 21 (ジャンプコミックス)D.Gray-man 21 (ジャンプコミックス)
神田ぁ、やっぱりそういったシーンでもアレンを「モヤシ」って言うんだ(^_^;) ま、終わりの方で名前も読んでくれましたけど。これから暫くは神田の出番って無いんだろうか。好きなのにぃ(>_<)
読了日:12月06日 著者:星野 桂
娚の一生 2 (フラワーコミックスアルファ)娚の一生 2 (フラワーコミックスアルファ)
この巻の海江田氏にツボ突かれまくり! 子供のような事をしてみる所とか、冷静なフリして動揺してる所とか。特に駅事務所のシーン。あれはもう堪らん!! ……ところで、彼って足フェチ? とか思ってしまうあの場面は(^_^;) そしてチューが巧そうなあの場面は(^_^;) 自分ならもっと早くオチてるな。
読了日:12月03日 著者:西 炯子
娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)
主人公の普段の生活っぷりが妙にリアルです。飾った感じの女性じゃないのがまたリアルだ(^_^;) 海江田氏は何か過去重そうだなぁとか思ってます。
読了日:12月03日 著者:西 炯子
町でうわさの天狗の子 7 (フラワーコミックスアルファ)町でうわさの天狗の子 7 (フラワーコミックスアルファ)
秋姫、どんな力を持ってるんだ? これから何だか暗く悩んでしまいそうな展開だなぁといった感じです。
読了日:12月03日 著者:岩本 ナオ
花と悪魔 8 (花とゆめCOMICS)花と悪魔 8 (花とゆめCOMICS)
はなもビビも鈍いです。いやぁ、ようやく両想いなんだけどね。何か周りで観てるとじれったい&弄りたいと思ってしまうのでした☆
読了日:12月03日 著者:音 久無
花と悪魔 7 (花とゆめCOMICS)花と悪魔 7 (花とゆめCOMICS)
フットマン・ビビ!! あの衣裳がたまらなく好きだ!!(笑)
読了日:12月03日 著者:音 久無
花と悪魔 6 (花とゆめCOMICS)花と悪魔 6 (花とゆめCOMICS)
はな様……モーリッツの趣味って?(笑) でも、はな様とビビだったら兄妹と言われても不思議はないかも。
読了日:12月03日 著者:音 久無
花と悪魔 5 (花とゆめCOMICS)花と悪魔 5 (花とゆめCOMICS)
後悔や羞恥や怒りに悶えるビビは、魔王様でなくとも見たいし想像したいとか思った(^_^;) 弐號のウエディングドレス(黒)姿が綺麗でした。次回は是非ビビの為に!
読了日:12月03日 著者:音 久無
花と悪魔 4 (花とゆめCOMICS)花と悪魔 4 (花とゆめCOMICS)
トーニが扉だ!!(笑) 優しく黒猫(in はな)を抱き上げる姿が見たかったなぁ。首根っこかぁ(T_T)
読了日:12月03日 著者:音 久無
花と悪魔 3 (花とゆめCOMICS)花と悪魔 3 (花とゆめCOMICS)
桃登場!! ビビってば大人げないのぉ(^_^;) 衝撃的なのは猫耳ですね。に、似合わにゃいと思っちゃいました。
読了日:12月03日 著者:音 久無
神様はじめました 5 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 5 (花とゆめCOMICS)
巴衛の為に頑張ってる奈々生。応援したくなっちゃいます!
読了日:12月03日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 4 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 4 (花とゆめCOMICS)
お籠もり巴衛がヤバいくらいに愛しいぞ! 亀姫の言葉と考え方が好きです。あと、ブチ切れっぷりも♪ めっちゃ旦那を尻に敷いてるよね(^_-)-☆
読了日:12月03日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 3 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 3 (花とゆめCOMICS)
瑞希不器用だなぁ(^_^;) いや、巴衛もなんだが。しかし、巴衛が変化した奈々生のチチがでかいのは何でかなぁ?(^_^;)
読了日:12月03日 著者:鈴木 ジュリエッタ
神様はじめました 2 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 2 (花とゆめCOMICS)
チビ巴衛カワイイです♪ クラマは思ったよりも気のイイ奴ですね。
読了日:12月03日 著者:鈴木 ジュリエッタ
GIANT KILLING(17) (モーニングKC)GIANT KILLING(17) (モーニングKC)
この巻で始めて王子がカッコイイと思った(^_^;) 緑川さん!!ステキ~!! さて、タッツミーの今回の試合の目的は何なのか! 続きが知りたいぃ~~!!
読了日:12月02日 著者:ツジトモ
GIANT KILLING(16) (モーニングKC)GIANT KILLING(16) (モーニングKC)
後藤や選手に対する台詞はこの過去があっての物だったんだな! やべ、深いわタッツミー。で、泣いたわ、この巻の中盤!!
読了日:12月02日 著者:ツジトモ
GIANT KILLING(15) (モーニングKC)GIANT KILLING(15) (モーニングKC)
赤崎、子供の頃から(^_^;) 後藤さん、ETUにずっといたわけじゃないんですね。予想外だ。しかし、タッツミー、あの過去があったから村越にあの台詞が言えたんだなぁ。
読了日:12月02日 著者:ツジトモ
GIANT KILLING(14) (モーニングKC)GIANT KILLING(14) (モーニングKC)
持田は……やっぱり!って感じでした。ケン様みたいに長くやってける選手って凄い(笑顔は何だか怖いけど)。いよいよタッツミーの過去話だ!羽田さんも若いね。
読了日:12月02日 著者:ツジトモ
GIANT KILLING(13) (モーニングKC)GIANT KILLING(13) (モーニングKC)
佐倉監督が文系人間っぽいのが気になります。過去がありそうだ! パッカの中身って誰なんだろうか。マジで気になる。
読了日:12月02日 著者:ツジトモ
GIANT KILLING(12) (モーニングKC)GIANT KILLING(12) (モーニングKC)
しまった。タッツミーよりも平泉監督が格好良く見えてしまった。持田が刹那的です(T_T)
読了日:12月02日 著者:ツジトモ
荒川アンダー ザ ブリッジ(11)(ヤングガンガンコミックス)荒川アンダー ザ ブリッジ(11)(ヤングガンガンコミックス)
てか、前巻のシリアス(?)っぷりは何だったんだ(^_^;) そして、出たよ、宇宙ウサギ(笑) TK=Eには何が起きたんだろうか。表紙も飾っちゃったし(>_<)
読了日:12月02日 著者:中村 光
SUPER LOVERS 第2巻 (あすかコミックスCL-DX)SUPER LOVERS 第2巻 (あすかコミックスCL-DX)
晴って残酷だよなぁ、全く! と、レンレン寄りな自分は思っちゃいます。双子が兄を冷静に観てる所が笑っちゃうんですよね。あの兄相手じゃ気苦労も多いだろう(^_^;)
読了日:12月01日 著者:あべ 美幸
風光る 29 (フラワーコミックス)風光る 29 (フラワーコミックス)
沖田さんが刀を使って塀を越えるシーンを見て、渡辺さんこのシーンを描きたかったんじゃないのかなぁと思ってしまいました。仕入れた資料を有効に使ってるところがGJ! カッシーに慣らされていってる土方さんが少し心配(笑)そして、今回も斎藤さんが不憫で仕方がありません(T_T) 笑っちゃったけど。
読了日:12月01日 著者:渡辺 多恵子
アトランティスの少女 (ノーチラス号の冒険 2)アトランティスの少女 (ノーチラス号の冒険 2)
アスタロトがイイ! にしても、少女怖いぞ(笑) 続きが気になって仕方がありません!!
読了日:12月01日 著者:ヴォルフガンク・ホールバイン

読書メーター

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »