フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月29日 (水)

金星特急3

金星特急 3 (ウィングス文庫) Book 金星特急 3 (ウィングス文庫)

著者:嬉野 君
販売元:新書館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ふふふ、面白い展開になってきました♪ 新キャラの王子様が中々食えないお方です( ^ω^ ) 砂鉄の過去も明らかになり、次巻はいよいよユースタスの過去に入ってくれるのかしらん? いや、その前に錆丸がどうなっちゃってるかを書いてもらうのが先ですね。

この作家さんは本当に自分の好みにマッチする方です。前回がチベットなら今回は遊牧民。しかも月氏っすかぁ!! いやぁ、いいよね♪ ゲルの中や小型の馬がメインだとか木製鞍だとか(・∀・)ニヤニヤ などと、背景にニヤニヤしながら、物語を追ってしまいました。

人間生き残るためには形振り構っちゃいられないよね! ってのが書かれていながらも、人を思いやる事も大切ってのがすんなりと胸に落ちる。その書き方が自然で巧いなぁと思います。キャラも背景がしっかりと見えるので、物語であってもかなり地に足のついた作りになっている作品だと思います♪

かなり気に入っているので、読む度に作品紹介を書いてるかもしれない(;´▽`A`` 今のとこと期待を外れることが無いので、最後までお供する覚悟でございます♪ 

2010年12月28日 (火)

色々ありますねぇ

登録している書き物サイトで若干モメてますね(;´д`)トホホ… 毎度の事だが、ま、それは仕方が無いだろうと思う。

書き物サイトだから、書き手と読み手、プロを目指すものとアマで楽しく書く者が、混在しているわけ。だから意見の食い違いや揉め事が多い。しかも、運営サイドの目指す方向が良く判らないんで、参加してるメンバーが色々とちょっかい出しながら方向を提案してみたりと色々苦労してるサイトです。

今回は要約すると「作品のレベル査定はするべきか」から始まりました。サイト自体は有料作品を載せる事が出来るが一応売りなのかな? だから自分は「そんなの一定レベルがなきゃ作品ださねぇだろう?」とか思って参加したんですが、読むと結構レベル差が激しいですね。つまり、下手な投稿も多い。はっきり言って「ちょっと待て。最低限読ませる作品を投稿するサイトじゃなかったんかい?」って思うくらい読めないのがあって辛い(||li`ω゚∞) 自分は読めないレベルの作品に当たってばかりだったんで、読むことに見切りをつけたくらい。それを証明するかのようにダウンロード数は減り活気も下火に。

サイトを良くしたいってのは判るけど、言動が過激で他者を怒らせたり、攻撃しているようにしか見えないって人もいたりして「おいおい、もう少し考えてやらないと、まともなのは引いてくぞ」って感じだった。実際そう思った事件でかなりの過疎化が進んで、残ったメンバーがようやく焦ってるって感じです。自分も傍観してたしね~ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ… ってな状態。

それがこの所、前向きに方向転換をしつつある模様。過激な行動から始まりそうだったんですが、ツイッター履歴を覗き見して情報収集。フォロアーを辿って内容を把握して組み立てれば何が主原因で騒動が起きるか判断出来ます。ツイッターでやり取りしてたら裏工作も何もないじゃん!!(゚m゚*) 始動メンバーはいつも騒動を起こしてる方々(そうでない方もいるけどね)だったんで、ここは今までの件の責任を取ってもらうといった意味合いでしっかりやって頂きたい所です。

根本的に現状に対する意見は同じらしいので、個別に連絡を取ったことのある参加者に自分の意見を送ってみたりして、それがどうツイッターで話されてるかを覗き見。状況を知らないだろうとツイッターの会話をしてる方々は思っていたようですが、ごめんね~、大人なんで情報収集と計算と打算をすべて呑んで連絡してんだよ、こっちは(・∀・)ニヤニヤ 公開性の高いもので会話してるんだから、油断しちゃダメだってばぁ!

……我ながら汚い手を使って誘導するような文章送っちまったなぁって感じです。方向も思惑通りの方向に行ったんで一安心。これで自分も読めるような作品が増えてくれれば楽しめるんで有難い。自分が主体で立案した事でもないからマメに行動しなくて済むしね。

ただ、ちょいと煽ったってのはあるので、協力はしないといけないなぁと思っています。それくらいのリスクは背負わないと。

汚い大人な事をするのは、このサイトだと3度目くらいか? 意見を揉め事無く実現させるには裏工作必要なんで、割り切って使ってますが、バレたらどう思われるか。いや、別にいいんだけどね、サイトの方が良い方向に行くのなら。

そうそう、会話の中で一人を槍玉に挙げて何様とか言ってたけど、そう言ってるか方々の意見を読んで何様?!って思ってた人も沢山いるとは気付かないんだなぁと、それを見て思ったりしました。文章だけのネット上の会話は、主観だけで反応してたら本心を読み取る事なんて出来ないんだし。物書きサイトなんだから、裏読みをしながら反応して欲しいよね。子供かよぉ! ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~ これは他の書き手さんとのチャットでよく出る台詞。参加者の考え方と行動が幼いって感じが物凄くするんだよ。精神年齢が低いんだろうなぁ。真面目に対応し過ぎると疲れるのだ。と、ブログで何気に毒出ししちゃう自分です。

2010年12月25日 (土)

クリスマスですね♪

この時期には、どうしても読みたい作品があります。

「クリスマス・キャロル」(ディケンズ)&「賢者の贈り物」(オー・ヘンリー)。大好き(o^-^o) 両方とも心がほっこり温かくなります♪ クリスマスのお話しですよ、二つとも( ^ω^ )

有名過ぎるんであらすじはパス!!

ちなみに「クリスマス・キャロル」をミュージカルにした映画があります。後に舞台で「スクルージ」というタイトルで上演されました。これがまた良い作品なのです!! 

舞台は……3~4年の間に5回観てるかな。舞台美術が妹尾河童さん♪ 主演は市村正親さんで観てました( ̄▽ ̄) オープニングの「A Cheistmas Carol」が大好きで、あのOP観たさに通ったのだ(;´▽`A`` CDも英語版・日本語版持ってるし、映画版のビデオも探せば多分あるわ。

毎回話の筋も解っているのに泣くんだよね、あの舞台は( ´;ω;`)ブワッ

http://www.youtube.com/watch?v=Fonr37BJwss&feature=related

つうことで、その曲を紹介!! 映画版なのでちょっと物足りないです。オケとコーラスの迫力が舞台より弱いかなぁ (´・ω・`)ショボーン

ちなみに朝のタイマーは現在この曲です。舞台版♪ 年内いっぱいはこれで起きます!

2010年12月24日 (金)

聖☆おにいさん

聖☆おにいさん(6) (モーニングKC) Book 聖☆おにいさん(6) (モーニングKC)

著者:中村 光
販売元:講談社
発売日:2010/12/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

雪降る聖夜にクリスマス・ケーキを買いに行く聖人二人( ̄ー+ ̄) でも中身は夏だったりハロウィンだったりします。しかもカラーの一コマ目が極道顔イエス(・∀・)イイ! そこでウケました♪ しかも発売はクリスマス・イブ~!! 下界のプロデュースも頑張ってますね(≧∇≦)

相変わらずテンションです。今回はブラックジャックな歯医者さんや、地味に働くラファエルさんやルシファーさんが見られます。天部の皆さんはワーカーホリックですね(笑) 弁才天さまがロックでキュートかつクールです(←訳わからん!!)

単行本収録中では「天国よいとこ一度はおいで!」が一番好きです。ラファエルの営業姿は何と言いますか……カワイイです。オバちゃんに囲まれたら対応できなさそうなツアコン(゚m゚*) ガイドブックが「神曲」なのが大笑いでしたね。あれ、地獄篇の頭でコケたんで、ガイドブックとしては敷居が高いですよぉ( ̄Д ̄;; 天界三大ガッカリ名所とか見てみたいですね♪ 蜘蛛の糸を垂らした穴を覗いてみたい! 地獄見えるんだよね(笑)

地獄ツアーの所で出てきた替歌が楽しいですよ。富士サファリパークの替歌。バスの中から本来の大きさに戻ったルシファーが観てみたくなりました。 Σ(゚д゚lll)デ、デカッ ! って驚きたいのだ。

m(. ̄  ̄.)mス・スンマセーン 読んでいないと解らないことを書いてますがお許しくださいませ。

作品を知らない方にニコ動にあった単行本1巻の朗読を。ブッダの声がイイですよぉ♪

2010年12月23日 (木)

路上教習に出ました(^_^;)

~(°°;)))オロオロ(((;°°)~ いやぁ、うろたえますね( ̄○ ̄;)! しかも歩行者や自転車が横断歩道もないところで頻繁に渡ってるわ、車道に出て歩いているわ、バイクは無理やり間に入ってくるわΣ(゚д゚lll)アブナッ ! もう怖いのなんのって!!

ごめんなさい!! 今まで車に乗ってる人の事なんて一切考えちゃいなかったよ!!

はい、気をつけて歩く&自転車に乗るように致しますι(´Д`υ)アセアセ

Image_270_2 と、そんな感じで思っているよりも頭を使って運転したので、お疲れさんの意味も込めて、久々に外でおやつ(* ̄ー ̄*)

武蔵野茶房のチョコレートケーキにティーフロート♪ 美味しかったです。チョコレートケーキを食べる勢いが止まらんかったです。

このお店はBGMにバロック音楽や弦楽器主体の物を流しているので心地よいです。それでつい長居をしてしまいます。

本日はモバイルを持ち込んでいたので、ついつい小説の方を書いてました。

http://ncode.syosetu.com/novelview/infotop/ncode/n5466p/

これの2回目原稿。会議室の話しをつらつら~とやってました。キャラの台詞が正しいか心配になり、その後は図書館へ。SFとかは突っ込み入るんで怖いのですよ(´;ω;`)ウウ・・・ 似非SFだしな! 自分のは!(;´▽`A``

2010年12月22日 (水)

うつけバー NOBU

「戦国鍋TV」って番組を先程初めて見たんですが…… お、お腹が痛い~~~~!!!

東京近県の地方番組でいいのかな? でやってるゆる~い番組なのです。「何となく戦国が解る番組」ってのがウリみたいです。面白過ぎるんで You Tubu へ!!

http://www.youtube.com/watch?v=aQmvolHAWzQ&feature=related

メジャー武将なんで理解り易いと思います♪ 知らなくても充分笑えると思いますよ(^_-)-☆

歌番組仕立てで戦国武将をアイドルグループに仕立ててるコーナーがあります。たまたま見たのが利休の弟子って言われてる七大名がチェッカーズをモデルにしたグループになってたヽ(*≧ε≦*)φ 

「へうげもの」(漫画です。講談社刊)と見比べながらアイドルの面々を見ると尚笑えますよ。織部カッコいいじゃん!!( Д) ゚ ゚

いやぁ、これも歴女なんてのがメジャーになったから……じゃないだろうなぁ。戦国BASARAで腐女子が戦国武将に飛び付いたからだろう。

個人的には幕末で類似番組制作希望!! バー松下村塾とか熱血鳥羽伏見とかいかがっすか(*^ω^*)ノ彡

戦国よりも幕末歴女の方が多いと思うんだけどなぁ( ̄▽ ̄)

2010年12月21日 (火)

高橋竹山(初代)

羅川さんの津軽三味線漫画にハマってるので、You Tube などで津軽三味線の動画などを見るようになりました。同じ曲でも速さ音の強さが違っててかなり面白いです。クラッシックやミュージカルの聴き比べと一緒ですね♪ 元々聴き比べは好きなので同じ曲を延々聴くのが苦痛ではない自分です( ̄ー+ ̄)

昨夜も聞いてました。夜中だと音の違いが良く聴き取れるんですよね。ほら、夜中って他の音が聞こえなくなるじゃないですか。だから聴き分けがしやすいんです。

その中で一人、音の違う人がいました。それが初代の高橋竹山(ちくざん)氏。重いんですよ、一音一音が。高音部分の軽やかなフレーズでさえ重い。それが妙に心魅かれるんです。……もっと聴きたくなりました。出来ればライブで。でも、もう亡くなられてるんですよね(;ω;)残った音源でもこんなに魅かれるんだから、ライブだったらきっと泣いたんじゃないかなぁ。

上妻宏光さんや吉田兄弟は前から聴いていて上手いねとは思っていましたが、そんなに魅かれなかったんです。さらっと聴くには良いけど、聴きたいとまでは思わないって感じ? 

音は好きなんですよ♪ 三味線(o^-^o)

実は弾きたい楽器というのが幾つかあって、チェロ(ヴァイオリン)・二胡(馬頭琴)・琵琶(三味線)でした。( )内は類似楽器の二次候補。アコースティックギターが無いのは、昔手を出して自分には合わないって思ったんで!! 音が好きじゃないみたい。

現在はヴァイオリンを弾いてます。一番手頃で習い易かったってのも大きかったですし、ネットで激安だったんで買っちゃったってのもあります(;´▽`A`` 

楽器は弾き慣れてくると気持ちを乗せて音を出すことが出来るようになるものです。音=声。自分はまだまだ声にすらなっていませんが、竹山氏は声を超えて生き様を語っちゃってる感じがする音です。こんな演奏が出来る人ってどんな人なんだろうって思います。

で、調べたところ、かなり苦労されていたようですね。幼い頃に視力も失っていますし。だからあの音色なんだ。重い、地を慎重に踏みしめてるような音なんですね。今度CDを探してみようかと思います♪

2010年12月19日 (日)

仮免試験に合格しましたぁ(T_T)

めでたく一発で合格ですぅ。ええ!マジかぁ?!∑q|゚Д゚|p という程に自信が無かった。学科は自信あったんですけど、実技がねぇ…… 普段エンスト&坂道でバックする、ヨレるわカーブで膨らむわでしたから( ̄Д ̄;; 他の方々より6回は多く乗ってたし、1回は自主連追加したからそこそこ乗れてないと困るけど(^_^;)

特に難関だったのは坂道発進。マニュアルなので、バックスしたらアウト! って言われてたの。しかも経路は一番当たって欲しくない番号でした。進路変更が慌ただしくなっちゃうから。

ひゃぁ~~~!!! や~め~てぇ~ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。 ってのが、試験用紙を渡された時の心境。

でも、2番手だったので助かりました。コース確認しながら安全確認の練習が出来たもの。エンジン音も確認出来たし、ギアチェンジも「ローに入れるんだぞ! ローに!」って叩き込みながらの後部座席待機。

でも、一番の合格要因は、試験官が物凄く教え方の巧い教官で、その人に教わった所を思い出しながら乗れたこと。

その教官と一度練習していて、その際に、ハンドル操作、クランクの入り方、坂道発進、安全確認、クラッチの踏み具合を事細かく、場合によっては図解してタイミングの測り方を教えて貰ったんです。しかも、その時は自信が無くて「どこがどう上手く行ってないのか解からないですぅ(T_T)」って泣きついてたしね。おかげでその後から安心して練習が出来るようになったんだから、本当に恩人だぁ、巧い教官だぁ( ´;ω;`)ブワッ と感謝してたんですよ。その方が試験官。「恥かけない!! 思い出せぃ!!」となり、ミスの多かった坂道発進も無事にクリア出来たのでした。

実技の講評はセカンド発進とヨレた所を注意されましたが、他の部分は良かったみたいです♪ 教官、ありがとうございました(。>0<。)

学科は迷った所も無く時間が物凄く余って暇でした。見直しても時間が余って「教室出たい」と思うくらい。寸前に読んでいた部分の問題が3問あったってのも良かったです。うん、楽勝!となってました。……これで落ちたら間抜けだったなぁと思ったりして(^_^;)

学科の結果発表までは時間が空いたので、講義を1時間受けてました。しかし、殆どVTRを見るだけ。腰が痛くてちょいと辛かったです。

講義の後は結果発表。無事合格!! いやぁ、良かったぁ。最低1~2回は落ちるって言われたんだけど一発合格だ。年内に路上講習が受けられます♪ 

仮免が出るのは明日の夕方。明後日からは路上に出れるね。ということで、本免許までもう少し! 頑張ります!! 

2010年12月18日 (土)

「いつでもお天気気分」&「ましろの音」

済みません、またまた羅川真理茂さんの作品紹介です。デビュー時から好きなので許してつかあさい!!  

いつでもお天気気分 4 (花とゆめCOMICS) Book いつでもお天気気分 4 (花とゆめCOMICS)

著者:羅川 真里茂
販売元:白泉社
発売日:2010/12/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちらは1話が載ったのが……1993年だ。17年前だよ!! ってのにびっくりです。う、当時雑誌で読んだなぁ。ちなみに紹介する最新刊は4巻です。この話は男子高校生3人の学園生活がメインのラブコメ(←ちょっと違うかも)です。3巻の時点で皆さん目出度く恋人GET! 悩みながら恋愛が展開している4巻です。

くーちゃん・秀ちゃんは義理とはいえ姉弟である為の悩みを抱えつつも前向きに頑張っているという話が載ってます。うん、この二人はさっさと両親に相談しちゃいなさいよ、って事しか言えません(^_^;)

赤馬さんは修学旅行中に女子にアタック掛けられ、なんだかんだとその女子と彼女の幼馴染み(男)の仲を取り持つ(?)ことに。その間、彼女の猪又さんに頼まれたお土産が思い出せずに悩みまくってると言う可愛い面も見せている話。主役だけあって話が一番長い!(主役で良いんだよね?)

進之介くん&御堂さんの二人は何て言うか、微笑ましいなぁという、恋愛初心者の初々しさタップリな話。大人っぽい御堂さんが焼きもちを焼くシーンがとて可愛い。この巻の中では一番好きな話です。

しかし、内容紹介なんだろうか、上の文章は(^_^;)

感想ですが、青春だねぇ。そして、赤馬くん&秀ちゃんは「高校生か?」ってな大人っぷり。進之介は普通に高校生だねって思えるのに。いかに前の二人が恋愛で苦労しているかが偲ばれます(T_T) 頑張っておくれ。そんな重たい二人の話の間に進之介の話が入るとちょっとホッとします。いいバランスのキャラ配置ですね♪ さて、これからどうなるのかしら。忘れた頃に単行本が出る作品なので、進展が遅いんですが、明るい展開が見えるので気楽に読んでいけるシリーズです。

ましろのおと(2) (月刊マガジンコミックス) Book ましろのおと(2) (月刊マガジンコミックス)

著者:羅川 真里茂
販売元:講談社
発売日:2010/12/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

それに比べるとこちらの作品はまだまだ見通しが暗い感じ。演奏者としては欲が無い雪(主役)。でも、人の為になら音を出せるっていう厄介なスタイルの演奏者。あ、書くのが遅れましたが雪は津が軽三味線を弾いています。演奏者と一人の人間として雪がどのように成長していくかを描く作品です。

春暁という曲を軸に展開しているのですが、2巻はその曲を雪の同級生が祖母の為に弾きたいと願っていて、その想いに雪が動かされ彼女の祖母に曲を聴かせるまでが描かれています。演奏中にその祖母が回想する場面があるんですが、そのシーンが泣ける(T_T) 

ああ、もう、何て描き方が上手いのよぉ!! 腹が立つくらいに大好きだ!!(←えと、これは泣かされるって予感がする流れで必ず毎回泣かされるから。かなり悔しいですよ。自分が泣くのが判ってると。でも好きなのだっていう捻くれた気持ちです) 

どちらも読みやすいし面白いですが、個人的には「ましろ」の方が好きです。多分、恋愛ものがあまり好きじゃないからだと思う( ̄Д ̄;;

にしても気になったのは表紙。「いつ天」はパソコンで、「ましろ」は手描き。少女漫画的な柔らかい感じの色と線。少年漫画的ながっちりとした線とアングルとはっきりした色使い。でも、両方とも男の子が表紙なんですよね。並べて見ると、少女漫画と少年漫画の描き方の違いを凄く意識されてるなぁって思います。面白いなぁ。しかし、「ましろ」は何だかボクシング漫画のような容姿です。雪(笑)

2010年12月17日 (金)

アルマの伝説~君の知らない犬物語

NHKの子供向け番組で4日に分けて放映していた番組です。軍犬や軍馬に関しては興味があったので録画してみました。いやぁ、この中で放映してたドラマが中々でした。役者陣が豪華!! こいつは2時間くらいで放映する特別ドラマがあるなと思い調べたところ、放映予定日を入手。

「さよなら、アルマ~赤紙をもらった犬」12月18日(土)21:00~NHKで放映です。小栗旬くんや池内博之さんが出演してます♪

見た番組は犬のアルマ(声:神木龍之介くん)の目線からから語られていましたが、たぶんドラマはアルマを追って戦場に向かった青年が主役になってると思います。ちなみにあらずじはこんな感じ。

飼うことが出来なくなった犬―アルマ(シェパード)との別れを嫌がる子供の姿を見た青年が、その犬を引き取ります。しかし戦時下では自分たちが食べていくのがやっとな状態。犬の餌を自分の親が近所に頭を下げながらもらう姿を見た青年は、アルマを軍犬として訓練することを決意します。軍犬として訓練されればアルマに食費が支払われるからです。しかし、訓練を終え試験に通ったアルマは軍犬として召集されます。元の飼い主の子供達に青年は詰られ、彼は子供達にアルマを返す為、犬の訓練士として満州へと向かいます。そこで偶然アルマと再会し、青年はアルマと共に戦線へと向かうことになります。

以下は結末までのネタばれになりますので紹介は控えます。動物ものの典型的な流れだなぁと思う展開になっていくんですけどね。

しかし、この番組の中で「犬狩り・猫狩り」のチラシが出てきて少々ショックでした。空襲などで犬や猫が人に危害を加えるから・狂犬病の予防のため・軍人の防寒着を作るためといった理由で、犬猫を軍部は狩りたてたんですね。寝食を共にした生き物を差し出す当時の人々はどんな気持ちだったんでしょうか。せつない(T_T)

2010年12月15日 (水)

日曜に仮免試験です

いよいよ仮免を受ける事になりましたぁ( ̄○ ̄;)! 間が試験まで開くので心配だぁ(T_T)

マニュアルで教習を受けていますが、間が開くとクラッチの踏み方が甘くなってエンスト続発するんだよぉ~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 つうことで、もの凄く不安なのだ。でも、なるようにしかならんわなぁ。追加で金払って金曜に乗ろうかと思っております。

路上に出る前になるべく安全な運転が出来るようにならないとね♪

ええ!! 今ニュースで都条例の規制決まったってやってます。ちょい待てやぁ! 言論の自由の侵害だろう、都条例。っぽいものが駄目ってノリの条例だったら、見かけが幼い絵とかもNGってならんか? 頭ごなしにエロNGってのもどうよ? とか思うんだが。子供にそういうの見せちゃ駄目って言う思考が解からんなぁ。隠せばその分ネットの危ないサイトに手を出して問題が大きくなると思うよ。特に東京は事件に発展しやすい環境じゃないかと思う。容易に予測出来るだろうに…… そういった対策するならネットからだろうと思うんですがねぇ。

しかし、都知事も副都知事もあれで文筆活動してたとは。正直、低能? とか思う言動が多くて情けないです。自分は石原には投票一回もしてないですよ~。

2010年12月13日 (月)

このマンガがすごい!-2011

祝! ヤマシタトコモ オンナ編 1位・2位受賞!! インタビューが載ってたんでつい、雑誌買っちゃいました(^_^;)

3年前、BLを読まないと漫画好きって言えないよね? と当時BLを読んでいなかった自分は、このBLがすごい!で1位だった「くいのの処 明楽」を買ったのでした。……面白くて目から鱗ぼとぼと状態でした。

いやぁ、上手い作家さんってどんなジャンルでも行けちゃうなぁと久々に思ったな。羅川真里茂さんとよしながふみさんが、そんな感じの作家さん。その2人にとても似た匂いを感じて一発で気に入りました。現在はそれが実証されたかのように男性誌での連載もしています。前に紹介した「BUTTER!!!」がそれ。

今回1位になった「HER」は女性の赤裸々な心理が描かれた連作シリーズ。この中の写真家の老婆(レズビアン)の出てくる話が好きです。「貧しい友達だね」って台詞が印象的です。ここから主人公の女子高生との会話が続くんですが、その会話に重みがあって、凄く心に響くんですよ。大好きだ!

2位の「ドントクライ,ガール」は、突然、父親の友達の家に居候することになった女子高生の話。その人は男性で裸族(真っ裸で生活する人)でした。しかも変態さん。しかし、ちょっとした優しさや、服を着て外に出れば結構イイ男さん。なんだかんだで主人公は自分から猛烈アタックかけて裸族をゲット! てな感じ。笑える(*^ω^*)ノ彡 抱き合わせの話がシリアスのドン暗な話で、この人の巧さが良く解る1冊です。

オトコ編の1位は「進撃の巨人」が圧倒的でした。1巻の表紙を見た時から気になって仕方のない作品なんですが未読。レンタルする際につい忘れちゃうのだ。

2位はマンガ大賞受賞の「テルマエ・ロマエ」です。古代ローマ人が現代日本にタイムスリップを繰り返し、その都度日本の風呂文化をローマの風呂文化に反映させていく話。平たい顔族と呼ばれてますよ、日本人∑q|゚Д゚|p いや、確かにそうですけど(^-^; 面白くて、ゆっくりお風呂に入りたくなります。

上位で未読の気になる作品は「悪の華」「さよならもいわずに」「読経しちゃうぞ!」くらいかなぁ。買うまではいかないですけれども。

個人的に今年のベストを考えてみました。……中々浮かばん(^_^;) 今年に入って初めて読んだってので考えると「宇宙兄弟」「GIANT KILLING」「ヴィンランド・サガ」「ヒストリエ」辺りかなぁ。青年誌長編強し! 次点で「flat」「うさぎドロップ」「町でうわさの天狗の子」「夢結び恋結び」かな? あ、「7SEEDS」もいいなぁ。これらは女性誌。

作家さんだとBLばっかです(^_^;) 西田東さん、腰乃さんだね。癖ありな感じが好き。

短編は「朝がまたくるから」「影あるところに」「矢継ぎ早のリリー」ってとこです。特に「朝が~」はドストライクな作品でした♪

2010年12月11日 (土)

とばっちりで椅子投げ付けられましたぁ(T_T)

クリスマス会の準備♪ がぁ!! ちょいと問題発生です。

障害を持った大人の方たちの活動サポートなのですが、本日はどうも行動が危ない感じの方がいました。事前に「今日は注意した方がいいかもしれないです」と事務局の方に耳打ちして活動をしていたのですが……

ボランティアスタッフと会話をしていたその方。近くで話に聴き耳を立てながら流れを把握しつつ活動をしていた所、雲行きが怪しい方向へ行き始めました。切れると暴れる方なので、取敢えずその段階で近くにある刃物を撤収。ヤバいなぁ、そろそろ切れるなぁと思っていたら急に立ち上がりました。どうやら椅子に手をかけた模様。

で、自分が取ったのは頭のガードです。角度的にかなりヤバい場所だったのだ。案の定、頭直撃コースで椅子が飛んで来ました。腕を頭から30センチばかり離していたので、被害は右の手首のみ。最良の判断だったなぁと自分でも感心した退避っぷりでした( ̄○ ̄;)! 立ち上がってたら、椅子の勢いで腰を机に強打してた所だったね。そうしてら他の人もかなり被害を受けたね。褒めて~って感じです( ̄▽ ̄)

その後は事務局の男性スタッフ2名が取り押さえて下さいました。いやぁ、カッコいい♪ 

それにしても、ボランティアの男性スタッフよ、あんたら何故手伝わん!! という所でかなり憤ってしまいました。年配だったり弱そうだったりするメンバーしかいなかったけどさ、それはいくらなんでも酷くないかぁ? 事務局スタッフさんは消耗して顔色真っ青になったりしてたのにさ。おいおい凸(`、´X) 

骨も異常ないし、今の所、痣も出てません。でも、ちょっと痛いのん(ノω・、) ヴァイオリンのボウが持てるのかが心配ですぅ(´;ω;`)ウウ・・・ 1月に発表会が決まったのにぃ。

2010年12月10日 (金)

こんな日が来るとは思っていませんでした(T_T)

長年フィギュアスケート(男子)を観ていますが、何と、グランプリファイナルで日本男子が3人出場。それさえも夢かと思うくらいなのに、本日のシングルの結果が上位4位に3人とも入ってるんですよぉ!!

本当に信じられないですw(゚o゚)w 鍵山さんが頑張ってたあの頃。本田君が出てきてちょっと話題になったあの頃。高橋が打たれ弱かったあの頃。今のような事になるなんて想像もしていませんでした。

いやぁ、本当に嬉しいですよ。小学校から観てるから……○○年という長い時間が過ぎてる。鍵山さんの名前が出る段階で年齢バレそうですけどね(^_^;)

明日のフリーがどうなるのか。個人的にはメンタル面が弱くてずっとハラハラしながら応援してきた高橋に頑張ってもらいたいです♪ 今は随分強くなって安心して観ていられます♪ 

初めて観たのはジュニア大会かな? その頃から彼のステップが好きで、いつかはステップで王者になって欲しいと思ってましたね。多分、フィギュアファンは彼のステップをそんな想いでずっと見ていたんじゃないかと思います。世界選手権を取った時は本当に嬉しかったんですよ。そりゃあ、もう、親戚のおばちゃんな気分(* ̄ー ̄*)

応援してるぜ~!! 今年は珍しく女子も見ようかと思います。佳菜子ちゃんカワイイよね♪ ボナリー以来じゃないか? 女子に興味を持ってるのは(^_^;)

……職業訓練校の試験に落ちましたぁ~(T_T) こちらも気力と気合だぁ! ということで敢えて落ちる事を考えないでいたので、結果を見て腑抜けています(;ω;) でも、自動車教習所に来月も通う余裕が出来たので助かったって気持ちも大きいなヽ(´▽`)/

2010年12月 8日 (水)

SPACE BATTLESHIP ヤマト

「宇宙戦艦ヤマト」のアニメが好きな者としては観に行くのが義務でしょう( ^ω^ ) ということで観てきました♪ 面白かったですよ、予想よりも。まぁ、正直に言うとあまり期待して無かったんですけどね。

キムタクって時点で「古代くんがキムタクですかぁ???」だったから( ̄Д ̄;; ごめん、キムタク、悪かった。良かったよ! とまず詫びておきましょう。

んで、感想ですが……良かったです。原作の雰囲気を壊さず、且アレンジを現代風にして、それでいてファンサービスもありでしたね。アナライザーやデスラーやスターシャ(映画ではイスカンダル)は同じ役者さんだったし、音楽とナレーションもかなりクラッとなりました(*^.^*)

ただね、やっぱり長い航海を短くまとめているので、展開が早いなぁってなります。だからラスト付近の真田さんの「お前のことを弟のように思っていた」って台詞に説得力が無い。原作だと航海中のエピソードの重なりであの台詞は泣けるんだけど、映画は「そんなに接触ないだろうが!!」とか思っちゃうのだ。

それと、伏線としてのラブシーンが唐突だったなぁと(゚ー゚; 二人は昔付き合ってたん? とか思っちゃうじゃんかぁ!! そうじゃなきゃ、古代が成り行きで手を出してるんじゃ? って流れでした。その後はいきなりラブラブモードかいなぁ(・_・)エッ....? です。

もう一つ心配ごと。これってトレッキーから文句が出ないか? という設定にしちゃってる部分。ネタばれしますが、ガミラス星人の設定がまるで「スタートレック」のヴォーグなんですよぉ∑(゚∇゚|||) ヤバくないですか、それはぁ!! とか思ったのは自分だけか? αでありωって……聖書かい! 神かい! 使って大丈夫かぁ!! というのもありましたし。

配役は良かったんじゃないでしょうかね。皆さん頑張ってましたよ。柳葉さんの真田さんはちょっと気になりましたが。何かね、原作のモノマネっぽく見えちゃうの。台詞回しがまんまだぁ(^-^; いや、もうちょっと、違っててもいいよ? 島君や藤堂司令みたいにさぁ(T_T) それが残念でした。

原作好き目線で見ると、徳川機関長、南部さん、山本さん、斉藤さんあたりが結構良かったです。斉藤がぁ?! とか突っ込まれそうですが、騎兵隊のやんちゃな部分が出てたと思うの。山本は役としては活躍してないけど、散り際のシーンが「ああ、山本さんだねぇ~。最期までかっこいいのは」って感じでしたし。機関長はやっぱ営倉と最期のシーンでしょうね。原作でも機関長大好きなので贔屓入りまくりですが。南部さんは何て言うか、良く名前を呼ばれてるのに地味で目立たないけど頑固って感じがすごくらしい(≧∇≦)

CGやデザイン、カメラアングル。これがまた、堪らなく良いです。個人的には。

特にヤマトの発進する場面とか、航海するシーン。アニメのアングルをまんまやってくれる所が堪りませんo(;△;)o ヤ、ヤマトだぁ~(T_T) ってなるの。条件反射だよね。パブロフの犬なった気分。あのアングルと音楽=ヤマト(ハフハフと尻尾を振る)ってな状態です。

ガミラス軍のメカデザインが生き物っぽいのは、ギーガー以来定番だから、まあ仕方が無いかなぁ。アノマロカリスっぽいのがいたのが笑えました。ハリウッド映画の宇宙船(異星人仕様)のデザインだなって感じです。あ、でもちょっとコスモゼロはバルキリーっぽかったか。マクロスですね。カーゴはアニメのっぽかったけど、最近の映画だとアバターのが似てたかなぁ。まあ、元々は軍のメカがモデルだから似通って当たり前か。

元々は打ち切りによる話数削減の中で放映を終了した作品なんですよね、ヤマトって。それが実写になっちゃうなんて凄いなぁ。しかも愛されまくってます。日本人の好きなテイストテンコ盛りですもんね、良く考えれば。

2010年12月 6日 (月)

GIANT KILLING

GIANT KILLING(1) (モーニングKC) Book GIANT KILLING(1) (モーニングKC)

著者:ツジトモ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ようやく単行本17巻まで読破したので感想を。1巻出た時に表紙が気になってた作品だったんですよね。買っときゃ良かったと物凄く後悔しています! それくらい面白いんですよぉ(。>0<。)

東京がホームのプロサッカーチーム、イースト東京ユナイテッド(ETU)が以前チームに選手として在籍していた達海猛を監督に据える所から話は始まります。弱小チームで1部リーグにギリギリ残ってるといった状態のETU。達海を監督にすることで起死回生を狙いますが、達海の辞め方が、当時を知る選手・サポーター・運営陣が恨みを抱く様なありあさまだった為、不信感が大きく前途は多難といった様相。どうなる、ETU! ってな感じの始まり方です(゚▽゚*)

まず、キャラクターの作り込みが上手いなぁと思いました。主人公格から脇役までが、結構細かく作られてるのが良く解ります。群集劇っぽい作品ですね。主人公が軸ではあるんですが、どちらかといえば、個を主体にしながら、全体の人物群像を描いている。個々のドラマを作り、それをベースにチームが出来あがっていて、一つの目標を目指してるといった感じでしょうか。で、花形である選手も裏方陣も同様にスポットを当てている。だから、サッカー漫画でありながらもメインは人間ドラマなんですよね。なのでサッカー自体を知らなくても面白く読めちゃいます。

個人的には裏方のGMの後藤や広報の有里、スカウトの笠野を追っている感じです。あと、記者の藤澤さんやカメラマンのおじさま(名前覚えてないなぁ)。選手だと椿と王子と世良あたりでしょうか(^_^;) 当然、監督の達海も大好きです♪

と、作品が面白かったので、ついつい二次創作して遊んじゃいました。

http://ncode.syosetu.com/n3337p/

ETUサポーター「スカルズ」の羽田さんの語りです。こんな心情だろう! とか思って、教習所の乗車キャンセル待ち中に暇つぶしに書いてみた(^_^;) 単行本16巻を読み終わってから読まないと解かりませんけどね、流れが。

この作品、実はNHKでアニメが放映されたりもします。それがまた面白い! オススメです。自分はこのオープニングの曲とアニメーションが大好き(・∀・)イイ! 歌い手さんの声が良いんですよぉ~!! 

2010年12月 2日 (木)

職業訓練校の試験

終わった! 筆記も面接も終了~!! これで自動車教習所の方に集中出来るヽ(´▽`)/

いやぁ、漢字練習と数学の復習をしっかりやって良かった。思ったよりも空白が少なかったのが嬉しいです(←おいおい!) 

が! 数学の問題で答えが出てたのに問題の理解が間違ってたのが1問あって、それが悔しい!! 平方根じゃなくて平方…… 答え出てたのに平方根と勘違いして「自然数にならねぇ!! 何で!!」とか思ってた自分よ……バカかい。そこが書けて、時間があと5分あれば数学全部解けたのに。悔し過ぎるぞぉ(`Д´)

面接はアピールしまくってたので、それがマイナスにならない事を祈ろう(゚ー゚;

筆記試験会場で、先日の学校見学会で意気投合したメンバーと偶然席が近くに固まっていたので、かなり賑やかに過ごして浮きまくっていました。騒いでたのその一角だけ。実はそのメンバー、たまたま自分が言った一言が縁で意気投合したのだ。見学の質問で「職安に過去問ありましたよ?」って言ったのが切っ掛け。見学会が終わったら声掛けられたのだ(=´Д`=)ゞ

だって「言っとかなきゃフェアじゃないじゃんかよぉ!!」って、思ったんだもん。

そしたら今日「人を蹴落とすのが有利な状況で集まってるメンバーにそれ言うかのかぁ! すげえ! 自信あるのか?」って思ったって言われたよ…… ん? もしやそんな理由でみんな黙ってたのか? あの質問が出た時。自分の本心は上記+ここでライバルいるんだぞって追い詰めなきゃ勉強しねぇぞ? と思ったからなんだが。良い感じに解釈されててかなりビビったっす((・(ェ)・;)) 

面接前もひたすら情報交換に徹し、皆で面接終了後、お昼食べて3時間程女子会状態でした。今日知り合った方2人追加で合計6人。そして「実は煩いって思ってたのぉ」とか言われちゃったぁ。ま、真面目に試験受けに来てるんだから、普通はそうだよね。

でも、勿体ないじゃんか、同じ方向を見てる人の話を聞かないでムッツリ黙ってるなんて。緊張する時間も勿体ないし。ここはガツガツ話すが吉! 福祉系に本気で進みたいって感じの人達だったし、持ってる情報は全部流しましたよ。で、ついでにボランティアのスカウトもしちゃいました!! うん、有意義♪ 周りは迷惑だっかなぁ? でも、かなり良い気分で明るく帰れたのが何よりの収穫でした。

ちなみに自己紹介はしてないんですよ。それなのに、よくもまぁ、賑やかに話してたなぁ。こういう出会いも楽しいです(* ̄ー ̄*)

2010年12月 1日 (水)

11月に読んだ本です

ん? 漫画ばっか!!(゚ロ゚屮)屮 いや、よくよく見れば小説と資料もチラホラありますかね。活字が今回はあまり面白くなかったんで印象に残っていないというのもありますが。

今回のお薦めは「3月のライオン」と「GIANT KILLING」。前者は数回前で紹介済。後者はサッカー漫画です。アニメで観て面白いなぁと思って原作を読んだら、原作の方が面白かった!! 弱小チームが勝ち上がって行く姿が、チームやサポーターの成長と共に見れてワクワクする作品です。早いとこ連載に追いついてリアルタイムで続きを追って行きたいですね♪ モーニングは立ち読みできるので(;´▽`A``

活字は……前に書いてある通り。面白いってのがありませんでした。まぁ、試験勉強だ、教習所だ、投稿原稿書かくとかなってたので小説が読めなかったってのもありますが。12月は面白いものが読めるといいなぁ。

11月の読書メーター
読んだ本の数:50冊
読んだページ数:8442ページ

天を見つめて地の底で―新章―(1)(ボニータ・コミックス)天を見つめて地の底で―新章―(1)(ボニータ・コミックス)
高橋さんの作品ではこれが一番好き!! 洋ぃ~、腹決めろや!ってなぐずぐずヘタレっぷりです(^_^;) まぁ、洋っぽいって言えば洋っぽいんだけど、それじゃあ、あまりにも聖が可哀相じゃん。聖が傷付くって気づいて欲しいですね。
読了日:11月26日 著者:髙橋美由紀
3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)
後藤さんが予想外! ヤバい、ちょっと惚れそうなんですが(^_^;) そして、またまた男前なキャラ登場。隈倉さんの食いっぷりカッコいいなぁ(//Δ//) 零ちゃんのひなちゃんへと誓うシーンは、まるで中世の騎士のようでした。(←棋士だけにね。……辻井さんみたいな事を)
読了日:11月26日 著者:羽海野 チカ
GIANT KILLING(11) (モーニングKC)GIANT KILLING(11) (モーニングKC)
ベテラン陣の活躍がステキ♪ 地味だけど確実でよく見てるってのが好き。これからガツガツとレギュラー争いで頑張って欲しいです! そして気になるのはスカウトの笹野氏。どこまで先のビジョンを見て選手を選んでるんだろう。インタビューしてみたい!って思うのは藤澤女史だけではないと思うぞ!
読了日:11月25日 著者:ツジトモ
GIANT KILLING(10) (モーニングKC)GIANT KILLING(10) (モーニングKC)
カレーパーティー、いいなぁ。参加したい! ってか、一緒にカレー作りたい! 藤澤の姉さんがETUに入れ込んでいってるのがいいですね。段々と高飛車っぷりが減ってるあたりが(^_^;)
読了日:11月25日 著者:ツジトモ
GIANT KILLING(9) (モーニングKC)GIANT KILLING(9) (モーニングKC)
世良、やったぜ~~!! 思わず拳を握ったぞ! そして椿ぃ~(T_T) その考えに激しく賛同ですぅ!!
読了日:11月25日 著者:ツジトモ
GIANT KILLING(8) (モーニングKC)GIANT KILLING(8) (モーニングKC)
ああ見えてシリーズが笑えた(^_^;) スカルズの羽田さん、信念で応援してるんだね。悪キャラかと思ってましたが、かなり深そうです。サポーターの変化も楽しみだ!
読了日:11月25日 著者:ツジトモ
COPPELION(8) (ヤンマガKCスペシャル)COPPELION(8) (ヤンマガKCスペシャル)
遥人ぉ~(T_T) しかし、アクションでまだ引っ張るのかいな? 正直、飽きてきてます。
読了日:11月25日 著者:井上 智徳
花と悪魔 2 (花とゆめCOMICS)花と悪魔 2 (花とゆめCOMICS)
にゃんこ♪ 花をくわえてお礼参り(←何か物騒)がカワユイ!! 嫉妬してるビビも良かったです。
読了日:11月25日 著者:音 久無
花と悪魔 1 (花とゆめCOMICS)花と悪魔 1 (花とゆめCOMICS)
連載の最終回で思わず泣いてしまって、読んでみたくなりました。ビビ、花のこと本当に大好きなんだなぁ。ビビが主役なのかしら、一応? 連載中は花かと思っていたので驚いた。
読了日:11月25日 著者:音 久無
神様はじめました 1 (花とゆめCOMICS)神様はじめました 1 (花とゆめCOMICS)
そんな形で神使になったんですか、巴衛は。奈々生もそんな経緯で土地神になったんですか! いや、びっくりでした。連載から入ってるんで(^_^;)
読了日:11月25日 著者:鈴木 ジュリエッタ
テガミバチ 11 (ジャンプコミックス)テガミバチ 11 (ジャンプコミックス)
やっぱりノワールだったか! そんなシリアス展開の合間にあった一コマ漫画で思いっきり脱力。ゴーシュ……手紙が大事なのは解かるけど(T_T)
読了日:11月25日 著者:浅田 弘幸
テガミバチ 10 (ジャンプコミックス)テガミバチ 10 (ジャンプコミックス)
ア、アリアさん~? よくそれでBEEやれてたなぁ(^_^;) きっとボルトのおかげだろう。
読了日:11月25日 著者:浅田 弘幸
お江戸の意外な商売事情―リサイクル業からファストフードまで (PHP文庫)お江戸の意外な商売事情―リサイクル業からファストフードまで (PHP文庫)
個人的に気になったのは「錦袋円」ですね。開店当初、店員に美少年を集めてたって(^_^;)
読了日:11月23日 著者:中江 克己
犯罪精神医学入門ー人はなぜ人を殺せるのか (中公新書 (1796))犯罪精神医学入門ー人はなぜ人を殺せるのか (中公新書 (1796))
生い立ちや機能障害や病歴などを検討しつつ犯罪者の罪を判断するってのは難しいってことですね。人を殺す動機は様々あるということでの副題が「人はなぜ人を殺せるのか」ってことでしょうが、この副題で本を手に取った人にはやや納得できない部分もあるのではないでしょうか。
読了日:11月23日 著者:福島 章
ローゼンメイデン 4 (ヤングジャンプコミックス)ローゼンメイデン 4 (ヤングジャンプコミックス)
まかなかった方のジュンは自分の居場所を確保出来たようですね。というか、これからどこにしようか決めるのかな? 今度はまいた世界の話らしいですね。チビジュンの出番が多くなるんだな!楽しみです♪
読了日:11月18日 著者:PEACH-PIT
さらい屋五葉 8 (IKKI COMIX)さらい屋五葉 8 (IKKI COMIX)
政が五葉の要ですね。完全に。西か……大坂で仕事するのかな。イチの涙に自分も泣きそうでした。
読了日:11月18日 著者:オノ・ナツメ
GIANT KILLING(7) (モーニングKC)GIANT KILLING(7) (モーニングKC)
し、試合の途中で終わっとるではないですか! 借りて来てないのにぃ~(T_T) 続きが気になる!
読了日:11月18日 著者:ツジトモ
GIANT KILLING(6) (モーニングKC)GIANT KILLING(6) (モーニングKC)
夏木さんのキャラが濃い(^_^;) 周りも結構個性が強いけれども、まだまだ個性が強い人がでますかぁ!と思いました。
読了日:11月18日 著者:ツジトモ
GIANT KILLING(5) (モーニングKC)GIANT KILLING(5) (モーニングKC)
この巻は椿でしょう! アニメでこの巻にあるエピソードを観て原作読もうと思ったのでした。ええ「椿く~ん!!」と黄色い声援を上げる女性ファンの心境です(^_^;)
読了日:11月18日 著者:ツジトモ
GIANT KILLING 4 (4) (モーニングKC)GIANT KILLING 4 (4) (モーニングKC)
緑川さんが好きですね♪ しかし、33歳ってマジ?! タッツミーの方が上って(^_^;) この巻では後藤さんが良かった。旦那さんにするなら、ああいう方がよいですなぁ。
読了日:11月18日 著者:綱本 将也
GIANT KILLING(3) (モーニングKC)GIANT KILLING(3) (モーニングKC)
村越~~!!カッコイイぜ! 絶対コミック版の方が臨場感があっていい!! タッツミーの過去が気になりましたね。ブラン監督との会話はコミックの方が重いです。
読了日:11月18日 著者:ツジトモ
GIANT KILLING(2) (モーニングKC)GIANT KILLING(2) (モーニングKC)
平泉監督、渋過ぎる。そしてその隣のサポーターに笑う。絵柄に差があって(^_^;)
読了日:11月18日 著者:ツジトモ
となりの怪物くん(5) (デザートコミックス)となりの怪物くん(5) (デザートコミックス)
ハルの出番が少ない(^_^;) ヤマケンを応援したくなっている自分ですが、邪道でしょうか(^_^;)
読了日:11月18日 著者:ろびこ
性格ドS BUT 性的にドM(2) (デザートコミックス)性格ドS BUT 性的にドM(2) (デザートコミックス)
えと、段々と伊織が普通化している気がします。ドSっぽくないです。
読了日:11月18日 著者:兄崎 ゆな
秘密(トップ・シークレット) 8 (ジェッツコミックス)秘密(トップ・シークレット) 8 (ジェッツコミックス)
私、結構山本さん好きかも(^_^;) しかし、青木くん、そこまで薪さんが好きか…… この作品群にしては珍しくホッとした感じで読了。薪さんの悪ぶり、子供に対しても容赦ないなぁ。真面目だから指導のつもりなんだろうけど、全然そう見えないよ(^_^;)
読了日:11月14日 著者:清水 玲子
7人のシェイクスピア 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)7人のシェイクスピア 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
リーの詩は漢文っぽいですね。ってか、作者漢文意識して描いてるのか(笑)三人とも彼女に魅せられてるし、どうなっていくのか益々楽しみですね。
読了日:11月14日 著者:ハロルド 作石
へうげもの(11) (モーニングKC)へうげもの(11) (モーニングKC)
激動の巻なんだろうけど、何だか気分がはにゃ~んとしてしまうのは何故(笑)
読了日:11月14日 著者:山田 芳裕
7SEEDS 18 (フラワーコミックスアルファ)7SEEDS 18 (フラワーコミックスアルファ)
涼が少し変わりそうな予感。まだまだ捕らわれてるけれども。安吾はまだ過去から抜けられないですね(T_T) 
読了日:11月14日 著者:田村 由美
不思議な少年(6) (モーニングKC)不思議な少年(6) (モーニングKC)
ムメキクいい!! 前向きで自分の道を開いて行く姿がカッコいい!! 歌が誕生した経緯も良かったです♪
読了日:11月14日 著者:山下 和美
不思議な少年(5) (モーニングKC (1539))不思議な少年(5) (モーニングKC (1539))
OLの話と幼馴染みの話がきましたね。
読了日:11月14日 著者:山下 和美
君と僕。 8 (ガンガンコミックス)君と僕。 8 (ガンガンコミックス)
ああ、要のエピソードがドツボぉ!! 大好きぃ! あの切ない感じと言わなくても伝わっちゃうね感がたまらん!
読了日:11月13日 著者:堀田 きいち
君と僕。 7 (ガンガンコミックス)君と僕。 7 (ガンガンコミックス)
千鶴がメリーと普通に話せるようになってちょっと安心。いやぁ、青春やわぁ~♪ 東センセが完全に玩具扱いでしたね。いや、自分が学生だったら、確かに弄りたいタイプの先生ですけど、校内放送まではやんないよ(^_^;) 何気に番町店長が好みでした!
読了日:11月13日 著者:堀田 きいち
呼出し一(1) (モーニングKC)呼出し一(1) (モーニングKC)
この作家さんは初読。個人的には熱い主人公の父が好きです♪ 鬢付け油の匂いは確かにあまいですよね~。お相撲さんとすれ違うともの凄く気になります。そんなところが描かれているのが好きです♪
読了日:11月13日 著者:中村 明日美子
ちはやふる(10) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(10) (Be・Loveコミックス)
「おまえのトキメキポイントがまったくわかんねえ~~~~~」に爆笑!! 太一ってば、まだ千早に夢を持っているのか(^_^;) 襷を頂いた後の礼のシーンにジーンときましたね。あの場面は凄く良かったです。
読了日:11月13日 著者:末次 由紀
らせつの花 9 (花とゆめCOMICS)らせつの花 9 (花とゆめCOMICS)
羅雪と九竜の別れのシーンに思わず涙(T_T) あの台詞はくるね!! にしても、葵君ってば素敵じゃないですか♪ スーツによろめいてしまったわ(^_^;)
読了日:11月13日 著者:潮見 知佳
鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)
大佐、本編でもおまけ漫画でも扱いが……(^_^;) そんな彼が好きですけどね。 
読了日:11月13日 著者:荒川 弘
熱量 ~カロリー~ (あすかコミックスDX)熱量 ~カロリー~ (あすかコミックスDX)
この人の作風好きだぁ♪ 巻末の熱雲でかなり吹いた(^_^;)
読了日:11月12日 著者:桜城 やや
GIANT KILLING(1) (モーニングKC)GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
アニメを見て気になって読んでみた。原作の方が面白いじゃん!特に始まり!!続きも読みたい!!
読了日:11月12日 著者:ツジトモ
ローゼンメイデン 3 (ヤングジャンプコミックス)ローゼンメイデン 3 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:11月12日 著者:PEACH-PIT
月光条例 10 (少年サンデーコミックス)月光条例 10 (少年サンデーコミックス)
この巻は何となく月光がカッコよく見えなかった(^_^;) 悩んでるからじゃなくて、どこかすっきりしてません。何でだ?周りがうるさ過ぎてるからか(^_^;)
読了日:11月12日 著者:藤田 和日郎
オトメン(乙男) 11 (花とゆめCOMICS)オトメン(乙男) 11 (花とゆめCOMICS)
多武峰、それにハマるか(^_^;) それにしても、相変わらず男前ですね、都塚さんって♪ 惚れるわぁ。
読了日:11月12日 著者:菅野 文
とめはねっ! 鈴里高校書道部 7 (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 鈴里高校書道部 7 (ヤングサンデーコミックス)
おばあちゃんGJ! 仮名手本=いろは歌。忠臣蔵のあの仮名手本ってそういうことだったんですね!!
読了日:11月12日 著者:河合 克敏
ヴィンランド・サガ(9) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(9) (アフタヌーンKC)
トルフィン、未だ抜け殻状態(T_T) 大旦那様が何とか動かしてくれそうな予感がしますね。
読了日:11月12日 著者:幸村 誠
スイッチガール!! 13 (マーガレットコミックス)スイッチガール!! 13 (マーガレットコミックス)
新……もう、何でも言うこと聞いちゃうのね(T_T) ボスザルと染谷の展開はぁ~~~?! 気になります!!
読了日:11月12日 著者:あいだ 夏波
PEACE MAKER鐵 (6) (ブレイドコミックス)PEACE MAKER鐵 (6) (ブレイドコミックス)
油小路の途中だったっけ、前回?! と、思わず読んでて言いそうになった(^_^;) 藤堂さん、最期は三人一緒に笑えて(と言うには少し無理があるけど)良かったよね?(T_T) 北上編の歳さんの軍服姿が早く観たいです。巻末のイラストだけだと物足りないのだ。
読了日:11月10日 著者:黒乃 奈々絵
悪魔のささやき (集英社新書)悪魔のささやき (集英社新書)
自分と同じ思考をしてるということに驚きました。奇しくも読む前に似たような意見をサイトに書き込みしたばかりだったので、思いっきり親近感が湧いてしまいました。
読了日:11月09日 著者:加賀 乙彦
っポイ! 30 (花とゆめCOMICS)っポイ! 30 (花とゆめCOMICS)
20年ですか(^_^;) そんなに経ってたとは。平ちゃん、告白はきちんとしてくださいね~♪ 雛もそこで頷くなぁぁ~~!!と思ったのは私だけ? サガミと二下センセが大好きです。特にセンセ(^_^;) あなたのクラスであなたの困った顔を観たかったですぅ!! それが愛です(^_-)-☆
読了日:11月08日 著者:やまざき 貴子
っポイ! 29 (花とゆめCOMICS)っポイ! 29 (花とゆめCOMICS)
平ちゃん、あなったって子はぁ!(^_^;) 万ちゃんもビックリな行動だわなぁ。
読了日:11月08日 著者:やまざき 貴子
弩
一番頭の解説と、最後のだからこんな話が出来ましたってのはいらないんじゃないかぁと。面白いけど「七人の侍」のようなものを期待してはいけないですね。ま、普通?ですかね。絶賛される程ではなかったです。
読了日:11月08日 著者:下川 博
武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)
NHKの4回シリーズで観てはいたんですが、映画公開前に元を読んでおこうと思い図書館で借りました。身分収入と支出。体面を保つ支出が多くて幕末の武士が喘いでいたのも、明治へ移行した時に大きな暴動が起きなかった原因の一つなのかなと思いました。透けて見える猪山家のドラマが良かったです。数字真面目に見てないし(^_^;)
読了日:11月02日 著者:磯田 道史

読書メーター

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »