フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 9月に読んだ本です | トップページ | 「季刊レポ」~中身のお話② »

2010年10月 8日 (金)

「季刊レポ」~中身のお話①

間が開きましたが先日書きこんだ雑誌「季刊レポ」の内容に関してです。

はっきり言って「こういう本待ってたぁ!」と、かなり嬉しいものでした。だって、これって、自分が作ってみたいタイプの本なんですもの。

売れなくても良いけど、書いてる人や読者が本気で楽しめるもの。でも、多くの人に向けてではない。……マジで同人誌のスタンスですがね(;´▽`A``

最近の図書は多くの人に売ろうって考えのせいか、雑誌買っても興味ある所しか読めない。つまらないんだもん。記事も作りも中途半端だから。でも「レポ」は全部面白かった。書いてる人が「これでどうだぁ!」という勢いで書いてるような感じがとてもある。で、「どれどれ?」って覗くと引きこまれる。書き手が楽しんでないとレポート記事は面白くないよね。真面目な記事だって「自分、これ書きたいんだ!」ってのじゃないとつまらないし。最近の新書ブームで適当に書いてるのとか本当につまらないですからね。あと上から目線も多いし凸(`Д´メ) そういった観点からでも結構特殊な雑誌です。

TOPは昭和のSM史を扱った「そのとき歴史が鞭打たれた」……タイトルからしてもう、何といいますか(ノ∀`)・゚・。 週刊アサヒとか現代とかスポーツ誌の中で地味に書かれてスルーされてそうな感じの記事。しっかり読むともの凄い面白いのに! 単行本が地味に出て即絶版になりそう(>_<) サブカルの資料としては貴重なものになりそうですが、需要はないぞという内容ですね。常備点は新宿二丁目と高円寺&中野の某店くらいしか浮かばない(゚ー゚; 今後の連載に期待大です♪

次いで「奥崎謙三のラブレター」……真面目な話かと思いきや! 勘違い野郎の手紙じゃん! そんな手紙(内容の方向は違うが)を貰ったことのある自分には貰った女性の心境がわかり、ちょいと嫌な気分に( ̄Д ̄;; 奥崎氏は強引なお誘いを遠回しに書いて書いて書きまくってる。こんなふうに口説かれても嬉しくないぃ~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 という内容。ま、他人事だとそんな内容でも面白いねと思えるんで不思議だ。

「国連で働いてみました」……国連って変! 変過ぎΣ( ̄ロ ̄lll) 色々な人種や考え方の人が雑居して働いてるってのは面白いけど、こんな運営でいいんかぁ! といった仕事っぷりに愕然というか、開いた口が塞がらん! 役所だね。質の悪い(T_T) 国連って立派な所と思っちゃいけないんだという感想でした(^-^;

「エノアールカフェ」……いわゆるテント暮らしの方を取材した記事。年齢は若い方です。いやぁ、こういう暮らし方もありかなぁって思いました。男だったらやってもいいかも。普通に会社で働いているより穏やかに暮らせそうだしなぁ。月5万でもあれば余裕で暮らせそうだわ。将来に不安はあるでしょうがね。いや、今の日本、将来不安だらけだから同じか( ̄○ ̄;)! いいなぁ、男性ってと、ちょっと変な意味で羨ましいとか思ったのでした(^_^;)

と、こんな感じで感想を書いて行きます♪ 今までで分量は1/3くらいかな? 買って3日後には読み終わってるんですけどね。色々やってて……書き込み遅くなっちゃってます(;´д`)トホホ…

 

« 9月に読んだ本です | トップページ | 「季刊レポ」~中身のお話② »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/37134854

この記事へのトラックバック一覧です: 「季刊レポ」~中身のお話①:

« 9月に読んだ本です | トップページ | 「季刊レポ」~中身のお話② »