フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 「季刊レポ」~中身のお話① | トップページ | 「季刊レポ」~中身のお話③ »

2010年10月26日 (火)

「季刊レポ」~中身のお話②

「季刊レポ」の内容に関しての感想その②です。大分間が空いてしまいましたが、忘れてないかなぁ、自分( ̄○ ̄;)!

「隠岐に行ってきました。」……今泉さんがぁぁぁぁ~~~! 動物好きの方は知っるのではないかと思いますが、今泉忠明氏のことです(*^-^) 絶滅哺乳類とか、イリオモテヤマネコとかの本、百科事典などで、昔からお名前を拝見していたので、こんな所でフィールドワークの様子を知ることが出来てとっても幸せ(v^ー゜)ヤッタネ!! 記事を書かれているのは画伯こと日高トモキチ氏。文章とイラストでフィールドワークの様子が楽しく書かれています。個人的にはかなりお気に入りのページです。

「アカバネ倶楽部は世紀を超えて。」……小説として読んでも面白い! そう思ったら、作家さんが書かれてました。内容は年に一度、中学の同級生(全て男性)が集まって、その集いの主役とも言える一人の独身男性の夜のオカズとなる女性を当てるという、結構しょうもないイベントの紹介です(*^ω^*)ノ彡 でも、もの凄く面白いの。推理ゲームのような感じで、読む人をグイグイと引っ張ってちゃう感じ。真面目に推理していくメンバーの駆け引きに大笑いします。

「怪しい少年少女博物館」……秘宝館かい! という館内の紹介から入るのですが、進むうちにどうやら個人の趣味のみの私設博物館らしいのが判ります。1ページしかないのでちょいと物足りない感じでした。

「永遠のマッチさん」……マッチさん=近藤真彦です。マッチに憧れ、業界に入って、ついに憧れのマッチに出会うことが出来た男性のお話しです。って、男かい! タイトルから女性の事を書いてるのかと思ってたのが甘かった。男性ってのがポイントでしたね、これは。永ちゃんに憧れる男の話しなら良く耳にしますが、マッチに憧れる男ってのが以外で妙に引き込まれました。

「ふつうの旅行」……エッセイ漫画。旅茶人という言葉がいいですなぁ( ̄▽ ̄) 作者さんの造語です。意味は「オリジナルな旅の楽しみ方を持っている人」ということらしい。紹介されてる旅茶人は個性的過ぎて何だかとってもイイ感じですo(*^▽^*)o

と、本日はここまで! 早いとこ終了させて漫画の感想が書きたい! と思ってる自分です。

« 「季刊レポ」~中身のお話① | トップページ | 「季刊レポ」~中身のお話③ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/37392467

この記事へのトラックバック一覧です: 「季刊レポ」~中身のお話②:

« 「季刊レポ」~中身のお話① | トップページ | 「季刊レポ」~中身のお話③ »