フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 帯状疱疹その後 | トップページ | テルマエ・ロマエⅡ »

2010年9月19日 (日)

読まずに小説書けますか?

『ダ・ヴィンチ』10月号の第二特集。内容自体は然程の事は書かれてなかったです( ̄Д ̄;;

個人的には「読んでなくても書ける人には書ける! ただし人間を見る目が深い人間じゃなきゃ無理じゃね?」って感じですかね(^-^; 実際に好きな作家さんにも、アニメや漫画には接しているけれど、小説は読んでないって人もいます。雑誌内の対談では「引き出しが増えるから読むべきでしょ!」的でしたね。

所属サイトでも堂々と「小説家になりたい! でも小説読んでないけどね」ってのがいるんですよね。そんな人物は結構考えが浅くて「おいおいおい~?」な事をやってくださったりして。で、騒動起こしてる原因だったりするんだなぁ。真っ当に相手すると時間が勿体無くて時々馬鹿らしくなります。主張は良いんですけど、配慮が無い人間は偉そうなことを書いちゃいかんだろうとか思うのです。いや、配慮ってものが無いから偉そうなのか┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~ ……自分は頭に来ると敢えて解かってて焚きつけたりしますけどね。100%本音というのは狂気にも近いかなぁと、最近ちょいと悟ってみたりしました。公の場では自分6割にしとけよと言いたい。最近そちらのサイトで他者を見下ろした感じの文章になってるのは、そんなメンバーに対する反感の現れだなぁとか思ってたりします。

逸れた話を戻します。読んでなくて書けるかに関しては、自分は基本的に読者の立場から「読んでて面白いから書いてみようかなぁ」と思って書き始めたという経緯なので、当然「読んでいた方が有利」という立場です。

読んでいれば読みやすい文章や表現方法、話の展開方法や読者の視点ってのがストックされていきます。類似表現も自然と入っているので、重複表現を削ることも出来る。これはかなり有利じゃないかなぁと思ったりして。

昔の仕事柄、実際に業界で活躍している漫画家やライターや評論家などのクリエイターとお会いして話しを聞いた事があります。そこで思ったのは「創作する人間になるには圧倒的に自分の知識量が少ない上に浅すぎる」という現実。それに加えて創り手の方々は自分の主張も整然とされてるんですよね。で、映画もドキュメンタリーもアニメも小説も音楽も舞台も、かなり頭に入れてたりします。もう、会話に付いていけないくらいに! プロ凄いと本当に思いましたもん。

だから読んでない人が「小説家になりたい」という主張納得出来ない。多分そんな人が書いた作品で後に残る作品を書ける人は少ないんじゃないだろうか。

な~んて、偉そうなことを語ってみました(/ω\)

« 帯状疱疹その後 | トップページ | テルマエ・ロマエⅡ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/36820736

この記事へのトラックバック一覧です: 読まずに小説書けますか?:

« 帯状疱疹その後 | トップページ | テルマエ・ロマエⅡ »