フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

エクソシスト急募

エクソシスト急募 エクソシスト急募

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

本屋で思わず衝動買い(;´▽`A`` だって、気になるじゃん! これがね……面白いんですよ。予想していた以上に。

現代のエクソシストはカウンセラーも兼ねているっていった感じが良くわかります。重要も増えているので「急募」なんだね。ザックリとカトリックの説明やエクソシストの紹介がされていてとても判りやすいです。読み物としてはかなり楽しい。個人的にはですがね(^-^; ちょいとマニアック過ぎるからなぁ。薦めるには微妙。でも、興味がある人にとってはかなり楽しく読める1冊です。

しかし、エクソシストって、癒しの担い手になってるんですねぇ。どうも異端審問とか浮かんじゃうの。魔女狩りじゃん! とか。それはヴァチカン内でもそうらしく、あまり良い顔をしない聖職者も多いらしい。それでもエクソシストを増やす方向なんだそうな。世間ではエクソシストが求められてるらしい。悪魔祓いは病んだ者を清める効果もあるようです。そうやって読むと日本のお祓いも一緒よね? 何て思ったりもします。

清めに必要なものも一緒。「水」と「塩」。こういった一致が他宗教と共通するというのが不思議。本来は一つの所から発生しているのかもしれないですね。世界各地の創世神話とかでも被るものは多いです。一つの地域から人類が広まって発展していったのが、そこからでも何となく見えるのが面白い。

それなのに分派した宗教は互いを敵対視してたりする…… 人間って馬鹿ですか? とか思ってしまうのがちょっと自分でも嫌だわ( ̄Д ̄;; はっ! これは前に読んでた本の感想になっちゃう! ちなみにその本は「荒野の宗教 緑の宗教」PHP新書。でもね、これは面白くなかったの。薦めらんない(`Д´)

サクッと変わった本が読みたい人、ちょっとエクソシストの世界を覗いてみるのも一興ですよ。

2010年8月27日 (金)

「大奥」新刊が出ましたね

大奥 第6巻 (ジェッツコミックス) Book 大奥 第6巻 (ジェッツコミックス)

著者:よしなが ふみ
販売元:白泉社
発売日:2010/08/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

待ってましたぁ! よしながふみ「大奥」です。ようやく続きですψ(`∇´)ψ 相変わらずドラマティックですね。この巻で犬将軍の話はお終い。まだまだこれから!って所ですね、吉宗までは。それにしても毎回「巧いなぁ」と感心しながら読んでしまいます。この人の描く人物はもの凄く魅力的なのだ。それが脇役でも何か残るのは、多分、作者の中でキャラクターが一個人として生きているから。背景も多分考えてるんだろうなぁと思ったりするのはFanの欲目かな(^-^;

もともと作家さんが時代劇好きなのは、他の著書で薄々気づいてはいましたが、作品を読むと本当にそれが良くわかる(笑)。多分、時代劇見ながら色々と妄想して今の作品が出来たのね~と思うと、もの凄く身近に感じたりします( ̄ー+ ̄) ふふふ、同人作家さんだしね~、BL母体の作家さんだしね~♪

この作品も好きですが、実はこの作家さんの作品で一番好きなのは「ジェラールとジャック」という怒涛の18世紀フランスが舞台のBLだったりします。華やかでコミカルで切なくて狂おしいくて洒落ててエロいです(笑)。この作品を読むと当然あの話(大奥)を作れちゃうに決まってるじゃんと思います。

BL(ホモ)は読めん! という偏見抜きで作品の本質を見て読んで欲しいなぁと思います。そう言えばヤマシタトモコさんもそんな感じの作家さんですね。この方も最近青年誌に進出したので、どう売れていくかが楽しみです(・∀・)イイ!

2010年8月22日 (日)

人と人

人とはぶつかるものだと思います。個人的には。傷つけたり傷つけられたり。同じことでも、ある人には大した事がないのに、ある人には多大なダメージを与えたり。そうして、少しずつでも距離を測って歩み寄り、信頼関係や個々の成長があるんじゃないかなぁと思うんです。

何でこんな事を書いているかというと、参加しているサイトで、揉め事があるわけですよ。まぁ、仕方がないんでしょうけれども。で、今回は流石に凹む状態だったので、正直愚痴です! 愚痴るよ、愚痴る!

一応物書き目指したりって人の多い所なので、もう少し考えろよぉ! と言いたい。喧嘩のやり取りが幼いとか思う事も多いし、変に煽るなとかも言いたい。でも、書いてどうなる? 予測するに絶対変な方向に取る人がいるよ。書き込みしたものも勘違いして読んでる時あるしね…… しかも、そんなことは調べろぉ! つうか、常識じゃないかぁ! いいんかい! そんなんでさぁ!(#゚Д゚)y-~~イライラ と、思っているんですよね。物書きになりたきゃ読みとれ! 裏も読め! o(`ω´*)oプンスカプンスカ!! ……方向ズレた。

んで、自分はそんなブラックな部分をがっちりと梱包して書き込みをしているわけです。そちらの関係者、見てたらゴメン! 根っこが黒いんで許して!(←そういう問題じゃないんだが…)

今回、またやり取りの最中、渦中の方が何もコメントを残さずいきなり退会Σ(゚д゚;) ログインしたらいないんだよ。

おい! 真面目にコメントしてる人間のこと忘れんなよぉ! どうしてくれるんじゃい、この憤りはぁ~~~~~~!

どうなの、これは? 幼いのか、最近の人は。つうか、見えて無いのか。それとも、書いた事に異議を唱えてるのか。後味悪過ぎだろうて!

自分の意見を表すのは大切です。自分を抑えることも大切です。でも、シャットアウトするのは如何なものかと思うわけです。だったら、人から意見を受けるところに、心情を書き込まなきゃいいのに。凹んでたからそれに対して意見を書いたよ。でもさ、それを読んで退会したってことだよね。どういう心境でシャットアウトしたんだ。はっきり言って良くわかりません。

ねぇ、意見無駄だったの? それとも見て輪をかけて凹んだの? 

取り残された方は……はっきり言って不快なんですが。胸の内で黒い蛇がとぐろ巻いて舌出してる感じ。嫌だわぁ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

告白

貴方が好き、必要なの。だからずっと傍にいて…… ではなく! 本ですね(笑)。ようやく読みました♪

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1) Book 告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

著者:湊 かなえ
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

内容的には「うん、世間では良くありがちなんでないの?」って感じの人々が織りなす、自己中心的で病的な事件ですかね? 現実に過激を加味した話しでした。個人的には何故にそんなに売れる? って思ったんですが…… ワイドショーを見る感覚で読む人が多いのかなぁ、やっぱり。ワイドショー系のTVや雑誌キライだからさ、売れる理由がイマイチ解かんない。

個々で書かれている感想なんかも読んだんですが、「いや、何だか色々と考えさせられましたって、あんた現実にいっぱいあるの知らんのかぁい!」といった感想が割とあり、世間には同じようなことがあるんだって気づいていない人がいるのに愕然となったりしました。いや、自分には関係ないって思ってるのか。そりゃ怖いわ!!(゚ロ゚屮)屮

読んでて展開読めちゃって途中で寝たしなぁ~。多少読み飛ばしてるんだろうけど、飛んでも判るからまあ、読んでるのと一緒かと、そのまま進めたし。しかも、読んでて微妙に不愉快だったし。借りて正解! 買って読んでたら多分後悔してました。まぁ、面白い言えば面白いけど、どちらかと言えば実録犯罪のデータ記録と心理解析の本の方がいいやぁ。犯罪者の心理を自分で探る方が、正直、興味があります。

最終的には「エヴァンゲリオンかよ!」と突っ込みたい気分になりました(笑)。いや、だってさぁ、僕を見て!的な中学生だしね、登場するのが。気持ちは解からなくもないけど、馬鹿だろ? とか読んでて醒める。当事者は真剣に悩んでますって書き方なんだけど、子供をちょっと舐めた書き方だよねと思って。もっと覚めた目で子供は世間を見れるのにさぁ。

子供を殺された教師の言動を見れば子供は大人を欺けないって思って書いてるのが解かるし。多分、そのことが微妙に感じる不愉快さなんだろうなぁ。自分だったら子供の方が教師の先手を打ってしまう展開にするのになぁ。

2010年8月21日 (土)

スキップ・ビート!

スキップ・ビート! (10) (花とゆめCOMICS) Book スキップ・ビート! (10) (花とゆめCOMICS)

著者:仲村 佳樹
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

お気に入りに作中劇「DARK MOON」の嘉月に扮する敦賀連が表紙です(・∀・)イイ! 巻数はもっと行ってますよ。主人公は女の子。ヒロインらしからぬダークな動機で芸能界に入った女の子です(笑)。芸能界漫画ですが、基本はラブコメですね。

が! 自分の中では演劇漫画! 激 Love なんですよ、演劇漫画。ぱっと出るのは「ガラスの仮面」美内すずえ、「ライジング」氷室冴子原作:藤田和子、「P・A」赤石路代、「もうひとりのマリオネット」さいとうちほ、「アクター」かわぐちかいじ、「THE STAR」島崎譲かなぁ? 長くて熱いよね(笑)

「スキップ・ビート!」は自分を利用して東京に出てきた幼馴染み(←恋してました)に復讐するために芸能界入りする少女の話しです(笑)。まっとうに主題をまとめると「愛する事が出来なくなった少女が愛を取り戻す話し」なんでしょうね(笑)。読んでる限りではその通りなんですが、とてもそうとは見えません! 運命の再会とか、ドキドキ・ハプニング、ライバルの登場、友情、過去のトラウマなんて、王道を進んでいますが、パワフル過ぎますよ! まあ、この方の前作もパワフルでしたが、この作品はそれに輪をかけてパワフルです。現在、雑誌を買ってまで読んでいる唯一の作品です。

自分が恋するあまり、幼馴染みを中心に世界が出来ていたと気づき、自分の心を育てる為に役者を選んだという動機からして、なかなかに一筋縄ではいかない主人公。実は役者としての才能が計り知れないという彼女の事務所の先輩が実力派俳優の敦賀連です。上の表紙の方ですね。実は彼は幼い頃、主人公と出会ったことがある人物だったりします。しかも大切な思い出の相手。……現在まで主人公の方は全く気付いておりません(^-^; そんな展開も面白く、毎回雑誌の発売日が楽しみです 。

そういや、前に1回ここで書いてるかな? 紹介(笑)。今回は主人公達が所属する芸能事務所の宝田社長について書こうと思ったのに、結局書けんかったりして(;´д`)トホホ… 雑誌の宝田社長がダークでワイルドで色っぽかったので、それについて語りたかったのん……

2010年8月20日 (金)

ただいまのうた

ただいまのうた(2) ただいまのうた(2)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

この作家さんの作品は大好きです! 大好きなシチュエーションてんこ盛りっつうか、泣かせどころのツボがぴったりハマっているというか( ̄ー+ ̄) よ・ん・で♪ そして、買ってね♪ と、バリバリ営業したいくらいに好きです! 実写ドラマになんないかなぁ。これはアニメより実写が似合う感じです。

内容解説。花寺家は5人兄弟(男4人に女1人)+犬1匹。両親は6年前に事故で他界。兄弟5人、貧乏ではありますが、仲良く賑やかに日々を送っています。そんな家族の大切な時間は……ごはんの時間。必ず皆で一緒にごはんを食べること。主人公は紅一点の向日葵。高校生になったばかりです。長男の桜はロックを愛するフリーターで、一家の大黒柱。次男は菊之介という名前なのに超美形でおネエの専門学校生。三男の葵は一家の家計を仕切る大蔵大臣(笑)。中学生だけど、大学の入試問題を解いちゃったりするのだ。四男の梅太は泣き虫な心優しい小学生。個性的で賑やかな家族の、切なくなるような、懐かしいような、とにかく、大切なものを思い出せる、心がほわほわしてくる物語群です。

家族のどたばたコメディ? という感じですが、その中で恋あり、涙あり、危ない感じあり(笑)と、バランス良く散りばめてあって、とってもバランスがいい。うっかりしてると泣かされるのが怖いです。連載で読んでたくせにm電車で1巻読んで泣きそうになりました(←じゃあ、読むなよ!)。是非是非読んで頂ければと思います。

2010年8月14日 (土)

野球マンガといえば……「おお振り」(略)でしょう!

コマネタにあったのでノッてみました。でも、前に紹介書いてる作品なんだよね。「おおきく振りかぶって」大好き~o(*^▽^*)o

どこが好きかと言いますと、ピッチャーが今までの野球マンガではお目にかかったことが無いくらいのヘタレなところ。このヘタレのピッチャーがどう変わっていくのかが楽しみでならないです。野球部の面々もとても純粋(笑)な感じで好感度大だし。それに魅力的な監督様♪ 女性監督っていうのも今まで見たことないかも。

高一の夏は地区予選で負けてしまった西浦ナインですが、得たものは大きかったはず。ピッチャーの三橋君も普通の野球をようやく理解した模様です。徐々に女房役のキャッチャーとも意思疎通が出来るように……なって欲しいなぁ。

しかし、この作品も野球マンガの例に漏れず、かなりの巻数になりそうです。今は15巻だったっけ? それで高一の夏の地区予選が終わった所。つまり、7月だってば! 4か月しか経ってないの( ̄○ ̄;)! ……何巻になるんだぁ! 保管場所が今から心配。現状でも場所無いし。本、片さないといけません……

他だと「メジャー」「キャプテン」「タッチ」ですかね。でも、手元に無い(笑)。野球は関係あるけれど、ブラスバンドメインの「青空エール」に、野球好きの女の子の恋愛漫画「少女少年学級団」なんかも面白くて好きです(* ̄ー ̄*)

ブログネタ: 野球マンガといえば?参加数拍手

恋愛ラボ

恋愛ラボ 2 (まんがタイムコミックス) Book 恋愛ラボ 2 (まんがタイムコミックス)

著者:宮原 るり
販売元:芳文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

現在4巻まで出てますが、紹介は2巻。何故なら、メインの女の子が自分の好みの構図で並んでいるから♪(* ̄ー ̄*)

それはさておき、最近お気に入りに4コマ漫画です。何がいいって、女の子が可愛い! すごく可愛い! でもアホなの(;´▽`A`` 特にお気に入りは表紙の右端の女の子です。天然ドジッ子・メガネッ子。妹だったらベタベタに甘やかして彼氏チェックとかしちゃうぅ!(←終わってますなぁ)

とある私立のお嬢様中学校。容姿端麗で頭の良い生徒会長が、実は恋愛に憧れ、生徒会室で抱き枕相手にキスの練習をかましているのを、偶然に一般生徒(実は秘かに憧れている生徒が多い)が目撃してしまいます。ちょっとした行き違いで彼女は恋愛の達人と生徒会長に思い込まれ、生徒会役員に大抜擢。役員とは名ばかりで、実際は秘密の「恋の練習」の指導役として拉致されたって感じ。この「恋の練習」がなかり破天荒で、それを軸に話しが展開してきます。恋愛に関しては異常な馬鹿さを発揮する普段は超優等生の生徒会長と、彼女の突っ込み役の女生徒とのやり取りは面白いです。話しが進むだけ、キャラも増え、展開も面白くなっています。

この作品、アニメ化したら面白いと思うんですよね。女の子可愛いし(こればっかだなぁ)、キャラ立ちはイイし。シリアスでオリジナル・ストーリーを作っても多分面白いです。近巻では男性キャラも登場。学校外にも活動の場を増やしています。

ズバリ、高校時代の部活や委員会のノリ! 懐かしいぞ! 女性にはちょっと懐かしい女の子ノリが味わえますよ♪ 男性は…… 女の子怖いって、ちょっと思っちゃうかも( ̄○ ̄;)!

久々にぶっ飛んだノリで書いてみました(笑)

2010年8月12日 (木)

25年経ったんですね~日航機墜落事故

当時、中学3年生でした。今でゴロゴロ寝っ転がって受験勉強をしていたら、ニュース速報のテロップ。「航空機が消息を絶つ」という文字が流れていました。暗くなってからは「長野の山間部で消息を絶つ」といった感じに代わり、最終的には「群馬県山間部で炎を確認」だったかな。リアルタイムで夜中の3時くらいまでずっと見てた記憶があります。結果は航空機事故の中でも最悪のものになってしまいました。

その後「墜落遺体」という当時の事故直後からの現場状況を綴った本を読んだりしたのですが、リアルタイムで事故の様子をTVでずっと追っていたこともあり、他人ごととして捕らえる事が出来ない気持ちになったことを覚えています。

「人って簡単に死ぬんだ」「奇跡的ってことも実際に起きることがあるんだ」という意識が強く根付いたのはこの事件の影響かなぁという気がします。それくらいに衝撃的な事故でした。

何より衝撃的だった、いや、今でも聞くと衝撃的なのは、あのボイスレコーダーのやりとり。眼前に山々が迫っている中でも必死に操縦桿を握っていたであろうパイロット達。絶望的でありながら懸命に、冷静にすら見える程に職務をこなしている様が印象的です。あの破壊音の時点で、彼らの命は瞬間的に失われてしまったんだろうなと思うと、尚更頭を離れないです。

その事故も既に風化してきていますね。事故現場を観光気分で訪れて荒らす人々もいるとか。これは亡くなった方に対しての礼儀を、近年人々が忘れてしまったことの現れのような気がします。前回の呟きと同じ事を書いちゃいますが、貧しいなぁと思う現実です。

2010年8月11日 (水)

臓器移植から身近なところまで

本人の意思ではなく遺族の意思で、脳死者から臓器移植が行われましたね。そこで、久々に考えてみたりしました。臓器移植について。連続で真面目な事を書いてる気がします(゚ー゚;

色々な問題がある分野です。脳死に関してもそうですが、人身売買(金で臓器を売買)や救世主兄弟(子供の治療の為に作られた子供)、臓器自体の適合に関しての問題と、とにかく多岐に渡って問題が指摘されてますね。これはあちこちで語られているので、興味があったら探してみると良いですよ。

そもそも医療技術が進歩したからこそ生まれた治療法。壊れた部分は壊れていないものに変えてしまえばいいという発想です。しかし、そこは生き物ですから、機械のように都合良くは交換出来ないです。

子供のころ見ていたTV番組「知られざる世界」。科学ドキュメンタリーで、長野では確か日曜の18:30くらいからの放映だったかな。そこでこんな実験がありました。サルの首のすげ替え手術。手術シーンがバッチリ放映されていました。サルAとサルB。Aの体にBの首から上を移植するんですよ。臓器移植の実験の一環ですね、今思うと。

この番組は子供心に強烈な印象を植えつけてくれました。人口心肺装置とか、歩行ロボットとか、未開地の少数民族とか。超能力実験とか心霊実験なんかもあったと思う( ̄▽ ̄) 電子顕微鏡の映像でウイルスや生殖細胞を映して、病気の説明やクローンの説明とかしてるんだもんなぁ。観るよ、毎週(笑) 自分の好奇心の原点ってこいつと「野生の王国」だね(^-^;

話が逸れましたが、臓器移植へと。この移植、生きた人間からのものだけではありません。完全に死んだ人間からの移植もあります。メジャーな所で角膜。あとは骨とか腱なんかもそう。アメリカではビジネスとして死体から採取したパーツを取り扱う会社もあるし。人体は既に物として扱われているというのが現状だったりします。

その為なんでしょうか。周囲を見回すと人間に対応するというよりも、物に対応するような人が増えているように感じます。人が感じている、もしくは感じるであろうことを想像して動くことが出来ない人々が多いのなんの。特に東京はそれが顕著です。電車に乗ってると本当に異常だと思うくらいに自分の事しか主張しないの。満員電車で場所詰めない。しかも、揺れてぶつかった時にその相手に肘鉄喰らわすなんて普通にやってる。あとは座席を少し詰めてくれればもう一人座れるだろうに、解かってて絶対場所を詰めないの。おいおい~? 恐ろしい世界になりつつありますね。

こういったことを貧しいと言うんじゃないかな? お金が無いのは辛いけど、貧しいわけじゃないもん。だから、今の世相は本当に嫌だと思うんだよね。ニュース見れば「不況でお金がない」ってのばっかり。お金無くてもそれ相応に生活出来るんじゃないの? 金が無くても。江戸はそれで生活してたよ? 何で金がメインなの?

 

現在あちこちで発生している問題の原因は、お金を第一にすることで、心をおろそかにする期間が長くなったことじゃないかなぁと、自分は思ったりするのです。どうかな(=´Д`=)ゞ

2010年8月 8日 (日)

星条旗の下に生きたヒバクシャたち

俳優の渡辺謙さんがアメリカ在住の被爆者たちのインタビューをした番組です。うん、いい人選ですね、NHK(≧∇≦) 「硫黄島からの手紙」に出演していたからでしょうけれども、彼は昔の日本人の美徳を持っている人ですもの。今の日本を愁いて新聞に一般人として投書しちゃうくらいですから。白血病という病と闘った経験もあるので、ある意味、被爆者の痛みに本当に近寄れる人物だと思います。

番組はやはり考えさせられる事が多かったです。移民や日系人は当時アメリカでは敵国人扱い。その上、人種差別も強い。機を伺って日本に戻ればスパイ扱いだしね。アメリカに残ってたら隔離政策で酷い扱いを受けていたはずです。

被爆して戦後アメリカへ渡った場合も原爆の事を語る事が出来ない状況です。当然、原爆症理解して貰えない。国は日本もアメリカも助ける姿勢を見せない。やりきれない上に病んでいる身体は辛い。それでも彼らはアメリカに生きています。多くの葛藤や複雑な思いがあるんだろうなとは思いますが、インタビューを受けた方々は体験談を淡々と語っていました。時には辛さに涙を流すシーンもありましたけど。

唯一救われたと思ったエピソードがあります。被爆者のお孫さんが書いたエッセイ。その被爆者の方は、アメリカに移住する際、父親に「原爆の恐ろしさを伝えてくれ」といった言葉を託されたそうです。おおっぴらに語る事の出来ない状況で、お孫さんにはその恐怖を正確に伝えられたその方。誕生日にお孫さんから原爆に対する悲しみを綴ったエッセイをプレゼントされたんです。それは老いたその方にとって、どれ程の喜びだったでしょうか。お孫さんは被爆の惨状を知り、攻撃することに恐怖を抱くようになったそうです。

以前、アメリカではスミソニアンで原爆展を開催するという話がありました。しかし、それは退役軍人会と国によって潰されています。不愉快な事実だったから潰したのか、投下が正しかったという事に疑問を抱かせない為に潰したのか、ただ単に自分たちが非難されるのを怖れたのか、忘れてしまいたいのか…… 真実を真摯に見つめることで、色々なことを考えるのは大切なのにね。そのチャンスを潰してしまうなんて、心が貧しいなぁと思います。

それは日本も同じ。南京大虐殺は無かったとか言ってみたり、731部隊やそのメンバーの戦後の状況を率先して紹介することもしないし、捕虜の扱いに関して詳細を語った番組も殆ど無いし、在日アジア人に対して行われた行為も大きくは紹介されない。被った被害の部分だけが強調されていて、自国が行った行為は棚上げ。だからアジア諸国で非難されるんだってば。

夏になると毎回こういった憤った感情を持て余す状況になります。現在の若い世代はこういった事実を知らな過ぎるしね。

平和っていう薄氷の上にいる自分たちを自覚しないと、氷が割れた時にただただ踊らされる駒になってしまうんじゃないかなぁと、不安に思ったりしています。不安に思っても仕方がないんですけれどね(笑)

2010年8月 7日 (土)

海堂尊について

「チームバチスタの栄光」で有名な作家さんです。大好き! 医療ミステリーと言われていますが、自分は社会派+医療小説と思ってます。特に心臓外科を舞台にした作品は好きです。なんってったって「シカゴ・ホープ」(アメリカのTVドラマシリーズ)のガイガー医師が大好きでしたし(*^_^*)

もともと医療関係の書籍は好きです。ドキュメントも小説も。海堂作品はそれにエンタメ要素がプラスされ、大変に読みやすく解かりやすい。しかも文章の流れがライトノベルのよう。さくさくと読めてしまうのも魅力です。

そして、一番はキャラクター。海堂氏の作品群はキャラクターがとても魅力的なんです。しかも、作品はリンクしていて、時代を跨いで活躍していく。ある時はメインになり、ある時は脇に回り、いったいこの空白の時間にどんな事が起きて現在の境遇に至ったのかと、空白部分を想像したくなります。

そう、それはまるで同人誌の原稿を書くような妄想力を刺激するんです( ̄ー ̄)ニヤリ

それはさて置き、今回図書館にリクエストしていたのが「ブレイズメス1990」と「外科医 須磨久喜」。同時にリクエスト図書の用意が出来ましたと連絡が入りました。前書は新刊だったのでラッキーでした。リクエストの遅れたこの前の本は待ち人数が多いのでいつ回ってくるやら(>_<)

読む順番は書いた順ですが、これ、反対に読んでたら、絶対面白く無かった! 前書は小説。後書は小説風のドキュメンタリー。小説から読んで、ドキュメンタリーに行くのが正しい! と勝手に断言します。

理由は「ブレイズメス1990」のドクター天城って、絶対須磨先生をモデルにしてるでしょ! という感じだったからです。モデルが強烈な魅力を持ってる人なんですよ。その人物を華美に豪奢に舞台上の役者のように演出して、ビジュアルは華やかに格好良くして、言葉は日本人離れしたキャラクターの天城。そして代表作「チームバチスタの栄光」の桐生先生も同様。こちらはいかにも真面目な日本人の職人風。個性は違うけれども、須磨先生という存在がいなければ生まれなかったキャラクターでしょう。……多分。

一人の人物を分離して個性的なキャラクターを作っているわけですが巧いですね。特徴や経歴の部分を抜き出してるんですけど、その抜き方がいいんですよ。読み比べてみると良く解ります。そこを抽出したんだと思うと、妙に小説のキャラクターも自分の中で血肉を持った感じになります。セットで読むのがオススメ!

基本的には作品・キャラクター全般に「現在の医療現場」という現実を見せるよう動かしている作者。実際に現場に死後診断にAIを導入する空気も見え隠れしています。作者の思惑でもあったわけですが、実際に動くと凄いなぁと思います。

書く作品は面白く、しかも社会を動かしてしまう。そんな力って欲しいかもしれない(笑)

2010年8月 5日 (木)

「漂流教室」でしょう!

ブログネタ:

「これだけは読んでおけ!」と思う本は?参加数拍手

漫画で考えると「漂流教室」(楳図かずお)です。絵柄が嫌とか、怖いという人も多いかもしれませんが、親子愛、環境汚染で滅んだ地球、サバイバル、人間の本質について、読めば読むほど考えさせられる作品です。個人的には名作と認定したいですね!

最後のシーンにはやっぱり泣いちゃいますね。お母さんの手紙がいいんだよぉ! 未来から届く息子のメッセージに真剣に答える為に、周囲に狂人扱いされながらも全力を尽くしロケットまで飛ばしてしまう母の愛! 前半で挫折した人には「何故最後まで読まなかったのだ」と言いたいくらいに胸に響くラストなんです。

ちなみに下の画像の本は、喉と背も表紙と同じ色で着色されていてかなりマニアックです。1巻が赤、2巻が緑、3巻が下の青。そういえば会社の人に貸して、そのまま会社に置きっぱなしだ(笑)

漂流教室 3 (ビッグコミックススペシャル) Book 漂流教室 3 (ビッグコミックススペシャル)

著者:楳図 かずお
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2010年8月 1日 (日)

7月に読んだ本です

うん、活字が少ない(笑)。ヤマシタトモコさんが一番面白かったかなという感想です。まぁ、3冊出てますしね(笑)

7月の読書メーター
読んだ本の数:42冊
読んだページ数:7614ページ

らいか・デイズ 10 (まんがタイムコミックス)らいか・デイズ 10 (まんがタイムコミックス)
らいかちゃんが女の子っぽくなってきてますね。カワイイ! まなみちゃんや蒔奈ちゃんの恋っぷりもたまりません!
読了日:07月31日 著者:むんこ
14歳 全13巻完結(文庫版)(小学館文庫) [マーケットプレイス コミックセット]14歳 全13巻完結(文庫版)(小学館文庫) [マーケットプレイス コミックセット]
とにかく凄い。楳図さんの頭の中ってどうなってるんだ? 漂流教室にも通じる地球の滅亡と親子愛の話ですね。殺人プロレスと宇宙人、ローズ氏の描写はグロいです。後半のチキン・ジョージ博士の瞳とか、描きわけも凄いと思いました。いや、やっぱり普通じゃない!
読了日:07月31日 著者:楳図 かずお
ミラート年代記〈2〉タリンの秘密ミラート年代記〈2〉タリンの秘密
ラストそうなりますか!と、ちょっとショック。一番好きなファルゴンがあんなことになるとは。最終巻を早く読まなきゃいけないという、気になる終わり方でした。 
読了日:07月28日 著者:ラルフ イーザウ
デモナータ 9幕 暗黒のよび声デモナータ 9幕 暗黒のよび声
ビッグバンですか。壮大な事になっとる(笑)。にしても、ラストのグラブス酷すぎません? おいおい! いくら魔術で何とかなると言っても、あの引き止め方はどうよ? と思っちゃいました。
読了日:07月28日 著者:ダレン シャン
町でうわさの天狗の子 6 (フラワーコミックスアルファ)町でうわさの天狗の子 6 (フラワーコミックスアルファ)
お前ら焦れったいんじゃぁ! と突っ込みたい巻です。個人的には狐の三郎坊と赤沢ちゃんが気になるのでした。
読了日:07月25日 著者:岩本 ナオ
COPPELION(7) (ヤンマガKCスペシャル)COPPELION(7) (ヤンマガKCスペシャル)
話が全く進まない気がするのは気のせい? 取敢えず男性陣が頑張ってましたね。遥人どなっちゃうんでしょう。それだけが気がかり。
読了日:07月25日 著者:井上 智徳
ジオと黄金と禁じられた魔法 3 (少年サンデーコミックス)ジオと黄金と禁じられた魔法 3 (少年サンデーコミックス)
禁呪に宿る人格がかなり魅力的です。下の方々のコメント見てびっくり。本誌打ち切りですかぁ! 正統派の出来の良いファンタジーなのに。webで続くだけ良いですけれども。最後まで描ききってもらえたら嬉しいです。
読了日:07月25日 著者:桐幡 歩
ジオと黄金と禁じられた魔法 2 (少年サンデーコミックス)ジオと黄金と禁じられた魔法 2 (少年サンデーコミックス)
ギンが気になります。ジオにはとても大きな運命があるんだろうなぁと、うっすら判りますが、それはやっぱりギンとの関係にも触れることなんだろうか。完結したら一気に読みたいなぁと思う作品です。
読了日:07月25日 著者:桐幡 歩
BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)
ヤマシタさん好きで、競技ダンスを観てたりする自分にはツボでした(笑)。二宮女史がステキです。ああいう先輩を追いかけた高校時代が懐かしいです(笑)
読了日:07月23日 著者:ヤマシタ トモコ
ジパング(9) (モーニングKC (852))ジパング(9) (モーニングKC (852))
艦長!大丈夫なのか!どうなるんだ!続きが気になる展開です。
読了日:07月18日 著者:かわぐち かいじ
ジパング(8) (モーニングKC (832))ジパング(8) (モーニングKC (832))
読み進めると、やっぱり「沈黙の艦隊」の焼き直しをしてる?と思う。
読了日:07月18日 著者:かわぐち かいじ
ジパング(7) (モーニングKC (816))ジパング(7) (モーニングKC (816))
読了日:07月18日 著者:かわぐち かいじ
プライド 12 (クイーンズコミックス)プライド 12 (クイーンズコミックス)
一条さんらしい終わり方だなぁと(笑)。「砂の城」や「デザイナー」よりは救いがあるからいいかぁと思いました。綺麗に昇華させるなら、まあ、あのパターンでしか終われなかったんでしょうね。
読了日:07月18日 著者:一条 ゆかり
スイッチガール!! 12 (マーガレットコミックス)スイッチガール!! 12 (マーガレットコミックス)
色々とヤバいでしょ、あれは(笑)。ただ、そろそろこのテンションには飽きてきちゃいました。
読了日:07月18日 著者:あいだ 夏波
フィラメント~漆原友紀作品集~ (アフタヌーンKC)フィラメント~漆原友紀作品集~ (アフタヌーンKC)
最初の1話が好き! 「蟲師」の原点って、少女漫画っぽかったんですね。「花とゆめ」とかでだったら、あの路線で連載になってそうです(笑)
読了日:07月18日 著者:漆原 友紀
7人のシェイクスピア 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)7人のシェイクスピア 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
先が長そうな予感。これからどうやってシェイクスピアへ辿り着くのか、まだまだ展開が読めません!
読了日:07月18日 著者:ハロルド 作石
会長はメイド様! 10 (花とゆめCOMICS)会長はメイド様! 10 (花とゆめCOMICS)
碓氷に対して積極的な会長にちょい萌えでした(笑)
読了日:07月18日 著者:藤原 ヒロ
たたかえ!WACちゃん 1 (まんがタイムコミックス)たたかえ!WACちゃん 1 (まんがタイムコミックス)
何故にWAC!(笑)。自衛隊の早飯が何気に描かれてるのは、自分的にツボでした(笑)
読了日:07月18日 著者:花津 ハナヨ
ジジジイ -GGG-(1) (モーニングKC)ジジジイ -GGG-(1) (モーニングKC)
カッチョイイ! ジジジイ、すげえぇ! 続きが凄く読みたいです。でも、「宇宙兄弟」も読みたいしねぇ(笑)
読了日:07月18日 著者:小山 宙哉
バクマン。 8 (ジャンプコミックス)バクマン。 8 (ジャンプコミックス)
蒼樹さんがあまり好きではなかったんですが、この巻でホレました(笑)。バクマン読んで、「サイボーグじいちゃん」を描いてた頃の小畑さんだぁと、しみじみ思ってしまう場面が増えました(笑)
読了日:07月18日 著者:小畑 健
不思議な少年(4) (モーニングKC (1471))不思議な少年(4) (モーニングKC (1471))
13話は下記にもあるように『モンテ・クリスト伯』がベースですね。この巻は少年が人間らしい感情を良く見せてるなぁって思いました。
読了日:07月18日 著者:山下 和美
不思議な少年(3) (モーニングKC (998))不思議な少年(3) (モーニングKC (998))
人の内面の強い意志って良い方にも悪い方にも容易に振れるのが、この作品を読むとヒシヒシと感じて怖い(笑)。いやあ、凄いといか言えないですね。
読了日:07月18日 著者:山下 和美
ヒストリエ(6) (アフタヌーンKC)ヒストリエ(6) (アフタヌーンKC)
裸馬は乗ったことがあるけれども確かにバランスが取れん! アレは鞍よりも重要だ! 今後の騎馬に大きな影響を与えるものですぞ(笑)
読了日:07月17日 著者:岩明 均
のだめカンタービレ(24) (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ(24) (講談社コミックスキス)
どうなる、のだめ!(笑)。これ1冊で終わるかと思ってたら続いていて驚きました。先は長いのか? 久々の峰くんと真澄ちゃんが嬉しいです♪
読了日:07月17日 著者:二ノ宮 知子
荒川アンダーザ ブリッジ 10 (ヤングガンガンコミックス)荒川アンダーザ ブリッジ 10 (ヤングガンガンコミックス)
シスター、水着・・・ 暫く笑い過ぎて読むのが止まってしまった(笑)。三顧の礼でのピーチ・ブラザーズ(←命名に大爆笑!間違ってない!)と孔明スゴ過ぎです! で、本編。あれ、村長なのかぁ!ヤバいじゃないですかぁ~~! え~と、それから、ニノさん。お姫様抱っこはするものではなくされるものです。女の子ならね(笑)
読了日:07月17日 著者:中村 光
鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 25 (ガンガンコミックス)
「草食系男子」に爆笑しました。大佐の無理矢理人体錬成に、良からぬ事を考えてしまった自分がちょっと不純で嫌でした(笑)
読了日:07月17日 著者:荒川 弘
金魚屋古書店 10 (IKKI COMIX)金魚屋古書店 10 (IKKI COMIX)
「COM」来たぁ~!でした(笑)。 しかし、余程漫画好きでないと解からんぞというこの金魚屋古書店。まさかここまで巻数が行くとは! 頑張って続けて欲しいです♪
読了日:07月17日 著者:芳崎 せいむ
デカガール(3) (KCデラックス)デカガール(3) (KCデラックス)
奥菜班長が活躍してない~~! 土下座だったし(T~T) お兄さんが男を上げた巻です♪
読了日:07月17日 著者:芳崎 せいむ,長崎 尚志
ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)
アメリカのポチである日本もいずれはこうなるんだろうか。社会保険民営化って一時言ってたし、医療現場も近いものがあるし、各種格差は広がっているし、先送りで後世に借金負わせる体質のままだし。金が一番的人間が人を人と思わないのが、近くには目に見える形で徐々に表れているし。子供増やせって言ってもね、そんな社会で増やせないって(笑)
読了日:07月17日 著者:堤 未果
声優かっ! 3 (花とゆめCOMICS)声優かっ! 3 (花とゆめCOMICS)
シロ・ヴァージョンが好きです♪ 少年!なところが。ブチ切れ瑞希の暴君っぷりは中々みものでございました(笑)
読了日:07月16日 著者:南 マキ
青空エール 5 (マーガレットコミックス)青空エール 5 (マーガレットコミックス)
全力投球出来るのは若い証拠だねぇ(笑)。真っ直ぐ過ぎてうとまれるのもまた青春だ!
読了日:07月14日 著者:河原 和音
耽美なわしら〈2〉 (ハヤカワ文庫JA)耽美なわしら〈2〉 (ハヤカワ文庫JA)
志木って結構天然ボケ? 計算してるかと思いきや虚勢を張ってたりする場面が描かれていて益々気に入りました。鳥肌ゲームのシーンを電車で読んでしまい、顔がニヤケてしまうのを抑えるのが大変でした。東さん、あの志木さんにそんな台詞を言って許されちゃうのは貴方だけです。彩子さんが言ったら志木さん、即ギレです!(笑)
読了日:07月14日 著者:森 奈津子
耽美なわしら〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)耽美なわしら〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
このテンションについて行けて「ああ、まだ若いかもぉ」と思ってしまいました(笑)。キャラの個性が立ち過ぎ?とも思いましたが、かなり面白く読めました。しかし、早川さんでこのタイプの作品が受入られるとは、かなりそっちの方が驚きです(笑)
読了日:07月11日 著者:森 奈津子
HER (Feelコミックス)HER (Feelコミックス)
写真家さんの台詞がかなり好きですね。歳を取ったから言える言葉。一番最後の話の女性が、自分の見てるTV番組と同じのを観てる設定で大笑いでした。モヤさまとタモリ倶楽部って(笑)
読了日:07月10日 著者:ヤマシタ トモコ
ドントクライ、ガール (ゼロコミックス)ドントクライ、ガール (ゼロコミックス)
裸族・・・前にも描いてたけど、シリーズでほぼ一冊って、好きなんですね♪  裸族(笑)。最後のおまけでの升田さんの雄叫びを聞いたら、いじめてみたくなっちゃいましたぁ。
読了日:07月10日 著者:ヤマシタ トモコ
もやしもん(9) (イブニングKC)もやしもん(9) (イブニングKC)
食品自給率よりは廃棄率を減らしましょう! な感じです。前から思ってたことなので、よう言ったで! って感じでした(笑)。しょっぱくて堅い沢庵は大好きです。甘いのはちょっと・・・苦手。にしても、蛍くん、怖いよぉ?
読了日:07月06日 著者:石川 雅之
金星特急2 (新書館ウィングス文庫)金星特急2 (新書館ウィングス文庫)
2巻で益々面白くなってきましたぁ! ユースタス、腹にマジで何か飼ってますね。砂鉄萌えな自分が我ながら笑う。だって、何気の一言や仕草が色々な意味で強烈なんだもん。萌えずにおられるかぁ! 錆丸も好きよ、頑張って背伸びしてるところが微笑ましくて(笑)
読了日:07月03日 著者:嬉野 君
パパがも一度恋をした 2 (ビッグコミックス)パパがも一度恋をした 2 (ビッグコミックス)
パパ……ダメダメ過ぎだろうが!(笑)。しかし、読み進めて行けば行くほど、中年おっさんの多恵子さんが可愛く見えるのは何故だ。パパにシンクロしていってるのか?……いや、まあ、面白いからいいけども(笑)
読了日:07月01日 著者:阿部 潤
パパがも一度恋をした 1 (ビッグコミックス)パパがも一度恋をした 1 (ビッグコミックス)
2巻を見かけたのが購入のきっかけ。設定が面白そうだったので。……予想を上回る作品だった! イイ意味で(笑)
読了日:07月01日 著者:阿部 潤
放課後のカリスマ 4 (IKKI COMIX)放課後のカリスマ 4 (IKKI COMIX)
相変わらずのおまけマンガです。フロイト……恐い子(笑)
読了日:07月01日 著者:スエカネ クミコ
センチメンタルガーデンラバー (MARBLE COMICS)センチメンタルガーデンラバー (MARBLE COMICS)
うわ、猫擬人化ってのが意外だった!滝さん!危ないよぉ~。色々な意味で(笑)。この本では社長がお気に入りです♪ ノータイもいいけど、きっちりタイを締めてるのもイイですね。でも「ホスト?」とか思ってしまった。そう思うのは、きっと自分だけじゃないと思うぞ!
読了日:07月01日 著者:小椋ムク
ふるえる夜のひみつごと (ミリオンコミックス)ふるえる夜のひみつごと (ミリオンコミックス)
やばい!カワイ過ぎだよ。「その後…」はまさにツボ作品でした(笑)。いやぁ、絵で一番気に入ってるのは「ただ、君を待つ」のトップページのヨレヨレ~なリーマンだったりしますけれども(笑)
読了日:07月01日 著者:小椋 ムク

読書メーター

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »