フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 死者の書・口ぶえ | トップページ | ブックフェアに行ってきましたぁ! »

2010年7月10日 (土)

耽美なわしら

耽美なわしら〈1〉 (ハヤカワ文庫JA) Book 耽美なわしら〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)

著者:森 奈津子
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前の日記とはうってかわって、こちらはかなりぶっ飛んでます(笑)。小説家・漫画家の集う作品なんですが、このメンバー、全てがアブノーマルな性志向を持ってたりするという設定。文体も押しが強いので、好き嫌いがはっきり分かれるタイプではないでしょうか。

キャラが立ち過ぎる(笑)。もちろん、イイ意味です。個性強烈なキャラを布陣して話を力技で回してるって感じです。でかいゴツイ(でも繊細な小心者)でゲイでティーンな小説家の主人公。完璧主義者で潔癖で醒めてて無愛想。そのうえ本能の赴くまま男女問わず食っちゃうバイの売れっ子漫画家(男)。そのアシスタントでバイの美少女は美少年を侍らすのがお好み。妖艶な美女でありながら毒舌家で下品(笑)で、お姉さまキャラなビアンのギャグ漫画家。容姿は耽美な西洋風だが、ただのヘタレでおバカな少女小説家(男)。メインがこの5人。盛り込み過ぎ(笑)

内容は正直、普通の人は引くよぉ! って勢いでアブノーマルです。下ネタも多いしなぁ(笑)。キャラが五月蠅いのなんの。そういったノリが駄目な方は手を出さない方が無難です。

自分は…… 好きなんですよね、こういうの。同作家の「西城秀樹のおかげです」なんて大好きですから(笑)

« 死者の書・口ぶえ | トップページ | ブックフェアに行ってきましたぁ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ぐはっ!!! もう、タイトルですでに
興味津々なわし…(笑)
書店で見かけたら、手にとって、まずは
立ち読み…
いけそうだったら、ゲットだぜ♪
 へんてこなの、全然、平気!! むしろ、ドンと来い(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/35697325

この記事へのトラックバック一覧です: 耽美なわしら:

« 死者の書・口ぶえ | トップページ | ブックフェアに行ってきましたぁ! »