フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

笑う猫

バートン監督の「Alice in Wonderland」観てきました♪ チェシャ猫ぉ! あの煙のように消えて、宇宙遊泳するように空中で回転するのが堪りません! うちに居て欲しいぞ(≧∇≦)

映画は個人的には好みにぴったりハマった作品でした。ま、好きな監督だしね。カメラ・アングルも好みの使い方だし、色の使い方も好き。脚本も面白かったです。

演出でもっともツボにハマったのは白の女王の過剰な仕草。サイコー(*^ー゚)bグッジョブ!! 過剰過ぎじゃないか? とか言われそうだけど、あの世界には合ってるなぁ(笑)

ラストのアリスもかなり好きです。これは書いちゃうとモロねたバレになるので、単純に書いちゃいます。とにかくカッコいいぞ! 

ただね、3Dはやっぱり疲れるん…… 「眼鏡 on メガネ」だから m9(^Д^)プギャー

テンション高いんで、珍しく多めに顔文字入れてみましたぁ!

2010年4月25日 (日)

がっつり肉!

仕事で田舎で開催されたイベントに行ってきました。理由:ホテル代が浮くから(笑)自宅通いだからね。

で、東京に帰って来たんですが、だるいのなんのって! ガッタガタです(笑)2年前はこんなにしんどかったっけ? と思うくらいです。新幹線では爆睡。お腹がいっぱいだったってこともあるんですがね(笑)

Photo_4 写真の肉が何と500gのステーキ。カナダ産とオーストラリア産のものがあります。その上、祖母が和牛の切り身を分けてくれた。しかも、その前に馬刺しも食ってます……腹が肉に侵食されて重いのなんのって(笑)

肉の食べ比べは中々面白かったですよ。カナダ産は固めで赤身のしっかりした歯ごたえが特徴。オーストラリア産はやや柔らかく甘い感じがしました。で、和牛。これがもう全く味が違う! 驚くくらいに! 柔らかく、甘いのだ! これはレア、絶対レア! こんなに肉にはっきりした違いが出るとは思いませんでしたよ。あ、馬刺しも勿論美味しかったです♪ 

2010年4月21日 (水)

筋肉痛ですわぁ~

イベント出張で長野に自宅に帰ってきていますが、本日の設営で筋肉痛になっておりまする~。そして、明日から3日間、立ち仕事。いやぁ、これは結構キツイです(;´▽`A`` 普段がデスクワークばっかなので。さて、体力が持ちますでしょうか……

そんな体力勝負なのに、自宅にあるPCを使い日記の書き込みやブログの原稿を書いちゃうのでした。だって、普段よりも遅く起きて、早く帰れるってなったらさぁ、やっぱり書き物しちゃいますよ( ̄▽ ̄) 

進行中の小説原稿も出力紙・データ両方完備なうえ、読む本も3冊持参。頑張ってるなぁ、自分。ちょと褒めたい((w´ω`w))

2010年4月17日 (土)

魔法少女もの~

小説投稿サイトで知り合った書き手さんと何故かタイアップ小説を書くことになり、それが「魔法少女もの」好きなんだよなぁ、昔から。のせられたか(笑)

正統派でヨロシク! ということで作品を書きましたが…… 次回予告まで書いてしまうという墓穴を掘った。掘りまくってるよ、墓穴(笑) 本当はおっさんが魔法少女のノリで活躍するけど実際はしょぼいってのがやってみたかったんだなぁ。が、その合い方にネタを振ったら見事に書いてくれちゃいまして、それが面白かったのだ。で、自分は王道を行ってみるかぁという気になった(笑)

出来るだけドラマティックに、出来るだけロマンティックに、で、コスチュームも華やかにィ! 気づいたら出来あがり(笑) まともに三人称なんて、初めてだったので、文章の流れが焦ってます。明日たらたら見直そう! 

合い方からはほぼOKが出てるけど、次回予告に「続き遣らねば」とややクレーム(笑)ま、第1稿をいきなり送ってこられたので、おアイコです。

ベースはシンデレラなので、グリム版・ぺロー版をおさらいしました。ディテールを取り入れつつ考える変身シーンは中々楽しい作業でした。よろしければ「のべぷろ」でご確認ください。来週には審査してもらって、無事通過すれば25日にはサイトにアップでしょう。

2010年4月16日 (金)

江戸の恋

「江戸の恋~「粋」と「艶気」に生きる~」 集英社新書 田中優子著

データを貼り付けようとしたらセキュリティの関係で貼り付け不可! なので文字だけです。

新書なんですが、エッセイっぽい感じでかなり読みやすかったです。まぁ、同時に読んでた本が「ふざけんなコノヤロウ!」というくらいに読み手に不親切な新書(1/3で頭にきて投げた)だっただけに、尚更読みやすかったってのもありますが(笑)

「恋」を切り口に江戸の書籍・芸能・町民の暮らしなどを紹介し、己の意見を披露しています。これが中々、文章の所々にグッと響くものがこっそりと書かれていたりして、自分としてはツボな本でした。特に切ない恋愛もの作品の紹介はちょっと目がうるんだりしましたね。

江戸の文芸作品紹介も解り易く、読みたくなる本が結構ありましたね。井原西鶴はかなり面白そうです。特に「好色一代男」。主人公の子供時代がとても気になる紹介をしていました。あ、好色って、現代とは意味が違い、粋でセンスが良く、気が利き、気使いも出来る。しかも教養があり、芸もでき、恋心も良く知っているという人物を指しているらしい。どこでセックスバカといったような意味合いになったんでしょうね(笑)山東京伝の黄表紙は読んでた作品も紹介されていたので、挿絵を思い出して笑ったりしました。やっぱ、江戸の文芸作品は面目に読みたいなと思ったのでした。

新書=真面目に語る=堅い? なイメージがありますが、このように読みやすい本もあります。時にはあまりにもバカなテーマを大真面目に語っているものもあるので、新書は中々侮れません(笑)雑学を手軽に仕入れるには、まあ、便利なツールですね。

2010年4月 6日 (火)

3月に読んだ本たちです

久々にかなり読書量が減りました(笑)

読んだ中でお薦めなのは「時の書」と「ミラート戦記」ですね! ワクワク・ドキドキの冒険ファンタジー。毛色が違う作品ですが面白さは保障します。コミックスは「ファンタジウム」と「テルマエ・ロマエ」の2本。これは両極端な作品です(笑)後者は2010年マンガ大賞受賞だそうですよ。確かにマンガ好きには無茶苦茶好かれるであろう作品です。

3月の読書メーター
読んだ本の数:30冊
読んだページ数:5451ページ

ファンタジウム(5) (モーニング KC)ファンタジウム(5) (モーニング KC)
今回の表紙カワイイですね♪ 内容も今までの中では一番好きです。「ハッピーモスト」は実際放映されていたら観てみたいです。
読了日:03月31日 著者:杉本 亜未
江戸の旬・旨い物尽し (学研新書)江戸の旬・旨い物尽し (学研新書)
白菜って、江戸時代にはまだ伝わって来てなかったのかぁ。古い野菜だと思ってたので驚いた! など、雑学仕入れもできますね。読んでいると色々と食べたくなります。
読了日:03月26日 著者:白倉 敬彦
時の書2 七枚のコイン時の書2 七枚のコイン
無事とは言い難いですが、お父さんの救出は成功。読み終わると、それぞれの時代背景を改めて調べてみたくなりますね。
読了日:03月26日 著者:ギヨーム・プレヴォー
宇宙兄弟(9) (モーニングKC)宇宙兄弟(9) (モーニングKC)
ムッちゃんいいよぉ~! あの泣きそうなのをこらえてるシーンが良かったぁ。ブライアンはカッコいいなぁ。
読了日:03月23日 著者:小山 宙哉
復讐の誓い (クロニクル千古の闇 5)復讐の誓い (クロニクル千古の闇 5)
離れてしまったかと思われた絆が再び強く結び付くというのは、やっぱりイイですね。群れも大きくなったし。群れのリーダーはやっぱりトラク……かな?
読了日:03月21日 著者:ミシェル ペイヴァー
虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)虫と歌 市川春子作品集 (アフタヌーンKC)
表題の作品がせつなくてたまらなかった。全体的に不思議な空気を持つ作品です。ハマるといいんですが、そうでないと辛いところがあります。
読了日:03月20日 著者:市川 春子
海街diary 3 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)海街diary 3 陽のあたる坂道 (flowers コミックス)
井上氏がお気に入りなので、幸せになってもらいたいですね(笑)
読了日:03月20日 著者:吉田 秋生
COPPELION(6) (ヤンマガKCスペシャル)COPPELION(6) (ヤンマガKCスペシャル)
話がそれたんでは?という感じの巻です。
読了日:03月20日 著者:井上 智徳
第九征空騎兵師團(4) (講談社コミックス)第九征空騎兵師團(4) (講談社コミックス)
やっぱり親父さん死んじゃいましたかぁ。それにしても、せっかくツバサが登場したのに打ち切りとは残念!
読了日:03月20日 著者:藤崎 了士
群青シネマ 1 (花とゆめCOMICS)群青シネマ 1 (花とゆめCOMICS)
続きの気になる終わり方。先生登場でどうなるのかが楽しみです。
読了日:03月20日 著者:都戸 利津
Danza [ダンツァ] (モーニング KC)Danza [ダンツァ] (モーニング KC)
短編だけど、読み応えがあります。「湖の記憶」が一番グッときました。
読了日:03月20日 著者:オノ・ナツメ
皇国の守護者 5 (5) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)皇国の守護者 5 (5) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)
原作がこの後荒れて行ったので、ここで終ってよかったかもしれない…
読了日:03月20日 著者:佐藤 大輔,伊藤 悠
皇国の守護者 (4) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)皇国の守護者 (4) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)
原作でも良いと思ってましたが、コミック版の金森のシーンは、かなり良かったです。
読了日:03月20日 著者:佐藤 大輔,伊藤 悠
皇国の守護者 (3) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)皇国の守護者 (3) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)
読了日:03月20日 著者:佐藤 大輔,伊藤 悠
とめはねっ! 6 (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 6 (ヤングサンデーコミックス)
ジジイこと三浦先生が格好良かったです(笑)文科系部活動ですが、思いっきり体育会系なところが「ちはやふる」と通じます。書でも百人一首がありますし(笑)
読了日:03月19日 著者:河合 克敏
赤髪の白雪姫 3 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 3 (花とゆめCOMICS)
1巻と違って、案外憎めないヤツ?と思ったラジ様(笑)個人的にはこの物語中ではハルカ候が好きらしいと思った巻です。
読了日:03月19日 著者:あきづき 空太
赤髪の白雪姫 2 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 2 (花とゆめCOMICS)
1巻末のキャラ解説をしっかり読んでいなかったため、この巻で木々が女性と知ってかなり驚いた(笑)リュウはかなりツボのショタキャラです♪ 言葉足らずの天然ってとこが。
読了日:03月18日 著者:あきづき 空太
赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)
読了日:03月18日 著者:あきづき 空太
LOVE SO LIFE 3 (花とゆめCOMICS)LOVE SO LIFE 3 (花とゆめCOMICS)
読了日:03月16日 著者:こうち 楓
江戸のセンス -職人の遊びと洒落心 (集英社新書)江戸のセンス -職人の遊びと洒落心 (集英社新書)
面白い! 見立てに関しては自分もこういうセンスでいたいと思いますね。何気に京伝の名前が出てるのが嬉しかったです♪
読了日:03月15日 著者:荒井 修,いとう せいこう
ボーズラブ!!! (花とゆめCOMICS)ボーズラブ!!! (花とゆめCOMICS)
イマイチぱっとしない作品。煮え切らないっちゅうか、キャラ立たせようとしてコケてるっていうか…
読了日:03月15日 著者:マツモト トモ
皇国の守護者 (2) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)皇国の守護者 (2) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)
読了日:03月14日 著者:佐藤 大輔,伊藤 悠
皇国の守護者 (1) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)皇国の守護者 (1) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)
本編よりも巻末の猫耳帽がぁ! やっぱり新城はコミック版でも好きなキャラです。
読了日:03月14日 著者:佐藤 大輔,伊藤 悠
ミラート年代記〈1〉古の民シリリムミラート年代記〈1〉古の民シリリム
いわゆる運命の双子という設定で綴られた作品。善と悪という対立ではなく、内にある二つの心の成長と葛藤というあたりがイザーウっぽいかなぁと思った。クライマックスが案外あっさりしてた所を除けばかなり良作ではないでしょうか。
読了日:03月14日 著者:ラルフ イーザウ
東京クレイジーパラダイス (9) (花とゆめCOMICS)東京クレイジーパラダイス (9) (花とゆめCOMICS)
読了日:03月13日 著者:仲村 佳樹
東京クレイジーパラダイス (8) (花とゆめCOMICS)東京クレイジーパラダイス (8) (花とゆめCOMICS)
ようやく自覚&ライバル宣言だ! 
読了日:03月13日 著者:仲村 佳樹
東京クレイジーパラダイス (7) (花とゆめCOMICS)東京クレイジーパラダイス (7) (花とゆめCOMICS)
読了日:03月13日 著者:仲村 佳樹
テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
凄い話だなぁ、おい! 真面目に仕事をしているのに、ルシウスが滑稽に見えてしまう。妻には逃げられたが、頑張れ!
読了日:03月13日 著者:ヤマザキマリ
Vassalord.(4) (ブレイドコミックス)Vassalord.(4) (ブレイドコミックス)
マスターがクリスティーヌで、バリーが怪人。で、チェリーはラウルって設定がもう笑うしかない。ってか、結構設定がまんまなのが(笑)はにかんだ笑顔のチェリーってば、本当にラウルじゃん!って思いました。しかし、マスターは相変わらず色々な意味で美味しそうな人ですね♪
読了日:03月11日 著者:黒乃奈々絵
海賊ジョリーの冒険〈1〉死霊の売人海賊ジョリーの冒険〈1〉死霊の売人
初め男かと思ったよ、ジョリー。ジョリーの目でバノンを想像しているからなのか、やたらにバノンはカッコいいイメージに出来あがってます。実際は殆ど出番が無いのにねぇ。
読了日:03月04日 著者:カイ マイヤー

読書メーター

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »