フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 投稿してみましたん | トップページ | それって間違ってないかい? »

2010年1月13日 (水)

ゴールデンスランバー

今年に入って初めて読みあげた小説です。年末だから時間かかり過ぎ。まあ、途中に他の本と浮気してたというのもありますが(笑)

ゴールデンスランバー Book ゴールデンスランバー

著者:伊坂 幸太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

総理大臣が暗殺された。容疑者は元宅配業者の青柳雅春。以前アイドルを助けて一躍時の人になった青年であった。世間は一斉に報道で賑わった。しかし事実は濡れ衣。何か大きな力が彼をケネディ暗殺の容疑者オズワルドのように仕立て上げようとしているらしい。話は暗殺時から彼がマスコミの面前に姿を曝すまでの2日間をメインに追っている。詳しくは映画公開に合わせて行われるであろう各種情報で確認してくださいませ(笑)

話は面白いし、展開も良い。伏線の張り方も巧いんですが、一気に読み進めない。う~ん、相性が悪いんだろうか。中断してほったらかしても全然平気。そう言えば前に読んだ他の作品も同じだったなぁ。

伏線は本当に好みなんですよ。「たいへんよくできました」ってのなんて秀逸! とか思うくらいなのに…読んでいてのっぺりした感じがあるから途中で辞めても平気なのかもしれないなぁ。あんなにハラハラする展開のくせに、読んでてあんまりハラハラしない。不思議だ。何で?

話は面白いんだけど、買ってまで読む作家ではないなぁという感じ。ということで、今後もこの方の作品は図書館利用に留めておくのが自分には丁度良いかな。

« 投稿してみましたん | トップページ | それって間違ってないかい? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/32975033

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンスランバー:

« 投稿してみましたん | トップページ | それって間違ってないかい? »