フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

買ってみました♪

前々から欲しいなぁと思っていたペンタブレット。仕事で画像切り抜きとかマウスでやっていて超ウンザリだったので、どんなものかと試しに自宅の趣味用に(笑)

楽だわぁ! びっくりするくらいに。ペンタッチは画材によってかなり使い分けも出来るし、切り抜きツールは想像以上に楽々と出来る。マウスで10分、ペンで1分ってとこでしょうね。まぁ、そんなに大層な切り抜き作業を仕事でしてたわけではないですが、あまりの落差にこれから画像加工は自宅でやろうかと思ったくらいです(^-^; 出版社だから1個くらい買っとけよ、ペンタブ! とか思うのは私だけか?

結構遊べるので久々に画像コラージュも面白いかもしれないです。写真もかなり溜まってるしな。活用しないと!

ちなみに購入品はこちら

Wacom Bamboo Comic CTH-461/S1 CE Wacom Bamboo Comic CTH-461/S1

販売元:ワコム
発売日:2009/12/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

何故に普通の画像編集タイプを選ばずコミック用かと言いますと、Photoshop elements と動画作成ファイルはいらないと思ったからです。こっちだと持って無いソフトが入ってるんだもん! 値段もちょっと安いし。

2010年1月23日 (土)

前にいた会社がまた何やら…

近くの古本屋でふと目を落としたらユーリ・ノルシュテイン氏のはりねずみの線画が目に入りました。チラシらしい。で、よくよく見たらレイアウトが某社の○○さん(社長です)らしい…

「また何かやってるのねぇ。見切り発車で大事とかになると、社員大変なんだってば」と、現在の社員にちょっと同情しつつチラシの確認をしてみました。やはり、前にいた会社でした。でっかいプロジェクトになってるし…ってことは、今、金回りいいんだわ。

その会社のBL系本を自分がうっかり買ってしまったのを思い出してみる。デザイナーや編集者が結構良い本を作ってるからなぁと、半ば納得。さて、あとは社長の手綱を誰が押さえてるのやら。

まあ、もう大分前に辞めてるんで、心配することも無いんですけどね(笑)

2010年1月19日 (火)

感想文書いてないですねぇ

小説を読まずに資料系の図書を読んでいるので、読み終わらない上に、感想文をかいてもねぇ…という感じ。

読んでるのは「銃・病原菌・鉄」。ノンフィクション系でベスト10に一時入ってたと思うんですが。ピサロ、やっぱりひどいなぁ。キリスト教の最悪な使い方だわという、インカ帝国の話があったりします。

銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎 Book 銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎

著者:ジャレド ダイアモンド
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

それと「化石革命」。古生物関係好きな人には面白ですよ。個人的にはツボな内容の本です。人類はいつ化石を意識したのといった話はかなり興味深いです。

化石革命―世界を変えた発見の物語 Book 化石革命―世界を変えた発見の物語

著者:ダグラス パーマー
販売元:朝倉書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨日読み終わったのは「人とロボットの秘密」表紙が漫画絵なのがちょっと… 一応真面目な本なんですが、バンダイだのサンライズだのマジンガーZだのが出てきて、日本の二足歩行ロボットって、やっぱりアニメや漫画の影響デカっ!! って思いましたよ。

人とロボットの秘密 Book 人とロボットの秘密

著者:堀田 純司
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あ、読みかけの小説が1つありました! ローレンスと彼のドラゴン・テメレアの活躍する話です。大好きですが、購入本なので、図書館から借りてる本の消化優先で、始めしか読んでないんですよね。ドラゴンものはこれが一番好き。ドラゴン・ライダー・シリーズの「エラゴン」も好きだけどね。

テメレア戦記III 黒雲の彼方へ Book テメレア戦記III 黒雲の彼方へ

著者:ナオミ ノヴィク
販売元:ヴィレッジブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

…何か営業チックになってしまいましたが近頃の本でした。

2010年1月16日 (土)

勉強会という名の今年も頑張りましょう会

ヴァイオリンのアンサンブル・メンバーで勉強会でした。

いやぁ、初めて人前でソロ演奏しましたよ。10人以下でしたけれど(笑)マリーの金婚式でしたが、弾いていて「めでたい筈なのに何故曲調が暗いんじゃ?」と思わずにいられない曲です。

少人数なのにあがりました。出始めの音がヒョロロ~と情けなく、途中で譜面を見失い、ボウイングを間違え、ポジション移動で躓いたり…と、やってるうちに終了。しかし、案外周囲にはバレないのが判り、自分がある程度落ち着いて演奏すれば、何とかなっちゃうものなんだなぁと思いました。まぁ、その落ち着いてというのが私には問題だったりするんですが(笑)

先生談「予想以上に落ち着いて弾けてたけど、音量が出てないよね」とのこと。音弱いんだよなぁ。前よりは出るようになったけれども。大きい音を出そうとすると、ガギギギギギ~~~と嫌な音がするんですよ。嫌ぁ~!! ってなっちゃう音。どうやら無駄に力むらしい。あとは丁寧に弾こうとして遅くなるとか。まだまだ精進しないといけないですね。

究極の目標は老人ホームや病院で演奏する事ですね。習い始める前から決めてたので、実現で出来ると良いなぁ。

2010年1月14日 (木)

それって間違ってないかい?

会社で昼休みにメガファウナ(大型動物)の画像検索をしていたら、ちょっと引っかかる画像が出現。エクウスと名前が書かれているところにクアッガ(前半身シマウマ、後半身ロバの姿)のイラスト… 

間違っちゃいぁいないよ、でもエクウスって現世生物のウマ科の学名総称だろうが! その画像には本来通称のクアッガが正解だよねと思うんだけど。学名にエクウスは確かに入っているけどさぁ、正しくないじゃない。メジャーな絶滅種なだけに結構恥ずかしいよと思うのでした。

TVでも時々あります。この前は歴史物で「えっ!? それは違うんですが」というのを平気で放映したし。端折ってくっ付けたりするから間違うんだよ的なミスでしたが。しかも時代は幕末。歴女の皆さんが見たら絶対突っ込みの嵐になるという馬鹿さだったなぁ。と言いながら、日数が経ってしまったので細かく覚えていないの(笑)新選組絡みでざっと流れをさらっている番組で、しかもそれは間違うとかなりマズイじゃん! と見てて突っ込んだくらい新選組好きには見過ごせないミスだったのは確かです。

情報の発信側が確認しないで垂れ流してどうする! と思うんですが。現状は間違った情報が乱れ飛んでるよね。せめて自分は注意しようと思ったりするのでした。でも、思い違いってのも多いので、大声では宣言出来ないかも。心もとないなぁ(笑)

2010年1月13日 (水)

ゴールデンスランバー

今年に入って初めて読みあげた小説です。年末だから時間かかり過ぎ。まあ、途中に他の本と浮気してたというのもありますが(笑)

ゴールデンスランバー Book ゴールデンスランバー

著者:伊坂 幸太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

総理大臣が暗殺された。容疑者は元宅配業者の青柳雅春。以前アイドルを助けて一躍時の人になった青年であった。世間は一斉に報道で賑わった。しかし事実は濡れ衣。何か大きな力が彼をケネディ暗殺の容疑者オズワルドのように仕立て上げようとしているらしい。話は暗殺時から彼がマスコミの面前に姿を曝すまでの2日間をメインに追っている。詳しくは映画公開に合わせて行われるであろう各種情報で確認してくださいませ(笑)

話は面白いし、展開も良い。伏線の張り方も巧いんですが、一気に読み進めない。う~ん、相性が悪いんだろうか。中断してほったらかしても全然平気。そう言えば前に読んだ他の作品も同じだったなぁ。

伏線は本当に好みなんですよ。「たいへんよくできました」ってのなんて秀逸! とか思うくらいなのに…読んでいてのっぺりした感じがあるから途中で辞めても平気なのかもしれないなぁ。あんなにハラハラする展開のくせに、読んでてあんまりハラハラしない。不思議だ。何で?

話は面白いんだけど、買ってまで読む作家ではないなぁという感じ。ということで、今後もこの方の作品は図書館利用に留めておくのが自分には丁度良いかな。

2010年1月12日 (火)

投稿してみましたん

久々(というか何年かぶり)に公募作品を仕上げて投稿しました。活字系のは専門学校以来か?いや、社会人になってから説教臭い童話を投稿したか。何にせよ超久々です(笑)

イラストは社会人になってからも何回かあります。某スクール主催のとか。このスクールが、毎回イラストの講評をするんで来て下さいという手紙を審査結果と一緒に送ってくるんですよ。で、行くと通信教育の営業をされる。キャッチセールスと同様なので、要注意です。程々描けて選外の人は気を付けて下さいね。プロ育成講座の営業は、しつこいんで嫌になったぞ!

と、まあ初っぱなから愚痴ちゃいましたが、今回の投稿はSFの短編小説の公募でした。それなのに邪道にも3部構成でショートを3本書いて投稿。しかも、それでも最低枚数。設定は面白いんで、話が書ける人が書いたら広がるんだろうけれども、自分は無理でした。…そのうちの1本はキャラの暴走が止められなかった。読み返したら関係無い行動しまくり! 削りましたけれどもね。

落選が決まったら、原稿に修正を加えて投稿サイトの「のべぷろ!」に投稿予定です…って、落ちる予定なんかい! 自信無いからね(笑)

2010年1月11日 (月)

新宿で見かけた人

深紅の薔薇の花束を抱えた、真っ白なショート・コートにブラック・ジーンズ、ウェスタン・ブーツの茶髪でDAIGOヘアの細身の男性。人混みの中を小走りに移動してました。しかも流れに逆らう感じで。目立ってたなぁ。何するのかなぁ。お姉さん覗いてみたいぞ!

あの演出っぷりだとプロポーズでもするのか、それとも成人式のお祝いか。どちらにしても女性絡みかなぁと思ったりして。いやいや、新宿じゃぁ判らないぞ。ホストさんの同伴かもしれないし。これが2丁目だとまた面白いんですが(笑)

新宿の日常は侮れませんね。

しかし、特徴書けるくらいガン見してた自分って…面白いネタだなぁとしか思ってなかったな。

2010年1月 9日 (土)

書き散らした作品を漁る

小説投稿サイトに登録もしたことですし、書き散らしの文章を漁りながら、どんな話を書こうとしてたのか思い出している最中です。

…しかし、出てくるのは以下のようなもの((・(ェ)・;))

赤子を食べる話、リストカット癖のある少女が実父を殺す話、親に見捨てられた少年少女が別世界で自分達の生活場所を作る話、異常性犯罪者を集めて彼らに重罪犯罪者を処刑させる話、箱庭サイズの実在する世界で自分が神となってしまい戸惑う少年の話、自分は新しい恋をしてると思っていたのに実は昔の男の面影を追っていたという事実に気づいて愕然とする話…病んでる、設定が病んでるぅ! ホラーが書きたいってのもあって、猟奇ものを追及した時期がっあったりしたんですが、それにしても、ちょっとヤバい感じだぁ。

まあ、明るい設定ってのもあるんですが。例えば魔法オヤジもの(魔法少女もののノリで馬鹿な話を創る)とか、戦隊シリーズの役者ものとか、幼馴染みBLバカップルものとか。これは確実にオタ向けに書こうと考えた節があるなぁ。日常の小さな不思議を綴る日記形式の短編集が一番平和でホッとする話だ。しかも普通。おれ様の設定って普通が少ねぇ!

設定考えるのは物凄く楽しいし好きなんですけどねぇ。如何せん、筆が重いので( ̄○ ̄;)!

今、投稿用に整理して書いている作品が2つ。商業誌用のロボットSFもの。サイト用の女子友情もの。前作は締切12日なんですがねぇ…出来上がるんかのぉ。サイト用の方が仕上げが楽かもしれないです。これは連休中のお仕事だ(笑)

2010年1月 4日 (月)

12月に読んだ本です

明けましておめでとうございます。本年もダラダラと続けて行きたいと思います。

ようやく普段ペースの読書量に落ち着いてきました。疲れてマンガ山積み読書が続いてたので┐(´-`)┌ 活字も程々。ただ、スピリチュアルもの、有川浩さんの本が3冊、癒され系のが幾つか…やっぱ疲れてる? ここには無いですが、府中市の語り伝えの本も読んでます。

12月の読書メーター
読んだ本の数:48冊
読んだページ数:7831ページ

金星特急 1 (新書館ウィングス文庫) (新書館ウィングス文庫 148)金星特急 1 (新書館ウィングス文庫) (新書館ウィングス文庫 148)
書店をラウンドして適当に買ったんですが…面白かった♪ 大当たりです。近未来の話かと思ったんですが、微妙に歴史が違ってるっぽい。パラレル世界の話かな。ウェルがカワイ過ぎです。しかも話のキーっぽいぞ。早く続きが読みたいです。
読了日:12月31日 著者:嬉野 君
らいか・デイズ 9 (まんがタイムコミックス)らいか・デイズ 9 (まんがタイムコミックス)
相変わらずの話ですが、先生方が益々成長してる感じです。子供らは放っておいても勝手に成長してますが。
読了日:12月30日 著者:むんこ
ジョーカー 5 (5) (WINGS COMICS BUNKO)ジョーカー 5 (5) (WINGS COMICS BUNKO)
え、終わり方「キャッツ・アイ」ですかぁ!? よくよく考えるとちょっと話の流れが似てるかも。
読了日:12月30日 著者:道原 かつみ,麻城 ゆう
百姓貴族 (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS)百姓貴族 (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS)
農家ではありませんが、故郷は周囲が農家でいっぱい。自宅でも当然のように(無農薬で)野菜を作ってたりするので、物凄く頷ける所があって面白かった! 「食糧供給ストップして…」は当然思うよね♪ 同じ話題で「自分らで作ってから言ってみろ!」とか思ってたんで、何かスッキリしました♪ 忙しい時期は学校も田植え休みとかあったし。親戚が農家だった時は駆り出されて田植えや収穫を手伝ってました。家族やご近所は大切です! ハガレン読んでチーム結束が固いのや、納得させられる部分が多いわけだ。後日談2は大笑い。解りやす!
読了日:12月28日 著者:荒川 弘
キューカンバー×サンドイッチ 1 (YA!コミックス)キューカンバー×サンドイッチ 1 (YA!コミックス)
中身のチェックをしてから購入。彰がメチャ好みだった。黒髪メガネでキツイ性格…現実ではパスですが、物語の中では魅力的。話よりはキャラクター目当ての作品かな。
読了日:12月28日 著者:赤井 ヒガサ
吉野北高校図書委員会3 トモダチと恋心(MF文庫 ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)吉野北高校図書委員会3 トモダチと恋心(MF文庫 ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)
この話は男女の友情が成り立っていて良いなぁ、って思います。藤枝くん、応援してるぞ!
読了日:12月27日 著者:山本 渚
妖怪アパートの幽雅な日常 3 (講談社文庫 こ 73-3)妖怪アパートの幽雅な日常 3 (講談社文庫 こ 73-3)
文庫化になって購入なので一応再読。筋は覚えていましたが、詩人があんなに良い台詞を言っていたのをすっかり忘れてました。巻末の久世さんの漫画に激しく同意! お腹空きますよね(笑)
読了日:12月27日 著者:香月 日輪
ディープグリーン 4 (KCデラックス)ディープグリーン 4 (KCデラックス)
やっとRドリームバージョンのホクトが出てきたと思ったら終了~って、すんごく消化不良な気分です。
読了日:12月26日 著者:佐々木 淳子
少女少年学級団 4 (マーガレットコミックス)少女少年学級団 4 (マーガレットコミックス)
皆がそれぞれ辛い状況になってる…主役級の家庭は愛情豊かでそれが何だかホッとします。本編とは関係ないんですが、最新刊なのに1巻の限定チラシらしきものが入ってたんですが何故? 余ったの?
読了日:12月26日 著者:藤村 真理
DON’T TRUST OVER30 (KCデラックス)DON’T TRUST OVER30 (KCデラックス)
TAGROさんはこっちテイストの方が実は好き。明るくても暗くてもなんだか粘っこいのは変わらないですが。
読了日:12月26日 著者:TAGRO
変ゼミ 3 (モーニングKC)変ゼミ 3 (モーニングKC)
本当に人には薦められないなぁ。特に女子(笑) あんなはヤンキー・キャラの方が好きかなぁ。
読了日:12月26日 著者:TAGRO
純愛ロマンチカ6 (角川ルビー文庫)純愛ロマンチカ6 (角川ルビー文庫)
面白いんですが、何かお腹いっぱいになり過ぎる感が重たいです。
読了日:12月23日 著者:藤崎 都,中村 春菊
テガミバチ 8 (ジャンプコミックス)テガミバチ 8 (ジャンプコミックス)
読了日:12月23日 著者:浅田 弘幸
テガミバチ 7 (ジャンプコミックス)テガミバチ 7 (ジャンプコミックス)
ニッチがいなければ読み続けたいとはならなかった作品なので、過去話が読めて嬉しかったです。ニッチのお姉さんもなかなか良いキャラですね。そしてやっぱりパンツはいて下さいなんだ(笑)
読了日:12月23日 著者:浅田 弘幸
テガミバチ 6 (ジャンプコミックス)テガミバチ 6 (ジャンプコミックス)
読了日:12月23日 著者:浅田 弘幸
ちんぷんかん (新潮文庫)ちんぷんかん (新潮文庫)
鳴家達には毎回癒されるなぁ。久々に読んだので「鳴家って、こんなに喋ったっけ?」とか思った。「はるがいくよ」は前々から思っていた“若旦那が先に逝ったら、妖たちはどう思うんだろうか”という疑問にちょっと答えてくれてる気がしたなぁ。
読了日:12月22日 著者:畠中 恵
おおきく振りかぶって Vol.13 (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって Vol.13 (アフタヌーンKC)
三橋君が成長してるぅっ!! 1巻と比べたら何て前向きになったんだ。阿部君の凹みっぷりは、ちょっとツボを突かれました。良いバッテリーに成長しそうでワクワクです♪ 今回のカバー下は字が細かい~とか思ったんですが、気のせい?
読了日:12月22日 著者:ひぐち アサ
宇宙兄弟 8 (モーニングKC)宇宙兄弟 8 (モーニングKC)
名シーンは飲み屋のトイレだ!! 茄子田理事長の挨拶も良いです♪ ボルボックスは写真で見て下さいね。面白いですよ。
読了日:12月22日 著者:小山 宙哉
クラッシュ・ブレイズ - オディールの騎士 (C・NOVELSファンタジア)クラッシュ・ブレイズ - オディールの騎士 (C・NOVELSファンタジア)
やっぱりクーア夫妻が出てくる話が好きだぁ! でも、好みのタイプはアーサーとミニラです(笑) この二人じゃ話が地味そうだけれども。今回は程々にミニラが頑張ってくれましたね。
読了日:12月20日 著者:茅田 砂胡
逆転のクレヴァス―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)逆転のクレヴァス―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)
相変わらずの活躍っぷりです。そしていつも思うんですが、動く騒動製造機になってる… ミックは放って置けないキャラだなぁ。でも、世話するのは大変そうだ。
読了日:12月20日 著者:茅田 砂胡
新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)
原作を知ってるのは「山月記」「走れメロス」ですが、2編とも原作の特徴を引っ張ってきたうえで、かなり笑える話になってました。特に「山月記」は良いですね。ピンクのブリーフ…某小説の飛び込み競技のキャラを思い出したんですけれど(笑)
読了日:12月18日 著者:森見 登美彦
声優かっ! 1 (花とゆめCOMICS)声優かっ! 1 (花とゆめCOMICS)
本誌でドハマりしました(笑)王子声設定もですが、2巻で出てくるであろう姫の何とも言えぬ闇(と言って良いと自分は思うんですが)が、気になるので「これは単行本も買うしかない」と決意したのでした(笑)私もこれはアニメ化して欲しくないなぁ。
読了日:12月18日 著者:南 マキ
ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)ただいまのうた 1 (花とゆめCOMICS)
この巻で一番好きなのはやっぱり「うちのおみそ汁だ…」のシーンでしょう! 連載中に初めて読んだ時はマジ泣きしました。本当にいいシーンを作る作家さんで大好きだぁ! 連載開始直後のいきなりの休載で「続くのか!!」と心配しましたが、無事再開されて一安心です。これからも楽しみにしています。
読了日:12月18日 著者:ふじもと ゆうき
シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
一気読みでした! 平日なのにこの時間に感想までかかせるとは。ううっ、有川さんが憎い(笑) 司に完璧に惚れました。厳しくても甘えさせてくれそうで面倒見がいいって、結構理想じゃないですか。私はこの作品を某劇団を思い出しながら読んでしまいました。物販といい、団員の売り子といい、住居地区といい…類似しててついその劇団員さん配役で脳内シアターを動かしてました(笑) 売上と評判が良かったら続編を書くそうです。バンバン周りにも読ませちゃいましょう! あ、でも、今回は人称がちょっと判らなくなるところがあってちょっと残念
読了日:12月18日 著者:有川 浩
風のゆくえ天のめぐり (レアミクス コミックス)風のゆくえ天のめぐり (レアミクス コミックス)
考古学は楽しいです。八岐大蛇は川っていう説もありますし。この話では鏡かぁ。BL意識してるっぽい構図があったりして、初出の版元が気になりました。絵柄は今の方が好きです。
読了日:12月17日 著者:芳崎 せいむ
シンクロニシティ―「奇跡の偶然」による気づきと自己発見への旅シンクロニシティ―「奇跡の偶然」による気づきと自己発見への旅
こういう経験が割と多いので読んでみた。再確認はありましたが、特に新しい発見は無かったなぁ。
読了日:12月15日 著者:フランク ジョセフ
ジョー・マクモニーグル未来を透視するジョー・マクモニーグル未来を透視する
来年長野の方で大地震とか書かれてるし…親や友人多いんで、当たったら嫌だなぁ。1,000年後の地球の姿は結構興味深いです。
読了日:12月15日 著者:ジョー・マクモニーグル
最強の天使ニシテ最愛の悪魔 4 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)最強の天使ニシテ最愛の悪魔 4 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
小学生編から読んでるもんで、お預け食らいまくるテルちゃんが哀れだ(笑)某本の巻末にあった親子仲良しシーンまで、あと何年かかるんだい! と焦れてしまう。
読了日:12月14日 著者:中貫 えり
まいあ Maia SWAN actII4まいあ Maia SWAN actII4
真澄に喰われちゃいましたね。SWANのモスクワ編が気になって仕方がありません! レオンが好きなんで… あの後の二人が結婚してまいあが生まれるまでの過程が気になって4巻の内容よりそっちの考えの方に意識が持ってかれてしまいました。
読了日:12月14日 著者:有吉 京子
てんからてんから
あ、新装版だったんですか。ここ1年で知った作家さんなので、初出ものかと思ってました。良い作品を描かれる方なので、初めて作品を読む時はわくわくします。「月にニット」と「CAR」は同じような思いをしたこともあるので、結構共感してしまいました。「CAR]の翼あるタコ焼き、えらく可愛くないですか?
読了日:12月12日 著者:かまた きみこ
あめのちはれ 2 (B’s LOG Comics)あめのちはれ 2 (B’s LOG Comics)
読了日:12月12日 著者:びっけ
進化する魂進化する魂
面白いかなぁと思って読んでみた。まあ、精神鍛練の本といったところです。スピリチュアルにありがちな感情的な書き方・宗教がかった書き方ではないので、読み物としては良いんではないでしょうか。
読了日:12月10日 著者:ジェームズ・レッドフィールド
放課後のカリスマ 3 (IKKI COMIX)放課後のカリスマ 3 (IKKI COMIX)
ようやく動いたかという感じ。展開はありがちなものになりそうな予感が… クローンは人のコピーだから人ではないというスタンスの客と経営者、学園内でクローンと人として接している者達、反発するクローン当事者。っていう構図かな。史良は神矢センセのクローンだったりする? とか思ってみたりしてます。
読了日:12月06日 著者:スエカネ クミコ
妖怪アパートの幽雅な食卓―るり子さんのお料理日記 (YA!ENTERTAINMENT)妖怪アパートの幽雅な食卓―るり子さんのお料理日記 (YA!ENTERTAINMENT)
るりるりってば罪つくりな日記を。お腹空きます(笑)後ろの短編2つはサービスですね。千晶先生なんて「ぎゃ~!!」ということになってますし(笑)気を許した相手にだけベタベタ甘える男性って、ちょっと女性から見るとフラ~っとなります。
読了日:12月06日 著者:香月 日輪
絶滅した奇妙な動物絶滅した奇妙な動物
たまたま作者のHPをネットで見かけたら紹介してあった。古生物好きには楽しい本ですね、フルカラーで解説もしっかりしてるし、割と新しいデータも入ってるし、かなりお得。しかし、昔覚えた年代名が変更になってるのは本当だったんだなぁと。漸新世とかだったよ、覚えてるの。個人的には新生代の生物が好みなので、ちょっともの足りないかな。
読了日:12月06日 著者:川崎 悟司
帯をギュッとね! (1) (小学館文庫)帯をギュッとね! (1) (小学館文庫)
読了日:12月06日 著者:河合 克敏
D.Gray-man Vol.19 (ジャンプコミックス)D.Gray-man Vol.19 (ジャンプコミックス)
14番目が気になる! 神田のことも。コミック派なので次巻まで色々考えそうです。
読了日:12月06日 著者:星野 桂
D.Gray-man Vol.18 (ジャンプコミックス)D.Gray-man Vol.18 (ジャンプコミックス)
憑神のベースってやっぱり白狐かなぁとか思ったりした。リンクが大笑いでした。
読了日:12月05日 著者:星野 桂
LOVE SO LIFE 2 (花とゆめCOMICS)LOVE SO LIFE 2 (花とゆめCOMICS)
ほのぼのするなぁ。例えて言うなら、屋根で干してる布団の上でだら~と昼寝してる感じ? ぬくぬくでこのまま浸っていたいって気分。
読了日:12月05日 著者:こうち 楓
となりの怪物くん 1 (1) (デザートコミックス)となりの怪物くん 1 (1) (デザートコミックス)
前々から気になっていた作品。予想以上に面白い。続きも気になります。
読了日:12月05日 著者:ろびこ
ちはやふる 6 (Be・Loveコミックス)ちはやふる 6 (Be・Loveコミックス)
千早ちゃん、乙女なのにハナミズって… かなちゃんVS机くん、真島くんVS肉まんくん、良かったよぉ~~! そしてアホなことになってた新も。でも、この巻では脇の桜さんが一番好きです。
読了日:12月05日 著者:末次 由紀
阪急電車阪急電車
有川テイスト満載でおいしかったです。ごちそうさまでした。甘辛混じって丁度良い感じでした(笑)
読了日:12月03日 著者:有川 浩
ぼくらの 10 (IKKI COMIX)ぼくらの 10 (IKKI COMIX)
読了日:12月03日 著者:鬼頭 莫宏
ぼくらの 9 (IKKI COMIX)ぼくらの 9 (IKKI COMIX)
読了日:12月03日 著者:鬼頭 莫宏
幸せになってみませんか? (MARBLE COMICS)幸せになってみませんか? (MARBLE COMICS)
黒岩課長イイわぁ。ベッドの端っこで小さくなって震えながら「こういうの言われ慣れてないんだ…」って、襲ってしまいたいくらいです! つうか、自分なら襲うし。ソフトSMはちょっと好き♪ 次回は是非縛ったうえに目隠しを希望!
読了日:12月02日 著者:腰乃
植物図鑑植物図鑑
イタドリは「すかんぽ」と教わりました。散歩途中に生食は良くやったなぁ。今住んでるところだと多摩川沿いにイタドリとノビルを見かけたので、春になったら狩りに行って料るのもよいかも。
読了日:12月01日 著者:有川 浩
犬神 (1) (講談社漫画文庫)犬神 (1) (講談社漫画文庫)
読了日:12月01日 著者:外薗 昌也
ぼくらの 8 (IKKI COMICS)ぼくらの 8 (IKKI COMICS)
読了日:12月01日 著者:鬼頭 莫宏

読書メーター

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »