フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« カフェ・コッペリア | トップページ | 獣の奏者 完結編 »

2009年10月19日 (月)

相棒 第8シーズン

面白いと聞いていたのですが、実際に見るのは初めて。え~、ミッチーこと及川光博目当てです。

水谷豊の役作りが良いんですね。あのキャラはイイ!! 岸部一得とかも良かったぁ。そして一課の皆さん。何気に笑わせてくれますね。アウトローな背広組って設定は好きなので、素直に初めから観てれば良かったなぁと少々残念。

水谷さんは何と言っても「熱中時代~教師編」でしょう! という世代なので、観るとつい「先生の名前は、北野コウダイ」という自己紹介シーンを思い出してしまう。良いドラマです。刑事編とかも面白かったんだけど、こちらはあまり記憶に残っていない… やっぱり放映当時、北野先生の生徒と同年代だったからかなぁ。気分は教え子なんだなぁ、多分。

しかし、ミッチー。やっぱりエリート系の役ですか。何かルックスでそっち系になっちゃいますね。10代であれば「坂道のアポロン」の薫とかに抜擢されそう。NHKではちょっとそれっぽい役をやってましたが。まあ、それを見て気に入ったんですけれどね(笑)キャシャーンの死に汚い役とか好き。

ドラマ中、腐女子大喜びなネタ振りをされてましたが、やっぱり相棒がミッチーになったのが原因なんでしょうか…とか思ったりして。脚本家、もしかしてミッチーFanにサービスですか? シーズン初回だしね。ついつい「同じ部屋に宿泊するのがそんなに嬉しいか、神戸!(ミッチーの役名)」と突っ込み入れましたよ。「TV navi」の相関図に神戸が右京の観察日誌をつけてるとかあるし。

右京のモデルって、ホームズかなぁとか思ったのですが、どうでしょうか。現在の日本を舞台にして、相棒はワトソンとは違うタイプをチョイス。で、警察組織にいたら窓際に追い払われるタイプだよなぁと考えたら「相棒」のような設定になりましたって感じ? 元妻はハドソン婦人だね。

相棒 Season 8 オリジナル・サウンドトラック Music 相棒 Season 8 オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:池頼広
販売元:エイベックスイオ
発売日:2009/10/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« カフェ・コッペリア | トップページ | 獣の奏者 完結編 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/31841515

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒 第8シーズン:

« カフェ・コッペリア | トップページ | 獣の奏者 完結編 »