フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« NHKスペシャル「日本海軍400時間の証言 | トップページ | え~っと… 背中のそれって… »

2009年8月16日 (日)

硫黄島からの手紙

いや~、全く観る気は無かったんですけどね。そういやバロン西がちょこっと出てるんだったと思い出し、途中からダラダラ~とつけてたら、結構良かった。アメリカ映画なのに良く当時の日本の状況を勉強してる… イーストウッド監督ちょっと尊敬。自国を美化しないところも良かったです。

バロン西=西竹一とは、戦前にロサンゼルス・オリンピックの障害飛越競技(あ、乗馬の競技名のことです。障害物を飛ぶやつ)で金メダルを取った人物です。愛馬はウラヌス号。硫黄島での玉砕後、主人の後を追うように死んだというエピソードが、もう、馬好きには涙もの。硫黄島ではアメリカ軍より名指しで投降勧告を受けるが、西は応じなかったというエピソードも有名です。

と、いう訳で、とても不純な気持ちで戦争映画を観るという状態。しかし、引き込まれてしまった。謙さんや獅童さんは勿論演技が巧いんですが、二宮くんが予想以上でした。良かったですぅっ!

バロン西の登場シーンは、予想したようなシーン作りをしていて、これがまたツボにはまりまして… アメリカの負傷兵を助けるシーン。で、これに相対するように、アメリカ兵が投降した日本兵を銃殺するシーンが描かれたりしてて、かなり印象に残る取り上げ方。解り易いですよね。

主役の栗林中将が、騎兵隊出身で、愛馬進軍歌の歌詞選定をしてたらしい。で、長野県出身。ちょっと調べてみたくなりました。ちなみに愛馬進軍歌の歌詞は下です。軍歌を結構聞きまくった時期があったので、うっすら歌えたりしてしまう… 曲を聞いたら多分歌える…かも。

   くにを出てから幾月ぞ ともに死ぬ気でこの馬と
   攻めて進んだ山や河 とった手綱に血が通う

人馬一体という感じが出てて、この歌詞は好きです。

« NHKスペシャル「日本海軍400時間の証言 | トップページ | え~っと… 背中のそれって… »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/30973345

この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄島からの手紙:

« NHKスペシャル「日本海軍400時間の証言 | トップページ | え~っと… 背中のそれって… »