フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 極北クレイマー | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

2009年8月15日 (土)

NHKスペシャル「日本海軍400時間の証言

終戦近辺になると放送されるWW2関連の番組ですが、今年のNHKの番組は保存版でした。

戦後に海軍上層部に所属していた人達が集まり、何年にも渡って反省会を行っていたという事実。その反省会の録音テープをもとに、実際に参加していた人や、反省会の事実を知らず当時の戦場に立っていた人にテープを聴いてもらい感想を求めたり、軍令部の資料を引っ張り出してきて検証したりと、しっかりとした番組作りでした。流石にNHK! 3夜連続で、開戦に関して、特攻に関して、戦犯裁判に関して、といった時系列でまとめてありました。

…で、思ったのが「国民性が悪い方向へ突っ走った結果があの大戦なわけ?」でした。長期ビジョンを見ず、現状打開で動き、保身(海軍が陸軍に主導権を握られないようにしたって感じです)に走る… 上層部がこういった動きで、実際に行動させられたのが下層部だという事実が、結局現在と変わらない構造になってるし、しかも国民を含め皆がヤバいと思いつつも流されるという… そうすると、もう、これは国民性の問題っしょ? というしか無いんじゃないかと。リベラルな海軍というのも幻だなぁと思ったりして。

しかし、戦犯裁判に関してはズルイ。上層部で見ると、陸軍は責任を取って死刑になった人が多いけれど、海軍は終身刑で済んでて、しかも釈放されたりしてる。なぜかと思ったら、裁判の下準備や口裏合わせ、裏工作とかやってるという事実がね… 戦犯裁判に関しては資料を読んだりしたことがなかったので、これは初めて知ってびっくりでした。731部隊関係者が人体実験資料を戦勝国に渡して罪を逃れ、戦後の医療業界のトップに君臨してたってのは調べたけど、海軍も同じですかぁ!? でした。ある意味陸軍はスケープゴートですかい。

これが何故今頃公開されてるのかというと、海軍が恥を隠していたかららしい。現在は当時の関係者がかなり亡くなり、公開しても良いだろうとなったらしい。隠蔽体質ってことですが…

う~ん、日本人、戦前から全く学んでないかもと思ってしまった番組でした。

« 極北クレイマー | トップページ | 硫黄島からの手紙 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/30968432

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル「日本海軍400時間の証言:

« 極北クレイマー | トップページ | 硫黄島からの手紙 »