フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« ザ・万歩計 | トップページ | キャラメルボックス×渡辺多恵子 トークショー »

2009年7月22日 (水)

ブラックバード

世田谷パブリックシアター 出演:内野聖陽 伊藤歩 観劇日7月18日

15年前、12歳の少女を抱いて刑務所へ入った男(当時40歳)の元へ、大人になったその時の少女が突然現れる。当時の男の気持ちを確かめるように、彼女は男を追い詰めて行き、男は当時の事を話し始める…といった話です。基本的に2人芝居。基本的というのは、最後のオチに関係があるので内緒です。

初の「生」内野さんでしたheart02 TVで観る度に雰囲気がかなり違うという役者さんなので、とても楽しみにしていました。さ~て、今回はどんな感じかしらん…と客席へ。

…ヘタレなおっさんでした。ピシッとパリッとしてるとイイ男なんですが、ヨレヨレの格好とちょい猫背気味な姿勢が見事なおっさんっぷり。(褒めてます!)うろたえどもる姿も情け無さが漂い、巧い人だなぁと益々好きになりました。「エリザベート」観とけば良かった。(ミュージカルなので山口祐一郎のトートを2回にしちゃったんだよね。山口さん歌声が絶品なんだもん)

お相手の伊藤さんは「芝居してます」という感じ。ちょっとマニュアル芝居っぽい(劇団四季の新人役者さんみたいな感じ)のが痛いかな。朴璐美さんで観たかった!(「レインマン」が良かったので。声優で少年役も巧いですし。合うと思うんだよね、こういう役)

伊藤さんは台詞の言い間違えを丁寧に言い直してしまうので失敗が目立ってしまう感じ。真面目なんだろうなぁ。

内野さんは失敗したのかどもったのか判らないように誤魔化してるっぽい所がありましたね。でも、演技でやったのか、ミスったのか判らなかったです。

全体では、凄い面白かったです!  役者さんの力量は前記の感想ですが、それは置いておいて…脚本が巧いんですよぉ! 物販に脚本が掲載されてたものがあり…買っちゃいました。脚本はあまり売られていないので、あったことがラッキーでした。

芝居好きな人にはお薦めです。後半の話の持って行き方や最後のどんでん返し。個人的には観終わった時に凄いと素直に思ってしまう仕上がりになってました。役者さんも後半が良いです。(過去に酔ってる感じがいいですね)女性の執念、超コワ! とか思いますし。

劇場の造りも好き。駅からも近いですし。三軒茶屋なので昼の公演後、周辺をブラブラして帰るのも楽しそうですしね。次回は夜ではなく昼に何かを観に行こう! と思いました。

« ザ・万歩計 | トップページ | キャラメルボックス×渡辺多恵子 トークショー »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/30653214

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックバード:

« ザ・万歩計 | トップページ | キャラメルボックス×渡辺多恵子 トークショー »