フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 妖怪アパートの幽雅な日常 | トップページ | 「その男」 »

2009年4月11日 (土)

ラブコメ今昔

内容が自衛隊onlyとは思わず読み始めました。 shock……海自の護衛艦乗りと付き合った事がある身には、痛い部分が多かったです。一番物騒な頃に、海外派兵の話しとか国防論に関してとか実際に聞いてるし、軍備品見てキャーキャー言うノリも身に覚えが…… 「有川さん、私にはリアルすぎて色々痛すぎです!(´Д`;≡;´Д`)アワアワ」と泣きを入れたくなりました。まあ、図書館戦争の時も下着の話とか痛かったんですが、それを超えすぎです。

内容は、若いのから年配までの自衛官絡み恋愛ものアンソロジーです。主役は男性女性両方取りそろえていて、陸海空もそれぞれ。惚気話しに中てられっぱなし。幸せな惚気話しは聞いてて楽しい! といった感覚で読める本です。

自衛隊関係なので専門用語というか軍機の名前とかが、さらっと書かれてますが、一般の方ってわかるんですかね。F-4やF-15、P-3Cは飛行機の有名どころなので、まぁ、わかるかなぁ。UH60JAは確か移送ヘリだよね?と、多少知っててもうろ覚えなくらいなので、普通には何が何だかわからないんではと思いつつも、恋愛度が高いのでOKheart04

にしても、横須賀基地の配置や内部とか周辺とかがわかる自分が痛い~~ まだ覚えてるんかい! PXの販売物とかもね。いやはや。糧食というのも久々な台詞だったなぁ。

男性自衛官が女慣れしてなかったり、親切で面白いっていうのは大きく同意します。後、対応が不器用~! カチコチになって見学案内についてくれたりしてたなぁ。
地連(町にある自衛隊の窓口ですね。事務所みたいなの)のおじさんとか砕けてて、話してみると結構面白いですよ。

そういえば、有川さんの本、もう1冊借りているのは…って、これも自衛隊onlyなのでは。細かい所が痛そうです。面白いんですがね。

« 妖怪アパートの幽雅な日常 | トップページ | 「その男」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

海自の護衛艦乗りと付き合ってたんですか・・・いやあ、初耳。
(って、何に食いついてんだろうね・笑)

リンク貼って頂き、ありがとうです。
これから、楽しんで読ませてもらいますね。

初コメントありがとう!!
顔見知りには口で言えませんからね。
過去を色々吐露していくので「ええっ!!」な事もありますよ
ある意味開き直りのページです(◎´∀`)ノ

WAFとの淡い恋


はじめまして 私もP-3Cが下総基地に配備されない頃の淡い恋 まだ
文通と言う懐かしい言葉のやり取りがあった頃
私は海曹候補生のSN嬢と基地のイベントで出会ったのです 出会ったいきさつは 掃海部隊に知人の幹部がおり 訪ねたのですその時に紹介されました
N嬢の父上はとても厳しくてお転婆なN嬢をなんとか矯正(笑)させようと送りこんだみたいでした
そんなこんな事の手紙のやり取りでしたが何度かのデートの後 自然消滅してしまいました

当時のN嬢の凛々しい制服とはつらつとした笑顔は私の青春の想い出ですね

ボーイング渡辺さま

コメント有難うございます(*´∀`*) 
私も文通をしていました。東京都にある某島に相手が派遣されていた時期があり、電話は週1あれば良い方で、こちらからはかけられないといった状況でした。基本は文通。都内なのに届くのは1~2週間に1回しかないといった感じでしたヽ(´Д`;)ノ ひゃ~!! 携帯が普及し始めの頃だったんですが、当然圏外ですしね。

凛々しい制服が想い出というのは同感です! 今でも海自の制服や戦艦を見ると胸が疼く時があります(=´Д`=)ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/29061680

この記事へのトラックバック一覧です: ラブコメ今昔:

« 妖怪アパートの幽雅な日常 | トップページ | 「その男」 »