フォト
無料ブログはココログ

趣味ごと色々

« 変体仮名文字 | トップページ | キラメキ☆銀河町商店街 »

2009年4月18日 (土)

音楽劇「三文オペラ」

演出:宮本亜門 出演:三上博史、秋山菜津子、安倍なつみ、デーモン小暮、田口トモロヲ、大鷹明良、松田美由紀、米良美一 ほか  作:ベルトルト・ブレヒト 音楽:クルト・ワイル
  
久々に三上博史の舞台だ。やっぱり似合う。迫力が一味違う!今回は作詞までやっていた。

物語に関してはこちらでご確認を。「三文オペラ」

配役が素晴らしい。演出も抜群だ。ただ、斬新すぎてブログチェックするとかなりマイナス意見も多い。

私も難点を挙げたい。音響が悪い。歌詞が聞き取れない。多分、部分部分で音の大きさの調節が効いてないせい。歌手によって調節しろ! と一番初めの米良さんのソロで思ったくらいだ。マイク無しで行ける役者はボリュームを絞るべきだ。またはマイク使用の指導をして欲しい。完全に芝居が死んでしまっていた。これは舞台の随所にあり、あまりにももったいない。ラストの米良さんのカウンターテナーとしての見せ所はマイクを殆ど入れて無かったのに、何で応用が利かないのか甚だ疑問だ。

演出は最後の方のあれは「おいおいcoldsweats01」と苦笑。某アミューズメントの舞台演出をやったのは知ってるが、反則だろう! という演出。知ってるから笑えたけど、知らなければかなり疑問と不愉快が募るのでは。

役者陣は本当に良かった。中でも「なっち」こと安倍なつみ。侮っていて済まん! と詫びを入れたい。アイドルイメージが強かったが、今後は役者として記憶しようと思った。音楽劇だけあり歌はみな巧い。

驚いたのは娼館のシーン。殆ど裸の女性。下の下着と鎖に黒のエナメルハイヒールだったよ、衣装が。で、細身の身体が凄く美しかった。もう一人やはり裸に近い女性(素肌にジャケットと破れたパンスト、赤のヒール)がいて、どうやらレズビアンらしい関係。この女性はメリハリが良く美脚。二人の絡みっぷりがいやらしくなくて非現実的で綺麗だった。多分、狙っての配役。

全体的には良い出来の舞台だったという感想。ただ席が悪かった…… 2Fバルコニー席は舞台の3分の1余りが見えない。これは悔しかった。

« 変体仮名文字 | トップページ | キラメキ☆銀河町商店街 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1200941/29177164

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽劇「三文オペラ」:

« 変体仮名文字 | トップページ | キラメキ☆銀河町商店街 »